消費増税決定その後

この数日間で、なぜ安倍さんは消費税増税を決定したのか、その理由や決定までのいろいろ、各方面の動き、力関係など何かが見えてくるのかと思ったのですが、それは皆無。

酷いと思うのは、消費税増税反対派(と思われた議員)が揃いも揃って「決まったことだから」みたいな説明をすること。そして「なぜ今なのか」に関する納得できるような説明を誰一人しないこと。突然、安倍さんの腰巾着になったような発言ばかり。

もう決まったことは決まったことで良いのだけれど、「なぜ今なのか」の説明だけはきっちり聞きたい。でもそれは無理な様子。

そうかと思えば反対を言っていた言論人の中で内輪もめが始まって、袂をわけるみたいなことが起きている。バカだよね~。負け犬同士で吼えてどうするんだ?

ただ一つだけ、赤池氏というネットがあるから当選したと言って良い様な、つまり大マスコミに洗脳されない民衆が彼を推して当選させたと言っても良い様な参議院議員がいるのだけれど、彼が法律上難しいものがあることを指摘していた。

つまり、増税法の中の18条によれば、増税の決断は総理に一任されたことなっているのだけれど、増税をしない場合は法律を改正しなければならないという説明。これは初耳で、安倍さんが増税を先延ばししたらまず10月の国会が消費税国会になってしまう可能性があるとのこと。

これを聞けば、安倍さんは何よりもそれを嫌がったのかもしれないという気はするわけです。

でもねぇ、増税派は全員、財務省も含めて増税後の景気後退予測をしているわけで、「デフレからの脱却」が一番大事なことだとするならば、やっぱり安倍さんが増税を決意したのは矛盾だらけだと思うわけです。

ましてや、その景気後退を和らげるために法人税減税だなんてわけのわからん話が出てきて、本当にそれで良いのかどうか、経済の再生と財政健全化を両立させないとならないのはわかるだけに、今慌てて増税しないほうが良いと思うわけで、両立を否定しているんじゃないんですよね。

ま、とにかく変なのは、「なぜ今なのか」というはっきりした答えがどこにもないということ。

もし来年、下手をしたらアベノミクスの命取りになる可能性は高いわけで、どうしてこういうことになっちゃうのか、本当に不思議。

そしてアベノミクスが失敗すると本当にもう後ろが無いと私は思うわけで、日本が再生できるのかどうか、気になって仕方がありません。

また、今フト思い出したのが、安倍さんが法人税減税の話をした中で、「収益が上がらないと人件費も上がらない(失業率が下がらない)」という話。私はこれっておかしいと思いました。

人件費は儲けが出たから上がるんじゃないんですよね。会社も同じで、儲けが出たから人を雇おうとするんじゃない。こういうことを政治家とか評論家って知らないのかと思いました。

人を雇う(=給料を上げる)のは収益が上がるからじゃないんですね。売り上げが上がるから人も雇わないとならない。たとえば社員数と収益って関係がなくて、いや関係がないわけじゃないけれど直接関係するのは売り上げなんですね。逆を言えば、売り上げが上がってくると収益が上がっていなくても人を雇わないとその売り上げが維持できないのね。設備投資も同じで、売り上げが上がってきたら設備投資もしなくちゃならない。

つまり、来年から法人税の減税をしても、増収分は配当というかたちで株主に行っちゃうかも知れないし、内部留保を積み上げるだけかもしれない。でも企業の売り上げが上がってくると必然的に人が必要になってくるんですね。そして企業はその売り上げを確保しつつ利益を出そうと頑張る。利益が最初じゃなくて売り上げが最初。

だから売り上げが下がるようなことをしたら絶対にアウトで、そういう状態でもし収益自体は上がったにしても企業は絶対に人を増やさないし、賃上げもしない。逆に売り上げが上がれば、嫌でも人を増やさなければならない。売り上げが上がらない状態で、どうして人を雇い、また設備投資をする馬鹿がいるのか。

でもま、消費税増税を決めたのは去年。あのときから比べれば間違いなく今も今後の見通しも良いわけで、もしあのときより悪かったにしても消費税増税は避けて通れないわけだから、今は増税のチャンスだというなら理解できます。でもそういう説明をする人は誰もいない。

今回の話だけは、勝手にやってくれ~と言えるほどどうでもよい話だとは私は思わないわけで、安倍さんにはどうにか日本再生の道筋をつけて欲しいと願っています。ここでこけたら戦後レジュームからの脱却もできないし、憲法改正もまた遠のいてしまう。

もしいつか私が日本に帰るころ、デフレがもっと進んでいたら私にとっては良いことなのかもしれないけれど、そんな惨めったらしい日本は見たくないと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

消費増税決定その後” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 427078784a494c4752704f694b7970316934613050364b656d7544714c615355cd26609043a9214a1b84cc27974b809e50bc7682ca54ad8b49eb7df0c73d1a37
    消費税困ったものです。違うブログによると8%の消費税だと結果として年収の2割が税金として払うことになるなんて書いてありました。ようやく事の重大性に気づいたところです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 464f73525542744170546b6177776e47775a594b727a38744474473856745531525a3a273164133bb3721c6fad3a01120524b3a30a9632733b1e32cb702414ff
    インド紅茶通販のティチャイチャイさん

    結果として年収の二割が税金となるという点は私にはわかりませんが、どちらにしても今回の増税はかなり大きな意味があると思っています。日米開戦を決断したほどじゃないにしても、日本の命運を左右する一大事じゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *