マレーシア渡航前に銀行口座を開く

MM2Hを取得する場合、一般的には二度のマレーシア渡航が必要とされていますね。

1度目はMM2Hの申請前後に現地で「銀行口座を開く」。

2度目は本申請でその口座に規定の定期預金を作る。

一度の渡航で全てやってしまう(申請時に行く必要は無い)ケースもありますが、そもそも現地に銀行口座が無ければ送金はできず、キャッシュを抱えていくとか、あるいは(私はとんでもない方法だと思うのだけれど)申請代行業者に送金をするという手もある。また他にも方法があるかもしれませんが、一番良いのは

「渡航せずに銀行口座を開く」ことだと思います。

私の場合もHSBCマレーシアには一度も行かずに口座を開きましたが(シンガポールHSBC経由)、今はどうにかそれが可能なケースもちらほら聞くようになりました。

これは自分でやるというより、やはりMM2Hの申請代理店に頼むという形になりますが、それをやっている業者さんを私は二箇所知っておりますので紹介します。

○ Step1 Malaysia ←クリック

ここはマレーシアで事業を長くやっている会社がMM2H関連も始めたところで、元々は貿易関係だと聞いております。特に自動車関係は非常に強い。また社長自ら不動産投資を積極的にやっており、不動産関係の情報も非常に中身が濃いと思います。単に住む場所としての不動産ではなく、投資で考える場合は彼の不動産市場に関する知識、アドバイスは必要不可欠と言って良いかもしれません。またその他の投資案件もお持ちで、投資に興味のある方は連絡を取ってみたら良いと思います。また社長はボランティア精神が旺盛で、困ったときにはなんでも良いですから連絡してくださいと公言しております。

ブログはこちら  ← クリック

○ 高橋里佳(たかはし りか)さん  ← クリック

私のMM2H申請をお願いした業者さんで、ペナンがベースですがKLとは常に行ったり来たりしておりまして場所的には全く問題がありません。そもそもこの方はMM2Hで来るようになった日本人に対して情報を発信するというボランティアだったのですが、どうせなら申請もやってよ~という多くの方々の声に押されて2004年にこの仕事を始めたような方。今ではかなり年季も入って多くの顧客を抱えていますし、彼女のご主人は(亡くなりましたが)マレーシア人で、彼女は当然マレー語は完璧、またお子さんもいらっしゃって子育てやマレーシア生活事情に関しての生きた情報を持っています。個人的にお友達になりやすいタイプでMM2Hに限らず、あれやこれや頼める(融通の利く)貴重な方です。

高橋里佳さんの場合は、HSBC、Public Bank、Maybankで開設ができるそうです。

このブログ記事を参照 ← クリック

この両方の業者さんはどちらも「マレーシアに行かずに銀行口座を開く」ことが出来ますので、興味のある方は連絡を取ってみてください。ただし、無料で情報だけもらって自分でやろうみたいな魂胆の方は遠慮してください。ここで紹介した私が怒られますから。(笑)

-----------
追加。

これらの口座開設はMM2Hの取得が大前提になり、渡航する必要は無いにしろ(多分)申請後に口座開設をお願いすることになるはず。マレーシアでは海外在住者には口座を開かせないのが基本のはずですし、MM2Hを取ってマレーシアに渡りますので(今は海外在住だけれど)口座を開かせてくれと頼むことになるはずです。

ただし、これまた例外もあって、高橋里佳さん経由ですと「CIMBではMM2Hビザの申請前から口座開設可能」の様です。でも渡航する必要がある。ややこしいですね。でも観光や下見でちょっくらマレーシアに行った時に口座が開けるのは良いと思います。

私も始めてマレーシアに行った時、その時点ではMM2Hを申請していないのに里佳さんの繋がりでCitiで口座を開きました。里佳さんは現在ではその手の銀行リストにCitiを載せていないようで、今は出来るのかどうかはわかりません。詳細は直接聞いてみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシア渡航前に銀行口座を開く” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 4765377a70635a53656a42617747643871677677434a624a487a61514d48626b0015e6309ee8c761a3b14ddc99e23c17d539c9ed4b4dd47b4a1c6f08d692ba28
    口座開設の重要性をご説明頂きまして、誠に有難うございます。
    元々は私どもだけの特徴あるサービスでしたが、今では追従してくる業者さんも居てますが、弊社のサービスは口座開設だけでなく、ATM・オンラインバンキングなどのサービスも一度にしてしまします。
    事前口座開設を利用して頂くと、安全に且つ確実に定期預金をマレーシアに持ち込めるだけでなく、本申請時の手続きは昼前には終える等、お時間を有効にご利用に成れるメリットもございます。
    基本的にはマレーシアでは長期滞在ビザを保有していないと銀行口座は開設出来ませんが、地方の銀行では、成績を上げる為に行員さんが段取りしてくれると言う話も聞きますが、規定に触れる事なので何時取りやめに成るか判断できない事です。

    駐在員さんには会社の総務部門が万が一の際の心強い支えと成りますが、
    MM2Hなどの個人移住組には総務が存在しませんので、我々、申請業者がその役目を負うのは当然の事と考えています。
    何事も無ければそれに越した事はないのですが、万が一の場合に連絡先が有ると言うだけでも気分的に随分違うのではないでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 435075695a504c3637635a3061496441377379526153336d41366a4c3279474f93ab32bc105022c78da3e31517f2be885399579db5cf4d36b3b3805c2bf41d1b
    Telemonさん

    個人組みには駐在組みの様にいろいろやってくれる「総務部」に相当するものがない。誰かがそれをやらねばならない、という考え方に大賛成です。

    私としては、まずその一つが「日本人会」の中にあるべきだと考えて日本人会の中でそんな活動をしていた時期がありますが、日本人会もいろいろで企業中心だと難しいものがあるんでしょうね。GCでは永住組みが大半でしたので動きやすかったですが。

    また個人で、あるいはコミュニティーでという考え方は古くからありますが、本当に深刻な問題が起きた場合、結局誰にもどうにもできないケースが見られる。

    そんな時の頼みの綱は現地に詳しく、そして問題解決能力がある人、企業、組織だろうと思います。

    Telemonさんのご活躍を楽しみにしています。

  3. SECRET: 0
    PASS: 5166325056506877365a556e7a3845773169574254646c63686e7a5a4357534bdd71e63a51fdc501ee924415ead8051357a78c8530b92d33f6350a8965ed09a8
    確かに、現在私達がやっている方法で渡航前口座開設ができるようになったのは私のほうが後ですね。以前は他の方法・ルートで出来ていたんですが、特にHSBCはいろいろな問題があってそれができなくなってしまっていました。最近は聞くところによるとマネーロンダリング問題の巨額の和解金などの問題も発生しているようですね。銀行が傾きやしないかと心配です。

    私どももTelemonさんのところと同じでキャッシュカード(今はデビットカードになっていますね)やインターネットバンキングを使えるようにするところまでサポートしていますが、それと同時にお客様が本申請にマレーシアにお越しの折りには担当リレーションシップマネージャーをご紹介し、それ以後の銀行との付き合いに困らないように配慮しています。HSBCはそのインターネットバンキングのシステムや為替レートが他行より良いなどの優れた部分もある反面、担当リレーションシップマネージャーによってはお客様は多くの不満を抱えるようになります。私どもでは対応のしっかりした担当者に私どものお客様を任せるようにしています。

    また、日本からの送金についても、着金口座にはご希望の通貨の口座を開設させて頂いています。そしてその通貨をリンギットに振替える際には通常はお客様が店頭にいらっしゃらないと適用されないスペシャルレート適用で振替えてもらい、MM2H用定期預金を作成してもらっています。

    更に、「マレーシアでは長期滞在ビザを保有していないと銀行口座は開設出来ませんが、地方の銀行では、成績を上げる為に行員さんが段取りしてくれると言う話も聞きますが」とお書きになっていますが、これは私がTelemonさんにお話ししたことですね。地方の銀行というと日本の地方の銀行を想像してしまいますが、れっきとした大手CIMBであり、ペナンの支店に限らずクアラルンプールにある支店でもビザ取得前に口座開設することは可能です。規定違反ということで言えば、CIMBでのビザ取得前口座開設は規定違反ではありません。口座開設時点でビザ取得前であることはCIMB本部も認めていることです。それを言うならHSBCのほうがまずいと思うんですが・・・。

  4. SECRET: 0
    PASS: 77764b5955347368776a5368547154754949654a4e6a306a424f6a6d455a4763b9adcf4a045520d89e116cf821aa7ace4fcff26ccd795ef5d703efcce87382c9
    リカさん、お久しぶりです。

    昨今の動きとしては、渡航前口座開設、それもMM2Hの申請もしていなくて出来てしまうなんてその必要がある方々には嬉しい限りでしょうが、でも国の法律としては問題ありと言う私の認識で、これが出来るのが当たり前と考えるのはうまくないと思っています。

    これをお読みの方々は是非それを頭に入れておいたほうが良いと思います。あくまで例外的にそうできることもある程度に受け取るべきで、もしそれが出来ないケースが起きたときに申請代理店に文句を言ってもしかたのないことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *