豪ドルがクラッシュする?

豪ドル関係のニュースって非常に少なくて、オーストラリアそのものもどういうことになっているのかが良くわかりません。ましてや日本語での掘り下げた詳しい解説なんかな~んも無いのと同じで本当に困ります。

豪ドルと心中するつもりの私ですが、リーマンショック後のあの大暴落を経験している身としてはまた似たような事が起きたときにまた指を加えて見ているのか。それで良いのか。その辺が気になるわけです。

リーマンショック後の大暴落も今になってみれば「良い経験」みたいなもんで、一ドルが対円で100円を超えている今となってはもしかしたら早く忘れたい「悪夢」でしかないのかもしれない。

また同じようなことが起きるのか?

AUD/USD 週足。

このことに関して警鐘を鳴らす人たちがいて、ちょっと気になっています。

”Why Shorting The Aussie Is The ‘Trade of the Century’”

つまり豪ドルを売るのは「世紀のトレード」だみたいな見出しの記事があります。18ヶ月の内に40%下落するだろうって話。対米ドルで60セントのレベル。

ビジネスインサイダー  ← クリック

-----------
The resilient Australian dollar, which has overcome global headwinds to stay above parity against the U.S. dollar for most of the past two years, is due for a major correction, according to one analyst who predicts the currency could fall over 40 percent in the next 18 months.

“It’s difficult to see any clear major direction in any of the currencies other than the Aussie dollar longer term, which we obviously think looks like the trade of the century, trying to short the Aussie, “Paul Gambles, managing partner at advisory firm MBMG International told CNBC’s “Asia Squawk Box” on Monday.

Gambles said he expects the Aussie dollar to fall as low as 60 U.S. cents from the current $1.03 mark within 18 months.
“I would be surprised if the Aussie dollar is still holding above 90-99 US cents by the year-end, but once the move comes then parity to 60 handle could happen within a matter of just a few months,” Gambles said.

Earlier this month, the commodity currency came under pressure, falling to a six-week low of $1.0219 last week Tuesday after data showed manufacturing activity in its biggest export market China fell to a two-month low in April. But since then, the Aussie has staged a comeback, rising 0.5 percent.
(Read More: Not Just the Yen, This Currency’s Tanking Too)

Headwinds Facing Aussie Gambles said an intertwining of several factors like a slowdown in China and falling global commodity demand could lead to weakness in the domestic economy. This in turn can push the Reserve Bank of Australia, which has kept interest rates steady this year, to cut rates, which will be negative for the Aussie.

In a pre-budget speech on Monday, Australian Prime Minister Julia Gillard said that a stubbornly high Australian dollar has played a part in government revenue falling to $12.3 billion, less than expected, for this fiscal year that ends in June.
“[The Aussie dollar] upside seems capped and downside seems pretty well unlimited,” Gambles said, adding that the Australian economy has become “totally dysfunctional’ relying on an “ephemeral” boost from China.

He added that “speculative, yield-seeking inflows that currently inflate the Australian dollar value by some 15 percent will not only disappear, but actually turn negative.”
– By CNBC.com’s Rajeshni Naidu-Ghelani; Follow her on Twitter @RajeshniNaidu
This story was originally published by CNBC.

Read more: http://www.cnbc.com/id/100683015#ixzz2SaOS5Nu1
-----------

The Fall of Australia – Coming Catastrophes in the Australian Economy なる動画がありました。オーストラリアの凋落-オーストラリア経済に大惨事が来る、と。

こういうのを見たり読んだりしてもその内容にどれだけ真実味があるのかってのが良くわからないんですね。日ごろオーストラリア経済を勉強しているわけでもないし、こういうニュースの発信元がどういう人たちか、信憑性があるのかもわからない。だから、わけのわからん連中のお化けが出るぞ~~という無視するべき内容でしかないのかもしれない。

この辺を解説した、私がかなり昔から注目しているテクニカルアナリスト(オーストラリア在住)の説明動画があります。

どういう問題点があって、でもまたそれと共に良い所もあるぞという話。

私が受けた感じでは、決して今の状態が悪いわけでは無い。ただし、これはオーストラリアの常として世界に鉱物資源を供給する立場から、世界の景気が落ち込むとそれにつられてオーストラリアも駄目になるし、オーストラリアドルは売られる。また、オーストラリアドルの利回りが常に良いことからキャリートレードが常態化していて、その資金も何かがあったらすぐに逃げるのでオーストラリアドルが急落する。これはまさにリーマンショックの時もそうでしたし、ヨーロッパ危機が言われだしたときもオーストラリアドルは下がった。

まぁ、いつものパターンなんですね、この動きが。で、これに慣れてくるとこれで利益を出す方法も分かってくる。つまり、お金が逃げるときは逃げないとならない状況だから一斉に逃げ出す。そりゃ売り一色ですからかなり大きく下げますわ。でもその売りが集中するということは、たいていの場合、売りが一巡すると大きく戻すんですね。これもいつものパターン。

そんなことがわかっているなら一気に売るやつはバカってことになりますが、ここがおもしろいところで投資家達は引き揚げないとならないときには引き揚げるんですね。グズグズしているわけにはいかない。まぁ、それのパターンがいつも繰り返されるわけで、それがわかっているのなら我々みたいな自由なバクテリア投資家は好きに動けるのだから好きに動いてみれば良いと言うこと。

で、またそういうことが起きるかという点ですが、これらの動画でも指摘されているように、私が気になるのは中国の動向です。最近、中国ウォッチングをしていてわかることは、どうも今までとは違って陰りが出てきたどころか、もうすでに粉飾をしているような状態の様子。で、オーストラリアと中国のつながりって深くて、また鉱物資源の対中輸出、またそのセクターへの中国資本の入り込みも大きくて、中国とは切っても切れない中。

もし中国にはっきり凋落が見えるようになったらどうなるのか。これの答えは簡単だと思います。ましてやそれって世界的にかなり大きなインパクトがあるわけで、他国への影響も半端じゃないでしょう。つまり他国からのオーストラリアへの投資も、上に書いたのと同じようにまた一気に逃げていくのがこれまた簡単に想像できます。

つまり、キーワードは中国。実際にもう中国は危ないぞといわれているわけで、それすなわちオーストラリアも危ないと同意語だと思うのです。

ではどうするか?

我々は長期投資しているわけでもないですし、ヘッジをしようと思えばできるわけですから、今から資産を逃がす準備をする必要もないし、外貨預金を解約する必要も無い。ただし、今までがそうであったように、動くときには大きく動くしそれははっきり見えますから、その時に豪ドルを売れる状態を作ってさえいれば良いってことになるはず。

ただそれも資金を寝かすことになりますし、それがいつ起こるのか、あるいはやっぱりお化けはでないのかもしれませんから、それようの資金をFX用に準備しても遊ばせておくわけには行きませんね。ま、適当にレバレッジも掛けずに小さく動かしておけば良いということでしょうか。

まぁ、この話とは逆に面白い話題。

オーストラリアは第二のスイスになるって話し。

スイスって世界的にも特別な存在で、何かが世界に起きると資金の逃避先としてスイス、スイスフランが選ばれた。でもそれはもう終わったというんですね。で、近年、世界に何かが起きると日本円に資金が逃げてきて円高になるということがあったわけですが、今、オーストラリアドルがそれに変わるものとして注目されているとのこと。

これは一理あると思っていて、うえの動画にも出てきましたが、豪ドルの動きってアメリカとオーストラリアのマネーサプライの差で説明が付く動きだったのが、この数年、豪ドルが高止まりしているという話がありました。なぜか?これはオーストラリアという国、豪ドルの安全性が認識されつつあるからかもしれない。

Why this place is becoming the new Switzerland ← クリック

-----------
Reporting from Sydney, Australia

Switzerland is the place that has traditionally stood above all the rest in its reputation for financial stability.

Why? Because the currency was well-managed, the banking system was sound, and the country had a long tradition of treating capital well.

Over the last few years, however, these advantages have collapsed.

Switzerland has voluntarily surrendered banking privacy, and the many Swiss banks are now hemorrhaging cash.

Even worse, the Swiss government destroyed its reputation for respecting capital when they pegged the Swiss franc to the euro in 2011 to arrest the franc’s rapid rise.

The country’s top central banker at the time, Philipp Hildebrand, claimed that he would buy foreign currencies in ‘unlimited quantities’ to defend the peg.

This is not something a responsible steward of currency should ever say. The currency peg was nothing more than a form of capital controls… and it effectively screwed anyone that had trusted the Swiss system with their savings.

Since then, the market’s need to find a financial safe haven has only become more desperate. One only needs to look at Cyprus to see why.

Yet just a small handful of countries inspire confidence in the marketplace. And the most popular seems to be Australia.

From a macro perspective, Australia is in much better shape than the rest of the bankrupt western hierarchy.

Though the national budget deficit has been rising over the last few years, Australia’s public debt as a percentage of GDP (less than 30%) is a tiny fraction of the US, France, Italy, etc.

Moreover, as the Australian economy is heavily dependent on resource exports, it’s a ‘commodity currency’, much like Canada. But unlike Canada which is wed to the US, Australia’s economy is much more closely tied to Asia’s growing dominance.

Perhaps most importantly, though, Australia is not printing money with wanton abandon like the rest of the world.

In fact, the RBA’s (Australia’s central bank) balance sheet has actually been -decreasing-, dropping from A$131 billion to just A$81 billion in 2012.

This constitutes a 38% decline in central bank assets in five years. By comparison, US Federal Reserve credit has grown 367% over the same period. This is an astonishing difference.

Plus, Australian interest rates here are typically much higher than in the US, Europe, or Canada. Just holding cash in an Australian bank account can yield over 4% in annual interest. It’s sad to say, but this is quite a bit these days…

(Attendees at our Offshore Tactics Workshop were able to open such accounts on the spot with an Australian bank representative; we’ll soon send out information about how you can do this as well…)

Now, there’s really no such thing as a “good” fiat currency. But given such fundamentals, it’s easy to see why Australia is replacing Switzerland as a global safe haven.

I’ve spent the last few days with some banker friends of mine, and they’ve been telling me about the surge of foreign capital coming into Australia from Europe, the US, and China.

But one thing to keep in mind, they reminded me, is that the Australian dollar has a loose correlation with the price of gold. After all, gold is Australia’s third biggest export.

Consequently, we’ll likely see a decline in the Aussie dollar if the gold correction continues to play out. This may prove to be a good entry point for individuals to get their money out of the US dollar.
-----------

ま、悪い話があればよい話もあるわけで、相場も売り手と買い手がいるから値が付く。上がると思う人と下がると思う人は常に同数いるってことですよね。だからどちらが正しいのかなんてことを考えても素人に分かるわけがないと私はいつも思うわけです。プロでさえ悩むんですから。

でも値動きを見ているとどちらが強いのかってのは誰にでも分かる。そしてそれは間違いのない真実。私はそれだけ見ていれば良いんじゃないかと思うんですよ。関が原の戦いで東軍が正しいのか西軍が正しいのか、どうあるべきなのか、またどちらが強いのかなんてことはいくら考えてもわからない。でも戦いが始まれば、そしてそれを遠くから見ていればどちらが今優勢であるのかってわかるわけじゃないですか。で、勝ちそうな方へ付いて後ろから出て行って相手を一発殴る。そしてまた引っ込む。もし形勢が逆転して危なくなったら一目散に逃げる。

相場ってそれで良いと思うんですよ。評論家になりたいのなら別ですが。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *