地図の見方

竹島や尖閣ですが、地図の見方によってまるで感じ方が違いますね。

これ。クリックすると大きくなります。

リアンクール岩礁ってのは国際的に使われている竹島の一般的な名称だそうですが、日本人からすると島根の上の方にある遠い島ですが、韓国から見れば目と鼻の先。大きな太平洋に実を向けるとそこにあるのが日本領の島となれば、おもしろくないでしょうねぇ。

それを言うと対馬なんて、どうしてここが日本領なの?って思うくらいで済州島より最短距離では韓国に近い。

確かに歴史的、あるいは国際法的に見れば日本の領土ということで間違いはないと思うのですが、なが~~~い歴史の中で各国の力関係、あるいは発展のスピードの違いがあるわけで、最初に発見したとかあるいは実効支配したとか、そういうのは屁理屈だ。もともと俺の領土になるべき島なんだと言う感覚的な見方があっても不思議じゃないと思います。

八丈島がアメリカの領土だと言われたら、冗談言うなバカヤローみたいな感じ。

韓国が竹島は自分の領土であると証明する資料がいくつも出てきますが、どれもこれも日本においては簡単に嘘であるのがバレちゃう。つまり、もともとそういう証拠の重要性も彼らは考えていないってことだろうと思うんですよ。

根拠は一つ。この島は我々の島であるべきだ。これでしかないのでしょう。

それと同じことが尖閣でも言えると思います。

この地図を中国から見ると、まぁ、ここに日本領土があるなんて許しがたい位置ですよね。台湾はもう俺のものと公言してはばからない中国ですから、尖閣だっておなじでしょう。本来なら与那国やあの辺りの小島も俺のだと声を大にして言いたいけれど、実効支配という意味においても住民がいますし、大きな声では言えない。だからまずは尖閣。

でもこの地図を見ていると沖縄の重要性って半端じゃないのが見えてきます。これって中国にしてみると鉄条網が張ってあるのと同じようなもので、邪魔なんてもんじゃない。逆を言えばここを手に入れれば、目の前は太平洋。どうしたって欲しいですよね。

でも武力で取れる時代じゃないですから、まずは沖縄を日本から分離して独立させるのが最初のステップじゃないでしょうか。沖縄知事も含めて自分は帰化人だと公言して中国に擦り寄る人は少なくないし、反日、反米の左翼がわんさといる沖縄ですから、独立論が大きくなってもおかしくない。

中国は、沖縄は日本の領土では無いと言い出していますし、どうも琉球が日本に組み込まれる時の手続きに問題があるようなことを言う人もいますね。

で、独立したらガンガンお金をばらまいて、ほら、日本じゃないほうが良いよね、なんて雰囲気作りは簡単でしょうし、属国、傀儡国家に作り変えていく。当然、本国からの移住者を数十万単位で入れて選挙権、被選挙権も取らせる。私が中国だったら間違いなくそういう戦略を取ります。私の時代は無理でも、孫、ひ孫の時代に、それが叶えばそれで十分。時間を掛けてしっかり取り込んでいこうと思います。で、かつての米軍基地に中国軍が駐屯する。反対する人民、右派がいれば天安門みたいに戦車で踏み潰すか、密告だろうがなんだろうが捕まえて収容所送り。沖縄のメディアは完全に左傾していますから、そういう事実があっても全く報道しないでしょう。今の時点でもそういう下地は十分できていると言って良いんじゃないでしょうか。

与那国への自衛隊駐屯ですが、村長だか町長だからの10億円の迷惑料をくれという話で大騒ぎですが、私は10億だって20億だって出せばよいと思うんですよ。これは沖縄がそういう国からの金でうまくやるのが定着しているようで、それが頭にきている人からは、与那国よ、お前もかってことなんでしょうが、そもそも物品やサービスの料金だって、原価は安いのになんでこんな高いんだ?なんていうのは古い頭の人だけで、値段はその物品やサービスの価値によって決まるとするならば、私は100億円の迷惑料でも良いと思っています。

中国がいつ台湾を取りに来るかわかりませんが、そのすぐ隣の与那国は今でも不安な生活を送っていると聞きます。そんな与那国は尖閣より台湾に近く、西にありますから、もしここにレーダーを備えることが出来たら、地平線の関係もあって、早く船舶や低空飛行の飛行機も補足できるし、常設の監視所が出来る利益は計り知れない。まさかここに大きな港や飛行場は作れないとは思いますが、駐屯基地を作るのは価値があると思います。

って、中国が怒り狂うのは見えていますが。(笑)

でも政府は決められないでしょうね~。安倍さんならやりそうですが、外務省はじめ防衛省、海上保安庁も無謀なことはしないでくれと言いそう。とにかく波風を立てるのが嫌いですから。

しかしまぁ、地図の見方一つで随分変わるもんだという、書くネタのないブログの今日の日記。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *