椰子農園投資 その2

パーム油の農園投資に関してですが、活発な意見交換が行われています。面白いですねぇ。

興味のある方はコメントを読んでくださいね。

前の日記  ← クリック

最初に書いた日記 ← クリック

さて、私の考え方ですが、結論から書くとやっぱり難しいなぁ、ってところかな。

いろいろな考え方があると思いますが、秘密コメントをくれた方は各社のファイナンシャルデータに注目されていました。私としてはこのアプローチ方法が大事だと思っています。実際にそれらの会社がどういう経営状態かを見るってことですね。これらは各社のサイトに出ていますのでそれを参照してください。

ただ、私自身はこういう投資会社のB/Sを見てもよくわからんのです。投資金をどう会計処理するのかなんて知りませんので数字を見てもピンと来ません。また各社長年やっているわけではないので長い歴史、実績もわからない。そして椰子を植えて油を採るわけですが、最初の数年は収穫がないわけですよね。この辺をどう考えるべきなのかもわかりません。用意された土地にどんどん植えているのか、あるいは投資者が決まってから植えるのかもわからないし、どちらにしても最初の数年は油は採れないわけですから売り上げも利益も出ないはず。でも配当は出すわけで会社としては赤字は当然で債務超過になっているかもしれない。でも投資金はあるみたいな。

このビジネスモデルってどうなっているのかに注目された方もいらっしゃいますが、ここも興味がありますよね。この辺はわからないことだらけですからなんら判断できないと言えばその通りなのですが、かなり儲かる話じゃないかってのは想像できます。それって単純な考え方で、ある会社はパーム油の相場が1500RM以上なら配当を出すと言っていますが、2008年、2011年には3700RMという高値が付いている。これって売り上げが2.5倍になるわけで、同じ生産量で多分経費はさほど変わらないはずですからとんでもない利益が出る。投資家への配当は変わらずとすれば莫大な利益が運営会社に転がり込むビジネスモデルなのでしょうし、各社この2008年当時の値動きを見てこのビジネスモデルを考えたのではないでしょうかね。

ただ自然相手ですから作付けがどんな感じなのか、土地によって出来不出来もあるんでしょうし、災害・被害に関してもまるでわからない。またパーム油にもランク付けなりあるでしょうから実際にどんな売り上げが上がるのかの予想は素人には無理。それプラスこの値動きですから利益予想なんて誰にも出来ないかもしれない。ま、パーム油がいくらならどうかってのが想像できる程度なんでしょう。

会社そのものとしてはどんな目論見があるのか聞いてみたいですね。パーム油の価格が3000RMを超えていたらごっそり儲かるけれど、1300RMを下回ったら倒産覚悟とか?(笑)

それと私が気になる点としては各社の経営陣の力です。これがまるでわからないんですね。それぞれの会社、経営者の素性も実績もまるでわからない。つまりパーム油農園経営のプロかもしれないし、あるいは椰子農園経営の素人(しかし投資関係ではプロ)が机上の計算で始めたプロジェクトかもしれない。要はこれってベンチャー企業に投資するのと同じ難しさがあると思うんです。

でも配当金は決まっていてベンチャー企業が計画通りにうまく行ったときの様な妙味は無い。配当そのものは8%だの10%だのと大きな感じがしますが、ベンチャー企業に投資すると考えた場合、このリターンは小さすぎてリスクをカバーできるかどうかは疑問。

でも大丈夫なんじゃない?

という何が何だかわからない期待を持って投資するしかないってことだと思います。

それと投資話には付き物ですが、大きな配当を出せるくらい儲かる見込みがあるのなら自分でやるだろうって話。目一杯借り入れてやるのも一つの手。自分が経営者側ならどう考えるかってところですが、当然出資者も集める(会社そのものへの出資)し、借り入れも起こすだろうけれど、これに今回の様な出資者を含めてリスク分散するのかもね。で、パーム油の値が高くなると配当金との差額が会社の利益の上乗せになるわけだから非常に面白いことになる。会社側からすると損小利大のビジネスモデル。ましてや一定年数後、出資金を返すことになっていて、その後はすべて会社の利益になるってところも面白い。

パーム油の値が1500RMでも配当を出せるってことはそれが3000RMを超えたらどうなるか、この辺を考えてみると面白いですよね。ごっそり儲かるなんてもんじゃないんでしょう。

ま、それはそれで本体がいくら儲けようと我々は間違いなく8%なり10%なり受け取れればそれで良いのですが、リスクがまるで見えないところが気になりますね。つまり、配当が良いからと言ってREITやあるいは債券につぎ込むような金額をこれにつぎ込むのは不可能ってことになるんでしょう。

で、会社としてもその辺は良くわかっていて、あのような小額(15万円程度)からでも出来るプランを用意して投資家の数を増やそうと狙っているんでしょう。

つまり私の考え方としては「いくら投資するべきか」ってところに行き着きます。この投資案件そのもののリスクは計り様がないわけですから。もちろん何もしないでパスするのも一つの手。

難しいですよね。大きく入れ込むにはリスクがあるし、小額なら妙味がないわけですからやらなくても良いことになる。

思い出すのは日本の小口ファンド。投資と言うより市民参加型の復興に寄与するファンド。東日本の牡蠣養殖業者とか酒屋、魚肉加工業者等に投資するファンドがありますよね。まだあれの方が災害からの復興に寄与するとか、少なくとも過去の実績がある会社への投資だから安心感がある。

それに関して書いた日記  ← クリック

ま、マレーシアに住むのならマレーシアがらみのこういう投資も面白いかもしれない、みたいな範囲を超えてこれに注力するのは私には無理。この配当率を見ると金融資産の半分以上つぎ込みたくなりますが、そこまでできませんよねぇ。(笑)

利益を得るとはリスクを取ることとイコールであると私は考えています。リスクの無いところに利益も無い。でもそれを出撃の言い訳に使っているとあっという間に資産は消えてなくなるのも現実。難しいですね~。

皆さんはどうお考えですか?

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

椰子農園投資 その2” への7件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6d4579446d476b7530334448675a46777662365379665043794f565366516a77f21465de8209e67c7d5c91cf21ada29963731ca0a81252b74b2c245f807a7d96
    実がなる前の配当に付いてはGolden Palm社の場合は6%×7年分の42%の出資金を配当用に内部留保して確保しています。 と言う事は実際の農園運用のイニシャルコストは集めた資金の58%以下で運用されていることになります。 このスキームの面白いところは、資金管理のプロ+農園運営のプロ+会計のプロとそれぞれのプロが担当しているところではないでしょうか? ただのベンチャー企業なら何かに長けてはいても、何かが不足すると言うことは当然あり得るのでしょうが、この場合は起こりえる不足分を考慮して対策されています。 また、他の投資案件と違うのは天災や火事などの災害以外が起こらない場合は必ず実が収穫でき、その実から採られる油が世界中での需要が確実に見込めると言う事です。 そんなの判んない? 世界中の市場からパーム油の購入は無くなると価格が暴落するんじゃない?と言う指摘も多分にあるかと思いますが、世界の食用油の50%以上をパーム油が締めていると共に、他の代替油がない状況では考えにくいと私は考えています。 なら私は全ての資産をこの投資につぎ込んでいるかと言いますと答えは『NO』です。 どんなに魅力ある商品でも必ずリスク分散を考えて投資するのが基本ですし、不動産や定期預金との一番大きな差は、レバレッジが聞かす事が出来ないと言う事です。 不動産なり、定期預金ではそれらを担保に借り入れを起こして別の投資案件に投資したりも可能ですが、この案件ではそれが出来ないので、全てを投資することは私的には不可能ですね。

  2. SECRET: 0
    PASS: 6276534d3131596c394a6c4136777a346c70486e584f7746726441307a4a5541614f38a5a4675767985c59551279b77492e9be2a486f7d641fd2e0d5b87e6fd7
    Youtubeの動画を上げるのにはどうすれば良いのでしょうか?

  3. SECRET: 0
    PASS: 79645a4265577735745561587a3347783774634c474b32426d454f344d644b3452986048970094adc526da6fb9187c0f1f3504bb699a519eb29d6a8cfcc30e28
    telemon6さん

    私には「資金管理のプロ+農園運営のプロ+会計のプロとそれぞれのプロが担当しているところ」がわかりません。会計監査法人などが付いているのはわかりますが社内に実力がある人がいるのか、農園運営のプロの実績、社外のその他のプロ達がどういう関与をしているのかも私にはわからない。ただ今時のベンチャーは各方面の実績あるプロを社内に抱えて始めるのが普通で、市井の一般人が独立するから出資してよってのとはわけが違うんですね。で、そういうのと比べればこの投資スキームは安心だろうとは「想像」できます。

    またヤシ油に関しては自然のものだというところが難しいところだと思っています。工場が稼動すれば順調に生産されるものとはわけが違うのでそこの判断が私には何もできません。ただ椰子油の世界的なポジションや今後の値動きに関しては相場物ですから私は楽観はしません。2009年の暴落も実際にありましたし、どの辺が最低線かは誰にもわからない。WTIの石油もそうでしたよね。で、その辺を楽観すると近年あちこちで広がって、また問題を起こしたノックイン債と同じ危険があるってことでしょう。投資って常にうまく行っていても忘れた頃のたった一度の出来事で破綻するんですね。会社も同じでしょ。その辺のリスクをどう考えるかが焦点だと思います。

    また、昨日不動産投資関連の情報を見ていて思ったのですが、我々のような先行き短い年寄り、しかも収入が他に無い人と、若くて主となる収入がある人とはまるで見方が違うということ。ま、その辺を考えればこのスキームに投資するにしてもどういう考え方で行くべきかってのは大体決まりそうです。

    それと日記の本文に書くのを忘れていましたが、このスキームの大きな特色として「流動性」に難があるということ。この手の投資に慣れた人なら気にならないのでしょうが、私は不動産投資でさえ流動性に問題があると考えるタイプですから、「撤退」と「追加」が簡単にできない投資案件にはそれなりの付き合い方しかできないと思ってます。でも「近寄るべきでは無い危険な投資」とは思っていません。面白いんじゃないでしょうか。

    YouTubeの動画ですがこのコメント欄には載せられません。もし何かあればお知らせください。また本文のほうで取り上げさせてもらいます。

  4. SECRET: 0
    PASS: 79746a38513179765a6d4e7043563131424641447a7973325144456468614f6f72b59a7e42c9dbed5f3b3b290b6f8a6f8f05b1dee5d62c0aeb9a0cf1fa46e6ac
    Daboさん、仰られている事は非常に良く理解できます、投資に付いては私など足元にも及ばない大先輩の一言、勉強させて頂いています。 投資に付いては常に益とリスクとの兼ね合い、比率が付きまといます。 例え銀行の定期預金に預けていても銀行が破たんした際はペイオフ分以外はリスクに晒されてしまいますよね? 例えば今回の農園スキームの対象作物が大豆としたら、販売価格は常に食料品との兼ね合いも大きく関係するし、何せ、作物を育てるのには農業技術や天候に大きく左右され、数年に一度は不作の年を迎えているのは事実でしょう。 しかし、パームと言う樹木は他の作物ほど繊細な作物でもなく、赤道直下のマレーシア・インドネシアの気候さえ有れば、大きな心配もなく収穫を得る事が可能です。 ただしそうは言っても、象が農園を荒らすなどの被害も考えられますので、その当たりの管理がくまなく出来ているかと言う事も、投資をされる際の判断材料の一つに成るのではないでしょうか? Youtubeに上げた年次報告のDVDにはその辺の映像も見て取れますので、是非見て頂きたいと思います。
    Youtubeで Golden Palm Investment で検索すれば現れます。

    その様な観点で益とリスクを天秤にかけて検討したら、全てではないが投資対象にしても良いだろうと言うのが私の判断です。

    EastWestOne社の場合は3か月毎に配当が入金されてきますので、それがを確認するのが非常に楽しくなっています。

  5. SECRET: 0
    PASS: 376d456e746f49534750334963536847693662736c61784e316642386e4463346e51ee25b73afa09a15c2e0b255dc62f068a2761f8e7e20bcce6e1b01c60173b
    telemon6さん

    私は投資に関して大先輩だなんて思わないでくださいね。ただ好きでいろいろ弄くっている間に、そして自分の仕事を通して世間を、投資をどう見るかという自己流が固まってきただけで、それがどれだけ意味があるのかどうかなんてことはわからんのです。ただ、その自己流だとしても納得の行かないことは出来ない、あるいは誰がなんと言おうと自分の琴線がビンビン反応するものには積極的に突っ込むというただの我流です。

    またあえて言いづらいことを書かせてもらいますが、今回のtelemon6さんの説明は説得力に欠けていると思います。これって私がそう感じるだけでは無いと思いますので、是非もう少し突っ込んで考えて頂きたいと思います。

    まず細かいことですが、リスクとリターンの関係ですが銀行の預金を引き合いに出すのは全く筋が違うと思います。曲がりなりにも大手の銀行としてやっているところとこういうスキームを売り出しているベンチャーと同等に扱うことは出来ませんよね。これではリスクの取り方の説明には全くなっていないってことです。リターンは定期預金より大きいですが、その大きさにしてもベンチャー投資のリスクを上回るものがあるのかどうか、そこの考え方をどうするのか、銀行の話を出すのならその辺の突っ込みも欲しいところです。

    またパーム油の生産ビジネスに関する一般論を並べても、そりゃ業界としてどう受け止めるかの判断材料にはなっても、その会社のスキームが良いか悪いかは全く関係が無いじゃないですか。つまり森の説明があっても木の説明が無い。これって巷でガンガンやっている不動産広告と同じパターンです。マレーシア不動産は有望です。その中でもジョホールバルが良い。だから弊社の薦めるコンドミニアムを買いませんかというあのパターンと同じでしょ?イエス、イエスが続くと最後もイエスと言いたくなりますが(笑)、そういう話の展開に乗ってしまう投資家もいるとは思いますが、このブログの読者はレベルが高いですから最後のところで首をかしげることになります。

    また、業界として動きがあったのにそれに関してtelemon6さんは一切言及しませんよね。その理由は?

    また例えばこういうスキームを販売する会社は何社もあるわけですよね。ではその中からどうしてGolden Palm Investmentを選ぶことができるのかそこの説明が皆無です。

    その会社の将来性、確実性、信用度、それらを第三者的に見たらどうなのかという判断材料が我々には一切提供されないのは問題だと思いませんか?他の会社とどこがどう違うのでしょう?

    もう気が付いていると思いますが、この日記にも秘密コメントがついていますよね。前の日記もそうです。そして私はこの日記に秘密コメントをこれた方はファイナンシャルデータに注目していて、私もそれは大事だと思うと書きました。この方は大したもんで、各社のファイナンシャルデータの違いを把握していらっしゃいます。そしてそこから現時点でのそれぞれの会社の「健全度」も見てらっしゃいます。そこに全く問題がないのか?債務超過になっているのは何なのか、それをどう解釈するべきか。この辺は調べる人はすぐ調べちゃうわけですから、私はtelemon6さんには先回りしてこの辺の説明を後出しじゃなくて先に話をしてもらいたいと思ってます。そういうことから信用が積み重なり、彼が太鼓判を押すのだからここは一丁、張り込んでみるか?ってなるんじゃないですか?

    それなのにGolden Palm InvestmentのDVDをYoutubeで検索して見てくれとはどういうことでしょうか?いろいろあってどの動画のことかもわかりませんでしたよ。またテレビの宣伝みたいに自画自賛している映像を100回見たところでその気になる投資家ってそんなにいないと思いますよ。せめてやらせだとしても第三者的な専門家が薦めている動画でも紹介してください。あるいは実際に投資をしている人のブログでも良いです。こういう人たちがこういう風に絶賛している、喜んでいるというのを是非教えて下さい。また、このスキームに関して、あるいはこの会社に対してこういう問題提起をしている人がいるとか、そういう情報も欲しいですし、そういうことの積み重ねで投資金額が15万円のお付き合いになるのか、○千万ぐらい投資してみようと思うのかの差になるんじゃないでしょうか。もし私が不動産投資をすることがあったらちゃんと出口戦略までアドバイスができるtelemon6さんに任せてみたいと思うのはそういうのがあるからだというのを忘れないで頂きたい。素人の一般論や売り手の自画自賛なんて100万回聞いてもその気にはならないわけですから。

    また調べてみるとCHGSの創業者であるLee Kim Yewが配当の支払いを続けられないのを理由にこのスキームを中止することを提案し投資家がそれを受けたとか、それと引き換えに配当とは別に12%の額が支払われるとか、そういうのも出てきます。このことは当然teremon6さんもちょっとコメントで触れていましたから知っているはずですが、こういう話って投資家は非常に気になるのが普通ですよね。Companies Commission of Malaysia(監督省庁?)もこれには注目していて、彼らがどう動いたのかとか、こういう大事な話って我々に教えてくれても良いと思うんですがいかがでしょう?

    一体この手のスキームに投資をするに当たって我々は何を知らないとならないかという事に関してもThe Star Onlineに出ていました。なぜこの手のスキームに投資家が集まるのか、どうして運営会社のPlentiful Gold-Class社は失敗したのか、そんなことも書いてあるのを紹介してくれた方がいらっしゃいました。

    その中にはこんなことが書かれています。

    「So when Country Heights Grower Scheme (CHGS) in Gua Musang, Kelantan recently folded after just five years due to its management company having ran out of funds to pay the minimum guaranteed dividend, surely we must question “when does guaranteed mean guaranteed”?」

    CHGSはたったの5年で最低保証金額を支払うためのファンドがなくなり破綻したとき、我々は保証とは一体何を保証しているのかと聞かなければならない、と。

    これって要点を付いてますよね。

    ちなみに破綻の理由としては、 Its management company Plentiful Gold-Class Bhd has blamed a range of causes from poor soil to the steep terrain and uncontrollable pest damage to bad weather. とある。マネージメント会社が言うには、土地が痩せていて急斜面だったこと、害虫被害がコントロールできなかったこと、悪天候が理由であったと。

    さてGolden Palm Investment社はどうなんでしょうか?他社は?CHGSの破綻は今年に入ってからですが、その後、業界の動きは?リセール物件が出ているところもあるけれど、それらの動きは?

    つまり、投資判断をするに当たって肝の一番大事なところの情報提供は未だに何もなされていないってことです。

    また3ヵ月ごとの入金が楽しみです、タレントのやらせ口コミの売り文句みたいな言い方は百害あって一利なしです。

    厳しい口調で書いているのは勘弁してくださいね。今の状態では、普通なら、同じ事を思っても口に出さずに、ああ、あの話はあんな程度の話だなと思って終わりになる可能性大なんですから。

    この小うるさいジジーを是非その気にさせてください。私は面白そうだからちょっとは乗ってみようと思っているのは前に書いたとおりですが、よーし、真剣に考えてみようと言うレベルにはまだまだの状態です。

  6. SECRET: 0
    PASS: 55443045766e7a797775744767614d6245657551585a6e5a3074667632787450aab59b059cd1ecac1398f65179851fa0965538c6ff3367fbca1e3271b36d91a6
    Daboさん、やっと通常にこのページにアクセスする事が出来ました。

    これだけ時間が立つまで回答をしていなかったら、普通の人は私が回答をする術がなく、姿を消したと思っているでしょうね。(汗)
    遅くなったのには、夏休みは行ってから業務が忙しく、まともにPCに向かい時間が無かった(ブログも更新できなかった)のが主原因でしたが、一度、半分まで書き上げた際に文章が消えたり、コメントの投稿欄が表示されなかったりと言い訳が沢山有りまして・・・

    先ずはCHGSの件についてお話をさせて頂きます。
    今年の2月、旧正月イブの日に投資家緊急ミーティングが行われ
    冒頭から、Tansri Limが出てきて、「理由は聞かないでほしい、これ以上貴方たちに渡す配当が確保出来ないので、残念ながら投資した金額に12%を上乗せして払い戻すのでスキームをキャンセルさせて欲しい、多数決で決めるので投票をお願いする」と言う、通常では考えられない説明会と成りました。 会場には中華系を筆頭に1000人以上の投資家が集まっており、私の中華系友人も何人も参加していました。説明会では信じられないかもしれませんが、誰一人として声を荒げるものも出てこず、Tansri Limに詰め寄る者さえいない状況に正直不思議な感覚を覚えました。 友人に聞いた所、「The End」さっさと原資を返却してもらい、次の投資に回すとの事で、昼過ぎには7割以上の参加者が帰路に付いていました。
    8%×5年+12%=52%が今回の我々の5年間での配当で、先日、全ての投資資金が小切手で返却されて来ました。
    先週には新聞広告でCHGSのスキームクローズに対する理由と、TanSri LimがRM20Mもの個人資産で全ての投資家に原資を返却した等と、称える内容で、何とも言い難い記事に複雑な気持ちにさせられました。 実際の所は解りませんが、CHGSは破綻など絶対にしていないし、今後はパーム油の販売により莫大な利益を得るのだと私は見ています。 では、なぜ、この様な画策がまかり通り、実行に移されたか? また、他の同等のスキームを販売している会社もCHGSと同じ様な手口で、初期投資分の資金を集め、役割を果たした後に同じ手口でスキームの解除を申し込まれるのではないか?と不安にも思って不思議ではないと思います。でも正直私は返金された資金をすぐさま他社スキームの購入に充てています、その理由は、他の投資案件とのリスク分散を決定して、パーム投資にはある一定の投資をすると決めていると共に、私の中では、今回の事が有ったも更に購入に値する魅力を感じているからです。 今回、私が損失を出したのなら、当然ながら追加購入などもっての外でしたが、幸い原資も配当も途中までですが、頂いた結果での行動です。 私の友人も相当数が他のスキームに乗り換えています。 今後増えていく人口と食品需要を考えると私にはパーム油の需要が益々盛んになると読んでいます。
    危惧する点としては、パーム油の品種改良が進み、マレーシアやインドネシアの気候以外の地域での栽培が可能になった際、供給過剰に成り、市場価格に影響が出るのかとも思っていますが、今の所、多くのパーム農園運営会社はマレーシア企業の為、市場への影響力を保てるのではないかとの希望的観測をしています。
    投資商品と言う観点ではないのですが、私は、上記の様な需要と供給の観点からパーム油投資は有望と読んでいます。前回もここに書きましたが、パーム農園の採算ベースは数年前の事ですが、RM600/トンでしたので、今は諸々物価も上昇したのでRM800前後ではないでしょうか? RM1000以下では配当を支払わない、辻褄が合う数字かと思いますが、如何でしょうか?
    先日、ビデオの話で少しコメントを頂きましたが、あのビデオをアップした理由はパーム農園の説明がされていたので、パームと言う馴染みのない農園に付いて映像で見て頂ければより理解がしやすいかと思っただけの理由でしが、混乱させてしまい申し訳ございませんでした。
    購入に当たり不安点に付いては、直接質問して頂ければ、出来る限り確認して情報の提供をしますので、納得して頂けた結果購入に成ればと思います。 最後に成りますが、このブログを通じて、連絡を頂いたお客さんが多々いましたので、ここでご報告とお礼をさせて頂きます。

  7. SECRET: 0
    PASS: 6f417068316656455750494b34496c62517751675537524c38644d754c703159df48fd227b54250ef85f9fa43ac8a3f0503f781e55b205d19309e776ccce9451
    telemon6さん

    コメントを有り難うございます。

    この件に関しては日記として書きたいと思っていますのでちょっとお時間を下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *