なんで中長期?

はいはい、どうもすいません。また相場の話。

相場がらみで知り合った方から、どうして中長期に拘るのか?と聞かれました。スキャルでうまく行くならそれでいいじゃないかと。

良くないんですよ~。

スキャルで生活費を稼ぐ間はそれで良いと思いますが、相場で稼げるようになると誰でも考えるのが早期退職でしょ?いや、早期退職というか相場で気楽に食っていこうと思うようになるのが普通。でも毎日毎日モニターにへばりつく生活がどのくらい続けられるのか?って話。

またスキャルで稼げたらといってそれをどんどん再投資してスキャルのトレードを大きくするなんてことも無理ですよね。そんな怖いことは出来ません。また、スキャルに必要な資金ってさほどいらないわけです。日本では25倍までですが、500万円あれば100万ドルのトレードは出来るわけで(海外の証券会社なら最低100万もあれば出来ることは出来る)5PIPS抜きでも1トレード500ドル。これを一日に何度もやって積み上げるわけで、年間を通すとかなりの金額になる。だからスキャルが面白いわけですが、じゃぁ、利益が積みあがったからと言って100万ドルじゃなくて500万ドル1000万ドルのトレードが出来るか?数分で期待利益5000ドルの勝負が出来るか?

これが出来る器の大きな人ならマスコミに出てくるあのウン百億稼いだ人みたいになるのかもしれませんが、普通の金銭感覚を持っている人には無理でしょ。

ですから普通はスキャルで稼げるようになってもあるところで利益は頭打ちになるんじゃないでしょうか。どこで止まるかはその人の器、度胸しだいであるのと、また、証券会社のリクイディティにも寄るんですね。いくらでも大きく張れるようにはなっていません。去年日本の証券会社であるヒロセ通商に口座を開きましたが、主要通貨ペアでも1トレード300万ドルが上限です。これだって5PIPS抜きで一勝負1500ドルですから十分過ぎる。

まぁ、大きな話は横においといても、普通は利益が出てくればそれを溜め込んでまとめて他のものに投資する。それは債権であり、ファンドであり、あるいは不動産かもしれない。問題はここなんですね。

じゃぁ、債権やファンドは放置でいいのか?ってこと。

不動産にしても海外不動産なら為替の変動リスクにさらされるわけで、スキャルで毎日毎日溜め込んでも、大きな為替変動や世界経済に何かが起きたらその投資資産の評価損が恐ろしい額になるんですね。それをスキャルで取り戻そうとしても何年かはただ働きになってしまう。あるいはまた振出からやりなおし。

だからスキャルはスキャルであって、溜め込んだものの手当て方法を考えた場合、それはどうしたって中長期の見方でヘッジをするなり乗り換えたりしなくちゃならない。で、その手法というのはいわゆる中長期投資の手法そのものなわけですから、スキャルをやるのと同時に、中長期の手法を覚える必要がどうしてもあるってことなんですね。

で、私の場合、小心者であることが常に問題になっています。大きな額は怖くて動かせません。本来は大きな額だからこそちゃんと面倒見なくてはいけないはずなんだけれど、そんな理屈通りには動けません。

でもそれをどうにかしないと将来はないってことだろうと思っています。

でもねぇ、このブログでたまに話題に出てくるオプションの売りで財をなしたポーのスクーターさんですが、何時間も延々話をしている間にその話題になったんですよ。そうしたら、

「溜め込むことが出来た資産なんだから為替の変動だろうとなんだろうと、半分になっても良いじゃないですか」

みたいなことをおっしゃったのが忘れられません。

ポーのスクーターさんは9桁以上の資産を相場で作った方ですが、やっぱり話のところどころに凡人とは違う金銭感覚を持っているのがわかるんですよ。9桁単位のお金をポンと平気で動かして投資しちゃう。で、9桁損したこともあったけど・・なんて普通の顔で話せる人。

若くして数百億稼いだBNFさんっていますよね。マスコミにたまに出てくる普通に見える青年。一体彼はどういう人物なのか、どういう手法なのか調べたことがあったんですが、手法そのものは意外に単純で、でもそれをきっちりやる度胸とスピードが凄いと思いました。また、彼も金銭感覚が普通じゃないというのがわかりました。お金をお金と思っていないようなところを感じるんです。そういう点でポーのスクーターさんも似ていると思った。

やっぱりこういう人が稼ぐんだろうなぁと思うのですが、さて、凡人、いや普通より小心者の私はどうしたら良いのか。

まぁ、気が小さいですからいつもグチャグチャ悩むわけですが、でもそうしつつ諦めなかったから今があるわけで、中長期で動かす投資はどうするべきか、いつかまたその答えもどうにか見つけてやろうと思っています。で、それを見つけたときが私にとっての「本当の退職」なんだろうと思っています。

それを見つけられない限り、蟻のようなあるいは働き蜂のような生き方から抜け出ることは不可能ってこと。自由なようで実はまだ奴隷状態。自立も平民の逆襲もまだまだこれからです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *