近未来のカメラ

写真というかカメラそのものに非常に興味がある私ですが、将来どんなカメラが出てくるのか考えるのも楽しみの一つです。

で、単なる夢想とか希望じゃなくて、カメラメーカー各社が出してくる特許を見ると具体的な将来が見えてくるような気がします。

面白いと思ったのがまずこれ。

フルサイズセンサーを積んだソニーNEX5  ← クリック

フルサイズのメリットですが、私に取っては

○ ボケが大きい
○ 高感度特性が良い
○ 階調が豊か
○ ダイナミックレンジが広い

ってところですが、デメリットは

○ レンズが大きくなる
○ 高価

ってところです。

各社、常に新しい物を開発して市場に問う必要があるわけですが、大きなムーブメントとしてセンサーの大型化があると思います。

NEX-5ですが、5に限らずNEXシリーズはAPS-Cサイズのいわゆる今までの一眼レフの標準の大きさであったセンサーをあの小型の筐体に入れてきたところが凄いと思います。

そして何年も経たずして、ソニーはフルサイズセンサーをコンパクトデジカメの中に押し込んでしまった。それがRX1であり、今までの一眼より小さなA7というカメラ。これの凄いところは小さい軽いということと相反するように、今までの主流だった一眼を大きく越えてしまう画質である点だと思います。このA7(α7)はエポックメイキングのカメラだと言って良い筈。もちろんRX1もそうで、プロが驚くような写真が小さな小さなコンデジで撮れてしまうという異常さ。

ただこれらは価格が高いし、さてそこまでの画質を一般ユーザーが望んでいるかと言うと話は別。でも良いほうが良いのは間違いが無く、その方向での普及型をソニーは狙っていると考えられます。

それが上に紹介した、「フルサイズセンサーを積んだNEX5」ということになるのでしょう。

マウントは同じEマウントですから、今までのAPS-Cサイズ用のレンズはそのまま装着できますが、フルサイズの恩恵を得るにはフルサイズ用のレンズが必要となる。つまり、逆を言えば、フルサイズが必要じゃないユーザーでもこのカメラと今までのレンズの使用で全く問題がないということ。今売っているNEX-5を含むNEXシリーズのセンサーを全てフルサイズにしても誰も困らないってことになる。でもフルサイズ好きにはとんでもない凄いカメラ。

どうなりますかね。NEXシリーズでフルサイズセンサーを出すのかどうか。早くそれを知りたいです。

それと興味を持ったのがこれ。

レンズとセンサーが一つのセットとして最適化されたものですが、キャノンが12mmの焦点距離のレンズでF1.2というレンズの特許を出願しています。

Canon 12mm F1.2(1″) の特許 ← クリック

12mmという短い焦点距離でF1.2の明るいレンズってなんだ?そんなのが可能なのかと思いますが、これはセンサーと対になっているようで、そのセンサーがなんと湾曲している様子。湾曲したセンサーの特許出願は各社やっているようですが、センサーを湾曲させることによって、レンズの中のレンズ枚数を減らせるとか小型化ができると言うことでしょうか。

例えばこれですと35ミリ換算で35mm・F1.2のレンズとなり、センサーは1インチ。

1インチのセンサーは、念頭に一眼レフがあると小さいと思いますが、コンデジから考えるとかなり大きいし、近年出てきたソニーのRX100とかNikonのVのように1インチのセンサーがかなり凄いことになっているのは周知の事実。またそれより小さな2/3インチでも富士のX10、X20の様に凄い写りのコンパクトデジカメが出てきた。

でもレンズで言うともうこれ以上明るく出来ないギリギリのところまで来ていると思います。というか、明るくすればレンズだけバカでかくなってしまう。

ところがこの特許のようなレンズ+湾曲センサーだと小型化が可能ってことになるんでしょう。単焦点レンズのカメラになりますが、1インチのセンサー、35mmF1.2となるとかなり小さなカメラでボケは大きく、暗いシチュエーションにも強いということになり、これはこれでかなりの需要はありそうです。いや、そうでもないかぁ。ニッチでしかないかな。でもそれが出たら私は飛びついて買うはず。(笑)

しかしダボはボケだボケと五月蠅いと思うでしょうが、ボケは写真にとって非常に大事だと思います。ボケはBokehとして英語になって世界中で使われている言葉になりましたが、いわゆる写したい主体である被写体の前、あるいは後ろは距離が離れるにしたがって自然にボケてくれないと困るんですね。

もし全てにピントがあっていると、一体何を撮りたかったの?ってことになる。主張することが出来ないんですね。人物写真もそうで、ポートレート写真で前景背景全てにピントがあってたらどうです?背景の中に主体が埋まってしまう。一昔前のコンデジやスマホの写真ってそういう風になっちゃいますが、これじゃ困りますよね。風景写真とか前景背景に意味がある場合はボケちゃ困ることもありますが。

私の場合はこのボケが好き過ぎるのは自覚しているのですが、このボケはセンサーが大きくないと出てこない。レンズが明るくないと出てこない。そしてレンズが明るいと言うことは大きくなるということ。

技術の進歩で、小さなコンデジなのに一眼レフで撮ったような写真が普通に撮れる時代は目の前に来ていると思います。今の時点でもお金さえ出せばそういうカメラが手に入るようになった。

そしてその内、それが普通になるんでしょう。

それまで生きていたいなぁ~~~~~。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

近未来のカメラ” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 4f5578494c494a6f345165563370347342524a5350553850644650746b4a3166ba4540591f846b7b4720c909f72106fd443170b84ff2e12ce505f2a5f5ea4b30
    私も最近、1眼レフに興味を持つようになりました。旅先でマイカーを撮影するのにコンデジと格段の差があるなーと感じていまして。

    特に遠くから望遠レンズを使って撮る風景だと1眼レフにかないません。でもデメリットはデカい、重い、かさばる、メンテナンスが大変そう等。値段は多少妥協するにしても、まだ検討にさえ踏み切れません…

  2. SECRET: 0
    PASS: 58584a51436a68484a513548414a6a734136543874734c6663736f6b634a77339dbf6c755f1e28c2b04201feb3ccd5eec8896ce8d0377fde8db654606162a39b
    masaさん

    用途が決まっていれば機種・レンズ選びは難しくないと思います。

    でも一眼は買った後に悩みが始まるんですよね。こんなに重いとは思わなかったとか、荷物がかさ張るとか。もっと楽に取り回しができる機種の方が良いなとか。

    また一眼は決めてしまうとそのシリーズ(メーカー)で揃えていくことになりますから、最初が肝心。悩みどころ満載です。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *