日経平均

今の日経平均を日足でどう読むのかというご質問を頂きました。

結論から言いますと、全くわかりません。(笑)

いや、冗談じゃなくて本当に全くわかりません。

やっぱり動きってトレンドが出来ているのか、目先は買われているのか売られているのかとか、その辺から今後のストーリーを読んでいく訳ですが、今の動きとしてはこれからの動きを読むには情報が無さ過ぎると思います。相撲で言えば見合っている状態?

トレンドラインを引いてみても収斂しているところですから動きがどんどん小さく方向性が無くなって来ていて、これを飛び出すことがあって初めてそこで次の展開を読むんですね。だから私には今の段階では何もわからず。

多分、私に聞いてきた方もこういう動きだから聞いてきたのだろうと思います。

チャートは日経225CFDの日足です。

ファンダメンタルズ的には何か読みがあると思いますが、もしその読みを多くの人がするとすればそれはすでに動きに出るのが普通ですから、今、動きが無いというのはファンダメンタルズ的にも難しいところじゃないんでしょうか。ニュース待ち?

私はポジショントレード、あるいは中長期の投資はしませんから、日足のこういうチャートを見ても単なる興味の枠を出ないのですが、今現在株式なり先物のポジションがある方は確かに気になるところではありますよね。

このチャートは日足ですが、これが一分足でスキャルをやるつもりで見ているとしても、こういうパターンの時には出番がないわけで、どこかに遊びに行くか早く寝てしまうのが良いんじゃないでしょうか。無理して出撃する必要はありませんから。また、無理して読む必要もないんですね。

でもポジションを持っているとそんなことも言ってられないんでしょう。

ま、日足で見ると全くつまらない動きですが、私が大雑把な動きを見るのに良いと思っている4時間足で見てもこの1週間はつまらない動き。全く次の展開が読めません。想像付きません。

無理やり読めば、弱い上昇トレンドの中の一休み中で、動き出すときには上でも下でも行きそうな、力を貯めているところとでも言いましょうか。で、若干上方向への圧力が強いように見えます。ポジションを持っているとしたらロングであるべきところ。でもこれから出撃する場所じゃなかろうと思います。

4時間足。

でも基本的にこういう場所で無理やり読んでもしょうがないんですね。相場は売り方買い方の綱引きですから、動きが無ければどちらの力が強いのかもわからないわけです。それを無理やり読んだところで意味がないと思います。飛んでいるボールがどこに落ちるか、落ちたらどう弾むかって読みは出来ますが、止まっているボールが動き出したらどちらへ向かうか読むのは無理でしょ?それと全く同じ。

じゃぁ、日経平均って何もすることがないのかというとそんなことはなくて、前に「これで勝てなければやめちまえ!」シリーズで紹介したTrendMagicやDoda_Donchianを使ってデイトレをやっていればしっかり利益が出る動きをしています。

昨日、今日の動き。昨日は動きはありませんでしたが、今日はデイトレをするに十分な動きがあった。

15分足。

先週末。

日足で見る日経平均の動きが気になる方ってどういう投資をしているのかわかりませんが、もし日中に時間があるのでしたらやっぱりデイトレもやってみたら良いとおもうんですが、どんなもんでしょう。先物、CFD、ETF。

あんまり難しいことは考えなくてもDoda_Donchianの売買サインのままでも利益が出るんですから。で、慣れてきたらいつも書いているようにオシレータを使って撤退場所を変えるだけでも面白いことになります。このチャートを見ても簡単にそれがわかると思うんですが・・・

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *