海外送金規制なんか無い!

マレーシアでのロングステイ関連情報で海外への送金に関する話が良く出るわけですが、前から何度も何度もバカみたいな話が出てくるのに私はいささかウンザリしています。

海外送金がうるさくなっているとか、資産税導入かとか、どうしてそういう風に考える人が多いんでしょうか。

まず、海外送金に規制なんかありません!これだけははっきりさせてください。ただし、北朝鮮やイラン向けには規制がありますが、我々一般が関係するであろうこと、つまり海外移住、海外ロングステイ、あるいは日本在住のままでの海外投資、これは海外で定期を作るとか不動産投資とか含めて、100万だろうが1億だろうが1000億だろうが、規制はない。自由です。

カジノで遊ぶために毎年1億送金しても全く問題なし。(笑)

それと関連して、海外資産が5千万円を超える人はその内容を税務署に提出しなければならなくなりましたが、その時にも大騒ぎする人がいたのも私には不思議で仕方がありませんでした。

資産税導入ということならそりゃ大変ですが、そんな話、今までに一度でも出たことがありますか?またそうなるかもしれないと考える根拠はなんなんです?

海外投資コンサルタントの中でも資産税導入の予兆だと大騒ぎしていたアホがいたのは呆れるばかりです。で、その根拠はというと、まさにその5千万超えの資産調書の提出が資産課税の前ステップだと。このアホなコンサルタントのURLを晒して、こういうコンサルタントの話に乗るなと宣伝したいですよ。でも信者が結構いるのね。

こういう海外投資コンサルタントって頓珍漢なにわかコンサルタントだというのがわかる人はわかりますよね。そもそも年収2000万円以上の人は確定申告が義務付けられていますが、その時に財産債務明細書を出さなければならないのを知らないのか?と言いたいんです。つまり、財産の種類、数量、額の明細を出さなければならないのは昔から同じでしょ?ってそれがいつ始まったのか私は知りませんが。(笑)

その時に、資産課税が始まるなんて大騒ぎしました?しないでしょ?単に資産の明細を提出する義務があるというだけじゃないですか。そして今回、5000万円を越える場合、国外財産調書を出さなければならなくなったところで、何の変化があるっていうんです?昔から資産家の資産内容を税務署が細かく把握するなんてのは普通に行われていたわけで、なんでここで騒ぐのか。

海外送金に関しては、私が国外に出て20数年の間にも随分変わってきました。500万以上は届出書が必要だったり、また金額は忘れましたが、本人確認が必要の無い限度額もあった。つまり200万円だったかいくらだか忘れましたが、現金を銀行の窓口に持っていって、これをどこそこに送金してくれと言えばそれだけでOKだった時代もある。

でもそれは段々と変わってきて、100万円を超える送金は送金者、金額、そして送金目的とかちゃんと書かなくては駄目になった。また本人確認が必要だったり、キャッシュは駄目で一度口座に入金してくれといわれたり。法律的なものと金融機関独自の決め事とか、それらは時代と共に変わって来た。これはオーストラリアも同じで1万ドル以上のトランザクションは監視されています。これらは世界中で歩調を合わせた動きであって、騒ぐような内容じゃないでしょ?

でも一つだけ変わっていないことがあるんですね。それはいくらでも送金して構わないってこと。1998年の外為法の改正で規制が撤廃されてから、一貫して変わっていません。送金は自由。持ち出しも自由。ただし、金額によってはいろいろ書類を出してくださいっていうだけのこと。これは届出であって、送金許可をもらわなくてはならないってことじゃないですからね。

TPPをやろうという時代に海外送金に制限を加えるなんてことがあると思うほうがおかしいと思いますよ。そんなことをしたら国際社会から抹殺されると思いませんか?

どうしてそれなのにワーワー騒ぐんです?

答えはひとつですよね?

財産を隠して脱税しようとしているからでしょ?あるいはマネーロンダリングか。送金を把握されると困るからですよね?

もうそういう考え方はやめたらどうですか?申告するべきものは申告すればいいだけのことじゃないですか。ケチケチしなさんな。

でも税金を払いたくないと思って隠す人は勝手にやればいいですが、だからと言って、送金に問題があるような、規制が始まったような、新税導入になるような、そういう騒ぎ方はしないで欲しいんですよ。脱税なんかしようとしていない人でもそれを聞くと何か大変な変化が起きたのか勘違いするわけですから。迷惑以外の何物でもないです。

今日、私がなんでこれを書いているかというと、「日増しに金融資産の海外持ち出しがうるさくなっています」と私に書いてきた人がいたからです。一体何が起きたのかと思って私はあわてて調べましたよ。でも何も起きていない。新しい規制も見あたらない。

また、もしうるさくなったとしても、何か困ることでもあるんでしょうか?

これを書いてきた方は一体何を根拠にしてこのような判断をするのでしょうか。ちゃんとした広報なり、通達なり、銀行から情報を得たのでしょうか?

それとも、巷の噂?

もし確信犯としての脱税犯の話を聞いて、こんなことで騒ぐとしたら、そういう人たちと同じ部類の人だと思われてもしょうがないですよ。

年金生活者だからとか、お金がないからとか、今までたんまり税金を払った来たのだからとか、そういう子供にも笑われるような言い訳はみっともないからやめませんか。

こういう騒ぎ方をする人って、私は脱税をしてます。今後もするつもりですと公言しているのと同じことだってことを忘れないで下さい。ネットの中を見ても、海外投資関連ではこういう考えの人が多いのがわかりますが、それが当たり前と思ったら大間違い。

そういう人たちと情報交換をしているかと思うと情けなくなってきますよ。このことを私に書いてきた方、是非、猛反省していただきたい。私に書いてきた方はワーワー騒いでいるわけではありませんが、そういう騒ぐ人たちと考え方が一緒なのはわかりますので、強い言い方をさせてもらいます。

私は聖人君子じゃないです。私は商人の生まれだといつも書いていますが、一部の商人の世界ではどういうことになっているかは想像がつくと思います。でも、もう良い歳かっぱらって、脱税するのが当たり前みたいな考え方を私は認めるわけにはいかないんですよ。

脱税したい人は勝手にやればOKです。でもそれを前提とした場合の問題点を、みんなの問題点の様に騒ぐのだけはやめてくださいな。本当に迷惑。

ああ、おまけですが、小額に分散しての送金は銀行内で名寄せして報告すると私は聞いたことがあります。それこそ確信犯として調査が入るかもですね。

私は節税の話は大好きなんてもんじゃありませんが、脱税の話には一切乗りませんので、是非読者の方々、ご縁のある方々はその辺をご理解いただきたいと思います。また、縦割り行政の隙をついてチョロまかす裏技とかそういう話にも全く興味がありません。

そういう話をコソコソ話したり実行している人たちが、日本人の美徳だの素晴らしい日本だの、ましてや子供の教育じゃ、グローバルな人材がどうのと話すのに私がどれだけ腹を立てているかわかります?この件に関して、全く罪悪感を持ってない人が多くいるのは本当に不思議だし、異常。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *