円安

しかしまぁ、凄いですねぇ。まるで勢いが止まらない。

でもま、ちょっくらこの辺で日本円を多めに手に入れようと思います。

豪ドル/円。日足。現在は103.70辺り。

これは円安はここまでとかそんなんじゃなくて、とりあえず豪ドルとしては目先は目一杯伸びているので、日本円を買うには良い場所だと思うってだけのこと。

上のチャートの中段下段のオシレータですが、これってバカにできなくて、利益を出すとかそういう考え方じゃなくて、少しでも有利な両替という意味でも使い道はあると思います。オシレータが高い位置にあるときには買わない(円は売らない)。低いときには売らない(円は買わない)というだけで、結構良い場所で売買できるはず。

リンギットはどうなっているんでしょうか。

かなり大きく動いていますね。私としてはリンギットのバスケット制に当然日本円も入っているだろうし、そんなに大きく影響が出ないだろうと思っていたのですが、まるでそんなことは無いような動き。日本円の組み込み比率って大した事無いんですかねぇ。それもおかしなもんだと思うんですが。

ではリンギット対米ドルは?

対米ドルではさほど動いていませんが、直近の動きを対円と比べてみると面白いことがわかりますね。リンギットから見ると円安、米ドル安であるってこと。米ドル安と言っても大きな動きじゃないですが、方向性が気になります。

もっと時間軸が短いチャートを見てみましょうか。直近1年のチャート。対円。

直近1年のチャート。対ドル。

この数日間は、リンギットは対円、対ドルでも上がっているってこと。

これってマレーシア議会の解散によってこういう動きが出ているんでしょうが、中身まではわかりません。50年前後、与党が政権を持っていたわけで、今回の選挙でどうなるのでしょうか。与党優勢みたいな感じですが、2008年で3分の2を割ってしまったらしいですが、では今回は奪還できるのか、それとも野党に・・・なんてことなのか、マレーシアの情勢は全くわかりませんが、今の状態をマーケットは好感しているってことですよね。対円、対ドルでも上がっているんですから。

それとも違う理由なんでしょうか。

どちらにしても、海外生活を長く続ける為のリスク管理として、収入のある通貨で支出を固定するのはヒジョーーーに大事だと思います。つまり、円での収入だとしたら、円安になった分、リンギット建ての支出を下げるということ。これをやらないと為替って動くときには大きく動きますし、居場所の良い場所で長くとどまりますから、その内戻るだろうなんて思っているうちに、予算オーバーでゲーム終了なんてことが簡単に起きると思っています。

やっぱりこれほど大きく動いてくると、リンギットを持たないリスクが顕著化してきますね。理想としては円とリンギットで半々の資産があれば良いし、でも収入で半々となると年金生活の場合は同額をリンギットへの投資で稼ぐとなるとリンギットの資産にウェイトが掛かりすぎてしまうわけで、どの辺が良いのか判断は難しいところだと思います。

私としては豪ドルと心中するつもりですので、他通貨を多く持つつもりはありません。でも全く持たないというのもなんですので、持たないリスクを軽減する程度のリンギット投資はするつもりです。

なーんて気楽なことを言っていられるのは豪ドルが良い調子で上がっているからでしょうね。

うーーむ、リンギットと心中するという考え方はどうなんでしょうか。私は自分自身の問題としてそれはあり得ないので考えてもみませんでしたが、発展途上国に賭けてみるのも面白いかも。ポートフォリオだ分散投資だなんてみんな言いますが、あれって結局面白い結果はでないのね。

リスクを取って海外に出るくらいの腹つもりがあるのだから、ここは一発リスクを取るのも面白いかも。でも海外に出るというリスクを取ったのだから、資産・収入面では保守的になるのが正しいのかもしれないし、難しいですね~。

私だったら・・・・、う~~む、やっぱりリンギットの資産はほどほどで止めるだろうなぁ。その代わり、稼ぐ方法は別に考える。あるいは、収入と支出は常に見合うようにして、為替が変わればそれにあわせて支出も変える。やっぱりそれが海外生活者としてのリスク管理の定石なのでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

円安” への3件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 3859324854723946514365724978516b793049744669306b7a444769716b4d35287a72aaa3929b97ad70cd256f40b53710b305b3ea5c35f11ed9629377846cec
    為替の相場凄いことになってますね。
    FX取引がはじまったころはおこずかい稼ぎに手をだしっていましたが今はやってません。 気が抜けなくてくたびれます。
    マレーシアで暮らす以上 リンギットでの収入を考えなくてはと思いますが、今のマレーシア政府のマレー人優遇政策を考慮に入れると
    外国人が多額のリンギット資産を持っているのは不安な気がします。
    中国系やインド系のマレーシア人でさえ 自国内に多額の資産を置いておくことに不安を感じているようで シンガポール等に避難させているようです。
    私としては今のところはAUで資産運用をしてそれをマレーシアで使うつもりですが 近い将来 シンガポールでの資金運用の方法を考えて口座を作りたいと思っています。 少し前まで婿の友人がシンガポールの銀行の頭取をしていたのでそっちの方向から道を付けていこうかしら と考えていますがどうなりますか。 70歳になるまでに生活を安定させておこうと考えながらまだまだ色々迷っている私です。

  2. SECRET: 0
    PASS: 5758347a646c783139574e4e5338597768794176514e526247344933577a696d57460ec1df8943193d6d91cd8f514b5835881fcc96b998e6748c359b6ec9995b
    車を購入しようと思っていますが円安に急にまた大きく進んでいるので日本から円送金して現金で購入するかローンをくむか悩んでいます。
     何かいいアイデアがあればアドバイスお願いします

  3. SECRET: 0
    PASS: 33436971757675424d516834435443694d633334756d4b3275686a74767a7a37ddacde40bc4ced17a44ae8c2299b2f329605f8e4a029719a84a65953a8a5ea9b
    obasan

    今後どうするかということですが、目先の事じゃなくてもっと長い目で見た場合、我々ジジババが気をつけないとならないと思うのは、過去の価値観を生かすのか殺すのかってところだと思うんです。

    昔から東南アジアの金持ち、特に架橋が何をしているかというと、儲けたら先進国の安定した通貨に資産を避難させるってことですよね。ターゲットは米ドルなのは今の中国の金持ちも同じ。

    でもこれって古い価値観のような気がするんですよ。かつてアメリカは世界の半分のGDPを稼ぐ大国でまさに世界の中心。政治も経済もそして軍事もアメリカさえ見ていれば良かった。ところがその一極化はすでに崩壊していて世界は多極化に向かっている。今のアメリカのGDPは世界の18%で、アメリカの影響力は間違いなく落ちているのに垂れ流し構造は変わっていない。

    まさか中国の元を持つのが安全な世界に突入することさえ将来的にはあり得るかもしれない。ただ今の時点では中国の為替政策を考えると安心な通貨とは言えませんが、長い将来には変わって行くかもしれない。あるいは中国がアメリカのGDPを超えるときがあっても、中国があのままでは二極構造になったとしても世界はそれで落ち着くことはないんでしょう。

    アメリカにいつか大きな転換期が来ると仮定するのは間違いがないとしても、その時に何をどうすれば良いのか。これは世界大戦が起こらないにしても経済的には似たような状態になると思うんです。

    明日のこともわからないのに何十年先がわかるはずもなく、結局は自分が生活する場としての通貨と、資産を避難するべき国の通貨を選んで、やっぱり均衡をとるのが正解かもしれない。そしてその状態を保ちつつ、ミクロでは資産の一部を移動させて、またリスクも積極的に取って利益の上乗せを狙うくしかないのだろうと思うのです。

    安定を望むのは誰しも同じですが、それははかない夢でしかないんじゃないでしょうか。

    ただ、切った張ったできない年齢になったらどうするかですが、資産の多少は別にして、良いプライベートバンクを選ぶのも一つの手だと思うのです。普通の銀行に分散させても、所詮主役は自分で自分が指示を出さない限り銀行は何もしてくれないし、銀行の破綻なんかあった日にはどうにもなりません。

    ところがプライベートバンクは基本的に資金運用はしませんし、つまり投資業務はしませんから万が一のときでも生き残る可能性は高く、彼らのコンサルタント能力もバカには出来ないと思うのです。当然、全てお任せというわけではなく、彼らの脳みそを利用しつつ、安全なところから投資をするという考え方。

    何百年も王室の資産管理をしているようなしっかりした銀行とか、そういうところの利用を考慮する必要ありと思います。ですから業界を知り尽くした知人がいるのでしたら、その人の銀行を使うということではなくて、世界大戦争が起きても大丈夫な(笑)銀行のプライベート部門の紹介をしてもらうのが一番かと。

    ただ、プライベートバンクに入れた資産はそこから何に投資するのか選ぶのは普通の銀行を使うのも同じ事で、下手に債権でも買えば危険は同じ。ましてやプライベートバンクにはこちらかあら預け料を支払うわけですから、その経費も考えないとなりませんが、彼らの脳みその使用料としては無駄では無いと思っています。

    シンガポールの口座にしても香港で作るにしても、実際の拠点はスイスだったりルクセンブルグだったりするわけで、本口座はそちらのほうに設置されるはず。これも気をつけなくてはならないのは、世界はマネーロンダリングや租税回避を捕まえるためにどんどん厳しくなっているということ。で、まともな銀行はそれに沿って動いていますから、簡単に口座も開けなくなっているのが現状だと言って良いと思います。つまり、日本の居住者には作らせない、オーストラリアの居住者も駄目、アメリカ人(永住権含む)は絶対に駄目という方向です。

    ネットの中には簡単に口座を持てるようなプライベートバンクの紹介もあるようですが、あれも昔からある怪しい海外投資指南と同じで、気をつける必要があると思ってます。

    どの通貨でどのような運用をするか決めるのは難しいですが、それプラス、どの銀行を拠点とするかも今後は考えないとならず、頭がウニになりそうですね。(笑)

    totoさん

    どこにお住まいなのか書いてくださいね~~。

    オーストラリアかマレーシアだと思いますが、どちらもTPPに参加しますよね。そしてどちらも自動車が高い国。将来的にはきっと安くなるのだろうと思うので、私は買う時期が難しそうだと思っています。

    でも今必要であるなら時期のことを考えてもしょうがありませんが、さて日本からの現金で買うかローンで買うか。つまり為替の行方をどう見るかってことだと思うのですが、私なら日本円があるのならそれでキャッシュで買うかもしれません。

    ただ、こういう考え方もありますよね。つまり円のキャッシュがあるならそれを現地通貨に交換し、でもそれで車を買うことはせずに日本より高い金利で運用する。そして車はローンで買う。

    ただ、私はローンが嫌いなんですよ。ましてや消耗品を買うのは最悪です。また、ローン金利も高いですよね。これは実際にエクセルでも使っていろいろなパターンをしっかり計算してみたら良いと思います。

    一つ気をつけなくてはならないのはマレーシアの場合、自動車ローンは非常におかしな計算をするのが普通であるということ。つまり住宅ローンみたいな元利金等払いに見えますが、計算としては、総額に金利分を足して、それを月数で割るという方法。これって何年後に全額返す計算と同じですよね。早く払った分、損になる計算。

    ですから自動車販売店の何パーというのを信じたらかなりうまくないんですね。実質金利がいくらになるのかちゃんと計算をしないとなりません。これって詐欺みたいなもんですが、それがマレーシアの自動車ローンでは普通みたいです。その辺はサイトでローン計算できるようになっているので確かめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *