どこへ行く?安倍政権

安倍政権の支持率は高いままですが、彼を推して来た保守の中ではいろんな動きがでていますね。話が違う、全く逆の事をやっている、中には嘘つきだ、裏切りだと言い出す人もいる。

これは私も同じで、安倍さんに夢を託して推して来たけれどどうもイライラしています。

美しい日本から始まって、靖国参拝が出来なかったのは痛恨の極み、戦後レジームからの脱却、安倍談話を出す、TPPでは聖域の確保、消費増税は無理をしない、そして「瑞穂の国の資本主義」等々。

あの秋葉原での彼の街頭演説を聞いて涙を流した人も少なくないんですね。これでやっと日本が「普通の国」になる道筋ができると信じた。

ところがやっていることは正反対。村山談話、河野談話も踏襲すると言い出すし、TPPは推進するわ、消費増税はするわ、靖国には行かないわ(これは私は諦めてる)、そして第一の矢はOK、そして第二の矢も多分OK、ところが第三の矢の話を聞くと完全な新自由主義者としか思えない内容。これって小泉+竹中と全く同じ。そもそも竹中氏を産業競争力会議に入れたときからおかしいと思ってました。

でも安倍氏のやりかたって敵も味方も取り込んで彼の思う方向へうまく持っていく戦法なんだろうと保守派は我慢していた。でも今になれば、安倍氏が向かう方向は国際金融資本の手先としか言い様が無く、日本の国柄さえ変えてしまうことがあってもそれが善であるという竹中氏と全く同じ方向。

安倍氏の海外での演説を聞いてもびっくりしました。国境だ国籍だのいう時代じゃないとかなんとか言った。これって日本は日本人だけのものじゃないと言ったあの鳩ポッポと同じじゃないですか。

法人税の減税とか、労働市場の自由化なんて、彼らの理屈を聞いてもそれが日本の行くべき道には思えない。いや、経済重視、勝ち組にもっと勝たせるしか日本再生の道はないという根底があるのだろうけれど、どうもやりかたが異常に見えます。

憲法改正、靖国、戦後レジーム等に関しては後回しにして、まずは経済再生というのは理解できるけれど、あまりにも腰の引けた言動、当初とは全く違う話を聞くとどうも、うまい具合に騙されたような気がするわけです。彼は保守層を引き込むために演技をしたのではないかと。

でも第一次安倍内閣や彼の今までの言動を見ていると、それが演技、理想を言っただけとは思えず。でも今はまるで逆。

どうして?

日本を取り巻く環境、また政治家、官僚、マスコミ、経済界の力には勝てない、どうにもならない圧力があるのか、あるいはこれも彼の戦略なのか、その辺が全く見えないことに苛立ちがあります。

戦後レジームからの脱却に関しては、私としてはこれは不可能だと思っていて、あの大戦そのものがそのレジームを決定し未来永劫維持する為の戦争だったと思うわけです。だから負けたら終わり。つまり、戦後レジームからの脱却とは、また戦争をして勝つしかないと私は考えています。でもそんなことは起こりえない。せめてできる事は、日本政府としてではなくて民間が、あるいは歴史家が判断するということなのでしょう。東京裁判の見直しを安倍さんは以前言及していたけれど、そんなのは世界が公式に認めるわけが無い。

総理大臣の立場になると、一政治家とはまるで違うのでしょうし、安倍氏も苦悩しているんじゃないかと思うのだけれど、いやいや、彼にやる気はないし、経済に関しても彼は新自由主義者であったのかもしれない。

ま、この辺は難しくて、新自由主義だの市場に全てを任せればよいという規制緩和、自由競争、市場主義なんて日本を壊す考え方でしかないと思う方がおかしいのかもしれない。でもねぇ、勝ち組は常に勝つような方向性って絶対に私は認めたくはない。TPPはまさにそれで勝ち組が常に勝てるようにする条約。

世界の中の日本を考えれば、世界はそういう方向へ行っているのだから日本もそうしないと生き残れないという論理なんだろうとは思うけれど、それって原発問題も同じで、しょうがないしょうがないではどんどん世界は堕ちていくとしか思えないわけです。

瑞穂の国の資本主義。私はこれに日本は賭けても良いと思うんですよ。国籍を持たない大企業や国際金融資本の言いなりになったら日本は滅ぶ。いや世界が滅ぶ。

じゃぁ、安倍氏を推したのは間違いだったのか、打倒すべきなのか、そうなるとまたわけがわからなくなります。

日本みたいに2000年以上も一つの国として続いている国って世界にはないわけで、空気で動く国民だとバカにされるけれど、それこそ長い年月に培った日本人の英知は外国の視点から見るとわけがわからないというだけで、世界最高のノウハウが詰まっていると私は考えるわけです。

ところが世界のオピニオンリーダーでもあるアメリカってのは文化思想的にも歴史が無くて、たまたま「自由と平等」という理念を根本にしたらどうなるかという実験国家でしかない。これは中国も同じで「共産主義」でやったらどうなるかという実験をしている国家。共通しているのはどちらも弱肉強食を肯定する覇権主義国。こういう連中の理屈に振り回されて、自由貿易だ、関税撤廃だ、市場に任せろ、労働市場も自由化だとか、こんなのに付き合う必要があるのかどうか。

これらの良い部分もあるのは間違いがないけれど、長い世界の変化を見てみるとどうも成功しているようには見えないわけです。ま、そしてまた保護主義の時代に入って行ったり世界の歴史は繰り返すのでしょうが、日本の良さがどんどん無くなっていくようでどうにも我慢ができません。

そういう考え方が古いのかと思うこともあるわけです。今では会津だ薩摩だという人はいないのと同じで、日本が平均化されていったように世界も平均化されていくのでしょう。

また戦いって強いほうに合わせないと必ず負けるんですね。相手が銃を持っているのにこちらはナイフってわけにはいかない。ルールも同じ。敵は何でもありなのに、こちらに制約があったら負ける。経済戦争もまさにそうなのだとしたら、今の日本の動きはそれで良いのかもしれない。

でもそれじゃ弱いほうはすぐにやられてしまう。だからこそ国境も作り、規制も作り、そして関税自主権で守りを固める必要がある。でも強いほうはそれを壊そうとする方向にしか動かない。そういう意味では日本はまだまだ良いほうで、世界の小国ってこの自由化の流れの中でどうやって生きていくんでしょうね。

寂しいなぁ・・・・・

TPPは売国条約

どうする?どうなる?安倍政権

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

どこへ行く?安倍政権” への6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 307a39374668484d704b7170444f4955667a4b6636314b44376846304165556efca13a2b38c1f8785a6a74ff206ee9243bd8d2f4c17b5e25eaa7565455754253
    私は安倍総理をまだ贔屓目に見ています。近隣外交では肝心の言いたいことも言えずやりたいこと(靖国参拝等)もできず、抑えざるを得ないんじゃないんでしょうか。それは同盟国アメリカから隣国(中国、韓国)との紛争拡大にくぎを刺されていると思っています。悔しいですが戦後のGHQの占領から自立できていない日本の姿だと思うんです。アメリカは自国のアジア権益確保のためにTPP等で日本を巻き込みつつ中国(韓国は朴大統領が中国への朝貢国として先祖帰りし、ややこしくしているが)とバランスをとっているのではないか。それでもアベノミクス以外に中国包囲網など着々とやってると思います。ただアングロサクソンの野望は要注意で、少しずつでも戦後レジームの脱却(憲法、官僚行政システム、安全保障、教育などの改革)し国家の自立と同盟のバランスを図っていくのではないかと思います。肝心なことは日本国民が右翼左翼関係なく近現代の真実を勉強し直さないと植え付けられた自虐史観で亡国するのではないかなと思います。江藤淳の言ってた戦後のアメリカの日本弱体化計画(罪意識扶植計画ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)で毒されその影響は強固でまだ大きく残っていますね。

    話変わってdaboさんはDiana Krallが好みならこの曲もお好みではないかな。レクサスのTVコマーシャルで使われている曲です。
    「I’m Wanderin’」 Kristina Train YouTubeで聞けます。

  2. SECRET: 0
    PASS: 305836726b454e686a4c4753533063326c744d5257447773755643737347466c3e6a8b7e232bd6a7cd4fd9d2c298081324ed9e7802bec5140b6ff4dcd841e085
    HSさん

    HSさんの書かれたことの99.99%賛同します。

    お恥ずかしい話ですが、去年、安倍さんの演説を聞いて生まれて初めて「政治家の演説に感動」し涙が流れてきました。自分でも不思議なのですが、この人に賭けたいと思った気持ちを大事にしたいと今でも思っています。

    外野があれこれいうのは簡単ですが、政治の世界、それも総理になると我々には想像もできない様々な問題があるんだろうと思います。でもそこでリーダーシップを取って、妥協や取引があったにしても、せめてブレていないところは見せて欲しいです。政治は結果論でしかありませんから。

    チャンネル桜の動画の中でも言われていますが、安倍さんが抵抗した痕跡さえも見えない、支持者にちゃんとした説明さえないというのはやっぱりおかしいと思うわけで、人心が離れていっても仕方が無いように感じます。

    と言って安倍さん以外に誰もいませんから、安倍さんが動きやすいように、また安倍さんがブレないように世論を作っていくしかないのだろうと思ってます。

    しかし、仰るように隣国のバックにはアメリカが着いていますし、また官僚、政治家、マスコミもそちら側というのは本当に困ってしまいます。ここまで敵(?)が多いと、おかしいのは自分なのかもしれないと思うようにもなってきちゃいます。

    ただ安倍政権が出来たのも、また赤池さんとかもインターネットの、それも若い人たちの支援があったからだと思っていまして、その方向性は今後も変わらないことを祈っています。

    ところでI’m wondering ですが初めて聞きました。1950,60年代を思い出させるような歌ですね。またKristina Trainのハスキーボイスは素晴らしいと思いました。私が好きな女性ボーカリストはほとんどがハスキーボイスです。(笑)

    ご紹介有り難うございました。

  3. SECRET: 0
    PASS: 505535636f34457634427349424e624f757352394947485077754b37417753309a79c8a34f939065da2dbd8f74d90f485767ab56778a97b29e6960ecb753e620
    daboさん、 今回はFXネタじゃないですけどマイブームの話題かと。

    私は隣国による日本への関与問題がいろいろ影響しているようにも
    みえます。

    TTP:peachy.xii.jp/korea/index.html

    に日本のじぎゃくしの背景や、現在の日本の状況が詳しく
    まとめられています。 
    これを読む限り、麻生太郎さんが一番日本人にとって
    まともに見えます。そこで麻生さんのをネットで調べましたが
    いい人のようです。
    そんな麻生さんを副総理にしているので、現政権は
    まだがんばるのではないでしょうか?

    上記URLの記事は長いですけど、かなり読み応えのある
    内容でした。Daboさんもぜひ読んでみてください。

    P.S.
    禁止ワードで投稿できないので何度も書き直しました。

  4. SECRET: 0
    PASS: 427933504233786675764f674c746c4a54787533636c677a4e6d70735379514c6c747b7608c1c4809e1b8d943860cb526bc6a7f76f0f5b90acfad1eeb18b70c7
    vegaさん、お久しぶりです。

    この類はvegaさんのマイブームですか?私もアジアの近現代史やあの戦争はなんだったのか毎日勉強し、考えています。

    上に紹介したビデオ見てくれてませんよね?

    私が今回書いたのは隣国に関係することじゃないんです。

    隣国に関係することは安倍さんはうまくやっていると思います。門戸を開いていつでもいらっしゃいと言うだけで彼らの挑発には乗らないのはたいしたもんだと思うくらい。何もしないという良い攻撃方法だと思います。

    問題は麻生さんは関係なくて、なぜ去年から今まで若い人も含めて安倍支持でみんな(保守派)が積極的に動いたのに、当初の話と違うことばかりして、それに対してなんら釈明、説明もしないのかってことなんです。約束(勝手にそう思い込んだだけかもしれませんが)とは正反対のことばかり。
     
    保守派の中には動揺、あるいは落胆が広がっているのは間違いがなくて、これを放置するとかなりうまくないことになると考えています。人によっては靖国に拘るでしょうし(痛恨の極みってなんだったのか)、私としては今は靖国に拘るべきでは無く、経済政策が全くおかしな方向へ行っていることが大ごとだと感じます。

    ま、安倍さんも心の内を明かすことは有り得ないでしょうし、どこからどういう圧力があったのか、どこで手打ち、妥協したのかいろいろあるのだろうと想像するだけです。つまり、今でも安倍さんは「本当はこういうふうにしたくなかったはずだ」と多くの保守派が信じているんですね。でも真実は闇の中。

    それでも安倍支持を続けるしかないという葛藤もあり、結局は自分が信じる方向性を固辞し、世論を作っていくしかないという、この動画の結論と私の結論は同じ。

    隣国に関するご紹介いただいたサイトは読みましたが、これは良い傾向ですよね。こういう事を前から叫び続けてきたのが段々と広まっているのを感じます。ただ大マスコミやテレビの地上波では一切この手の話は出てこないのが問題。でも時代は変わると信じるしかないと思っています。

    問題は、彼らがああなのは歴史問題ではなくて、あれこそが彼らの国是であり、反日のみが建国の基礎になっている事実を日本人の多くはまだ気が付いていないこと。そして彼らの言い分を正しいとする、あるいは妥協を迫る勢力が国内では非常に強いことだと思います。

    歴史を紐解くと、彼らの本質が見えてくるわけで、決してプロパガンダに乗ってはならないと思うし、興味ある話が出てきたらこのブログにも紹介して拡散したいです。

    ただ、日本のあの戦争に関しては、今の保守は左翼と同じレトリックを使い出したように感じて、これはやっぱり正しい歴史認識を阻害するのではないかと思っています。つまり、美化する傾向が非常に強いと感じるのです。

    私としては、あの大戦が「欧米の植民地からの開放」だったなんてことはまるで嘘、というか後から足した詭弁であると思っていますし(ただ結果としてはそうなった)、南京大虐殺に代表されるような虐殺、略奪なんかありえなかったというのも大嘘だと思っています。そして、vegaさんのご紹介のサイトにもありましたが、アジア各国は日本を賞賛しているとする考え方ですが、非常に偏った見方だと思っています。

    これに関しては私自身、グアムやフィリピンで調べましたが、彼らが日本を賞賛しているなんてことはありません。というかそういう人も中にはいるということでしかないし、例えばフィリピンも、日本は最初は間違えなく彼らにとっての解放軍であったのが、戦果がおかしくなってくるにしたがって日本も彼らに対する態度を変えて行ったんですね。そして虐殺略奪、住民の殺害も始まった。ルソン島辺りのフィリピン人はそれを良く知っていますし、多くのフィリピン人がアメリカに付いて、日本軍と戦ったのも事実。

    これは満州も同じで、5つの民族が満州国軍を形成し一緒に戦っていましたし、当然、彼らは日本の軍事教育を受けた。でも日本が負けだしてから、彼らは手のひらを返すんですね。日本への恨みが表面に出てきて日本人に銃を向けるようになった。だからどの時点で彼らを見るかでまるで違うものが見えるってことだと思います。

    前にも紹介した、水間政憲氏の「ひと目でわかるシリーズ」の書籍ですが、南京大虐殺の証拠として出されている写真は全て偽者、他の事件の流用(しかも多くの被害者は日本人)であることを証明しています。また、他の書籍では「アジアでは日本人を賞賛している」という証拠の写真集も出しています。

    ただこれを良く見ると、その写真の出所の多くはなんと朝日新聞なんですね。彼は、あの朝日がこういう写真を出したのがまさに真実だという証拠だと主張しますが、ああいう写真は戦中に日本人の意気高揚のための大本営発表と似たようなものとして出してきた、日本に都合の良い写真ばかりなんですね。日本の国旗を振っているとか、笑いながら子供と遊ぶ写真とか。

    私はこれはこれで良いと思うんです。自虐史観に凝り固まった人には一つの救いになるし、海外向けにも良いはず。そして、あの朝日の逆手を取ったという点で、してやったりと私も思います。

    でもあれは日本人用のプロパガンダでしかないというのが事実だと思うし、単に日本を美化したい、戦後レジームも東京裁判も否定したいと人に取っては良い証拠となるのでしょうが、本当の真実を知りたいと願うのであれば、ああいうものをそのまま信じるべきじゃないし、それをしてしまうのならまさに左翼と同じ穴の狢になるのだろうと思ってます。

    また隣国に関してですが、併合によって国が栄えただろうと、お礼を言って欲しいくらいだという保守派も結構いますし、vegaさんご紹介のサイトにもその辺の話が出ていましたが、これこそ隣国が絶対に許すことが出来ない論理なんですね。これに関しては私は隣国の言うことの方が正しいと思っていまして、逆の立場で考えればすぐにわかること。自分の民族も国も消滅させられて、それで発展したんだから良いだろうなんて理屈が通るわけがないんですね。もしその理屈が通るなら、今まで日本がアメリカにやられてきたことなんてお遊び程度しかないということになります。日本人がアメリカに腹を立てるなんてとんでもないというのを日本人自らが認めたことになるはず。

    つまり併合された半島は、朝鮮民族の近代化を進めてあげる、なんて優しいものじゃなくて、朝鮮半島にある日本を強くしようとしただけ。満州も同じで、満州にある日本を強くしただけ。その地域の為、民族のためにそうしたなんてことは、大嘘だと私は思います。100歩譲ってそう信じる日本人がいたとしても、当事者はそうは思わない。日本に協力したのは、そうしなければ生きていけないから。ただそれだけのことだと思います。

    東南アジアも同じで、欧米の植民地が日本の植民地になっただけと考えるのが順当。でもインドネシアやミャンマーに代表されるような親日、あるいはインドの様に敵の敵は味方という論理を持つ国があってもおかしくない。そしてフィリピンやグアムを見てわかることは、植民地としてあの国もこの国も植民地という見方は通用しないんですね。日本にとっての台湾やサイパンがそうであるように、欧米の植民地として割合うまく行っていた場所もあるんでしょう。でも当然、独立運動をする人たちもいる。そして、グアムで体験して私はビックリしたのですが、彼らの多くは、アメリカ人になることに誇りを持っているんですね。そんなところへ行って、開放してやるなんて、バカか、ってことになります。これは、中国が沖縄に侵略し、日本の植民地から開放してやるというのと同じこと。

    ま、そんなこんなで、どの時点でどういう視点で見るかによってまるで違うわけで、本当に我々の歴史をはっきり把握するのは難しいと思います。

    自虐史観は間違い。でも美化もできない。これが私の今の思いです。

  5. SECRET: 0
    PASS: 785872626a3530517459716f423765594c35366d63526e656168644f376175300ca3354a817b890ea3b5685ac45fb5af47673309fe64f6b8246024b384976d21
    daboさん
    ビデオ見てなかったので論点がずれてしまってました。すみません。
    それなのに詳しい解説までしていただいてありがとうございました。

    いまビデオ3本見終わったのですが、この中で9月にアメリカに行っ
    て帰ってきてから阿部さんの表情と態度が変わってきたという話が
    ありました。アメリカからの圧力があったんじゃないかと私も思います。

    議会制のため阿部さんの独断のみではうまくいかないこともあって
    ギリギリのところでがんばっていたのが、ここにきて心が折れつつ
    あるんじゃないでしょうか。

    このあと逆転劇があることに期待したいですが、望み薄になりつつ
    あるのが現状なのかなぁ と残念に思います。

  6. SECRET: 0
    PASS: 6b544f5a656758526f6f54634f6c37534f71766a5447454369314e746373314821ca50c7e5c143b89653db2df18e81047efaf7f8f274d2fd03cbcb83042d59a1
    vegaさん

    私の動画の中のその部分、安倍さんの顔がかわったというところ。一体何があったんでしょうね。

    ただ尖閣も慰安婦も、日本の右傾(普通になるだけ)に反対するのもあの隣国だけじゃなくて、アメリカも世界もそれに反対しているのがはっきり見えてきましたよね。

    どうしてこういうことになっちゃったのかと思いますが、日清日露戦争から大東亜戦争までの歴史を見ると、あまりにも日本が強すぎた、やりすぎたのがはっきりわかるし、いかに世界が日本を怖がっているのかもわかる。

    日本人は日本が軍国主義になるなんて思っていないし、まさか侵略を始めるなんて想像もしませんが、彼らは日本の怖さが忘れられないんでしょうね。

    安倍さんが実際に何を考えているのかわかりませんが、やっぱり基本は「民意」ですから、黙ってみているのだけはやめようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *