マレーシアの中国語

マレーシアの中国語の違いがわかる動画を紹介してもらいました。

私はもう30年以上前ですが、仕事で台湾に行くことがよくあって、北京語をちょっと勉強したことがあります。でもこの動画を見て、良くはわかりませんがかなり違うのはわかるし、マレーシアで中国語を習うのも良いなぁと思っていましたがやめることにしました。(笑)

しかし中国語っていろいろあるし、それに方言を入れたらわけが分からない感じがします。マレーシアでもKLとペナント主流の中国語が違うんでしょ?ややこしいですね。

台湾のことを思い出しますが、一度とても不思議な体験をしたことがあります。酒家で飲んでいたのですが、ホステス同士で日本語を話しているんですよ。とても不思議だったのでなんで?って聞いたら、日本語が共通語だと。びっくりしましたよー。

今はどうか知りませんが、昔は地元の台湾人と本土から人(毛沢東に負けた蒋介石が大陸から台湾へ逃げてきた)と言葉が違うわけで、通じないことがよくあったそうです。福建語と北京語?

それと台湾で話される言葉の中に日本語が結構あるのね。外来語ってことなんでしょうが、おしぼり、看板、案内とか。

そういえば、現代の中国語には日本経由の単語がかなりの%を占めていると聞きました。中国の憲法の中にも多数あるとの事。

どういことかというと、日本は明治維新で西洋化近代化をしたわけですが、海外に出てありとあらゆる文化、思想、技術を手に入れたわけですよね。ただ、そういう新しいものに対応する日本語がないわけで、日本人が漢字を使ってそれらを日本語化した。

それを中国が逆輸入して今に至るという話。

健康、文化、労働、生産とか、民主や共和国というのも日本生まれの言葉らしく、その日本経由の外来語がなければ現代中国語は成り立たないとのこと。でも彼らは絶対それを認めないんでしょうが。(笑)

しかし、台湾は居心地が良かったなぁ。実は台湾には無いといわれていたある種の「竹」を探して結構山の中の村を歩いて回っていたんですが、ある村では、何十年ぶりに日本人が来たなんて人が集まってくることがありました。つまり戦後初めてってことになるんでしょうが、でも彼らは日本語を話すんです。ひっくり返りそうにビックリしましたっけ。

どうして日本語を話すのか聞いたら、日本の学校を出たというわけです。日本の統治時代はどんな山の中の村でも村長は日本人で、日本語教育が行われていたとのこと。

私が行っていた頃は昭和40年代後半ですが、日本大好きの台湾人がいっぱいいて、日本の統治時代のほうが良かった、日本が台湾発展の基礎を作ってくれたと感謝されましたっけ。歳よりはみんな日本語をしゃべるし、物価も安いなんてもんじゃなくて嬉しかった~。

隣国を日本が統治したのと台湾と違うことをしたとは思いませんが、これほど違うのかと思いました。当時、オリンピック前ですが隣国にも良く行ってました。でも町を歩いてて、どこからか冷たい視線を浴びているのが雰囲気的にわかるのね。怖かった。そういえば当時、隣国では女性は化粧しないのが普通で、町を歩く女性はみんなスッピン。化粧している人は夜の商売をしている女性だけ。変われば変わるもんです。

ま、台湾はかつては国として存在していたわけではないし(中国大陸からも無視されていた様子)蛮族が横行し支配する島でしかなかったというところなんでしょうね。そこへ日本が入ってきて治安がよくなり近代化に向かって行った。

そういう意味では隣国が併合される前の退廃、衰退って似ていると思うし、日本がどれだけ発展に寄与したかという点では台湾と同じだと思うのだけれど、余計なお世話でしかないんですね。まぁ、一国が消滅したわけですから、民族としては絶対に受け入れたくないも当然なのでしょう。で、日本はかの国と戦争や侵略はしていないんですね。併合はかの国の要望(無理強いされたのでしょうが)でもあった。ただ反乱軍が蜂起してそれと戦った事実はあって、日本軍が残虐行為、侵略行為をしたというのはその反乱軍を鎮圧する行為のことを言っている。(彼らは日本に対して戦勝国だというけれど、それは世界的に見ても間違い。日本の終戦後は親日派はことごとく粛清され、侵略戦争と言われるようになった。そもそも独立は日本から独立したのではなくて、占領軍(アメリカ)からの昭和23年8月13日の独立であって、日本からの独立として歴史に残すため日本の終戦日に合わせて記念日を変更した。)

でも地政学的に考えると、何百年も民族の国を維持できたのが不思議に思うくらいで、なぜそれができたかというと、あの異常なほどの愛国心と他民族に対する敵対意識があるからだったのだと思ってます。それがなかったら遠の昔にあの国は滅んでいたと思います。逆に日本が滅んでいないのはラッキーなだけだと思ってます。

彼らには「水に流す」という考え方が無いのね。絶対に白黒つけないと気がすまない。儒教が根本にあるからだと思うのだけれど、逆に日本は水に流すのが得意。大事なことも忘れて、まぁ、いいじゃないかとリセットしてしまう。そしていつまでも昔のことを言うなと言う。

私にしてみると、どっちもどっちのような気がします。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアの中国語” への5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6f466a4c446237446d54324a66376e48314d325a62596c575278336a3652596a05f2d20e36f9da524653331db07f0d6ee0fc9ee8eaf62ea941e041a887f334e8
    もういい加減に引っ込もうと思っていたのに、台湾のことが話題になったので、また出て来ちゃいました。
    私も台湾の複数の人から同じ事を言われましたよ。(日本のおかげ&統治時代は良かった云々)実は私の祖母が統治時代の台湾育ちで、それを友だちになった現地の人に言ってもいいかどうかとずっと悩んでいたのですが、そう言われて「取り越し苦労とはこのことか」という思いに、、、。

  2. SECRET: 0
    PASS: 3536334155773037456d55416f51597865685846763742624741736a58766a34d3a1e7f0801956584f773868d7bc196b39a5a37c070a08f5b61cd96b5dcc770c
    何度もスミマセン!
    少し誤解を与えてしまったようなので、、、。

    これはいわゆる最近の若者言葉で、10代~30代ぐらいの人限定みたいです。正しい中国語は知っている上で話しているのです。
    それ以前に中国語教育を受けた人はこのような話し方は出来ません。ただ訛ってるだけ(笑)小学生も使いません。

    安心してマレーシアで北京語の勉強なさってくださいね!

  3. SECRET: 0
    PASS: 63326864776b6732385970364d33616b43573168416f6f69616b426d78784548ab7c238874c7525107459190f22ff6b984adaaa5498ec82dcc895575ea45b4e3
    ども! マレーシアのマンダリンは下手っすよ~、北京に留学してたお客さんとその話になり「何言ってるかわかんなかった」とおっしゃってました。新華社のマンダリンは意味判んなくっても、聞いてるだけで気持ちいですね。

    KLは広東語が多いですね、でも香港の広東語に比べるとお年寄り言葉なので、香港の広東語使いがKLで広東語しゃべると、凄い失礼な奴だとドン引きされるので、メッタな事で使わないとそうです、単語も微妙に違うので誤解を招くので仕事では使わないほうが良いそうな。

    ペナンは福建語です。KLでは、いろんな地方から出てきているので、華人同士でも英語でしゃべってることが多いですね、共通言語が英語しかないので。
    中国語は方言と言うよりも違う言語と捉えたほうがいいと思います。
    おはよう マン「ニーハオ」広東「チョーサン」
    ありがとうマン「シェーシェー」「広東「ウンコイ」みたいな、
    ゆえに、中国語と言われると私は「???何語?広東語?マンダリン?」と悩んでしまいます。
    インドの言葉もそうですね。
    メディアもその手の一括りの仕方を何とかして欲しいなぁと思います。

  4. SECRET: 0
    PASS: 4f674670784554546d6741505975715952727753584c393559497566434e50743d8ac176cbc6f06d744398f18f9620aca5301f3fed29bdb4f2597a46468dd853
    そうですね~、こっちの人のマンダリン聞いてられないくらい訛ってますよね~。(笑)

    で、このビデオのマンダリンは前の記事にコメントした、自分の子が友達同士で話すときに使う、私には意味不明な若者言葉が多く含まれていて、マレーシア人全般に言える訛って聞き取れないヒドイ北京語とは別物という意味です。(ああ、ややこしい、、、)

    私が思うに、もしダボさんが中国語を学ぶなら基礎もあるようですし、どこででも(マレーシア国内&中国、台湾、今や香港でも)通じる標準語であるいわゆるマンダリン(北京語)が便利かな、、、と。マレーシア国内でも、私の経験ではマラッカ・ジョホール・サラワク州などでは北京語が中国語を話す時の華人の間での主流の言葉になっていました。別の中国方言が主流のところでも、英語が通じなかったらとりあえず北京語を話せば何とかなる確率が上がります。(KL・ペナン・イポーなどなどで経験済み)

    ただし、こちらの人は中国大陸の人の話す北京語のイントネーションや発音を毛嫌いする傾向があるので、やわらかな印象のある台湾人の先生から学ばれるのかよろしいかと思います。(あまり訛っていない上にソフトな印象。)

    マレーシア人から習ったら訛りをうつされる危険性大なので避けたほうがいいです。でも、訛っているからと馬鹿にはできないんです。マラヤ大学弁論部は華語(いわゆる北京語)による国際大学対抗弁論大会で中国を打ち負かし優勝したことまであるのですよ。

  5. SECRET: 0
    PASS: 72677944554354574159706b654948616d597777797a5831505a35354d52525658768ac7821187c66127f7e2283898110bb5322110a2f6754c174e3eaaa56291
    こびたさん

    私がやっぱりマレーシアで中国語を習うのはやめようと思った理由は、まさにいろいろな中国語がマレーシアで使われているということからです。

    私にとっては北京語と広東語を比べたら北京語のほうがはるかに楽なんです。音読みに近いから。ところが広東語ときたら漢字から全く想像もできない発音でしょ。こりゃ駄目だと思いました。また言葉から受ける感じもあります。北京語には美しさを感じますが、広東語はジャッキーチェンやブルースリーのあの世界で面白そうだけど・・・・。(笑)

    それとですねぇ、自分の歳を忘れてました。今から勉強してどうすんの?みたいな感じ。頭もボケていますし。だったら趣味としてマングリッシュを徹底的に知りたいし、それプラス、マレー語を少々というほうが現実的かと。

    おおにしさん

    KLとペナンの違いは了解しました。

    中国語という言い方は現実に即していないと思いますが、国が定めた標準語という意味なんだろうと思ってます。だから北京語を意味しているんじゃないでしょうか。その他は方言とするんでしょう。

    これは日本も同じで、全く言語が違う琉球語でも沖縄の方言ということになってるのね。

    そうしないとフィリピンにしても、この前行ったバヌアツにしても、一体その国の言葉は何?という話になった場合、いちいち何語と何語があってどうじゃこうじゃと話が長くなるからじゃないんですかね。

    あるいは特定の言語とか方言じゃなくて、それを全部ひっくるめていう場合にそういう言い方をするのかもね。中国語という言語は中国で使われている言語の集合体というべきか。そう考えるとフィリピン語ってのも存在しないわけで、タガログやビサヤをひっくるめてフィリピン語として表すのかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *