インターネットの不具合

昨日、というか今日か。夜中の1時過ぎにアクセスしようと思ったらインターネットに繋がらず。11時ごろまでは問題がなかったし、PCはつけっ放しだったのでプロバイダが悪いと思ったのだけれど確認のしようが無い。

延々、2時間ぐらい格闘したかなぁ。モデム/ルーターの電源を何度も入れなおしたり、セットアップをやりなおしてみたり。PCの不調でたまに繋がらないことがあるのでPCも何度も何度もリスタート。

でも全く駄目。プロバイダに電話を掛けようと思ったけれど、サポートだと思っていた電話は違うセクションに繋がる。ということで諦め。

で、朝の7時に見てみると繋がってる。これってやっぱりプロバイダのせい。

ということで、ネットで調べてみた。何があったのか。

ところがサポートページのステイタスのところには「今の時点」で調子が悪いエリアなどが表示されているだけで過去の分がわからない。

ライブチャットがあったので、何か不都合があったのか、工事でもやっていたのかとチャットで聞いてみたけれど、担当が違うのでわからないと言う答え。ただ次回、また繋がらないことがあったらサポートへ電話をしてくれと、正しい電話番号を教えてくれた。

しかし、担当が違うからわからないっていう返事。サービス内容に期待はそもそもしていないけれど、こういう言い訳を聞くのは久しぶり。

担当に代わりますとか、今、調べてみますとかって言わないのね。

担当に代わってくれと言おうとしたけれど、まぁ、なんていうのかなぁ、危険を感じて聞かずにチャットを消した。

もしあの時点で、担当じゃないのなら担当に代わってくれと言ったとしたらどういう返事が返って来るか想像をしてみた。

多分、「さきほどサポートの電話番号を教えたはずだけど?」みたいな感じだろう。こんなことを言われたら多分今日一日機嫌が悪くなるはず。そんな気がしたから聞かなかったのだ。(笑)

こちらの要望通りにやってくれない、こちらの都合は関係ない、なんていうサービスはこちらでは普通だけれど、それでカリカリしない方法は一つしかない。

○ 聞かないこと。頼まないこと。(笑)

しかしねぇ、本当にこの国はいつまで経っても発展途上国。停電なんて突然やってくるし、いつ戻るのかもわからない。インターネットも接続不能なんてことが何度もあった。

だからこういう国では無停電電源装置(UPS)が必需品。トレーダーがこれを忘れたら気が狂うこともあるはず。まぁ、UPSの容量としては5分程度持てばどうにかなると思うのだけれど、PCだけじゃなくてモデム、モニターの電源もカバーするのを忘れてはいけない。自宅の方で、かつてモデムの電源をカバーしていなかったので、せっかく真っ暗なトレーディングルーム(ただの書斎だけど 笑)にモニターが煌々と点いているのに何も出来なくて焦ったことがある。こんな時に、どれほど汚く大声で自分を罵倒してもどうにもならず。

自宅の方ではインターネット接続を違う会社でケーブルとADSLと二系統契約していて備えていたけれど、両方繋がらなかったことは一度も無い。でも万が一の時の為に手元には電話を置いていた。真面目にトレードする場合、電話で注文を受け付けないにしても建て玉をスクエアにするのだけはやってくれる証券会社じゃないと怖い。注文時にはT/P、S/Lも同時に入れるのは常識だけど、それでも万が一のことは想定するべき。

さて、マレーシアに行ったらどうするか。インターネットは光と広域無線とあれば良いかな。

ああ、そういえばトレーダーとしてどの程度のインターネット接続スピードがあれば良いかメールで先日聞かれたのだけれど、よっぽど凄いことをする場合は別にして、ティックデータを5銘柄程度の受信なら相当遅くても全く問題なし。256Kbpsでも大丈夫。ましてやMT4なんてデータが間引きされているからもっと遅くても良いかも(笑)。ユーチューブを1080p(HD)でガンガン見れるくらいじゃないと駄目なんてことはない。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *