練行足の欠点

相場のことばかりで面白くないと思われている方々がいらっしゃるのは重々承知の上で相場の話を続けます。

面白おかしい、あるいは海外の情報も大事だとは思いますが、私はマレーシアの情報を発信できるわけでもないし、ゴールドコーストの情報は・・・うーむ、なんていうのでしょうか長く在住していると全てが単なる日常になってしまって感激とか新しい発見なんてないんですね(マレーシア在住の方も同じでしょ?)。だから知らない人には興味ある内容があるのかもしれないけれど、本人としては全く面白くも何ともないんです。何を書いていいのかもわからない。(笑)

で、相場ですが、これの読者の反応を見ていますと、真剣さがまるで違うのがわかるわけです。オーストラリア(海外)へ行って遊ぼう~~~~って話はどこにでもいくらでもありますし、そういうブログでいろいろな話は探せるし、でもその情報を見つけたからと言って人生が変わるわけじゃない。

でも相場に関する読者の反応は「人生の浮沈」に関わっているから真剣なんですね。海外でのロングステイもこれに左右されると認識している人も少なくない。これは私としては放って置けませんし、私が情報発信できることはしたいし、そうでなければならないと感じます。特に相場情報はいくらでもありそうだけれど、ほとんどが本屋に並んでいるどうでも良い内容みたいなのがほとんどでしょ?釣りも多いし。

で、最近読者の反応が良い練行足に関してなんですが、これって時間の経過はまるで関係なくて値動きで足がどんどん増えていくわけです。値動きがなければ足は増えず止まったまま。そして長いヒゲができるような動きでも練行足で見ると大きな大きなトレンドとして表示される。これの利用価値は非常に大きくて、これだけでスキャルができるといっても過言では無いのですが、大きく動いたときに練行足の欠点が出てきます。

まずFXですが、そもそも我々が手に入れるデータってかなり間引きされたものであるのはわかりますよね。売買が起きたらその約定ごとにデータは配信されるべきで、その実際の約定データが本来のデータであるはず。ところがデータは証券会社が勝手に作ったデータでしかなく、本来の約定とは全く関係がなく、値動きを見ていても操作されているであろうことが想像できる瞬間もある。

大きく動けばギャップ(窓)ができるのは当たり前ですが、どうもそれをわざと作っているんじゃないかと思う動きが多いような気がするんです。つまり、え?と思った瞬間に大きく値が動く。これってニュースがあったり何か世の中に起きて大きく動くときには当然起きることですが、そんなの関係ない普段の動きの中にもそれがあるように私は感じるんです。これって相対取引の証券会社には大きな利益となるはずなんですね。トレーダーが買おうと思った時にはもうすっ高値、売ろうと思った時にはかなり下げているところでしか売れないということが頻繁に起きる。

世の中の多くのトレーダーは値動きに追従しようとしますから、上がれば買いが集まり、下がれば売りが集まる。そこで値は急激に動くわけですが、証券会社がデータ配信を間引けば当然そこにギャップが出来るわけで、我々は高く買い、安く売るしか出来なくなるってこと。そして現代はコンピュータを使った自動売買がかなり広まっていて、当然我々人間より早いところで注文が出ますから、モタモタしていると置いていかれる。

ま、それもあって、スキャルの場合は足一本でも早く出ないと次の足では大きく値が離れてしまっているというケースが多い。ここがスキャルの難しさであり、証券会社は世界的にごっそり存在するスキャルパーを狩る為のデータ操作を絶対にしていると私は考えています。そんなインチキと思いますが、そもそも多くのFXは相対取引ですから我々の売買相手である証券会社が勝手な言い値を出すのは認められているんですね。

ま、そういうことがあるという前提で、値が飛ぶ、ギャップが出来るというのをわかった上で練行足を使わないと、チャート上では綺麗にコマが並んでいるんだけれど・・と絵に描いた餅で終わります。

これはティック足でも同じで、本来ティックとは約定一つでティック一つです。FXで言えば1万ドルの買いも10万ドルの買いも、5億ドルの買いも一つのそれぞれの約定が1ティックでその約定値とそして「出来高」がデータとして配信される。ところがFXの世界はそういう常識とは離れているんですね。まず出来高が配信されません。でもチャート上に出来高が出るじゃないかと言いますが、それは出来高ではなくてティック数が出ているんですね(ここは確認が必要)。だから本来の出来高を利用するインジケータは使えないって事。意味がありません。1万ドルの売買も5億ドルの売買も同じ様に扱われちゃうんですから。

本来、値が大きく動くときには出来高そのものも膨れますよね。そして売買も集中するからティック数も多くなる。これを利用して出来高足なりティック足なりが機能するわけです。

ところが証券会社がティックを間引いたらどうなります?

値動きだけ大きくてティック数に変わりがなかったら?(本来そういうことは有り得ない。いやあまりに約定が多すぎると同じ約定値の取引をいくつかをまとめて1ティックとして送ってくるデータベンダーもありますが出来高のトータルに狂いは無い)

これの操作を証券会社ができるのがFXの世界。

つまり、ティック数が大きくなればティックチャートではそれが分解されてなだからなスロープになるはずが、ティックを間引かれたらティック足なのに大きなヒゲが出てしまう。これじゃ意味がないじゃないですか。

値が大きく動くときには小さな額の取引も、大口も入ってくるわけで、でもFXのデータとして配信されるデータは、超大口の取引が数件入ったから大きく動いたという風にしか見えないわけです。

全く事実と異なるデータしか我々は手に入れられないということ。

FX全盛の時代で、おいでおいでする理由が良くわかりますよね。スワップもどこが高いの安いの言いますが、本来あれだって各証券会社ごとに違うっておかしいでしょ?あれって短期金利の差なんですから、スワップが大きいところは誰がその原資を出すんです?金利が証券会社ごとに違うなんて事は有り得ないわけですから、スワップが大きいということは証券会社が販売促進費として上乗せしているってことがすぐにわかります。広告宣伝費とも言えるでしょう。じゃぁ、誰がそれを負担する?ましてや彼らの利益であるスプレッドが小さいなんて、おかしな話じゃありませんか。

話がいつも通り長くなるので、結論を言うと、練行足もティック足もFXではまともに機能しないということ。

これを頭に入れておくことは大事だと思います。そんな時にフトMT4を考えてみると面白いですよね。ティック足も練行足も標準装備されていない。これって、そんなもの使っても意味がないよというFXという私に言わせればインチキ業界と、それを支えるMT4の開発会社が馬脚を現しているような気さえしてきます。(笑)

では昔から相場の世界で使われているチャートソフトを見渡すと、標準装備されているのが普通。データはどこから買っても(買うのが普通)同じだし、チャートソフトの開発メーカーはトレーダーの側に立っているのが良くわかります。MT4の様にサーバーに入れる様々な(怪しい)プラグインがある(らしい)のが暴露されている世界とはまるで違う。

ではどうするか?

真剣にやるのならいつも書いている通り、私は先物に行くべきだと思います。あるいは実際に銀行や生命保険、大手の機関投資家が使う証券会社を使い、彼らと同じデータフィードを手に入れるしかないと思います。

そこまでやらないと駄目?と思いますが、私はFXの現状を考えれば考えるほど、こんな出鱈目な世界で一生懸命になる自分がバカに思えてくるんです。それが性格的に許せない。

でも個人投資家が少ない資金で為替売買の世界に入れるようにした功績はFXにあると思います。これで大損した人もいるのと共に、若くして人生を花開かせた人も多くいる。これはCFDも同じで、では日経225を売買したいと思っても、先物はなんだか敷居が高いですよね。証拠金もそれなりに必要ですし。まぁ、ミニという10分の1の規模のものがいろいろ出てきていますからやりやすくはなっているのでしょうが、参入のしやすさはFXやCFDとは随分違うと思います。

で、今私が考えていることですが、FXやCFDという(私に言わせると)インチキ業界でも広く一般に参入しやすくしていることによる彼らの弱点もあるんじゃないかということ。それはトレーダーから見れば長所なわけですが、例えばCFDがほぼ24時間動いているのもそう。日経225を24時間売買できるなんて夢のようです。当然、個別株のCFDも存在していてソニーだろうがトヨタだろうが、そして投資資金がかなり小さくても小さい単位で24時間売買できる。そしてなおかつ自動売買さえできる。

彼らは昔からある先物より長所をアピールしないとなりませんからかなり無理をしているところもあるような気がするんです。そこが我々にとっての付け目になる。CFDもスプレッドが小さい業者はかなり利用価値があるんじゃないでしょうか。私としては日経225に関しては先物よりCFDの方が有利に感じています。これはDAXもそう。NYダウもそう。ただ残念ながらBundに関してはスプレッドが大きすぎて駄目。

ここも本当に面白いと思うんですよ。Bundとかああいう国債みたいな元が大きなものって値動きが激しくないという特徴がある(日本国債JGBもそうだと思う)。それをティック足、練行足で表示させたらもっと動きが滑らかで見やすくなる。これなら行けるぞ~と思うとスプレッドが大きくてスキャルが出来ないようになっているのね。彼らもその辺をちゃんと考えているんでしょう。(つまり先物をやれば良いってこと)

でもDAXやNYダウのスプレッドを大きくしたら誰も近寄らない。彼らもそれじゃ困るからスプレッドを1に設定している。これは我々にとっては大きなチャンス。でもその代わり、データは操作されていると考えるべきでしょうが。(笑)

これからの私の課題ですが、為替の先物の売買データとFXのデータの違いをしっかり見てみたいと思います。先物は約定ごとに出来高も入ってきますし、データの歯抜け、間引きなんて事は有り得ませんし、楽しみです。

ところで私はFXという言葉を本来の意味ではなくて、FXの取引をさせるOTC、ECNを含めた昨今大流行の業界のことを言っています。Foreign ExchangeとしてのFXではありませんので誤解なきよう。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

練行足の欠点” への5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 4634315041735550535976654d6756796e547754496d504d63545a6b30386a452c99bac3bbaf35834d2569555970545350bfef2a1d05df5b11702cece9d62229
    今日は、ちょっと難しい質問をさせていただきます。daboさんのようなデイトレーダーは、相場のアヤを即座に判断し、1カイ2ヤリを繰り返してサヤをとっていらしゃると推測していますが、我々素人はどうしてもファンダメンタルズ中心のロングポジション投資しかできないと考えています。年もdaboさんより相当上だし目のしょぼしょぼ具合は推して知るべしです。

    このところ黒田バズーカの威力も衰え気味で、円高傾向にあり豪ドル相場を含め、再びロングのチャンスが訪れそうな気配です。そこでdaboさんに目先の円高ピークはいつごろ、いくらぐらいになりそうか予想をお聞きしてもよろしいですか。できたらユーロは、波乱要因が多すぎて予測しにくいででょうから、米ドルと豪ドルについてお聞きできたら幸いです。独断と偏見で結構です。。

  2. SECRET: 0
    PASS: 4c6757466e4e5a76656a376b586859446f62584c6157685a58683568304d755461a87b3d26ec81cd66f7a2cfd5adf31d8fc3b8d75cc9acd5569b4b1e23ae789e
    yasashiさん、お久しぶりです。

    基本的に1分足で目先の動きを見るのも日足で大きな動きを見るのもチャートの見方としては全く同じです。私の場合ですが。

    で、私の独断と偏見で言いますと・・・・・・・・。豪ドルも米ドルもどうなるかさっぱりわかりません。

    と、言いますのは、何度も書いていますように、私はそういう予測は百害あって一理無しと考えているからです。そういう予想は自分の中でバイアスになってしまい実際の動きが見えなくなることの方が多いから。

    ただ私は全く重視しない手法ですが、フィボナッチ数で節目を見る方法があるのですが、それで見るとものの見事に豪ドルも米ドルもそこで下げ止まりして反発しています。今は大きな下げの中の小さな小さな上げ波動に乗っていますが、これがどこまで行くのかは全くわからず。ただ波を大中小に分ければ大も中も下げ方向ですし、小だけが上昇中。つまりこれは大勢は下げトレンドなので、この小さな上昇波が陰転して下げるときには「売る!」というのが普通の考え方です。大きなトレンドは続くと仮定しますから。

    大きな流れを変えるのはファンダメンタルズに変化が必要でしょうし、そういう流れの中のどのポイントで出撃するかを見るのがテクニカル分析であって、神の領域に入って将来を言い当てることは不可能ですし、予想することも意味が無いと思っています。

    でもちまたの専門家はいろいろ予想しますが、それは予想しないと実際の仕事でも困るからですね。貿易商もそうで、いついくらになるのかの予想を立てなかったら製品をいくらで売るべきかもわかりませんから。また外貨の手当てが必要な輸入商とて同じ。でもその予想が当たるのなら苦労する人は世の中にいなくなりますし、まぁ、予想しなくてはならないから予想するだけの話であって、それがどの程度の精度があるのかは別問題。こういう人たちは我々トレーダーとは立場もやろうとしていることも全く違うんです。

    ただ、前にも何度か書きましたが、米ドルが必要だとかいつかその内、外貨が必要、あるいは円転せねばならないとするならば、オシレータの位置を見るだけで、それを実行するべきか待つべきか、その程度はわかります。

    本当はそれがわかるだけでも凄いんですね。数日待つか待たないかでまるで変わりますから。でもその後、もっと大きく動いてどうなるかはわからない。

    円高がどこで止まるか考えるのは、いつも書いているスキャルでも同じ事で、つまり大きなトレンドの変換点をどうにか当てようとする考え方です。そしてその変換点を探そうとする行為は全く無意味だということもいつも書いている通りです。

    今は円高トレンドは間違いがなく、円を売ることを考えるべき時では無いと思います。トレンドは後になってわかるもの。転換点も、後であああそこが転換点だったのかとわかるわけで事前には「絶対に」わかりません。わかると言う人がいるのなら、その人は多分数千億、数兆円の資産を持っていてもおかしくありません。でもそうじゃないとするならば、その予想もその程度のものでしかなく、聞く価値も無いと思います。私の予想も聞く価値は無し。

    ただ、前の日記にも書きましたが、ここは「目先」の転換点であるというのは結構わかる。円に関しては13日がその転換点であったのは日足チャートでもわかります。でもこの小さな上昇波がどこまで行くかはわかりませんから、そこで出動はしないわけです。ただ、円の買いポジションがあればそれを一応スクエア、撤退するのは良い場所。意味がわかりますかね?撤退(利食い)ポイントとしては良くても新規に参入するポイントとしては駄目だということ。トレンド変換には大きな力が必要で、小さな力で転換した場所をトレンド転換したとは読めないわけです。でもそれが切っ掛けで大きくトレンド変換するかもしれない。それはそういう動きになってきたときにそれが見えるのであって、今の時点では何もわかりません。ただ、大きく動く可能性がないわけじゃないから、とりあえず利益が乗っているなら利益の確定をするには良いポイントだと言えるわけです。

    それどころか今の状態で言えば数日中に陰転すればそこは絶好の売り場で大きなトレンドとしての円高が進むと考えるのが順当な見方だと思います。でもこの次に来るであろう下げ波動の力を読んで、下げもここまでで上昇波に乗るのか、まだまだ下げ(円高)が進むのか読むわけです。でも今の時点では何も読めず。

    トレーダーが読むのか過去から現在までの力関係の推移、強さの変化であって、それがその後どうなるかは力関係も、その力関係の結果としての値もどうなるか将来のことは絶対にわからないのです。

    どちらにしても「予想はしない」「するべきではない」というのがトレーダーとしての大原則だと思っています。トレーダーがやるべきことは「流れに乗るだけ」。「予想屋になるな」というのもトレードの鉄則です。ですから私に予想を聞いても、それって魚屋に寿司を買いに行くのに似てることなんです。売ってそうで売っていないでしょ?(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS: 4c47396c4d6c43587a4c5558594c594a5377776d6258326463666c75424669780f7bc78b51f42005ed277da2b4cb0b63396d5214b0b773ca2320086ccadb2505
    馬鹿な質問に真正面からお答えいただき大変感謝しています。これまでの経験則から、例えば日経紙の各界要人の株価や為替相場の予想を見ていると、ことごとく当たらないのを目の当たりにしていますから相場の予想を述べることの愚かさは痛いほど分かるのですが、特に気になる人はどう考えているのであろうか、一度聞いてみたくなるのも人の常というものかも知れません。

    デイトレイダーは、5勝5敗では取引コストが賄えませんので、6勝4敗、少なくとも5.5勝4.5敗以上は維持しないと食べて行けないように推測していますが、どのぐらいの勝率を維持できなければトレイダーをやめるべきとお考えでしょうか。

    私は、これぞと思ったものを買って、例えそれが値下がりしたとしても、デフォルトリスクが高まらない限り基本的に損切りはしませんので、今のところ運が良いのでしょうか10勝0敗を続けています。もちろん含み損はそれなりに抱えることになりますが、20年とか30年のスパンで考えると、必ず売り抜けられるチャンスが訪れるからです。

    長期的に見てこのロングとショートの投資スタンスは、どちらに軍配があがるのでしょうね。そんなのロングでも投資でもないと言われそうですが、、、、。

  4. SECRET: 0
    PASS: 61665643336c3135796c5a42355575467741643978694e5539596d67797863412d75d63739f26553240193d850dc2412e97751ee9ef55a03a29186b4988fd9fe
    yasashiさん

    勝率だけでは何とも言えないのがこの世界なんですね。3勝7敗でも勝てる手法って存在するし、もしかしたらそれを実践する人の方が数では多いかもしれない。いわゆる大きなトレンドで稼ごうとする人たち。

    デイトレもいろいろ手法がありますから何とも言えませんね。でもどういう時にトレーダーを止める決心をするか。これも難しい話で、諦めたらそこで終わり。でも執拗に続けても駄目なケースもあるでしょう。ただちゃんと勉強し訓練すれば誰でも負け組みからの脱出は可能だと思います。でも独学だと難しいでしょう。

    投資スタイルというより、その投資のパフォーマンスが気になります。私の場合「借金して投資をしたらどうか?」というのを一つの目安にしています。これは銀行でもどんな投資家も同じで「お金にはコストがある」のが普通ですよね。個人が個人の資産を運用する場合、そのコスト意識はゼロですが、私は個人もこれを考えるべきだと思うのです。つまり、利益が出れば良いってもんじゃなくて、年利計算したらどうなのか。借金してでも割が合う投資なのか。

    もし借金したら全然割に合わないよ~というのであれば、本来それは社会的に投資とは言えないってことですよね。個人の遊びでしかない。

    またお金って流動性があるからお金なわけで、何十年も寝かしている内にどうにかなるだろうというのではそれはお金じゃないってことになりませんか。ましてや過去はいざ知らず、これからの時代は変化のスピードが非常に早くなっているわけで、また老舗も簡単に傾く時代、待てばどうかなるかなんてことは言えないと思います。また、それは損切りが出来ない人が必ず使う言い訳ですし、私はそういう考え方は一切受け入れません。毎月とは言わないにしても四半期ごとにはきっちり成果を出さないと駄目だと思います。長期的な視野が必要な会社経営とはわけが違うんですから。

    つまり先行投資が必要で、当初の数年は赤字が当たり前だとかそういう投資ならわかりますが、何十年の内には戻ることがあるとか、それって楽天的な希望でしかないと思います。戻ると思ったらその投資先そのものがなくなることだってあるだろうし、これからの時代はもっとそれが頻繁に起きると私は想像しています。

    ただ全ての資産を短期投資に回すなんてことも有り得ないわけで、それで稼げれば必ずまとめて長期投資に向かわせるはずです。私がこのブログでA資金B資金というわけ方をしていると何度か書きましたが、誰でもそうするはず。では長期投資だからと言って何十年も寝かせていいのかどうか。大きなお金が必要なときにそれを現金化したらマイナスだというような投資はリスクが高いわけですから、私だったらそういう投資はしません。だからこそA資金B資金と分けて、リスクは小額のA資金で取って大きな利益を狙う、逆に大きなB資金では利益率が低くてもリスクを取らないと住み分けするんですね。もし長期のつもりで持って、しかし短期で手放さなければならないとしても、利益は少ないけれど決してマイナスは出ない。長期で持てば複利計算でどんどん大きくなる。それが私にとっての長期投資で、長期に持っていればいつかプラスになる、いつかプラスが大きくなる(かもしれない)というのは仰るとおり私は投資だとは思えず、それこそ危険なギャンブル、それも途中で降りるに降りられない非常にうまくないパターンだと思います。

  5. SECRET: 0
    PASS: 33326771414a744c4b32586a5061387969564c44726854734443505841446b34568914336459baf9be5bad656322a58b9ba0572d3383515533d0dbd3c2de1c57
    いつも長くダラダラ書いてすいません。

    私は常にその投資の「精算価値」を重視するってことです。これを常にプラスに維持できないものはリスクが高いと判断します。

    性格的なもんなんでしょうね。損するのが大嫌いですから、常にプラスに保とうとします。だから本当は投資べたなんだと思います。不動産投資が嫌いなのも同じ理由。トラリピがどうも受け入れられないのも同じ理由。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *