邦人夫婦が感電死

9月9日にモントキアラのコンドで起きた事故に関して。

多くのブログでも紹介されていますが恐ろしいですね。どうしてこんなことが起きるのか、生まれて初めて聞いた事故なので非常に気になります。

事故の内容ですが、あちこちの情報をまとめてみますと

-----------
旦那さんがシャワーを浴びている時に感電し、助けようとした奥さんも二次感電して亡くなられたようです。旦那さんはシャワー室のバーを握ったままだそうで、電気温水器の漏電による感電と思われます。

日本では電気温水器は必ずアースを施しますが、東南アジアの比較的古いコンドではこうした施工を怠ることがあるようです。
-----------

事故が起きた湯沸かし器は「電気式」の湯沸かし器ですが、漏電遮断器が付いているのでそれのチェックを喚起する記事があったようです。

湯沸かし器には様々な機種があり、どれが危険とかそういう情報は見つかりません。また日本であるならばそのメーカーが何かアナウンスするのでしょうが、それも無いようです。漏電遮断器なるものがどの機種にも付いているようですが、それが働いていたのかいなかったのか、その事故調査の報告も見つかりません。普通はアースも接続されているとのことですが、それがどうなっていたのかもわからず。

漏電遮断器のテストを画像にしてくれた方もいらっしゃいます。

↓はアニメーションGIFなのでクリックして別窓に表示すると画像が動きます。このままでは動きません(ブラウザによっては動くかも)。

このような湯沸かし器が付いていない場合も多くあるようで、タンクが天井の中に入っていたり。その場合は天井に「点検窓」があるのでそこから天井内を調べるとブレイカーなどがあるようです。

しかし素人にはわからないことばかりで、自分でチェックしてもそれで大丈夫かどうかの不安が残りますよね。アースがどうなっているのかのチェックは簡単ではないはず。プロを呼んで点検してもらうのも良いかもしれませんがロングステイヤーの中にも専門家がいますし情報交換がなされていますので、チェックしてみるのも良いでしょう。

過去に何度か紹介していますが、ロングステイヤー、予備軍が集まり情報交換をするSNSがあります。あの有名な「ご褒美人生」の書籍を書かれた方が主催している団体で、会員数は2500人を越えた様子。マレーシア関連の情報はここ以上に集まっているところは無く、このような事故が起きた場合でも情報収集するには一番だと思います。

ご褒美人生の泉 マレーシアセカンドホームSNS ← クリック

感電は「電流」が一番のポイントで「電圧」ではないんですね。マレーシアは240ボルトだから怖い、日本は100ボルトだから安心ってわけでもない。また感電する時間も大いに関係があって、ビリっと一瞬感じただけのケースと伝導体を掴んだままとは大きく違う。また身体の部位でも大きく違うらしく、もし心臓直撃だと簡単に逝っちゃうそうです。

怖いのは、例えばシャワーのハンドルやバーに電流が流れていてそれを握った場合、それを離す事もできなくなることがあるとのこと。たまに映画のワンシーンで感電する場面がありますが、電線を持ったままビリビリと感電したままなんてのがあります。離せば良いのにと思うけれど、手は動かなくなり握ったままになるとのこと。

今回の事故ではご主人がシャワー室のバーを握ったままであったとのことです。

我々も注意しなければ・・・と思いますが、どう注意したら良いのか良くわかりませんよね。見てもわからないし、毎度毎度電気が流れているかのチェックなんか出来ませんし、その危険があるのは決してシャワールームだけではないでしょう。

水漏れや配線間違えなんて当たり前の様に起こるマレーシアですが、また一つ心配事が増えてしまいました。

ゴールドコーストでもプールで感電死したなんてわけのわからないことが起きるのですが、やっぱり水には注意が必要だと思いました。また伝導体を触るときには、すぐに握り締めないような癖を付ける事が必要ですね。それとお子さんがいらっしゃるような家庭では危なさそうなところには絶縁テープ、ウエットスーツの素材、あるいはプチプチ包装材などでカバーしておくなんてことも無駄じゃないと思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

邦人夫婦が感電死” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6a676a6a56343461427978386234675755367444424d4c62634e34576b57554bdf81c8535885052e75c876a0b440a859f3c3721068e150c3287c39d605f09c21
    知らんのなら適当なこと言うなという典型的なブログ
    ttp://blogs.yahoo.co.jp/saku_malaysia/37851402.html
    水伝ってるのにゴムサンダル履こうがプラ製のノズルに変えようが一緒だろ、あーあイヤンなっちゃう。
    人間は感電すると握るので、やばそうなところは手の甲で確認するというのは、電気を使う業界の基本。
    マレーシアって本当にありえないものが壊れるので油断できません

  2. SECRET: 0
    PASS: 564d346a5135327969623858655139564f6934454c4f41536c44356472385a37e89472364684568ec6d999fc72a969b26fa825d9f500b17ae9942acbe3dbebb7
    手の甲で確認する。静電気の溜まった車のドアハンドルでも使えますよね。感電してる人には素手で触らない、元電切っても体に帯電してるので容易に触らない、等々基本は多いですよね。上に貼られてあったサイトを拝見しましたが、、、ちょっと、ちょっとちょっと、、、という感じでしょうか。申し訳ないけど、電気を甘く見てんのかなって印象でした。

  3. SECRET: 0
    PASS: 3051783965754269704d64786c4d4a306144494368763559435773765535636924b5d1ff9920f17e0577fc3321418d411c0b060f2840bcb153e145ab6480b4ea
    マレーシアではないですが、この給湯タイプのコンドミニアムに泊まっています;

    知らなければ何とも思いませんが、この記事を読んだ後は不安になりました。

  4. SECRET: 0
    PASS: 6f6359717948317046724c6c5346504f6657387661446273736d796f6642345a5d5ae451bae6adc310bda26ad46e7382b57127ae30c441f94ff1114dfcfd8b71
    大西さん

    ご紹介のブログを読みましたが、私の様な素人が読むと、へーー、そうすれば良いのかなんて思っちゃうところにも危険が潜んでいるんでしょうね。

    しかし電気は放射能と同じで目に見えないから本当に難しいと思いますわ。でもしっかり覚えないとならないことがあるのは間違いがなくて、頭もボケて来ていますがしっかり考えようと思います。

    YYさん

    静電気のビリってやつは生活の中にいくらでもあるので、どうしたら良いのかって結構わかっていますよね。でも今回の様な感電は経験豊富な人っていないわけで、どうしたら良いのか悩んじゃいます。特に仰るように「感電している人に触らない」ってのが非常に大きなポイントのはずで、今回も奥さんがそれに遭遇したわけですが、感電したのかどうかもわからないから、触っちゃうのが普通だと思うんです。ましてやそれを子供に教えるなんて不可能。

    漏電があるのかないのか、ここで止めることが重要になると思うのですが、マレーシアという特殊事情もありますから難しそう。

    masaさん

    ですよねぇ。我が家のコンドには給湯器が付いていませんし、自宅の方は電気式ですが夜の安い電力を利用して大きなタンクに温水をためるタイプですから同じようなことが起きることはないと思いますが、家の中を見渡してみるとまさかが起きる場所もなくはないし気がかりです。

    随分前ですが、台所で洗い物をしていた主婦が落雷にやられて死亡したなんてことがあって話題になったのを思い出します。水道管を通ってきたんだったかな。

    自分がそんな目に合う確率って少ないと思いますが、だからと言って用心していないとこんなことも起きるわけで怖いです。

    交通事故だと思って飽きめらめる、なんてことも出来ないし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *