マレーシアでの子育て 続き

海外での子育て、マレーシアでの子育てに関して書きましたが、その後、複数の方々から秘密コメントを頂いたり、メールを頂いたり。本当に有り難うございます。

で、また転載させてもらいます。これって本当はうまくないと思うのですが、内容的に公にしても全く問題なさそうな部分だけ抜粋して載せさせてもらいます。

まず短いほうから。(笑)

-----------
我が家は大前提としてマレーシアにきて子供達をバイリンガル(日本語、英語)にする気は毛頭ないと考えています。それは、自分の大学からの米国留学経験から語学はある一定レベルまでは単にコミュニケーションツールでしかなく、その語学力のみで職を得られるものではない。されに言えば技術、思想やアイディアをしっかりもっていれば通訳を付けるだけで十分世界と渡り合うことも可能と考えるからです。

日本では、3歳から始めないとネイティブイングリッシュは身につかないと親たちを煽って仕事を作っていますが、ネイティブイングリッシュなんて言葉自体日本にしかないのではないでしょうか?

先日、F1レースのドライバーズインタビューをテレビで観ていて、英語圏以外のドライバーが日本で言われているネイティブイングリッシュとはほど遠い、かなりひどい発音でしゃべっているわけです。しかし、そんな彼らもチームの中でしっかりとコミュニケーションをとって仕事をしている事は容易に想像できます。

日本でつかわれているインターナショナル=英語力からという構図には大いに疑問を感じますし、インターナショナル=日本以外でも通用する自分を持つが正しいのではないのかと。

最近の日本メディアで取り上げられているマレーシア=バイリンガルorトリリンガル=インターナショナル、そしてその先に子供達が社会で楽に優位に立てるといった風潮は正直あまり現実的ではないように実感します。

実際私の周りにも帰国子女とよばれている人が何人もいますが、その多くは英語が上手な人程度の扱いで社会人となっている人たちがほとんどです。それでも、高校や大学で留学をした人たちはまだ日本の社会で順応している人が多いのですが、幼少期から海外で暮らした人たちの中にはあまりうまく順応できなかった人もいました。

しかし、海外で暮らす事は悪い事ばかりではないのも事実で、右も左も分からない学校や社会でなんとか自分の居場所を切り開いていくという経験は、はなかなか日本にいると体験できない大きな財産です。そして、そんな彼らが彼らなりに自分のアデンティティを活かして、自分の仕事を立ち上げて日本で生活をしているケースも知っていますし私もこのグループです。

-----------

この方の考え方と私はほぼ同じです。

まずバイリンガルですが、私はこの言葉が簡単に使われすぎていると昔から考えていました。と言いますのは、社会が求めるバイリンガルと、我々一般のバイリンガルとはかなり差があって、我々の考えるバイリンガルはかなり程度が低いと思っています。

通訳を目指していた私の友人の子(非常に出来る子)ですが、面接時に、英語も日本語も全く役に立たないとはっきり言われてかなり落ち込んでいたのを思い出します。どちらも会話に支障がないとか読み書きが出来るとか、そんなレベルでは駄目なんですね。同時通訳はまたそれはそれで違うスキルだと思うのですが、バイリンガルはバイリンガルになるための勉強をしない限り無理だと私は思っています。

私の子供もそうで、日本語教育にはかなり力を入れましたし、彼らも日本語が好きで、日本語補習校を卒業した後に、高校レベルの勉強をしたいと自ら先生に頼んで学んでいた時期もありました。でもそこで止まっています。バイリンガルだなんておこがましいことは言えません。

英語に関してはかなり苦労したと思います。中学でも論文を書くのは大変で、私が随分助けたくらいです。今になれば、オヤジに助けてもらったなんて、考えてみれば酷いもんだったよね、なんて笑いますが、ま、そんな程度。でも高校大学に進んでからは言語で問題があったような話しは聞いたことがありません。

ま、勉強は何でも同じですが、一生続けなくてはならないし、彼らが必要に応じて勉強していけば良いと思っています。

ただ、バイリンガルになる必要はないけれど、片言でいいのかとなると話は全く別だと思っています。これは彼らが進む道がどういう道かによってまるで違うわけで、日本人としての英語ととらえればさほど高度な英語が必要とは思えず、そんな言語より他のスキルのほうが大事なはず。かと言って、英語に関して言えば、通訳を雇えばよいとかそういう時代じゃないのも間違いない。そして、海外で進学を考えれば、片言じゃ追いつけませんよね。

私としてはオーストラリアの教育って結構良いと思っていまして、とにかく考えることを中心にした教育に見えます。例えば中学生の宿題で「貴方がアメリカのジョンソン大統領だとしたら、ベトナム戦争をどうするか?」のような問題。これって子供にしてみれば、ベトナム戦争ってなんだ?ジョンソン大統領って誰?というところからはじまるわけで、膨大な資料を読み、そこからなんらかの結論を出さねばならないわけで、かなり大変な作業、勉強を強いられるわけです。

また、ポイントはプロブレムソルビングにあるようで、問題を見つけてそれを解決する能力を育てることに集中していたようです。ですから歴史にしても、何年に何が起きたなんてことは全く教えず、ある時期のある事柄に絞り込んでそれを掘り下げるという感じ。

ただこれの弊害もあると私は感じていました。とにかくこっちの子ってものを知らないというか、日本の学生であれば誰でも知っているようなことを知らないんですね。バカじゃないかと思うくらい。これはまさに教育の違いだと私は思っていて、多くのデータを知識として頭に詰め込む方式ではないということ。またディベートが非常に盛んで、授業の中に取り入られているのはもちろんのこと、課外授業でもかなりしつこくやっていました。

だから私の息子達は半端じゃなく理屈っぽい。なーんてのは冗談で単に親譲りなのでしょうが、独自のユニークな考え方、問題解決方法を普通に主張する姿を見て、わが子というより会社の上司という目から見ても、この方が使えると思ったもんです。

で、知識は必要があればその時々にインプットすれば良いという考え方なんですね。これも考えてみればその通りで、世界のありとあらゆる分野の事を、過去も含めて覚えるなんてのは絶対に不可能で、逆に、今、目の前の問題を解決するに当たってどのデータ、知識が必要であるか考えて、それを取り込み、結論に導く方法だけ知っていれば良いということなんですね。で、その訓練を延々やるのがこちらの学校教育のような感じがします。

で、そういう中で、言葉のレベルはそれ相応のものがないと駄目なわけで、言葉に問題があったら前に進めない。ましてやディベート能力が重視されますから、それなりに出来ないと駄目。

でもそういう教育も必要じゃないとなれば、あるいは日本に重点を置く育て方もあるわけで、こちら流が常に良いわけじゃないし、もし日本での大学教育が必要だとした場合、こちらで育ったら日本語に問題がなくても日本の大学入試にパスすることは不可能でしょう。

でも帰国子女枠という面白いのがあるんですよね。これってかなり昔からありましたが、私は帰国子女は優遇されすぎじゃないかと思うくらい、簡単に難関校に入れるのを見てきました。またかつて、これを利用する為に、グアムの学校に友人の息子を送り込む手助けをしたこともありました。

また私は言語とは文化の一部だと考えていて、これは引き離すことは出来ないと思っています。ですので文化を理解するには言語の理解が不可欠。ただ英語に関してはちょっと違うかなぁと言うか、世界共通語であるがゆえに曖昧さも許される言語でもあるんですね。ただ、それはそれでOKの分野の話であって、進む分野においてはきっちり出来ないと駄目なのは当たり前。

まぁ、考え方はいろいろだし、人生いろいろ、価値観もいろいろ、そして親が何を考えようが子供に何を望もうが、子供が何を求めるか、どういう人生を送りたいのか、それは全く別問題ですから一筋縄ではいかないと思います。

私は子供の将来の姿をはっきりビジョンとして描いてそれに向かって進んで来ましたが、やはりこれでは駄目だと痛感したことがありました。ここに何度も書いているように、それこそ催眠術、洗脳と言って良い様な育て方でもあって、私の思う方向へ子供達も向いて進んでいたようですが、やっぱりそれは彼らの心の中から沸いてきたものじゃないってこと。

長男の場合、ある日ある時、何かおかしいと感じたようです。これが俺の本当に進むべき道か?と思うようになった。まぁ、これは私の刷り込みだろうと、本人が選んだ道だろうと途中で考え方が変わることは良くあることですから、私が反省するべきことでもないのかもしれませんが、長男は途中で進路を変えました。だから本来3年で卒業できるのに6年も掛かった。(笑)

結局、借り物の服を着ても似合わないし、嬉しくもないってことですね。でも、では自分にとってどういう道が良いのか、極論を言えば自分の天職とはなんなのか、それがわからない人が世の中多いわけで、私自身も60歳になっても天職とはめぐり合えておらず、こんな人生で良いのか、これが自分が望んだ人生なのか、いまだに迷走しています。

ただ親としては、子供がそう悩んだときには進路変更も出来る状態を作ってやるのが大切だと思っています。と、同時に、何が自分に合っているのか、自分は何を望んでいるのかを自分で掴めるような援助も大事だと思います。これは私自身の生き方の反省として、あれもこれも手を出したけれど、何一つ物になっていない、満足を得られていないことから、こういう人生を子供に歩んで欲しくないと思うのです。好きなものに打ち込んで、それで生きていけたら人生幸せで、でもそれは単なる甘い夢かもしれないけれど、生きるために生きなければならないとしたら、子を生んだ親としては犯罪だとさえ思うのです。

言語は別にして、マルチカルチャーの中で生き抜く力をつけて欲しいという願いがあるはずですが、私はこれに関しては環境は大事であるものの、「個人の能力、適性に拠る」ものの方が大きいと考えています。だから海外に出れば身につくものでもないし、日本にいたら身につかないものでもないと思っています。これは冷静に海外の、日本国内の子供達、世界で活躍する人たちを見ればわかると思っています。

ただ世間で言われるように、日本の子供達、青年は内向きであるというのは私も間違えではないと思っていて、その殻をぶち破るために海外に出るのはひとつの切っ掛けになると思います。でもそれでどうにかなるわけでもないのは言語の問題と全く同じ。そして海外に出ることによって壊れる子供も少なくないのは忘れるべきではないし、海外でのひきこもりは目に付かないけれど決して少なくないことも注意する点だと思います。

この辺も良い話ばかりのロングステイと全く同じで、問題を抱えて帰る人たちは何も言わずに帰るし、こうこうこういう理由で帰りますとこういうブログに書く人はまずいない。その手の情報は外には出てこないものだと断言してよいと思っています。当然、書籍にもならないし、マスメディアも扱わない。でもそういうケースが少なくないのは周りを観察していればすぐにわかるんですね。同じような環境の家族が固まるでしょ。それが3年経ち、5年経ち、と月日が経つにつれて様子がおかしい家族、子供が必ず中に出てくる。

周りを見るとうまく行っている人(家族)ばかりだと思うこともあるかもしれません。でもそれって現実社会と全く同じで、落伍者は消えていっているだけなんですね。いや、落伍者という言葉は適切ではないでしょう。単に違う道を模索するようになったと言うべき。

親の子を思う気持ちは共通だと思いますが、でも求めるものも違うし、子供もそれぞれ皆違う。そういう中でどう育てるのが正解かという答えもない。ただ、こうやったらこうなったという経験は巷に溢れているわけで、その経験を集めて分析してみると、どういう方向を狙うならこうしなくてはならないという一本の筋も見えてくるわけです。この分析をせずに、夢ばかり見ていても子供は全く違う方向へ育っていくということだと思います。

ここは本当に重要な点だと思っていて、昔から金なんか無くてもいいとか、成績が良いのが良い事じゃないとか言う人は少なくない。こういう人たちは違うものに価値を見出しているというけれど、それは「金」「成績」という言葉が「何か」に置き換わっただけだって言うことをハッキリ自覚すべきだと思うんです。金も成績も追わない。では違うものを追えばそれが手に入るのかってこと。実は、その「何か」より「金」「成績」を追うほうが簡単かもしれない。結果的に、金も無い、成績も悪い、他に何ができるわけでもないという方向へ行く危機意識が欠如している人も少なくないと思っています。

これって「美人である必要はない。ブスでも中身が良ければ良い」って話と似ていると思いませんか?美人は中身が悪いような、ブスは中身が良いような、そういう話でしょ?ブスで中身が悪かったらどうするという危機感がこの話には欠如している。

でもま、私が親としてしなくてはならないと信じることは、子供の引き出しを増やしてやることに尽きるといって良いと思います。とんがった個性を伸ばすのも同時に大切ですが、何でも出来る、何にでもなれる種としての引き出し。言語もそのうちの一つでしかないし、マルチカルチャの世界での生活体験もそう。それ自体は一つ一つたいした要素ではないし、絶対に必要なものでもないけれど、でも彼ら自身がいつでも使おうと思えば使える道具、育てようと思えば育てられる種に相当するものを子供達の中に沢山作ってやりたいと思っています。

長くなったので、これはこれにて終了。(笑)

もう一つのメールはマレーシアにおける学校に関するかなり細かな情報ですので、それはまた次の機会に紹介させてもらおうと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアでの子育て 続き” への6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 72736256444e715961384f4d4f586377786e57656a51654575434672434f717399a661c569e4ca699f8eaa37ced115584ddb1793cd366281804ad32d005febe3
    我が家の場合二人の娘が二人とも 大学を卒業して 一人はすぐにもう一人は結婚してから 海外に出て生活をしています。 二人とも高校時代にカナダに短期留学しただけの留学経験しかありませんが、それぞれの国で社会人として働き家庭を持っています。彼女達を見ていると 英語力をつけるという事に限定して言うならば子供の時から海外で教育を受ける必要性は感じません。 特に次女の方は語学に対しての才能が先天的にある という事がすべてのような気がします。 滞在先の国の企業の求人に応じて電話したら 募集しているのは日本人だ!と言われて断られそうになった (英語の発音が完全にアメリカなまりなので)というエピソードの持ち主です。 長女の方は日本人なまりが抜けないし 仕事の上での接客での英会話は完璧ではないと 英語の壁を感じてはいますが 普段の生活や社内(完全に多国籍軍の会社です)でのコミニュケーションにはこまっていないようです。私が彼女たちの教育で一つだけ規制をかけたのは高校を卒業するまでは日本で教育を受けること そこで日本人としての基礎の勉強をすること あとは好きにしなさい でしたが 二人とも大学も国内を選びました。それでも結果は 今は日本にいませんが、、暮らしやすいところで暮らしたいそうです。 私はきっと我が家のずーと遠いご先祖さまは 太平洋を手漕ぎの船でやってきて日本に移住した人だ だから今先祖がえりしてるのね って言ってます。

  2. SECRET: 0
    PASS: 5771306a3478786c3963584163794a32514f6d4b3644433432315a3472737254a976e5fdc83379f751b8b8f328895dde7d9fda9207ede38843e0f674601b56e4
    obasan

    「高校を卒業するまでは日本で教育を受けること そこで日本人としての基礎の勉強をすること あとは好きにしなさい」

    これわかりますわ~。「日本人」に重きを置けばそれがベストだと思っています。何も子供の頃から海外に出す必要はない。体験は良いにしても。私ね、この話になるとすぐ頭に浮かぶのが雅子様なんですよ。ああいう形が理想かと。

    ただ理想は理想で、子供の寝顔を見ていると、こりゃ無理だというのもわかるわけで(笑)、どの辺でどう妥協してってのが難しいところですね。私自身が小学校2年の頃から越境入学で進学校に通ったのですが、あんなことまでして、塾に通って、知識だけ積み込まれて、大学へ行っても学歴を得るだけだと思っていましたので脱出を決心しました。

    うちは男の子二人なので、そして私自身古い考え方を持っているので、困っていることがあるんですよ。私は長男、オヤジも長男、ですから守らないとならない墓があるんですわ。これがどうにも私自身吹っ切れないものがありまして、かといって子供達にちゃんとやれとも言えず、でも出来ることなら我が家はやっぱり日本人として、最終的には日本に帰るような日本人であって欲しいとも思うんです。

    彼らが最終的に何を望むかはわかりませんが、でも海外に出たっきりで、外人と結婚し、いつのまにか日本が消えて現地に同化していくようにも見えないのです。二人とも愛国主義者ですし。(笑)

    どうなりますかね~。

  3. SECRET: 0
    PASS: 535455656b45475674326842795a7a45514c3265466a4531763868434c7a556ac2bdcda00eab2107cf7d966e433ab5b8cc7e683fac3713bbe56f89e56d4a456b
    我が家の子供のマルチリンガルもどきは、学校での主たる学習言語が段階を追って変わって行くというマレーシア独特の教育制度の中で、落ちこぼれないためにと講じた策が生み出した副産物といえます。
    日本語については、これまた日本語を習得させようなどと意気込んだわけではなく、母親の私がこちらの学校で使用する言語が得意でないために、間違った言い方などを覚えてしまうのを恐れ子供には日本語のみで接し続けたことで偶然日本語まで維持出来ました。

    学校の勉強をより理解できるようにと工夫したら、マルチリンガルっぽいものになった、全てがオマケだったと言えます。

    でも、どの言葉も完全にまんべんなく出来るわけではありません。というか、突出して出来る言語を持っています。他のそれほど得意でない言語を使って学習する際には、その完璧に近い言語のほうで理解したり記憶の方法を補っているようです。
    子供のこのような様子を見て、バイリンガル、マルチリンガルという人も「核」となる揺るぎない一つの言語を持っていてこそ、物事を効率的に理解したり処理する能力が発揮できるのではないかと思うようになりました。

    これを「いろいろな言葉を話す」ことにばかりに関心を寄せて、それぞれの言葉を使っての学習を疎かしていると、マレーシア人の多くがそうであるように「複数の言語が操れるけれど、実は話の内容は小学生程度」ということになりかねないと思います。

    小さいお子さんがローカル幼稚園等に通い始めて「いろいろな言葉を使うようになりました♪」などとお喜びの親御さんには、どうぞその点に気をつけてあげてください、そして、もし無理だと感じたら単一言語の学習に集中させてあげてください、、、と言いたいです。

    一つの言語だけで育っていたらこんなことにならなかった、、、ということにだけはならないように。。。

  4. SECRET: 0
    PASS: 425a5044624b52757750634b44505a66636663576241777370426e5831735432a9bda94a4d4d5859a3cf689f9556e44f9efdf830f247e4bdb49c0dc1684a71ef
    こびたさん

    核が必要というのはその通りですね。

    これって言語に限らず他のスキルも全く同じで、あれもこれもと思っても無理。でもいろいろチャンスがあるんじゃないかと思うと、どれも手に入るような気がしちゃう。日本の教育もここに問題点があると思っています。ドイツみたいに中学生で進路を決めるのが良いとは思わないけれど、学校は出たけれど・・・みたいなのも困るわけで、わが子を育てるのにオーストラリアを選んだのもそれがあります。

  5. SECRET: 0
    PASS: 455361575a3766364755726f41727a4d743551584e4335474f38696c57695665dd5ccb19dd7c73641ca3b17cde54871a1b1668169c113f0eb7e9a2f5f2613b8e
    非常に共感する内容でしたのでコメントさせていただきました。自営業としてバイリンガル、マルチリンガル以上の子どもたちに日本語を教える仕事をしていますが、在留日本人家庭の保護者が抱える悩みに反して、日本国内ではバイリンガル教育花盛り、インターナショナルスクールではウェイティング待ちがかかっています。息子をインターに通わせていたときには、多くの保護者のあまりの楽天主義(英語が喋られるようになってほしいという理由だけで、ほぼホームスクーリングに近い個人経営の私立小学校に子どもを通わせ=公立小学校への進学を放棄、週4で英語関連の習い事をさせて子どもが疲弊 などなど)に閉口せざるをえませんでした。人間には、思考の蔓が巻き付き大きく高く伸びていくための心棒、軸となりうる「母語」「ご国語」が必須であり、それが日本語であった場合は、子どもの学習量は単純計算で倍以上になる=親の自助努力は相当なものです。dabo_gcさんのような観点でバイリンガル育児を考える方が少しでも多くなればよいのですが…
    また訪問させていただきます。

  6. SECRET: 0
    PASS: 53467076596367324e6b7870574e6f3657736a323072324c4d39496934757865103f21ee008cbaf07a1315146f25632b4b02fdf518f3d61e4bc4d2d8a8f58e80
    MTさん、いらっしゃいませ。

    仰るとおりですね。外国語を身につけたほうが良いと言うのは、その前に母国語がちゃんとしているというのが大前提なのにそこがおざなりになっている。日本の親達は自分が普通に母国語を扱えるから子供もそうであると勘違いしているんでしょうね。

    でも若くしてそういう環境に育ち苦労しているセミリンガル(?)の方のブログを読んだのですが、出遅れながら母国語の大事さを知り、それをモノにしようと頑張る姿に、「これでいいのかもしれない」とも思いました。

    きっとそういう方々の援助をなさっているのがMTさんなのでしょう。是非、子供達の経験を無駄にすることなく、また現状に諦めることなく、頑張って前に進む子供達を助けてやってくださいね。

    是非いつかその辺の話を聞かせてください。お待ちしております。

    コメントを有り難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *