世界から見た日本の自虐史観

日本の中の自虐史観って本当に根強いというか、これを作るのに奔走したマッカーサーもあまりの出来にびっくりしているんじゃないかと思うんですが、私の人生の一つの命題というか、一体日本って何だったのか自分なりに納得したいと思っています。

で、いつも読んでいるブログでこんな動画を見つけました。

内容としては東京裁判にも出席して、日本人に自虐史観を持つなと戦後言い続けてくれたインドのパール判事を思い出しますが、このようにハッキリとそれなりの立場の人が言ってくるケースはやっぱり少ないですね。そういう意味でこれは貴重だと思いました。

これはミャンマーで日本はどう見られているか、大東亜戦争をどう彼らが見ているのかという動画。

この動画の最後がちょん切れているのが気になりますが、実際にあの戦争がアジアから白人を追い出し、アジアの独立の切っ掛けになったのは間違いがないと思うものの、その後、白人に代わって日本が頂点に立とうとしたであろう疑惑もあるわけで、本当にアジア各国が平等な立場で共栄を目指したのかどうかが私にはわからない。でも、同等の立場でアジアを導けるだけの国力があった国はないわけで、日本だけが明治維新後、近代化に成功した唯一のアジアの国だったんですよね。むずかしいところだと思います。

それは日韓併合も同じで、あの時期、韓国が主張するままの独立国でアジアが守れたのかどうかが疑問。また日韓併合はある日ある時、日本が侵略したわけではなく、韓国も納得の上での併合。納得せざるを得なかったというのが真相だとしても、それを選ばなければならない状態を無視するべきじゃないと思うんです。

一ついえることは、日本の侵略は決して欧米の愚民化政策、略奪を主とした植民地化ではなく、現地の繁栄を主にしていたということ。でも、そんなことは望んでないといわれればそれまで。そういう意味で、台湾は全く違う印象で、日本に感謝する人たちが多いのは台湾で何度も経験しました。大震災の寄付金も世界一の額であったのはそういう背景もあるのでしょうね。

ま、戦争って多くの出来事の集合体であって、その中のどれを見るか、どれに重きを置くかで見方がまるで変わると思います。しかし、ネットで知り合ったあるご老人が、自分の戦争体験は私がどれだけ聞きだそうとしても絶対に話そうとしないのに、ある日ある時、「負けたら何を言っても駄目なんですよ」と仰ったのが忘れられません。

最後に私の大好きな動画を。

ダボってもう終わったことをいつまでもと思う人もいるかもしれませんが、近年になってわかってきたことも多くあるわけで、やっぱりこの事はいつまでも日本は日本としての主張を忘れてはならないと思うんです。そういう動きを絶やしてはならないと思うんです。

戦争はまだ終わっていないし、日本は独立も果たしていない。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

世界から見た日本の自虐史観” への6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6776446c52523871746c52327231386d4e68314f5143564d4e303178666a68353f859e1628bcd810d17b2b581e50fb40ef2a79eda2bf9d24c32e3af0958591db
    このことを表立って話しにくい世の中である日本は、やはりおかしいと思いました、まさに自虐をそれぞれの日本人が抱えて生きているのでしょうか、、、!!!

  2. SECRET: 0
    PASS: 55534953624273584d633453683870376e4c3276386b366450354f776c79654cce495a4062412f8e6c7c8021b37784a12c30db8fe8b21650520f4704280d9cb4
    中島さん

    コメントを有り難うございます。本当にこの手の話は難しくて、大手メディアは抹殺しますし、多くの人は触らぬ神にたたりなしなのか、今更どうなることでもないと諦めているのか。

    ただインターネットの恩恵ってここにもあって、少数意見で普通目に付く意見でもないもの、あるいは隠された事実がいくらでも発信できるし、また見つけることも出来てよい時代になったと思います。そしてそこからどんどん広がっていくのがわかるし、私は希望を持っています。

    この手の動画はたまに紹介していますので、これからも宜しくお願いします。

  3. SECRET: 0
    PASS: 4b4c5652416b5a57303742614b36786d4b59335377514656464a6d5243516773ccdbbf741e91c4b8d9775e594a58d13253fd8a11cd5467e72cf63def5aeb4dca
    ブログに取り上げてくださった事に素晴らしさを感じます。
    なかなかこの問題取り上げブログはないですよね。
    決して忘れてはいけませんものね。daboさん拍手です。
    私もその時代に生きていないので、読書、帰って致した方の講演、慰霊で現地に訪れお話しを聞いたりしてます。そして今現状の日本を見て命をくださった兵隊さんは泉下にてどう感じているか?を考えます。

  4. SECRET: 0
    PASS: 32756a51764b504f524b3774637278564d6d414649655362746b3243724a78379e1a309d543e8cca95ed049942f95b81fded2a8e1dfbcea193393c4fc5dd39ae
    お染さん

    靖国神社にいかれたことあります?私が行ったときはちょうどA級戦犯を分祀するとかしないとか騒がれていたときだったのですが、靖国に入った瞬間、分祀なんかできるわけがないと思いました。またするべきでもないと。日本の長い歴史の中で日本の為に命を捨てて行った多くの先人達の思いがあそこに詰まっていると感じました。世界的に見て良い悪いの話じゃないんですよね。そりゃ間違いもあったでしょう。でも日本という大きな家族を守ろうとして死んで行った人たちの思い。ここが大事なんだと思いました。

    あそこに行くと、だらしのない日本で申し訳ない、としか言いようがないです。

  5. SECRET: 0
    PASS: 766d547035326f43444562465473474673334137596b59556a65754c4e473434a015ab238d09f9a9a2fae6d527fe4ca98925d81aec0aa5ae61c52da4310e11d1
    はい靖国神社には、年に数回は詣でております。

    コメントお返しどうもありがとうございます。
    daboさんと同じ気持ち気持ちでございます。
    私もごめんなさいと頭を下げてしまいます。
    ありがとうございましただけで頭を下げたいものです。

  6. SECRET: 0
    PASS: 72643875664c6a71434e5439483244595a6c6f644c327435465477456e71664e01263db82a60367250eb367e894aef95fe2aed1e02961334259076b2dd8946bf
    えええーーー、年に何度もですか?へ~~。

    本当ですよね。有り難うございますだけにしたい。

    でもそれが言える状態ではない。ではどうするべきか。ここなんですよね、問題は。先人達に、申し訳ないと言って終わりにしていいのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *