ブログ運営って難しいのね~

やっとブログの移転が済んで、では新しいブログをどういう風にしようか考えているんですが、初心に返って考えだすと筆が進まなくなってしまいました。 そもそもブログって何だ?とか、私は一体何を書きたいのか、それは自分の日記として書きとめているだけなのか、それとも何か情報発信したいのか、そうだとすれば何を主にするのか、そんなことを考え出すとわけがわからなくなってきます。

私のブログのリーダーには200以上のブログが登録されていまして、更新があったブログだけ読みますから実数はたいしたことありませんが、上に書いたことを念頭にそれらのブログを読みますと、ほとんどの方がちゃんとポリシーを持っているのがわかります。私みたいなわけのわからんことばかり書くブログって全くと言って良いほどないのね。それに文才のある方も半端じゃなく多くて、内容が濃くて考えさせられるようなことを手短にポイントを付いて書いている。

たいしたもんだわ。

私みたいに意味も無く文章が長いブログもない。好きな食べ物関係のマレーシア人のブログがあるんですが、そこは結構長い。でもそのブログは食べること、お店のことだけに集中して細かく書いているから面白い。他の話題はほとんど無いし、お店のレポートの中に関係ない話題なんか出てこない。だから安心して読めるし、奥が深いから非常に面白い。

逆を言えば、私の場合、とにかく量が多くて、書いている内容はあっちこっちに飛びまくるから、目的があって読んでる人にとっては非常に読みづらい、疲れるブログだというのもわかってきました。

じゃぁ、どうする?

そんなことをこの数日考え続けているのですが、毎度のことで結論なんかでません。(笑)

このブログのソフトですが、Wordpressという結構主流のソフトで私は始めて使うのですが(以前はMovable Typeというもう一つの有名なソフトを使っていた)、これがまたどんどん進化していて、それこそ何千何万というウィジェットやプラグインを付け加えるとなんでも出来ちゃう。それこそフォーラムも作れるし、写真を主にした綺麗なライブラリもできるし、カテゴリやテーマ別に見やすいようにいかようにも出来ちゃう。そしてデータファイルの交換もできるわけで、さてこれからこのブログをどうしようと考えるとワクワクするし、いろいろアイデアが出てくるのですが、そもそも私のスタンス。つまりどうでも良い毎日の出来事や心の中のことをダラダラ書くブログですと、そういう機能も意味がなさそうに思えてきます。

結局、今まで通り思いつくままということになりますが、ま、それに何か足していく、掘り下げることが出来たら良いという程度でしょうか。

情報発信という面では、これもいつも書いている通り今後もあてにしないで頂きたいと思います。他にいくらでも良いブログがたくさんありますし。 ただ私が拘りたいのは、心のうちを書くという点。 これは自分自身が過去の日記を読んでも、へーー、あの頃はこんなことを考えていたのかと思うことが多いし、自分の中の変化が手に取るようにわかるのが面白いと思っています。ですので、いつか病院の天井を見ながら過ごすような時期が来ても退屈しないかもしれない(笑)。

またこの日記は子供たちに残すために書いている部分もあります。彼らもここを読んでいるようですが、面と向かっては話さないような親父の心の内が彼らに伝わると思っています。 これって私にとっては大事な部分で、実際に自分の父、母を考えても、さて私が両親の何を知っているかと言うと何も知らないに等しいんですね。一緒に過ごした思い出があるだけで、彼らが若いときに何をして、何を考えて生きてきたのか、子育てにしても何が起きてどうしようと思ったのか、どんな夢を子供に託そうと思っていたのかも全く知りません。どんな時にどう悩み、何を喜んだのかもわからず、また歳を取った今、彼らの心の中を覗くことも簡単ではないんですね。一番近い間柄なのにほとんど何も知らないというのは異常だと思うくらいです。

もう随分昔のことですが、40年ぐらい前でしょうか。父の若い頃の日記を偶然見つけました。父にそれを言いましたところ、全くどうでも良いような、興味さえ示さなかったのですが、その日記帳には戦争中のことが書いてありました。父は兵隊として戦地に行くことはありませんでしたが、通信兵の訓練を受けていたようで、もう少し長引けばどこかへ送られていたのかもしれません。

そんな中での毎日の記録、思いがそこに書かれていたんです。どこそこの女学校の生徒といつもすれ違うのだけれど、非常に可愛いとか、ま、たわいの無いことが書かれていたのですが、一番最後のページに「広島に新型爆弾が落とされた」と書かれていて、それで日記は終わっていました。 長い年月の日記ではなかったのですが、オヤジだって当然若い頃もあったわけで、どんな生活をしていたのか、そして何を考えていたのか、それを垣間見れたのは嬉しかったです。

ですからそれと同じようなものを、自分のために、また子供に残したいと思いました。そこで大事なのは、何をしたかと言うより、何を考えていたのか、何を感じていたのかという点だと思っています。ですから、私のこのブログも、自分がどう考え、思うのかという点を重視しているつもりです。 そんな自分の日記ならブログとして公開する必要も無いといわれればその通りですが、やっぱり共感する方とは意見交換してみたいし、お前、それ変だという方にはそれを指摘して頂きたい。

普通、反論されたり欠点を指摘されると面白くないと思うのが人間ですが、まぁ、私もそこに大きな違いはないのですが、自分の中には無い考え方を知ることが唯一自分を成長、前進させる種になると考えています。そういう意味では、賛同意見より、そりゃ違うぜよ、という意見のほうに私は興味があるくらい。

こんな自己中の日記ブログですから、興味を持つ人もいないだろうと思って進めてきましたが、意外や意外、面白いと思ってくれる方も結構出てきた。中には過去ログ(2000を超える投稿がある)を全部読んだという変わっている(笑)方も時々出てきますし、先日、ブログ村のランキングが引越しによって下がるはずですから、応援クリックをお願いしますと書いたところ、たった一日で600ポイント以上入りました。つまり60人の方が応援してくれたということ。これってびっくりするのと同時に本当にありがたいと思っていまして、毎日読んでくれる読者が多いということも含めて、感謝感激であります。

ま、結局は今日の日記もいつもと同じ内容になってしまいましたが、多少でも進化したいという気持ちが出てきたということ、そして皆様にはいつも感謝していることを書いておきたいと思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ブログ運営って難しいのね~” への5件のコメント

  1. Daboさんこちらにいらしてからの初コメです。
    私も毎日Daboさんブログ楽しみに開けてますよ。
    コメントも結構書かせていただくのですが、長くなってしまい、
    まずは下書きに入れ簡潔に直してからと思い時期を逃し送れずが多い(笑
    お話したら要のど飴だろうなと思う位楽しいお方です。
    これからも楽しみに拝読させていただきますのでよろしくお願い致します。

  2. え~~、最初から現在2010/10月まで読み進めている変人です!
    ブログの運営って・・・・営利じゃないんですから~~
    と、突っ込みをいれてみますね!
    日記でいいんじゃないでしょうか?
    私は、情報が云々というのは、そういうブログにお任せしたらいいと思うんですよね。
    有料でも、情報に見合うなら、読みますしね。
    こういうブログは、他人がどう考えているかを見るのが楽しいのだとおもっています。
    ちなみに、2010年、なにしてたっけ、どんなことかんがえていたっけって、何となく覚えていても、記録に残していないと、曖昧ですよね。
    それを振り返る必要があるのか、無いのか・・・それは、ひとまずおいておいてですね。
    daboさんが、どうしてそう考えるようになったのか、そういうのは、過去にあると思うんです。
    人は経験からしか、物事を判断できないので、結局客観的と思って出した結論が、主観的であっることなんで、しょっちゅうですよ。

    daboさんが、過去になやまれていたことに、自分ならこう、アドバイスするけどなあということが、いくらかありましたが、すでに過去のことですし、現状がどうなったか不明ですからまだ、最近のことが分からない私には、コメントしようがありませんが、こと病気については、医学的に見た場合多少間違った認識があるようにも感じました。
    ちまたに、あふれている医療情報は、正しいこともありますし、間違っているといわれいることもあります。そして、時によって今までただしいとされていたことが、違っているということもあるんですよね。その辺が難しい所なのですが、医療に関していえば、医者が行っているのは、確率論に基づいた治療であり、知識なのであって、絶対ではないんですよ。
    しかし、もっとも、確率的に高いものを、正しいとして行っているのですから、むやみに拒否するひつようも、拒否をするための理論武装をすることも、あまり良いことではないような気がします。

    例えれば、ステロイドの使用について、マスコミは否定的な意見が多い気がします。
    その理由 は、なんででしょう・・・ステロイドは副作用が云々ですが、副作用がでるからわるいのなら、たばこや、お酒なんて悪の権化ではないですか?
    癌になるかもしれない確率なんて、酒、たばこの方が高いのに?
    なのに、ステロイドは良くないみたいな報道が多いのは変だと思いませんか?
    1つの理由として、ステロイドは万能薬なんですよ。
    しかも、基本的に良く効くのです。
    この薬がなければ、売れる薬や、民間療法がごまんとあるんです。
    さあ、daboさん、民間療法の闇について調べたくなりましたね・・・

    うふふふ

  3. お染さん、お久しぶりです。

    近現代史とか思想関係を書くときに、いつもお染さんはここをどう考えるんだろうと思いながら書いています。私は自分では保守だと思っているんですが、最近段々と真ん中に寄ってくるようで(笑)、お染さんは反論したいところ盛りだくさんじゃないでしょうか。視点が違うと見え方は変わって来ますから、是非、お染さんの考えも聞かせてくださいね。

    楽しみにしています。

    ぽてぽて王子さん

    ご苦労様です。(笑)

    私が過去に悩んでいたことって何かな~~?

    医学的に間違った認識があるというのを読んで、ピンと来ました。私が好きなダイエット法だろうと。いわゆる炭水化物を極端に減らしてケトン体を出させる方法。でも読み進めてみたら乾癬の治療法に関してでしたか。

    私としてはステロイドは駄目だとは思っていないんです。でもヨメサンは嫌がる。この理由も書いたつもりなんですが、医者にあるんですよ。簡単に書きますと、まず最初に医者は乾癬だとわからなかった。普通の皮膚病の塗り薬を処方していたんです。その内、ステロイドを使おうという話になって使った。するとすぐに治ったんですね。こりゃ良いと思ったらまたいつか乾癬が出てきた。そしてステロイドを使った。そして治ってまた出てきた。これは巷で良く言われるように、どんどん酷くなってきたわけです。でもその時点でも医者はこれを乾癬だとは教えてくれていないんです。私たちも変な皮膚病だと思っていたくらい。

    これじゃ治りそうもないので、専門医を紹介してくれと言ったらそれを断られたんですよ。どこでも同じだと。ま、昔からその先生はGPなのに何でも自分でやりたがる人なのね。もちろん専門分野はあるんですが、何でもやりたがる人。ここら辺に大きな原因があるわけです。で、民間療法のほうへ走っていった。あちこちいろいろ試しましたが結果的に良くなってきたのでそれで良いと思っています。えーと、どこだか忘れましたが、乾癬専門医で絶対に治すという人がいて、そこに入院させようと思ったことがありますが、そこもステロイドは使う病院でした。ただ、タバコを吸う人はお断り。ナス科の植物(タバコはナス科)が駄目、あるいはタバコによるビオチンの減りが理由だったかも。

    結局ですね、科学技術や理論の問題じゃないんですね。人の問題。例えば大間のマグロが最高に美味しいとしても、じゃぁ誰が調理しても同じか?という点。私は多くの事柄はここに関係していると思っています。

    ついでと言ってはなんですが、ぽてぽて王子さんがびっくりするようなことを書きましょう。私は心霊治療(こう呼ぶのが正しいのかは疑問)を信じているんですよ。日記にも書いたことがありますが、私の母がある日ある時、手のひら治療が出来るようになりました。これは、えーとなんていうんでしたっけ。鍼灸の部類みたいな治療法で、ある器具を使って、熱い冷たいを交互にツボに当てて「経絡を通す」治療法をする先生のところに通院していたんです。その先生も変わった経歴がある人で、もともとは政治家の秘書を長年やっていたのだけれど、自分の息子が事故にあって酷い後遺症に悩んでいた。それを治すためにあちこち渡り歩いてその治療法に出会い、改善した。そしてそれを広めることに老後の人生を賭けた様な人。ですから、この治療法は簡単ですから皆さん自分で覚えてください、という先生。

    ここで面白いのは、その先生は禅の世界に長かった人で、ヨガで言うチャクラだとかそっち方面の知識も深いのね。で、「気を整える」ことなくしてこの治療法は効かないと言って、患部に手を当てて何度か・・・

    あああああ、これは日記に書きましょう。ネタを見つけた。(笑)

    ま、世の中いろいろあって面白いですね。

    何か変だと思うところがあったら教えてくださいね。

  4. なるほど・・・
    当たったドクターに問題が、あったのですねえ。
    まあ、医者なんてプライドの塊ですから、そういうことは、得てしておこりうるんですが、そこは、いろいろと、持って行き方もあって、蛇の道は蛇だったりします。

    心霊療法は、良いと思いますよ。
    よく、この患者さんは、そろそろ、危ないとか、言いますが、それは科学的根拠もあるのですが、体と魂が離れてくるんですよ。
    そうすると、ああそろそろだなあ、バイタルサインはそうでもないけど、魂ぬけかけているから、ぱたっと行くなと思っていると、大概行かれますね。
    そういうかたは、お知り合い等に挨拶をされていくことが多いです。
    なので離れていても、行ったことが分かることがあります。
    ぎゃくに、バイタル悪いなあ、魂はまだしっかりしているけど~って時は、バタッと行かれることがあります。
    何が違うのか・・・日頃の行いか・・・肉体への執着か・・・それは分かりませんが、この職業長くなってくると、科学より、そういう、考え方になっちゃうんですよね。
    それが進むと、自分でミニ宗教家みたいになる人もいますけどね。わたしは、そこまで達観しておりません^^;。
    確かに、そういうものがあるということは、分かるのですけどね、だから~~~といわれたら困ります。
    しかし、医学が確率論で成り立っている以上、確率を上げる行為はすべて正当化されるのではないかと、そう思ったりするんですよね。
    気功なり、ツボ療法なりなんでもいいと思います。
    これらは、おそらく魂と体の整合性を高めてくれているのでは無いかなあと思っています。

  5. ぽてぽて王子さん

    医者と言ってもいろいろですねぇ。他の仕事でもそうで、みんな同じなわけが無い。変わった人もいる。そういえば、自分では何も見ないで、すぐ他へまわすGPもいましたっけ。(笑)

    私は性格的に、世の中の大多数が「こうだ!」というものには反対の見方をする癖がついていまして、またその方が楽しいんですね。ファンタジーの世界に入ってしまうとめちゃくちゃですが、不思議な現象はいろいろあると思っています。私は交通事故でなぜ死ななかったんだろう、どうして崖から落ちずに50センチ前で止まったんだろうみたいな、どう考えても不思議な経験もありまして、それが偶然なのか、無意識の中で対処していたのか、それにしてもうまく出来すぎだみたいな、何かの力が働いたとしか思えないことが何度かありまして、大きな力、存在を考えざるを得ないんです。
    でもねぇ、神様はいくら話しかけても答えてくれないし、困ったもんです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *