マレーシアの国力

マレーシアが目覚しい発展をしているのは間違いがないのですが、私はひとつ気になることがあるんです。マレーシアの国力というか経済力というかそれを生み出すマレーシアという国の構造です。

労働力は安いバングラディッシュやミャンマーからの借り物。家庭を維持するために必要不可欠なメイドはインドネシア、フィリッピン等からの出稼ぎに依存。そして同じようにかなりの人数のExpatsと呼ばれる外国人の知的労働者(日本人駐在員もこれ)が産業を支えている。そして、私は国力の基本とは製造業であると昔から考えているのですが、その製造業は他国から誘致したもの。

じゃ、マレーシアそのものってなんなの?って思うわけです。

つまりマレーシアそのものが不動産業みたいなもので、海外から店子を呼んで発展したモールみたいなもの。そのインフラも海外勢に作らせる。上と下の海外勢から(言葉は悪いけれど)ピンはねをして利益を出す構造だと思うんです。

これって日本とはまるで違うわけで、GDPがどうだとか、貿易高がどうだとか、それらを同じように比べることに意味があるのか、あるいは単純比較でいいのか私は疑問を感じるんです。もし出来ることなら、マレーシア国内でそのGDPを作り出している海外からの出稼ぎ組み別に数字を出したら面白いと思うし、それで初めてマレーシアという国が見えるんじゃないかと思うんです。

工業化が進んでいるとか製造業が発展しているとか、それって「マレーシアという地にある外国企業」の力が大きいわけで、では長い間に技術移転も行われて、マレーシア独自の産業としてちゃんと成長しているのかどうか。

その辺を考えますと、私が知っている限りのマレーシア国民、あるいはマレーシアに働く日本人達のマレーシア人論から、マレーシアが自国の力として他国の技術やノウハウをどんどん溜め込んでいるようには思えないのです。不動産業なんだから、店子は店子であって、彼らの技術やノウハウをモールのオーナーが自分のものにする必要はないと言えばないわけで、きっちりしたインフラ整備、そして店子が喜ぶような優遇税制なり、規制緩和をするのがオーナーの仕事。

このモールの売り上げを見て、それがそのモールの実力だと考えていいのでしょうか。例えば我々の使っているPCの心臓部であるインテルのCPUですが、マレーシアでかなり大量に作られ世界中に輸出されているものの、これをマレーシアの実力と捉えるべきかどうか。

また、日本企業は誘致をされるほうであって、マレーシアは誘致をする方。こういう形が完成していて、ではマレーシア企業が他国に誘致をされる側に立てるのか。

そういう意味で、韓国や中国とは随分違うように感じます。韓国や中国では間違いなく技術の移転が起こって、国内企業もどんどん育ち、日本企業を脅かすようになった。また、彼らは自らの力で他国に輸出し、自ら他国へ出て行く実力をつけている。私にはどうしてもマレーシア企業が韓国、中国の企業のようになっているとは思えないんです。不動産業に特化しているような感じ。その上に胡坐をかいているような感じ。プミプトラ政策がまさにそれそのものなのかも。

マレーシアがそういう構造であるという前提で考えた場合、マレーシアに対する一般人としての投資の考え方も変わってきて当然だと思うんです。

私が不動産投資、特にマレーシアの不動産投資に関して興味がないのはそういう一面もあるんです。これはゴールドコーストも同じで、不動産バブルがゴールドコーストにこの20数年の間、何度かありましたが、中心部のコンドミニアムに関しては決して実需に支えられたものではなかった。だからどんどん売れている、値上がりも凄いといわれた時代でも、夜になると真っ暗なコンドミニアムばっかり。

いわゆる日本で言えば、熱海とか、あるいは北海道のニセコ、あるいは各地の別荘ブームと非常に似ている。そもそも実需がないんですから、ブームが去ると恐ろしいことが起きるのは我々は経験として十分わかっているわけですよね。ゴールドコーストは今その状態。

ただ、これから開発が進む地域であるとか、実需が間違いなく増えると思われる地域、物件、それはクアラルンプールで言えば、広がる住宅地の物件なら良いですが、私が自分で買うとしたら買いたいと思うコンドは完全な別荘みたいなもので、実需の広がりが見込めない物件ばかり。

確かに不動産ブームではあるけれど、不動産にもいろいろあって、何でも買っておけば良いってもんじゃないのはこういうところからもわかる。ただ、夜は幽霊コンドみたいなところでも市場の動きにつられて動くところはあるのでしょうが、私が欲しいと思うような物件はたいした値上がりをしていないのが現状です。でも、バブルがはじける、世界に何かが起きるといの一番に値下がりするのがこの手の物件で、この手のコンドを買うメリットを私は感じないのはそういう理由。

それとどんどん豪華なコンドが出てきますが、これらに投資するのは駄目だという否定的な考え方もマレーシア投資家の中では常識化している様子もマレーシア人のブログなどを見ていると見えてきます。つまり、賃貸に出しても借り手がいないという現実。この手のコンドを借りるのは上に書いたExpatsと呼ばれる外国人で、いくら儲けている大会社の社員だろうが、月に10000RMを超えたら極端に借り手が減るとの事。大使館の上級公務員でもこの辺が限度だと聞いたことがあります。でも、最近の高級コンドは10000RM以上で貸さないと利回りが低いような高額物件が出てきていますよね。

ま、10000RMは大げさにしても、5000RMを超える(賃貸料で貸さないと妙味が無い)賃貸物件ってどんどん竹の子のように出来ていますが、一体そんなに需要があるのか。つまり、日本円にして安く見える2500万円のコンドでも賃貸物件としては高すぎるんじゃないですか?そうでもない?(私は土地付き住宅には全く興味が無いので、それに関して考えることもしません)

で、実需は海外勢のExpats頼みであるとう高級コンドの現状、そして上に書いたようにマレーシアという国そのものがそういう構造であることを考えますと、長い目で見たマレーシアの将来がそんなに良いものには見えてこなくなりました。つまり、国そのものが外国依存。これは貿易立国のそれとはまた意味が違うわけで、内需でさえも外国依存であるというのはそれそのものがかなりのリスクになるんではないかと思うんです。日本でも外需じゃ、いや、内需だと騒がれた時期がありますが、両方とも海外依存だとしたらどうです?

海外企業誘致ではタイは競争相手でしょうし、またこれからベトナムが大きく伸びてきそうですし、またあるいは世界の大きな変化の波に強い国家構造には見えないということ。これはまさにリーマンショックでも垣間見ることは出来たはずで、Expatsが大量に国外に出て行ってしまうと外需だけじゃなくて内需も大きな打撃を受ける。また外国企業も撤退、あるいは他国へ移転となるリスクを常にはらんでいるわけで、自国の産業そのものが育っていないのはうまくないんじゃないかと思ったり。自力で稼げる構造じゃないんですから。日本がそうだとしたらゾッとしません?

でもま、それは日本とて同じかもしれなくて、海外に出なければならない事態になれば、それが自国産業だとしても海外勢だとしても同じことなんでしょうかね。

とは言うものの、最近、アメリカでもUターン企業が増えていると言いますし、日本ももっと円安になれば大きなUターン現象は起きるでしょうし、帰ってくる企業を自国で持っているか持っていないかというのは大きな差に思えるんです。

そんなことない?関係ないかな。

ま、どうなるかはわからないにしろ、こういう風に考えると日本って本当に凄い国なんだと再確認できます。韓国に出、中国に出、そしてアジアに出て、つまり誘致される立場であって、技術移転もする方。受ける側じゃない。そして空洞化が進んでいるというけれど、日本を支える技術力を持った中小企業はまだまだ多く存在し、この20年はたまたま調子が悪かったけれど、日本が持つポテンシャルの大きさって半端じゃないと思いました。

結局、国としては景気が悪いけれど、日本が持つ海外債権は世界最大だというのはこういうことなんでしょうね。

日本に取り残されている労働階級はこれからももっと悲惨なことになると思いますが、海外に出れば儲けられる企業の多さって日本が世界でもダントツなのかもしれませんね。町工場レベルだとなかなか世界に飛び出すのは難しいでしょうが、そういう時代が来たら面白そう。

これは私がいつもこのブログに書いていることですが、それこそ洗濯屋だってパン屋だって、世界に出たらいくらでも勝負できる場所があると思ってます。日本には技術プラス、真似のできないサービスがある。

もう30年以上前ですが、キュウエイカン氏が、日本に輸出する製品がなくなったとしても、どこにも真似のできないサービスを輸出するという道が残っていると言っていましたが、こういうことなんだろうと今になって納得です。

そういう見方でマレーシアを見ると、めざましい発展と言っても、その中身に日本のような厚みを感じないのです。単に誘致企業が増えればGDPも上がるんですから。ただ、アジアの小国として、不動産業態のような産業構造にして他国を利用して自国内でも儲けるというビジネスモデルというか、国家経営モデルって良く考え付いたと関心しています。ただそのモデルでの発展は日本の今までの発展とは全く異質のものであって、単純に数字の伸びとか大きさでマレーシアを判断するとうまくないんじゃないかと思いました。

将来性を考える時も同じで、その特殊性を無視するべきじゃないように感じます。

そんなの関係ない?

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアの国力” への6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 396e65675749464a564b74625048426e4566634f776c6a6942686c3767516178933334cd54aa7d54f223df49ce72bd5503fda0754a18f907a13744e74e6ebea1
    daboさん おはようございます 国力に関しては同感です

    第二のシンガポールに成れば良いのではと考えています

    最近日本でも場所のみ提供し 真中のテーブルでは 
    たこ焼き食べている客 ラーメン 蕎麦 とんかつ何でも有りが
    結構流行っています

    又はミッシェランガイドに載る様な店 つまり 両極端が
    ソコソコ流行っています 

    daboさん コンドも良いもんですよ 
    余り将来性資産と 考えなければ

    小生も 最初は ヘレンズベルで 1500坪位の一軒家でした
    Sさんも知っていますけど アチコチ痛んで そこら中が修理
    大変でした

    でも私の場合 年取ったらコンドが最高です 鍵一つで済みます
    治安 その他 整備等 一軒家は大変でした 今のコンドで
    大満足です 食事に歩いても行けますし

    近々 日本の家も 一軒家から 駅に近いマンションに
    替える積りです

    daboさん一度マレーシアでは コンドの生活体験お勧め致します

  2. SECRET: 0
    PASS: 62386d567633334d5a7a6e623650667530747161514353464244676e53506f49c1a9a9ac5bb0d7947608d48266a26751cd8f05c044fd7765da76ab5f9727c618
    マレーシアの国力って何でしょう?私も考えてしまいました。

    ゴールドコーストも海辺に高層の高級コンドがいくつかできてますね、風光明媚な良い場所なので、よけいに不動産投機の対象になってしまうのでしょうね。

    昨年、日本の業者さんがマレーシアの高級コンドを案内するときのお話は、「数年後に三倍になる」というようなものでした。プレビルドで購入して頭金だけ払って、完成時に売却して利益を、、というお話も、もっと前ならあったようです。
    これから、プレビルドで購入したものの、高額で売却できず、賃貸にもうまくまわせない人が多くでてくるのでは?とマレーシア不動産に詳しい方がおっしゃってました。

    マレーシアの建物って劣化がとても早いという印象をうけました。
    築10年以内なのに、東京だと40年経過近くの風格。(私が見たのがそうかもしれませんが)
    マレーシア人のブログは知りませんでした。
    propwallのエージェントのQ&Aコーナーで、多少、KL不動産の様子がわかりますが。。

    日本に留学に来ている中華系マレー人の子のお話から、現政権への不満(マレー人でない優秀な子は自国の学校へはすすめない?)聞いたことはあります。
    あと、一夫多妻制なので、子供の数が多いとか。。(←真偽はわかりません)

  3. SECRET: 0
    PASS: 527a7448634f614b545835494d4467636d545943614d63475a787066444b5731965f07bc277ad079bb75fa7a38a6d99ac68e810f0237fa370b8e617f7f49f636
    私もマレーシアでは長らく、製造業に携わってきましたし、今でも技術系の仕事も携わっているので、私の感じ方とDaboさんの感じ方では少し相違が有りますね。
    確かにマレーシアの産業の半分は電気産業組み立てで成り立っては居ますが、設計組み立ては確かに外資系企業が大本をなしていますが、部品の製造、調達、管理などは全て現地化されています。 また、外資系の企業内でも、外国人駐在員の立場は技術を移転する立場の人から管理をする立場の人が増え、実質の運営はローカル社員にうだねていると言う企業は殆どだと言うのが実態でしょう。 では、何故に韓国・中国と比較して技術力が劣って見えるかと言いますと、中国と比較すれば自国市場が小さく、ブランドとしての自社製品開発を行う事が厳しい為に表舞台に見えてこないのです。 中国は五万と言う企業が見よう見まねで製品化し、その内の少しの企業だけが世界のひのき舞台に立ち、駄目だ駄目だと言われながらも日本人などの外国人技術者を雇い入れて日々改善の道を歩んでいる訳です。 要は日本人などの外国人が企業の中のどの位置にいるかで見え方が違うだけの話で、技術力が無い、外国にだけ頼っている国力では無いと思います。
    製造業と言うのはやはり数を作らない事には話に成らないのですが、では、マレーシアも韓国の様にもっと外国に販路を広げるべきと言われそうですが、電機・自動車の分野ではまだまだLG・サムソンに太刀打ちできる程の技術力も資本力も無いのは事実ですね。 しかし、例えばハラル食品(イスラム食品)の分野で言えばマレーシアは世界の生産供給地点だし、パーム油でもインドネシアと共に世界の90%を生み出しています。(これは技術と言うよりも地域特性ですね) 叶わない相手に対して無理に競うのではなく、自国の特性に有った国力の伸ばし方も有るのではないでしょうか?
    私はマレーシアでトラックのノックダウン生産をしていますが(組み立て生産)荷台やミキサードラム等は簡単な設備で器用に製造するのを見て、感心してばかりです。 マレーシアは外国から労働者を雇い入れていますが、優秀な技術者は中東などに出稼ぎにも出ているし、現に中東の建築業ではマレーシア企業は結構有名です。 アフリカ諸国への直接投資額も中国が一番と思う人が大半と思いますが、実際はマレーシアが一番なのです。 作業者レベルは国民性なのか?確かに効率は悪いですが、技術力に関しては日々進歩していますので、少し違う角度から見て頂ければ、また新しいマレーシアが見えてくると思うので宜しくお願い致します。

  4. SECRET: 0
    PASS: 39486d6c683544734357464c4168425541704c5a3261456e7977793773703766107915893aa9b526ccaeda64828e1b7eb8eb9c5589614161ce46f8808ddacb6d
    もうズーッと酒飲んでませんよ
    マレーシアはパーム油、天然ゴム、LNG、原油が出てくるラッキーカントリーですし、なんと言っても人口が少ない。
    それの上がりで、マレーは十分その恩恵にあずかれます。 
    国土が大きく天然資源があり、気候がよく人口が少ない
    そんな環境なので
    労働集約型の産業はもともと不向きな国でした。
    80~90年代のアジアの虎(ニースでしたっけスペル忘れた)とか言われた時代ですら、人がいないからボルネオから人を引っ張ってきてました。
    つまり、宗主国イギリス人が働かないマレー人を見限って 中国人やインド人を引っ張ってきて。
    同じこと外資系企業はボルネオ、フィリピン、インドネシア、インド、バングラ、ミャンマー、カンボジア、ラオス←今ここ。
    と 
    人件費の上昇と共に安い国から引っ張ってくると言う伝統です。そこでマレーオリジンで無いマハティールさんが「マレー人よ自立しろ」っつても無理な話で。
    ソリャ引退の時に悔し泣きするわな。
    電器電子産業がぐんぐん伸びた時一緒に伸びた
    中国系の工場サプライヤーのオーナー社長も、
    もう引退の年齢で、
    「新しくはもうマレーシアではしない」なんていってるし
    (今の店には結構いるんですよそんなオッサン6,70歳)
    まあ原動力となった、華人が、マレーシアでの新規に見切りつけてるから、ないでしょうねこれからの発展は。
    基本的に自分のファミリーさえ守ればよくて、さっさと売却しちゃいますからね。
    不動産のことはだぼさんのほうが詳しいので言いません。
    ちなみにマレーは、あんまり発展を望んでいません。
    今日の文章は大丈夫かな?

  5. SECRET: 0
    PASS: 6f766c736337757a34384d594b48475634564d46623168744a726d436663644e9104717b106632d21aaee404d0449422f4478fc6abf3a879ecc489152b4da805
    ユキさん

    コンドの購入、投資に関して私は興味がないだけであって、住むのは絶対にコンドです。一軒家はもうこりごり。ウォーターフロントもプールも無用の長物だし、芝刈りにしても次から次へと伸びてくるあの様は頭痛以外の何物でもないと思うようになりました。家のつくりが悪くて常にどこか修理が必要な状態。ですからメンテも何も最小限で済むコンドに住みたいですし、仰るとおり、鍵一つで出かけられるというのはまさに夢のようです。 (笑)

    たまきゅうさん

    今買えば数年後に三倍になる、ですか?そこまでハッキリ言う業者がいたんですか?酷いなぁ。

    それが確実なら客に売らずに全部自社買いすればとんでもない利益が出るだろうに、それをしないのは何故かと考えない客がいるんですかね。詐欺に引っかかる人がいつの時代にも大勢いるのはそこですよね。

    propwallを私が好きなのはQandAとか、そのコンドの特徴が書いてあること。いいですよね、あれ。ただもっと詳しいレポートは有料になってしまったので、多くのコンドの情報を見ることが出来ないのが残念です。でも有料だから内容は濃いのでしょう。絞り込んだ物件だけ買えばいいのでしょうが、まだ私はその段階ではないので、パス。(笑)

    劣化に関しては同じ印象を持っています。というかメンテが悪いのね。建てたら建てっぱなしみたいなコンドやビルがかなり多いのが気になります。運営会社によってまるで違うというところまで我々が把握するのは難しいですし、益々投資という観点では私には手も足も出ないと思います。

    Telemon6さん

    やっぱり、現場にいる人は見方が違うんですね。でも面白いと思ったのはTelemon6さんみたいにマレーシアに長い人、また思い入れもあるんでしょうが、一般的な駐在組みの見方とも違うところがあるという点。

    私がオーストラリアに来てわかったことは、「経済とは人口である」という点。まぁ、内需の大事さということですが、小国で発展途上となれば人口や内需に頼ることは絶対にできないわけで、ではどうするかとなれば、輸出しかない。でもマレーシアの場合は、労働力においても海外を利用するという点で頭が良いというか、良く考えているように思いました。また、これってもしかしたらイスラム的な考え方があるのかと思ったり。中東の国々との共通点があるように感じるんです。

    ただ、Telemon6さんが書かれているように、「外国人駐在員の立場は技術を移転する立場の人から管理をする立場の人が増え、実質の運営はローカル社員にうだねていると言う企業は殆どだと言うのが実態でしょう。」という点も私の考え方ではマレーシアの弱点以外何物でもないんです。自己比率って私は大事だと思っていまして、資本、技術、生産、経営、販売の分野でどの程度、海外に依存しているのか、どの程度自国で出来るのかという点です。極論を言えば、警察や政治家が外国人だったらどうする?みたいな危機感を感じるのです。

    でもまさに日本も戦後そういう時代を通り抜けてきたわけですし、発展途上というのは外国の力を借りなければどうにもならないのでしょう。ただそこに、自分の足で立って歩こうという意思があるのか、素養があるのか、そこが大事だと思うんです。で、私から見ると、マレーシアはその点においてもまだまだと感じるところがあるということ。日本だっていまだにその点で問題があるわけですが、経済的なもの、あるいは経済の柱としての製造業においては日本は技術力という点で自立できていて、海外に依存するどころか、海外に出せるところが日本の底力だと思うのです。

    日本とマレーシアと比べてどうする?なんて声も聞こえてきそうですが、今のマレーシアと日本の違いは、それは将来の姿にも違いがでるということであって、このままマレーシアが発展すれば、日本の様になるということでは無いと思うのです。発展途上国が行き着くところはどこなのか。それが私には良くわからず、まぁ、成功しているといわれる韓国でさえ、実態は海外資本に乗っ取られているような状態。そしてそれは日本も同じ。

    小国はどうしたって海外依存になるわけですが、海外依存度の高さは国が大きく、そしてしっかりしてくればそのリスクは益々高まるわけで、国の内部をどう固めるのかが大事になるはずなんですね。それは移民制度にも大いに関係してくるはずで、兄弟国としてのシンガポールと比べた場合、成長戦略においてやっぱりマレーシアにはまだまだ問題が多いと私は感じるのです。やはり国民の所得を上げ、社会保障も充実させる方向性は大事で、海外の力を借りるのではなく、海外を取り込むまでの段階にはまだほど遠いと感じています。またそこには宗教という大きな壁もあるわけで、マレーシア成長の足かせになる可能性も感じています。でも私にはイスラム国家郡の成長戦略ってまるでわかりませんから、イスラムの世界から見たらまたまるで違うものが見えるんでしょうね。

    国が栄えても国民は疲弊しているなんてことじゃ困るわけですし、日本はそこからもっと酷い状態で国も衰えてきているわけで、一体何がどうなったらよいのかなんてわかりませんが、マレーシアも発展していると諸手を挙げて喜ぶほど良い状態(マスコミやロングステイ、移住組みが言うような)には私には見えないのです。

    TPPにマレーシアは参加するわけですが、これもマレーシアにとって良いのかどうか気になります。私はTPPには反対ですが、もし今までのような内向きな日本が世界に目を向けるようになったら、Telemon6さんがおっしゃるようなやっと育ってきた内国産業も、日本企業に駆逐される可能性さえある。

    逆を言えば、日本はやっぱり目覚める必要があって、若者も、大人も、中小企業も町工場も、そして商店でさえ、海外に眼を向けたら面白いことになると思っています。

    そもそもTekemon6さんという外国人が、資本、知識、技術、ノウハウを持ってマレーシアでやっているということそのものがマレーシアの弱点かもしれないということなんです。目線を下において上を見れば、それはマレーシアの発展があるからTelemon6さんがマレーシアにいるということなのでしょうが、マレーシアとしての目線を上において今を見た場合、Telemon6さんがいなくても発展するようじゃないとまずいのじゃないかと思うんです。それが国家としての自立だと私は考えています。あるいはTelemon6さんのような外国人が、永住権も取り、あるいは市民権も取り、マレーシアの本当の血肉となる時が来たら面白いと思うし、シンガポールはそういう方向へ動いていますよね。

    いつか、マレーシアが発展途上国からの離脱を宣言するときが楽しみです。そういう意味では、発展途上国の中の競争としてはマレーシアは間違いなく勝ち組で、これからどうなるのか是非見ていたいと思います。

  6. SECRET: 0
    PASS: 505647326b384f7978366e5a64674b6f413653634c53346b6d4774516e33616ca3f4cf869ea7e3afa9646ad396ba2be11745f20496f752b237c42bb20d616a36
    おおにしさん

    飲んでいない?そりゃ良かった。肝臓を大事にしないと~~~。

    これまたおおにし節の辛口ですね~。(笑)

    でも私の見聞きするマレーシア批判ってそういうのが多い。そして、私がマレーシアへ行ったたった数週間の滞在でも、それらしきものは見えてくる。この国民性を無視してマレーシアの将来は語れないんじゃないかとやっぱり思うわけです。

    私はベトナムに注目していまして、東南アジアはみんな一緒だろうというのって大間違いですよね。なぜベトナム戦争でアメリカを追い出せたのかに関しても、ベトコンをちょっと研究してみると彼らの民族意識、基本的な才能とでも言いましょうか、ちょっと一般的な東南アジア人とは異質なものを私は感じています。識字率というか文盲率も近隣諸国とはまるで違うのがそれをあらわしていると思っています。

    しかし華人がマレーシアに見切りをつけているという話は始めて聞きました。ただ、最近、中国研究をしていまして(笑)、彼らの発想って我々と全く違う、想像もできない違いがあるのが段々とわかってきました。歴史が彼らを作ったのだろうと思うけれど、愛国心は元より、国土愛、あるいは故郷を思う気持ちも日本人とはまるで違う様子。当然、政府や会社に対しての考え方も日本人とは全く違うようで、でもそれは、自己中心的という言葉で多くは理解できてしまうことで、そういう人たちが中心になった国の行く末がどうなるのかも大体想像がつきますし、おおにしさんがいうのもわからなくはない感じがします。

    おおにしさん、マレーシアに行ったらそういう話も是非聞かせてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *