低温調理バンバンジー

久しぶりにバンバンジーを食べたいとヨメサンが言い出しましたので、低温調理で作ってみました。

○ ジップロックのような袋に鶏肉と紹興酒を入れる。

○ 大目のお湯をはった鍋にそれを投入。85度くらいで入れて温度が慣れてきたら67度辺りで20分。
○ 取り出して袋のまま冷水でさます。

出来上がったのがこれ。

○ 切って盛り付け。

切り口はこんな感じ。火の入り方はどういうわけか完璧。(笑)

今回は市販のバンバンジーのタレを使ったのですが、甘すぎ~~~。子供が喜ぶような味でした。

それとですねぇ、失敗したのは最初から紹興酒を使ったこと。アルコール分も飛ばさずにそのままドボドボ入れちゃいましたから酒臭いのなんの。いくら酒飲みの我が夫婦でもこれは駄目でした。

それと塩気がない。(笑)

単にちょっと塩を入れたお湯でゆでた方が良かったかも。

それとタレですねぇ。この市販のタレは駄目だわ。それこそ赤酢と葱の白い部分とか、葱としょうがを刻んだものとか、そんな単純な方が美味しいと思いました。醤油とフレッシュチリを刻んだラーチューシーヤォでも良いし。

せっかくうまく茹で上がったのに残念でした~~~。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

低温調理バンバンジー” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6b5a466e5549326b777149706e305a523732613838464f663355766a45755267f29778c49ef5880c82cdb37433e2b1ef9fd1483e2c7223f0cec82c14393dc0ad
    こういう作り方いいですね、袋に調味料といれて、ドボンと。。
    しっとり仕上がってるのが画像でもわかります。。
    お肉そのものが美味しかったら、タレはシンプルでもいいでしょうね、、オーストラリアの鶏肉どういう味なのかなあ。。。

    ご実家が飲食業?と記事にあったと思いますが、どういうジャンルのお料理だったのでしょう。。料亭?

  2. SECRET: 0
    PASS: 3539746a466c7533676546396e54504c3754783471705a77706638716358327a1db2b6867420406108f619d2f2ead47a106a972b049240acfa3fd5490551d5f3
    そうなんですよ。低温調理とか真空調理ってのも理屈がわかればこんな袋と普通の鍋で出来ちゃう。温度計が必要ですが。

    オーストラリアの鶏って・・・・・、これに慣れてますから今更どうと聞かれても。^^

    料亭じゃないですよ。でも老舗の部類かな。祖母が始めた店で母が継いで、ヨメサンの世代で閉めました。ちょっと変わった店で人件費が掛かるのね。で、もう時代が変わって無理だということで・・。

  3. SECRET: 0
    PASS: 754f4650306879627a586733436a4a77674935594a6569624542723435664858f3bc5dec33f40a0ce393b65d2c8026fc3fdc77d527e60892b61754f827fea412
    低温調理って、やってみたいけど、温度計使って気にかけながら、
    他のものも作って・・・っていうと、
    同時にいろいろできないわたしにはかなりハードルが高いと思いながら、自分ですることなく、いつも読んでました。
    先日、こちらのテレビ番組を見ていたら、「ディッシュウォッシャーで調理」
    っていうのをやっていたんですよ。
    (もしかしたら、もうご存知かもしれませんが)
    密閉できる瓶に、マリネしたサーモンの切り身を入れて、
    汚れた食器と一緒に、食洗器の上段に入れて、スウィッチオン!
    「番組の終わりに、出来上がりを紹介します。」
    って言ってましたけど、終わりまでは見ませんでした。
    スミマセン。
    でも確かに、65度に設定しておけば、65度以上になることはないだろうし、
    そういう使い方もできるのかもしれないなぁ、と思いました。
    まだ実践してませんけど、お知らせします。

  4. SECRET: 0
    PASS: 6b45437046774e366d4e43706457425141346a59644d4e7a6e6f6d4e324c4b6fc05650594e8608b8918f79008b9efdd2a182ad14af50a96e794f2f8aa2a7ad77
    どもども、ちりとてさん

    情報を有り難うございます。

    ディッシュウォッシャーですかぁ。なるほど~~~。理屈的には全く問題なくできそうですね。温度調節できる機能は間違えなく使える。ただ過熱時間がどうなるのか。

    しかし、良くこんなことを考え付きますよね。面白いと思いました。

    低温調理と言い方をしないにしても、調理という作業の中で温度調節というのがいかに大事かというのはわかりきっているのに、それに対応した民生品が非常に少ないのが不思議ですよね。

    なぜ強火、中火、弱火じゃなくちゃ駄目なのかは経験則でわかっているし、それは化学的に裏づけがあるんですから、いろいろできる調理器が出てきてもおかしくないと思うのに出てこない。

    出しても売れないってところなんでしょうね。炊飯器の保温機能だけでもかなりのことは出来ちゃうし。

    温度調節がきっちりできる調理器が欲しい、なんてのはただのオタクの世界なのかなぁ。

    でも、温度を合わせ、時間を合わせておけば、それこそ電子レンジと同じで、チンという音と共にプロの作る料理に近いものができるのに。

    ま、そういう調理器具がないわけじゃないので、今買うと無駄になりそうですのでマレーシアに行ったら速攻で買おうと思っています。

    ちりとてさん、わざわざ過去記事を探してコメントを入れてくれて本当に感謝しています。せっかくその情報を頂いたのですから、やっぱり試してみましょうかね。(笑)

    ヨメサンにぶっ飛ばされそうな気がしますが・・・ ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *