尖閣の真実は?

最近、どうも尖閣でおかしな事が起きているという感じがしているのですが、その裏側が見えてきたような気がします。

まず我々日本人の一般的な共通認識としては

○ 尖閣諸島が日本の領土であるのは間違いが無い。
○ 中国はあの地域に地下資源があるのがわかった頃から中国領土だと主張するようになった。
○ 中国の太平洋戦略として自由に航行するためにはあの地域にどうしても自国領が欲しい。
○ 爆発的に大きくなる中国の食料需要に応えるために大きな漁場が欲しい。
○ 領土問題は存在しない。

ところが以前から言われていることとして

○ 棚上げにする密約があった

というのがありますよね。で、どうもそれが今でも生きているというか、政府の強気発言があるものの棚上げ方向で動いているような感じを受けるんです。

まず争点ですが、日本の拠り所はこれら。

○ 誰が最初に発見し、実効支配をしたか
○ 1895年1月14日の日本による尖閣諸島編入の有効性

これから考えていくと尖閣は日本の領土であると私は考えているのですが、そうであったとしても昔から尖閣に関しては領土問題が存在していて、日本で言われているような「地下資源が発見された頃から中国が言い出した」というのはどうも間違いであるようです。大東亜戦争終結時でも尖閣の処遇は問題になった。また田中角栄の国交正常化の時にもそう。そして沖縄返還時にも問題になっていた。どうもその辺がきっちり公表されておらず、日本としては大きな流れを重視して尖閣に関しては妥協してきた歴史がある様子。ただその妥協、密約は歴代の外相、首相も否定。

しかしそれらが最近ポロポロ見え出してきたような感じがします。

中国からしてみれば密約といえども約束で、それを反故にされた怒りがあるのでしょう。そして今の日本は密約はないと突っぱねて、長い間、問題にはしないと約束していた「どこの領土か」という点で話を蒸し返し、過去の経緯を無視し、「中国の侵略」だと決め付ける。この辺は、年寄り同士で知恵を出してうまく問題を丸く収めていたのに、若い跡取り息子が冗談じゃないと問題をぶり返した構図に見えてきます。

その辺の話はこの動画を見ると見えてきます。(26分)

そしてこの密約というのは常に存在しているようで、尖閣を日本政府が買い取った時にも野田政権と中国政府と密約があったことが言われている。

『日本政府が尖閣を買ったうえで、何もしない、何も作らない、人も置かないっていうんだったら、 中国政府はこれ以上、尖閣について口出ししない』という話が中国から来て、野田さんはこれを飲んだという話。これは石原慎太郎氏の記者会見で出てきた話。

ここ クリック

どうもこの手の密約が長い間尖閣問題を支配してきて今に至るようですが、尖閣は日本の領土というアピールの為に、尖閣に毎月「漁業活動」という形であの自衛隊のトップだった田母神氏率いる「頑張れ日本!全国行動委員会」が石垣の漁師と共に尖閣諸島に行っている。この様子を毎月私は見ているのですが、海上保安庁にも変化が出てきたのがわかるのです。もちろん中国の動きにも変化があり、4月には中国の公船だけではなくてなんと40機という半端じゃない数の、それも前とは違う最新鋭の戦闘機を尖閣周辺に飛ばしてくる有様。海上保安庁の船舶の数も増えており、緊迫状態なのが見える。

いわゆる、一触即発状態に見えるのですが、いやいや、逆だという見方が最近出てきているんですね。中国にしてみれば自国の領海ですから、当然、日本の漁船を臨検するなり拿捕するなりしてもおかしくない。ところが彼らが漁船に近寄ってきても全くその気はなく、並走するだけ。また日本の海上保安庁は安倍首相が「領海内で漁をするのは当たり前」と言っているのにも関わらず、尖閣周辺で漁ができないようなプレッシャーを掛け、中国の船が来れば、漁船に逃げろと通告する。

これって、危険から逃れるという点では間違っていないと思うものの、でも考えてみると非常におかしいですよね。危ないから逃げろじゃなくて、自国の領海内で漁をする漁船を、私達が守るから安心して漁を続けてくださいと海上保安庁はいうべき。それが出来て、初めて日本の領海であるという主張と、実効支配しているのは日本であるという証拠になる。ところが今の状態は、日本の漁船が漁をしているとことへ中国の公船(中国の海上保安庁みたいなもの)が来ると、日本の漁船を追い払う。つまり中国がやるべきことを日本の海上保安庁が代行、手伝っている形。

そしてその動きは変わることなく、強くなっている。

これを「安全重視」、あるいは役人の問題を起こしたくない「ことなかれ主義」と考えるのは簡単なわけですが、どうもそうじゃないんじゃないかというのを、実際に尖閣に行った人たちが感じている様子。つまり、日本と中国の間にまた棚上げの密約があるんじゃないかと。この辺は微妙なところで真実は誰にもわかりませんが、日本と中国の密約の歴史、またそれにアメリカも絡んでいるわけで、「尖閣は安保の適用範囲」とアメリカはいうくせに「話し合いで片付けてくれ」というばかり。

また、上の動画にも出てきますが、アメリカも今までの歴史の中で尖閣を日本の領土とは認めていないんですね。あやふやのまま引きずってきた。そして日本には「施政権」があるという考え方の様子。つまり日本領土では無いけれど施政権はある。つまり「占領」と同じだということ。

ま、この辺のややこしい話は上の動画を見ると理解できますが、ではこれからどうするのか?って話。

歴史的にあやふやにしてきたものはそのままにして、共同開発という形をとるのか、あるいは白黒はっきりつけるのか。

今の時点で安倍政権としては波風を立てたくないはずで、今日のニュースにありましたが、河野談話は見直さない、なんて言い出しましたし、もしかすると対中関係で今までの威勢の良さとは違う方向へ舵が切られた可能性もあるように感じます。

ま、参院選がどうなるのか、そしてその後、どうなるのか。しっかり見て行きたいと思います。

ただ、今現在、我々日本人が信じている、尖閣は日本の領土というところにしがみ付き、そればかりを主張すればかなりうまくないことになるのは明白だと思います。これは中国に対する妥協ではなくて、外交とは歴史であると思うのです。先人達が築いて来たもの、約束したものを、原則論だけを見て、歴史を全部ひっくり返すわけには行かないと思います。これは北方領土も同じ。

それとも正しいと信じることは相手の都合は考えずに押し通すか?

昨日ですが、今まで中国とインドと国境をめぐって対峙していたカシミール地方から、両軍とも撤退するという合意がありましたよね。これって中国からの日本へ対するメッセージでもあるとも思うんです。国境が画定していないなんてことがあるのか、その辺は地続きで他国との国境を持っていない日本には理解しがたい部分であると思うのですが、世界的にはこういう形でのにらみ合い、戦闘は常時行われてきた。そして様々な解決方法がとられてきた。日本ってそういうのに非常に疎いんじゃないでしょうか。白黒つけない第2、第3、第4の方法がきっとあるんでしょう。それなのに、妥協はしないと威張ってみてもそれじゃ子供の喧嘩と同じだと思うのは私だけ?

で、実は安倍政権は過去の密約、歴史も重視し、棚上げ論の方向で動いているような気がするんです。もしかするとアメリカからの示唆を超える強さの提案が両国にあったのかもね。あの日台漁業取り決めもそうですが、今まで17年間も進まなかった話なのに、そして日中台で領有権で大騒ぎをしている今になって話が進みだすっておかしいじゃないですか。これって何か領有権に関する基本的な合意があったのじゃないかと勘ぐるのは当たり前でしょ。少なくとも領有権に関しては横においておかないと漁業の話も進まないはずで、でも横においておくってことは棚上げって事じゃないでしょうか。

○ 日台漁業取り決めの進展
○ インドと国境問題があるカシミール地方から軍の撤退
○ 安倍さんの河野談話の見直しを否定

これらが短い間にどんどん出てきていますが、これの背後にあるのは日中間で何か話し合いが進んでいるという現われの様に感じます。

私としては蜜月時代に入るとは思わないけれど、少なくとも今、皆が心配している一触即発の様な状態は終わって、急速に日中が近づき始める可能性が大きいと思っています。またアメリカもそれを望んでいるはずだし、話が通じる自民党に勝たせるために、参院選挙前に大きく日中関係は動いて行くだろうと私は読んでいます。そしてその手柄を安倍さんの手柄とする。

参院選挙前に中国が尖閣に関して強気で出てくるであろうという保守派の読みは全く逆だと思っています。そう確信した理由は、河野談話の見直し否定報道。これは中国からの「手をつなぎませんか?」という呼びかけに応えた形に見えるから。あるいはこれが日本からの中国に対する呼びかけなのか。これはこの数週間の動きを見ているだけでもかなり真相がわかってくるんじゃないでしょうか。

「頑張れ日本!全国行動委員会」が毎月尖閣に行っていますが、彼らが一体何を見て何を感じたか。(各58分)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

尖閣の真実は?” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 434c386566354c465051655469376161476e6141364c5255554e427333707561f4b4d28da7ebd5ff4b33e6ed9da09641b2cf7c1afce4d0181bfc0a50fc74f805
    いつもブログを拝読させて頂いています。ダボさんのブログの隠れファンの1人です。
    しかし、ブログの尖閣諸島の記事を読ませて頂き、ショックを受けました。
    棚上げ論は、トウショウヘイ氏が一方的に言っただけで、日本は合意していません。
    田中角栄首相は「尖閣について聞いて来る人がいるがどういうことか」 と聞いたら、周氏は「今はその話はしたくない」と言ったので、田中角栄首相は、聞き流しただけです。
    そして、.小平氏は福田赳夫首相に一方的に「棚上げ」を言ったけれど、福田赳夫首相はそれに対して、全く応答していません。これは外務省の外交記録に書いてあったそうです。日本の領土の尖閣諸島に対し、全く関係ない中国に「棚上げ」を言われても無視するのは当然です。
    そして、日本の領土である尖閣諸島に対し、日本政府の立場は「領土問題は存在せず」なので、
    日本は棚上げする必要もありません。
    以下のブログを読んで下さい。
    【棚上げ論】
    blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50458322.html

    そして、こんなニュースもあります。
    【毛沢東首席、「沖縄は日本帰属」と電報を打っていた 1964年外交文書で判明】
    中国外務省が
    1964年、米国の施政下にあった沖縄の主権について、
    毛沢東主席の意向に沿い、「当然日本に返還されるべきだ」という外務次官の談話を作成した上、
    各地の大使館などに電報で送り、外交官に指示を徹底させていたことが9日分かった。
    時事通信が、中国外務省档案館(外交史料館)で外交文書として収蔵された電報の原文コピーを閲覧した。
    中国共産党機関紙・人民日報は8日、沖縄をめぐる主権について「未解決」と主張する研究者の論文を掲載した。
    しかし、49年の中華人民共和国の成立以降、中国は沖縄に対する領有権を唱えておらず、
    この電報は、
    沖縄の日本帰属を中国が認めていたことを示す証拠の一つと言えそうだ。
    電報の表題は
    「『ソ連はあまりに他国領土を取り過ぎている』という毛主席の談話」(64年7月28日)。
    それによると、毛氏は同年7月10日、日本社会党の国会議員と会談。議員が北方領土問題への毛氏の考えを
    質問したところ、「あなたたちに返還すべきだ」と答えた。
    毛氏は沖縄についても、64年1月に「日本の領土」と認め、沖縄返還要求運動について、
    「中国人民は日本人民の正義の闘争を心から支持する」と表明していた。
    背景には、当時の反米闘争や中ソ対立の中で、毛氏が日本の領土返還要求を支持していたことがある。
    中国外務省は毛氏の意向を基に、領土問題に関する原則を策定。
    「日本固有の領土は今日、米国に占領された沖縄であろうが、
    ソ連に占領された千島列島であろうが、日本が取り戻そうと要求するのは正しい。
    当然日本に返還されるべきだ」という 
    王炳南次官の発言が電報に記載された。
    電報はさらに「外交活動の中で、こうした領土問題を自ら話してはいけない。質問されて答える場合には、
    個人の見解として王次官らの談話を簡単に伝え、決して突っ込んで話してはいけない」と注意を促した。
    中国では50年5月、対日講和会議に備えて開かれた外務省の内部討論会などの場で、 日本共産党の徳田球一書記長(当時)が沖縄出身であることから「沖縄の日本への返還を主張すべきだ」との 意見が出て以降、沖縄に対する領有権を主張しなくなったことが当時の外交文書で判明している。 http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013050900614

    また、チャンネル桜の桜丸の動画を以前、私も見ましたが協力的だった馴染みの海上保安官が全て別の人達に変えられたというのは、海上保安庁は国土交通省の管轄下にあり国交相が変わったから、その弊害が出ているのでしょう。今の国交大臣は公明党の太田昭宏氏です。胡錦濤主席と池田氏の会談は有名な話です。因みに中国共産党と親密な関係にあると言われています。

  2. SECRET: 0
    PASS: 6a344771636653676d34754e704f59327652396c6377336b5652436d4c3164325f5c9b3feafefe4803257296af315c15d47a22cafe6703e49f6ef26488d44d49
    ルリさん

    コメントを有り難うございます。

    おっしゃることは良くわかります。私の大好きなチャンネル桜もそういう立場ですし、多くの日本人はそう考えているでしょう。

    でも私はちょっと違う考え方なんです。紹介した矢吹晋氏の言うことが全面的に正しいとは思っていなのですが、どうして中国側は「棚上げ論で同意した」と言うのか、そういう報告書が残っているのかを考えた場合、私は毎度の日本人的外交下手が原因だろうと思うのです。

    つまりルリさんが賛同なさる日本的な方便も、日本人が日本人として日本人の思考方法で考えた場合それが成り立つだけで、中国人は中国人の立場で中国人の思考方法で考えた場合、違う見方も成り立つということ。

    歴代の首相も外相も棚上げに同意したことはないと言いますが、多分それは事実でしょう。でも、棚上げ論を提示されたときに、それにノーと言った証拠があるでしょうか。ここに注目するべきだと思うのです。もしノーと言った証拠があるのなら教えて下さい。

    つまり、黙っていたら受け入れたことになるってことを私は言いたいのです。日本の首相なり外相は言質を取られることだけは避けたけれど、提案に対してはっきり断ることは無かったんじゃありませんか?

    そして提案は聞こえなかった振りをして両者手を結び握手をしたらどういう結果になるか。この答えは簡単で、相手が中国人じゃなくても言い分は通ったと解釈するのが普通じゃないですか。我々日本人の間でもそういうことがあるはずです。ただ日本人の習慣に「難しい問題は曖昧にして、賛同できないということを相手に理解を求める」というのがあり、相手としてはそれを読み、そして一歩譲ることもある。これは日本人独特のやり方であって、外国人にはそういう発想がないのは外国人と付き合えばすぐにわかりますよね。私はここに問題があると思っています。

    また、1997年の日中漁協協定(日台じゃなくて)が締結されたときに小渕さんがおかしな親書を中国に渡したことも注目しなくてはなりません。つまり、日中漁業協定では尖閣諸島の海域(尖閣という言葉は使っていない)が含まれていないのですが、小渕さんは親書という協定とは別のものを渡している。そしてその中で尖閣諸島の海域(協定第6条(b)の水域))においては「漁業」に関して自国(日本)の関係法令を適用しないと書いた。

    つまりここでも中国側は「尖閣は棚上げ」だと受け取る。

    で、事の発端はあの中国漁船による体当たり。日本は中国漁船を制止も退去命令もしなければ臨検もしないという立場のはずだったのに捕まえた。約束を破ったのは日本が最初だと中国は考えて当然だと私は思うわけです。つまり日本の主張は日本でしか通じないということになる。しかし、中国の主張は中国でしか通じないといえる半端さも日本はうまく残して、問題の決着を先送りしたんですね。それも私に言わせれば「先送り(=棚上げ)」を選んだのは日本じゃないかという事になります。

    ルリさん、是非この考え方に対する反論を聞かせてください。

    中国の沖縄に関することに関してはルリさんが書かれた内容と同じように私も受け取っています。

    ただし、世の中の人が注目しない一つのことが私の頭をよぎるのです。日本は戦争終了後占領されたわけですが、誰が占領したのですか?多くの人はアメリカによって占領されたと思っているようですが、占領したのは連合国軍ですよね。で、もちろんその中に中国は入っている。では中国は連合国の一つとして一体何か要求したのか?アメリカ軍は好き放題やりましたが、中国は?私はここに、中国が強気で今になって言いたい事を言う理屈が隠されているのでは無いかと思っています。と同時に、日本は戦争に負けたということの重みを感じていない、あれはもう過去のことだと考えているフシがあると思うのです。でも戦勝国はいつまで経っても戦勝国で、言いたいことを言える立場だと私は考えています。本来、日本という島国は連合国によって(ドイツの様に)バラバラにされても文句を言えなかったのかもしれない。

    また、ロシアも参戦の仕方に汚さを感じるものの、アメリカが参戦を促したという話もあるようで、どちらにしても戦勝国。北方領土に対するあの強気はそこに理由があるのだと思っています。決して日本は連合国(戦勝国)とは対等で話はできないのが世の中の道理(法律の話じゃない)と私は思っています。

    でも韓国は戦勝国じゃない。

    私は国交相に太田氏を起用したことそのことに、安倍さんのあの愛国心豊かな態度とは違う、腹の内が見えるような気がします。でもそれはまさに安倍氏が短絡的な愛国者ではなくて「政治家」である証拠だと思っています。緩急使い分けて、逃げ道もちゃんと用意しているのは大変良いことだと思います。もし国交相が麻生さんタイプだったらどうなると思います?

  3. SECRET: 0
    PASS: 6b426d727036366e576b4261453145696f6f4c3948624e7356573445495a554ba1db9965c0447d693aea837c53b8de8f358260b15dd55b430cdb544828a808fc
    お返事ありがとうございます。

    実質的にはアメリカですが、確かに連合国に負けたと思います。

    第二次世界対戦で、
    日本はアメリカに負けました…。
    日本は国民党(蒋介石政府の中華民国)と戦いましたしかし、
    中国共産党は戦時中の八路軍です。いつの間にか、
    中国共産党が戦勝国になったのか不思議です。
    そして、今の中国が戦勝国でもないのに、国連の常任理事国になっているのはおかしいと思っています。
    第二次世界対戦の終戦後に建国した中華人民共和国は戦勝国ではありません。
    当時の中国は中華民国・中国国民党はアメリカと同盟を組んでいたから戦勝国側に入っていたけれど、
    日本の敗戦後、
    その戦勝国側の中国(中華民国・中国国民党)を内戦の末に台湾に追いやった後、
    国を奪ったのが、現在の中国政府(中華人民共和国・中国共産党)です。
    八路軍は国民党軍に勝利し、
    1949年10月に『中華人民共和国』を建国したのです。
    今の中国は、
    戦後誕生した歴史の浅い国です。
    いわば、連合国側の中華民国の敵国が今の中国です。
    仰る事は良く解ります。
    私も、日本の政治家がハッキリと否定し抗議するべきだったと思います。
    日本人の曖昧さが、中国に付け入る隙を与えたのだと思います。

    また、小渕さんのこのような負の遺産がある事は知りませんでした。
    時代と共に世界情勢も変化し、日本の領土領海が脅かされている状況を考えれば、
    これは撤回すべきだと思います。
    そして、日本も世界を見習いロビー活動に力を入れるべきだと思います。

  4. SECRET: 0
    PASS: 366553757a4d6c75324c7a4c6a7054716879644c69437a52734a616742535a4a7ece1bb6d59e52866e80e2ecee38c549489ea7ce8c74542fce5b932401566aa9
    ルリさん

    国の定義に関してはいろいろ考え方があるわけで、ルリさんの考え方は(世界的に珍しく千年以上国として存在する)日本的な考え方であってそれが世界に通用するかどうかはまた別問題ですね。

    それと中国共産党が戦勝国って考え方はおかしいと思います。中国(この言い方が曖昧)が戦勝国であってその国を抑えているのが今は共産党ということであって、共産党は国ではない。

    戦争が終わった時点では確かに蒋介石率いる中華民国という国でしたが、その後、中華人民共和国になったもののそれは正統な後継として存在するわけで(1971年に国連は北京政府を認め、中華民国は国ではないとした)、以前の権利や債務はそこで切れることはないわけです。もし共産党独裁が崩れることがあって中国の国体が大きく変わる時があっても中国は中国。

    韓国も同じで、ルリさんの論法だと韓国(大韓民国)の歴史は1948年からになってしまう。またアジア諸国も同じで、独立前は違う国であるから昔のことは関係ないとはならないでしょ。

    でも中国5千年の歴史というけれどそれはおかしいという学者もいるわけで、実際に言語も文化も違う民族が入れ替わり立ち代りあの地で国を作り衰退し今があるわけで、国としての一貫性はない。

    ま、日本人だから日本人の見方考え方で良いのかもしれないけれど、世界は?相手国は?と考えた場合、日本流から離れて考えないと接点は見つけることは出来ませんね。これは相手も同じで、それぞれの陣地から石を投げ合うのが続くだけ。

    だからと言って相手に擦り寄る必要もなく、ただ、現実的に世界の中で自分の意見考え方がどういう位置にあるのかを知るのは大事だと思っています。

    私は隣国は狂っているとしか思えませんが、彼らと同じように自分の立場からだけしか見ない様にはなりたくないと常日頃思っていますし、日本の左翼の話は聞く必要もないものの、では保守系の「日本の言い分」に拘り、それが唯一正しい言い分だというのも隣国の好きなプロパガンダを信じる民衆以外の何物でもないと思うのです。

    相手の強み弱みも理解し、当然こちらにも弱みがあるわけで、それをも理解した上でどう進むかと考えるべきで、自分が正しいというだけではどうにもならないと思っています。

    作戦上では自分の正当性を主張するべきでロビー活動、プロパガンダも必要だと思いますが、その内容がすべて真実かどうかはまた別で、それをわかった上で私はそれを支援したいと思っています。でもその内容が真実だと信じてしまうと反日デモを繰り返す民衆と一緒になりますし、私はそうはなりたくない。

    尖閣に関しては日本は曖昧な態度を取ってきたと思いますが、では白黒つけてはっきり言えるのかどうか。決着をつけられるのか。なんでもはっきりするのが良いという考え方もわかりますが、結論を出すのが難しいケースはどうしてもあるわけで、無理に進めれば戦争にまで発展するのは世界の歴史を見ればすぐにわかります。

    だから知恵を絞って棚上げにしたり、時が来るのを待つなり、相手がぼんりやりしていればジワジワと実効支配に向かうなり、あの手この手でやるわけで、結果を急ぐのは得策では無いと思っています。はっきり抗議することは大事ですが、それは結論を出すためではないですね。そんな簡単なら誰も苦労しない。でも抗議をやめたら認めたことになる。だからこそ、安倍さんははっきり言うんでしょう。でも現場では全く違うことをやっている。

    でも今はこれで良いと思っています。海上保安庁の権利義務もはっきり制度化しないとなりませんし、自衛隊もそうで、今、尖閣で小競り合いが起こるとうまくない。でもそういうときを想定して制度を根本的に変えようとしている安倍さんでしょうから、今は慌てることなく見守りたいと思っています。

    また、小渕さんのあの親書ですが、撤回なんて絶対にできないんですね。もしそれを、まして今、言うって事は「宣戦布告」と同じになります。その準備、腹づもりがあれば良いですが・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *