おちんちんの話で説得

我が家の子育てである時こんなことがありました。

うまい具合に洗脳して、日本人大好き人間に育てた子供たちですが、それでも漢字の書き取りとか嫌気が差すときだってあるわけですよ。で、愚痴を言い出したときにこんな話をしました。

「お前は何人?」
「日本人だよ」
「日本人が日本語の読み書きも出来ないでそれでも日本人か?」
「うーーーーむ」
「お前は男だろ?」
「そうだよ。当たり前じゃん。」
「男が絶対持ってるものってなんだ?」
「うーむ、やっぱりあれだよね。」
「だろ?じゃぁ、おちんちんがない男でもいいのか?」
「そりゃ絶対駄目だよ~~~」
「それと日本語ができない日本人と同じだって事がわかるか?」
「だよねぇ、そうだよねぇ」

馬鹿な理屈ですが、結構彼は納得しておりました。 (笑)

親としてはうまい具合に日本人らしく育っていると思っていたときにこんなこともありました。

家の郵便受けに5ドル札が入っていたんですよ。どうしてそんなことが起きたのか全くわからず。

「5ドル札が入っていたんだけど・・」
「ラッキーじゃん」と次男坊。
「なんだと?お前これポケットに入れろというのか?」
「あったり前じゃん」
「じゃぁ、お前、道で財布を拾ったらどうするんだ?」
「ラッキーって思ってもらっちゃうよ」
「なんだとぉ~、お前!」
「そんなの普通だよ。誰だってそうだよ。」
「お前、二度とそんなことを言ってみろ。そしてネコババしてみろ。マジで殺すからな。」
「ごめんなさい・・・」

こんなこともありました。やっぱり環境って怖いなと思った瞬間でした。

でも面白いでしょ?殺すからな、なんていう親が普通いるのかどうか。(笑)

でも我が家は子供の考え方を尊重した育て方をして、ああしろこうしろ、あああるべきこうあるべきというのはあまり言わないで育ててきました。自分で考えてみよ~~~と3歳ぐらいのことからそうやって考えさせる育て方。

でもたまにとんでもなく許せない言動もあるわけですよ。そういう時には私は鬼になりました。

車に皆で乗っていて、あーーじゃこうじゃ話している間に喧嘩になったり、おかしなことを言い出す、やりだすこともあるわけですよ。そしてこれは絶対に許すわけにはいかないと思ったときには、すーーっと車を路肩に止めて、子供が座っている後部座席のドアを開けるわけです。

子供は何が起きるのかキョトンとしているのですが、

「降りろ!」
「え?」
「降りろ!歩いて帰れ。歩きながら自分がさっき言ったことが正しいかどうか良く考えてみろ」
「ごめんなさい。許して~」
「駄目。いいから降りろ」
「やだ~~~~~~~~」
「降りろ~~~~!」と椅子にしがみつく子供を掴んで外に出すんです。

そりゃ、子供は泣き喚くなんてもんじゃないですよ。身体が震えるぐらい怖がります。

そこでヨメさんが、「パパ、そこまでしなくてもこの子はちゃんとわかるから大丈夫よ」と台本通りの助け舟。

私は黙って、子供を車に乗せる。そして解決。

これって脅迫そのものだと思うのですが、大事な我々の生き方の根本に関わる問題の時にはこういうこともしました。ただし、これは降りろと言ったら泣くのがわかっている歳までってことですね。わかったよ、降りるよなんて言うであろう歳になってからは他の作戦に切り替えました。泣き落とし作戦。(笑)

でも小さい子を脅かすのも考え物で、私が幼稚園の頃、出て行けと父に怒鳴られたので、私は家を出たことがあります。お金もないのにバスに乗って(ただで乗せてくれた)親戚のオバサンの家に行ったのですが、大騒ぎになりました。今でもあの時のことは忘れません。唯一の心の拠り所である家を自分の親に出て行けといわれたらどれだけ小さな心が傷つくか。怖いですよねぇ。

でも問題になっている体罰に関してですが、私は体罰は必要なときもあると考えています。私が子供の頃体罰なんて普通にありましたが、このやろーーとは思っても、後であれはあれで良かったと思うことがほとんどです。まぁ、教師によるわけで、陰険な先生で「キミィ、そういうのは駄目なんだよ。わかるかぁ?」みたいなのはバカにしていましたが、ここぞというときに体罰を与える先生は結構好きだったり。でも子供に体罰を与えるということはしませんでした。デコピンが何度かある程度かなぁ。でも上に書いたような体罰より怖い精神的なプレッシャーを掛けるのは数度ありました。

まぁ、変な育て方かもしれませんが、二人の息子達は私を尊敬していると口に出して言ってくれるし、他の人にもそれを言っているみたいなので、私としては、まぁ、いいかと。

でももう子供を怒る、叱ることもなくなって何年も経ちます。まだ25歳と22歳ですが、今では私が子供たちを尊敬し、あてにしております。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

おちんちんの話で説得” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 306e5a4f495462644f43394f32305238776c434c5569395354335050534172713f6d64e46aaf7ff221296be472599909d5dc18e48013f5d7c353a46c69bb3f9e
    先日、主人がタクシーから降りて、財布を路上で落としたようで、朝ないのに気がつきカード類の停止手続きをしましたら、警察から電話。現金はぬきとられてましたが、。
    拾ったお財布のお金を抜き取る人と、親切に届けてくれる人の2種類がうちの近所にいるのだなーと思いました。
    私、昔、子供を抱っこして電車にのるとき、お財布をすられたことがあるんですね、バッグがひっぱられてふりむいたら、つまづきかけた年配の男性が見えて、変だな?とは思ったんですが、、急いでいて。友人も赤ちゃん連れてて、財布をすられていたことが。。
    お互い、もらった家計費でやりくりしてて、。。。もちろん、不用心なのがいけないんですが、子供をあやしてると、注意力も三萬になるので、、そういう母親から金を盗むって、、、どういう母親に育てられた人かなーと考えたことあります。

    ダボさんの男らしい子育て、いいなと思います。奥様がちゃんとフォローしてるところも。。

    私は、一番いけないことですが、、自分の感情の起伏であたりちらすことが多く、人としてどうあるべきかという大きな視野での子育てはできなかったかも。。、、

    それでも、家をでていけと脅かすことや、食事をつめるような罰はいけないな(いつの時代でしょう、、)と思います。

  2. SECRET: 0
    PASS: 4e4d67746e6e6476566c524d426d384e42726f736d55653856787a6d4737587a65873cb0798cd3ccb4100d0203a22046074f7b8768b39280a68e7ced7c17202f
    たまきゅうさん

    でも財布がそのまま戻ってくることがあるということ自体、日本って凄い国なのかもですね。こちらはスリって聞いたことがなくて、でも置き引きはあるみたい。落とした財布が戻ってきたという話は聞いたことが無いなぁ。

    ああ、家に泥棒が入るとか、車が盗まれるのは日常茶飯事。我が家は5回入られています。

    しかし子供が育つのって早いですよね。あっという間に大きくなっちゃう。小さい頃にもっと思い出を沢山作っておけば良かったと反省しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *