焼肉屋の女将に感激した

自分は飲食業の家に生まれ育ったからかもしれませんが、食事に行って一番気になるのはそこのオーナーとかマネージャー、スタッフの動き。そしてその原点にある考え方。

近所に「リーダイナスティ」っていう結構まともな韓国料理屋があるのですが、今のオーナーに代わってから美味しくなるしサービスは良いし大満足です。

で、先日ヨメサンと二人で行ったのですが、そこで鍋を食べていたときのことです。ああ、この店で焼肉を食べることはほとんどありません。ゴールドコーストで焼肉と言えば、私はJFX、ジャパンフードエクスプレスしかないと思っていまして(和牛ね)、他の店で焼肉を食べることは本当に稀です。

設置してあるテレビでKPOPは流れているし、客は7,8組、五月蝿くはないのですがそれなりに賑わっているような雰囲気でした。

そんなときに、ヨメサンが箸を床に落としたんです。韓国料理屋ですから箸は金属の箸。

チンと床に落ちたときに音がした。

私の対面にヨメサンが座っていまして、そのテーブルから10メートルくらい離れたところにオーナー(女性)がいてスタッフと話をしている後姿が私からは見えていました。

で、箸が落ちた瞬間、そのオーナーはすぐこちらを向いて、替わりの箸を持ってきてくれました。この間、1分以内。

びっくりしたー。あの箸が落ちた音だって小さな音で、ヨメサンも落とした~なんて態度でアピールしているわけでもないのに、よくあの後ろを向いていて話をしていたオーナーはそれに気が付いたと思いました。それも何を落としたか確認するでもなく(スプーンは音が違うのか?私物だったら?)、何人もいるスタッフに言いつけるわけでもなく、自分がさっと動いて箸を持ってきた。

嬉しかった~~。ちょっとこういう場面って海外で経験がないもので本当に嬉しかったしびっくりした。

こういう女将のいる店は料理もしっかりしてる。流石だと思いました。

ま、日本なら当たり前のことかもしれませんが、「気が利く」ということが稀な当地では本当に珍しいことです。

こういう気が利く店って本当に珍しくて、他にあるかなぁ・・・って考えると、上に書いたJFXぐらいかなぁ。JFXも不思議な店で、トップの田中さんも(良い意味での)商売人で、ほとんど全てのスタッフが同じ様に動く。あの店ってどういうスタッフ選びをしているのか、どういう風に教育しているのか、まさかスタッフの力量だけに頼っているわけでもないだろうし、本当に不思議。

高級店でサービスが良いところはあるけれど(あの店ね)、それって店としてのマニュアル通りにやっているだけで、また変に愛想が良いところがわざとらしくて、本当に気が利くのかっていうと違うと思ったり。

JFXの田中さんとはいつか一緒に飲みながら、あの店の秘密を聞いてみたい。(笑)

JFKはいつ行っても混んでる。要予約。


より大きな地図で 焼肉 を表示

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

焼肉屋の女将に感激した” への7件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 4c75467266314a6a674648505050777357507079574c306367353852523175552218ba328752f69a85935579ed39866cac85f0f38798ae12d596d883ce4fa050
    >韓国料理屋
    私はあまりいい記憶はないんですね。とは言ってもたった1回、韓国に行っただけですが;メニューについて(英語で)質問したら、面倒くさいとばかりに邪険にされて…『早く決めなさいよ』というオーラがバシバシ伝わってきましたw一応日本の有名なガイドブックにお薦めの店として紹介されているのですがね;

    そして、きれいに盛り付けられた海鮮丼を食べていたらウェイトレスが来て、いきなり丼を取り上げ、箸でぐちゃぐちゃにかき混ぜたかと思うと『こうやって食べるの!』←多分そう言った。とドヤ顔されてw 同意してないのに、お構いなしです。

    あっけにとられて、怒りさえおきませんでしたw お節介が過ぎるということですが、これだけは言えます。混ぜない方がおいしく戴けます。

    daboさんの話はオーストラリアですから、状況が違うかもしれませんね。

    >気が利く」ということが稀
    日本のコンビニ行ったら、あれやこれやと(親切?マニュアル?)世話を焼いてくれますが、外国じゃ言わないと何もしてくれないですもんね;

  2. SECRET: 0
    PASS: 375868443158593973766d525a6953765765613758625268334b756274543641b83eeabfbd25669fdcbb1bfcbbd000294ba66560a8e203aac6216b142d06a878
    ホンマそう思いますわ 日本にいる時は接客業は「お客さんに呼ばれたら負けです、」と言う世界なのに。こっちでは、呼んでも無視ですからねー。

  3. SECRET: 0
    PASS: 6f4d444562493643573679494f3570685446676e427034574370714a436559765cff72abda4d373e75ebb902ca4e9a71636f39cfc609334f0a5b632cb6445ec0
    Katsさん

    私もあのビビンバをしっかり混ぜて食べる文化には違和感があります。でも「混ぜる文化」というと違うと言われるんですね。宮廷料理は混ぜないんだそうで、ちゃんとした料理のあまり物を庶民が混ぜて食べたというだけだそうです。私は日本の「卵賭けご飯」が大好物なんですが、あれを外人が混ぜないで食べたら「変なやつ」と思うわけで、それに似ているのかも。

    そういえば、私の友人で(30年以上前ですが)韓国人の彼女ができたんだけれど彼女はカレーライスをしっかり混ぜて食べるし、食べるときの音がいろいろと半端じゃない(わかりますよね)。それがどうしても我慢できなくて別れたなんて話がありました。

    それと韓国料理と日本料理の決定的な差があると聞きました。日本料理は完成された形で客の前に出される。ところが韓国料理は材料を席に出して客が好きなように合わせ味付けをするとのこと。日本の韓国料理にクッパなるものがありますが、あれは「ク」と「パ」であり韓国では別々に出てくるのが本来の姿らしい。

    日本の高級すき焼き店に行くと仲居が全て目の前で調理してくれますが、韓国の焼肉もああいう形が本式みたいですね。自分で焼きたいのに店のスタッフが焼こうとする店は結構あって、自分で焼きますからと断るのが毎度のこと。そういうサービスが良いという伝統もあるようで、今ではなくなったキーセンのいる料理屋では客一人ひとりにキーセンが横について、客は一切箸もスプーンも持たずに、キーセンが客の目線を見て、欲しいものを口まで運んでくれるなんてことがありました。

    ま、好きなように食べたいですが、外人が好き勝手に和食を食べている様子を見ると(寿司や刺身に異常なほどワサビをつけたり)、やっぱり小言を言いたくなるのは同じなのかもね。

    おおにしさん

    海外で日本と同じサービスと考えるほうがそもそも間違えているようだけれど、それに拘る経営者もいるのが面白いですね。半端じゃないコストは料金に乗っているってことなんだけれど、その辺をうまくやっているところもある。

    なんだか我慢大会をみんなでやっているみたいだ。(笑)

  4. SECRET: 0
    PASS: 6a424952636f7a667a6d4c493769396e455a6238506f71414c41555936774668ab620fb9ad1b2ca5079b9adccca88b73f7365ade5d3618160f50dc1e9eea0083
    そうですね、自分の風習に引きつけて、つい他人に小言言いたくなっちゃいますね。

    ただ、ビビンバは私はマゼマゼがすきですね。ナムルとお焦げ混じりのご飯が渾然一体となって、もう最高です。ものの本には、ビビンバはこう食べると両手を使ってダイナミックにかきまぜてくれる、という話が載っていますが、わたしもソウルで出会いましたよ。私が考えるまぜるとはレベルが違う。そりゃあもう感激的にダイナミックだったです。以来、ビビンバは徹底的に混ぜてます。

    海鮮丼はともかく、そもそもビビンバはビビン(混ぜる)とパップ(飯)なんですよね。「お節介」と「言わないと何もしてくれない」って微妙だと思います。

    「日本のサービス」ってのもどうなんでしょうね。日本でいっぱしのレストランでも、何か頼みたいときにウエイターがいない・客を見ていないっていうことが結構あります。あまり一般化してもいけないとは思いますが、フランスのレストランのギャルソンのサービスにはいつも感心させられます。何か頼みたいときは呼ばなくても顔を上げるだけ(時には眉をあげるだけ)で、すっと来てくれる。距離をあけていつも見守ってくれている安心感があります。こういうのがサービスなんだなって教えられます。ギャルソンの人数もたくさんいるんで、もちろんコストがかかったサービスです。チップの文化も大きいと読んだことがあります。

    でも、日本も(マレーシアも)サービス料をとるところ多いですよね。何のサービス??って思ってしまいます。

    私にとって日本で安心できるのは、言葉でツーカーできること。でも、それが通用しないことも多いかな。背景の文化も違ってきてるのかもね。

  5. SECRET: 0
    PASS: 61507a5251426d364f52616c724156794c477576627a3230507955436e743076d2f9d3bdedbbf456e2ff3861a683ee079ea8dfe51a52c3ceb62d37e83963a9c2
    トゥーサン

    私もビビンバは(今では)徹底的に混ぜます。これも慣れなんですかねぇ。

    あああ、チップって面白い習慣ですね。あれが彼らの主収入だとすれば客もどうするべきかがわかるし。でもああいう習慣があるってことは、そうじゃなければまともな仕事をしないという文化があるんだろうと勘ぐりたくなります。

    ま、店っていろいろあるから面白いですね。

    私が最近思い出すのは、若い頃に良く行った小便横丁(ガード下とか)の焼き鳥屋(肉は豚)。冬はコートを着たまま座って、お会計は串の数を数えるあの手の店(どういうわけか地面に串が沢山落ちてるのね(笑))。オバサン一人でやっているような店ですが、オデン屋もそうで、ああいう店にサービスの原点を私は感じちゃうんですよ。悪くも無くて良くもなくて、ちょうど良いあの居心地の良さってなんだろうって思います。

  6. SECRET: 0
    PASS: 6d6877314c4b686f37616e4d76547941715a7856565a595838746c4944496c646badf75a181e00cfaedd4425ae392c53224f9952b65f946db2a4979aea7c3352
    私もマレーシアでこの様なサービスを提供できるようにするのが目標です。 でも、実際は難しい事です。

  7. SECRET: 0
    PASS: 544436475a5271584233706f3848706a6647316f376c6d784336694a3765776341d4744c05ccafa33de977dadc5021a85e9d132df96194b7268d491263ca7465
    telemon6さん

    貴方の意気込みを私は(前から)感じていて、マジで期待しています。頑張って欲しいと思います。

    私もオーストラリアでその意気でやっていたのですが、結局それは2年も持ちませんでした。だからと言ってサービス内容を変えたり止めたりしたということではなくて、その「意気」が残念ながら消滅してしまいました。

    やれることだけやるしかない、という結論に達したんです。

    ま、それって当たり前のことなんでしょうが、自分が出来る範囲、あるいはやりたい範囲で顧客サービスに努めてもそれは単なるそこらの普通のサービスでしかないんですね。顧客の真の要望に応えているかどうかはまるで関係ないわけです。実際には客が単なる我侭だとしても、それに応えることができない。でも応えるべきかと常に悩んでいましたが、顧客の要望以上のサービスを提供する(こんな意気込みを持っていたんです(笑))なんて大それたことは到底不可能。でも出来る、やろうと思っていた自分が甘かったというか、「日本的サービスをしている」という自画自賛、あるいは欺瞞があったことを感じました。

    これって結局全ての業種で、全ての国でも共通の企業の悩みであって、別に海外の日本人相手だからっていうわけじゃないのですが、私としては仕事の内容と言うより、志の点で敗北を認めざるを得ないと感じました。

    拘りすぎと言えば拘りすぎかもしれませんが、海外では「日本流サービス」を提供しているという自画自賛が氾濫していると私は感じるのです。自分が提供側ではなくて提供される側に立ってそれを強く感じました。

    道端で商売をするキャッチセールスじゃあるまいし、良いことを並べてその気にさせて売り上げを上げるのと大差がないと思うことが非常に多いのです。不動産関連なんかまさにそれですよね。

    海外に出る人たちの中には「夢を見たい人」が多いのは明らかで、そういう顧客には「夢を見させてやる」のがサービスの基本なのかもしれませんが、私はそれでは駄目だと思うんです。いつか夢も覚めて正気に戻る。あるいは理解の無かった、あるいは少なかったことに関しても、いつか学んで顧客も利口になってくる。

    これは当たり前のことであるわけですが、サービス提供会社は望まれるものだけを提供するのではなくて、客が育つことをも助ける必要があると思うんです。「常に提案する」という企業としての使命ってあると思うのですが、特に海外でのこととなると顧客は無知と言っても良い。また海外に出たからこそ日本では見向きもしなかった、経験もしたこともないサービスや投資に目を向けだすこともあるはずで、顧客側に問題があることが多い。

    そこに付け込んで適当な話で丸め込もうとする業者は後を絶たないのが現状だと私は感じていますし、そこまで悪くなくても、ちゃんとした情報を出すことさえ出来ない業者が自画自賛をしながら客に対応している。私はこの現状が良いとは思えないんです。簡単に言えば、素人相手に適当な商売をしているなぁ、という感じ。

    こんなのは絶対に長続きしないし、客も利口になってくれば間違いなく離れていくわけですから、とりあえず売り上げを上げなければ・・という大事なことがありますが、客の要望に真に応える、あるいは無知な客にも十分な情報提供をするという姿勢が欲しいといつも思っています。

    それが出来そうな人っていそうでいないのが現実で、そんな中で私はtelemon6さんならできるという感触を持ったのです。ですから本来なら言うべきことでもないきついことをtelemon6さんにも書いた。この野郎~と思うところもあると思いますが、これからの時代、単なる「海外生活を夢見るロングステイヤー」ではない人たちもマレーシアに向かってくるのは間違いがなく、それに応えられるサービスが今マレーシアにあるかというと私にはわからない。でも他国にはあるんですね。シンガポールしかり、プロ相手のきっちりしたアドバイザーが存在する。私はtelemon6さんにはその先駆者としての能力、実績・経験が間違いなくあると思っているんです。

    楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *