還暦だ~~~~~

ジグソ~~~~~~~~~~~~~~。とうとう還暦になってしまった。

悔しいよぉ~~~、悲しいよぉ~~~~。

いやいや、今までなんだかんだ言っても無事に、そして平和に生きて来れたこと。また親兄弟、嫁さん、子供たち、また縁あって知り合った人たちに感謝したいと思いました。

神様にも、ちゃんと有り難うを言わなくちゃだわ。

ということで、今日の晩御飯はゴールドコーストで一番(高い?)の日本食レストラン「天」に夫婦二人だけで行くことにしました。還暦って昔から皆で祝う風習があるわけだけれど、今では間違いなく年寄りの仲間になったことをあえて周りに知らしめて祝うことはなかろうと思っています。ああ、あれって祝うんじゃなくて、みんなに感謝する為にあるのか?

ま、どちらにしても夫婦二人だけで誕生日パーティです。あ、そうそう。クアラルンプールにも「天」があって、なくなってしまったと思っている人もいるようなのですが、閉店したのではなくて引越ししただけ。今はKLCCのど真ん中、確かマークの中にあるはず。

で、今日は早速ヨメさんと喧嘩です。その「天」に関して。

「昨日、予約取っておいたわよ」
「おう、サンキュ。どんな内容にしたの?」
「国さん(板前さん)が電話に出て、お任せでやってもらうことにした」
「うんうん、それがいいね。ところで予算はいくらで頼んだの?」
「お任せで頼んだって言ったでしょ」
「だから~、いくらのお任せなんだよ」
「料金もお任せよっ!」
「・・・・・・・・・・・・。お前さぁ、そういうのって何か変だと思わないの?」
「良いじゃないの、誕生日なんだから。覚悟しなさいよ。」
「・・・・・・・・・・・・・・・」

今の時代でもこういう人がいるんですねぇ。まさか自分のヨメさんがこういうタイプだとは予想もしなかった。って、そういう風にしたのは私のせいなんでしょうねぇ。

なんだか金銭感覚がおかしくて、飲みにいったとして、家で飲む酒がなければその飲み屋から(酒屋じゃなくて)酒を買って持って帰るような人。ホテルに泊まっても冷蔵庫の中身は飲み放題、食べ放題する人。こういうのに文句を言うと、ケチ臭いことはいいなさんな、とこちらが怒られる。

そうかと思うと、夜店で買ったような指輪を大切にしていたり、これまたお気に入りのハンドバッグはどこかで買った800円ぐらいの物。宝石とかブランド物を買って欲しいという話は結婚前から今まで一度も聞いたことがない。ところが昔はスタイリストだったから着るものに関してはかなり五月蠅い。でも高価なものが欲しいと言ったことは一度も無し。だから高価なものなんか何も持っていない。それでも私には「年取ったらみすぼらしい格好はするな。安物は買うな。」と言う。まぁ、私はいつも安物買いの銭失いで、確かにみすぼらしい格好(安いTシャツと半ズボン)の生活には20年以上の年季が入っているわけで、そう簡単に変わることはないだろうなぁ。

私が死ぬときには、ヨメさんが自由に出来るお金は一切残さない、ってかなり前から宣言をしているんだけれど、それに関しても全く文句を言わない。子供が苦労しそうで、子供達もそれを言うんだけれど、私は彼らに「俺に取ってはママは所詮赤の他人。でもお前たちに取っては何がどうなろうと母親なんだから、死ぬまでちゃんと面倒みろよ」といつも言います。

「わかってるよぉ~」と子供たちのふてくされた顔が面白い。  (笑)

-----------

この日記を書いた後、ヨメさんにちょっと聞いてみました。

「あのさぁ、今までお金が欲しいぃ~~って思ったことある?」
「・・・(考えること数十秒)・・・。うーむ、お小遣いは人並みに欲しいと思うかな。」
「何に使いたいの?」
「やっぱり好きな服を買いたいし、靴も欲しいし・・・・・・」
「ふーん、変わってるねぇ、やっぱり」
「そう?」
「うん」

こんな会話。ちなみに我が家には毎月決まった小遣いというのはありません。子供達もそうやって育てました。

普通お金が欲しいと思ったことがあるかと聞かれたら、そんなのは当然でしょって話が止まらなくなりそうなんだけれど、ヨメさんは数十秒考えないと答えが出てこない。 (笑)

金銭感覚がおかしいというより、金銭感覚そのものが「無い」のですかね。

私からすると無駄遣いを平気でするように見えるのですが、そうかと思えば、さすが九州女なのか、高菜の漬物でもあれば嬉しそうにそれだけでご飯を食べるし、彼女の大好きなチーズの入ったソーセージ(これがこちらでは大流行)が2本あればおかずとして十分だなんていうし、私がかつては宝石屋だったのに宝石は一つも持っていない(泥棒に取られたっきり)。巷の女性が好きそうな高価なものを見て欲しいと言った事もない不思議な人。だから無駄遣いはするけれど浪費家とはまるで違う。逆になんでこんなと思うような安物を買うことがあるのだけれど、それはケチだからそうなんじゃなくて、お金とは関係ない価値を見出す力があるのかもしれない。

でもお金があれば人助けができるとか、世の中を変えられるとかそういう発想も無し。

金に価値を見出していなくて、無ければ無いで良いと平気で言うし、嘘つけ!と思うけれど本当にそれができそうに見えるからやっぱり不思議。そういえば、お金が無い時代に、お金が無いことに関して一度も文句をいったことがなかったっけ。

それはお金で本当に苦労したことがないからそうなのだと100人中99人は言うでしょう。私もそう思うんだけれど、考えてみると、お金で苦労したことがないほどラッキーな人生でもないんですわ。

こういうのって旦那にも移るのか、最近歳を取って来ると若い時みたいに、あれも欲しい、これも欲しい、金があったらああしたいこうしたいって思いが段々薄れてくるのを感じるんです。でも守銭奴とは言われたくないものの、お金大好きで、そればっかり考えて生きてきた人生だし、もしかしたら、ヨメさんの方が私より前を歩いているというか、ある種の「悟り」を持っているような気がしてきます。

お金は大事だし、お金がないと何も出来ないし、お金で幸せは買えないけれど、お金がないと崩れる幸せはあるし、そもそも自分を取り巻く問題のかなりの部分はお金で解決するように見える。それが私としては普通の考え方だと思うのだけれど、バカにしか見えないヨメさんが本来あるべき姿なのかなと、フト、思うこともあるんです。少なくとも彼女の人生って金に左右される人生じゃなくて、というかあればあったなり、なければ無いなりに生きていける強さがあるのか。

私は金が無くなったら、稼げなくなったら大変だとビクビクしながら生きているのが本当の姿で、ターザンのような生き方が出来るヨメさんがうらやましいと思うことも無くはないんです。

うーーむ、でも無理だわ。男として、旦那として、父親として無ければ無いでしょうがない、なんて言えませんよねぇ。

これって価値観とか金銭感覚の問題じゃなくて、責任の問題ですよねぇ。ヨメさんは責任感がないのか。うーーむ、なんだか良くわかりません。単に性格の違いか?順応性?これってもしかしたら男性にはわからない部分かなと思ったり。女性の持つ順応性とか母性って私には理解できないところがあるのは確か。

しかし、一ついることは、ヨメさんが私と同じようなお金大好き人間だったらかなりややこしい家庭になっていただろうということ。夫婦ってやっぱり凸と凹の関係になっているんでしょうか。(笑)

お金から自由になる為にはお金に勝たなくてはならない、稼がなくてはならないという相反する考えを私は持っているのだけれど、嫁さんはいとも簡単にお金から自由で、束縛されていない生き方をしている様子。やっぱり私は守銭奴なんでしょうね。金はなくてもいいからこういう風に生きたい、これがしたいとは思いませんもの。なぜその仕事が好きなの?と聞かれて「儲かるから」なんて答える人生って最悪なのはわかるんだけれど、私の人生ってそんな程度。で、それでてそんなに持ってない、稼げていないんだから、一体私の人生ってなんだったのかと思う今日この頃。

今日から60代。今までとは違う生き方を模索してみたいなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

還暦だ~~~~~” への13件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 7a453071663532714b4162354a4848554731734d50427144746864416143796919941e2ac49e103a70b8c22a5df8a81517fdb609bb4698c5e3e5ef824459262c
    今日がお誕生日なんですね。おめでとうございます。
    昔は還暦っていうとかなりおじいちゃんおばあちゃんのイメージがありましたが今は違いますね。daboさんもその一人ですね。
    でも中には、えっ!まさか・・と言うくらい老け込んだ60歳も居ますね・・

    奥様はうちのだんな様にそっくり^^(・・というと大変失礼で申し訳ないです)

    >夫婦ってやっぱり凸と凹の関係になっているんでしょうか。(笑)
    そうだと思います。

    我が家は価値観も性格も育った環境も正反対。
    だから未だにお互いの理解に苦しみますが、「理解に苦しむ~~、おまえの価値観とか性格とか俺一生ついていけない、全然合わない」と旦那に言われれば「本当にお互い様やね~~」と言う。そして「そんなこと心配するな!任せとき~」と私は言ってしまう。

    全く価値観が同じで(凸凹してない関係で)夫婦してる人もいますし、全く違う価値観で夫婦してるもいますね。
    我が家はお互い許せるポイントが違う(経済的な価値観だったり思いやりだったり、ずるさ加減だったり、他諸々・・)けど、しょうがないもんな~~。違うんだから・特に私はかなりズレてるらしいし・・

    daboさん!誕生日のブログに奥さまのことこれだけ書いてあるなんて・・
    私から言わせればかなり「ラブラブ」なんですけど^^!

  2. SECRET: 0
    PASS: 46314748326d37384a6c43427563433574394376396d62434c36446e4c63676e04d82ab755865f2530d15883059ad15bc23ba60fe2fa6d86e3f513b3963e1083
    あのう 私も今日が誕生日です。。。
    還暦はとっくに過ぎてますけど! 3月生まれだから同級生仲間の中では最後に還暦がきたのでそれまでさんざん他の人をからかったものでした。今じゃ どうせバーさんだからと開き直っておりますが 高齢者の仲間入りはかなり抵抗がありますよね。 還暦を過ぎてから私がどうしてもやりたかったことは 故郷に日本の自宅を移す ってことでした 東京の真ん中 日本の道路距離のゼロメートルの近くが」私の故郷 で 65歳の時に旦那を引きずって戻ってきました。いまやうちの旦那もここが俺の故郷だ! とすっかり気に入って楽しく日本にいるときは暮しています。今は日本にいます 帰ってきた途端に桜が咲きはじめました。 マレーシア ペナンのコンドの政府の承認もやっととれたので これから書類にサインをして残りの支払いそして内部のリノベーションを済ませて 5月下旬に入居の予定です。家財道具はそろそろ 南太平洋へ向けて船済みされる頃かと思います。

  3. SECRET: 0
    PASS: 623131435a68694a4f6d6634544356563835486b776143476170346b7a756c64ac5cbfb3f88f8da99906eb457f1fa04839b8d0ad9e8498dc8919bcab10266d70
    還暦おめでとうございます。
    そしておのろけ(ハイ!)ご馳走様です。
    素敵な奥様です!!そして素敵を維持させているのはdaboさんの愛と力ですね。と私は思います。
    私は奥様の様な人生がしたかった。でも現実は小ーーーーさいオーナーで印刷紙$に惑わされております。(笑

  4. SECRET: 0
    PASS: 71684c534f54494d38524c64456e71734d4a6354314967467232744841354b47db400a20aecefa5975f4d2cb24d674a79970bedeb1f32fa9e733bfa9f8d1469c
    daboさん還暦おめでとうございます。自然体で生きておられる奥様は本当に素晴らしいです。いい奥様をお持ちで幸せですね、これからも健康で人生を謳歌されてください。ここオーストラリアで暮らしていてもファッションにも疎くなりいい服を持っても着ていくところがありません。見栄を張らなくていいのが、オーストラリアの良さと私は思っていますが、日本へ帰ると身内から中国残留孤児みたいな格好をしてくれるなと言われます(笑)

  5. SECRET: 0
    PASS: 636137456a734c6832345375305353534741756c767937386361333237366a702a48342386019bcab5c37bf741372beb038884f0278185e1904c842e829508a8
    還暦、おめでとうございます。
    還暦って、赤いちゃんちゃんこを着てお祝いするやつですよね。
    daboさん、赤いちゃんちゃんこ着て、帽子かぶったら、結構似合いそうな気がします。サイズはかなり大きめですね。
    他の人も書いてらっしゃいますが、やっぱり奥様のことでこれだけ書けるって、ラブラブに見えます。

    それと、やっぱり男と女は違う生き物なんでしょうね。
    何かで読みましたが、人間の男とウサギのオスとねずみのオスの共通点を捜す方が、人間の男と女に共通点を捜すより、生物学的には簡単らしいです。

  6. SECRET: 0
    PASS: 6d494333333934386477367a334a4d5544475974485862483542324a78795575289a7d0121ad50bb9066892525d1ad90ede412eb64d78af975caaeae5a8a91c8
    私も昨年暮れ還暦を迎えました。
    主人は今月始めに還暦でした。
    同学年なんですね。
    4月に娘がシドニーに嫁ぎます。6月には私達が
    プーケットでロングステイ生活を始める予定です。お互い元気でセカンドライフを楽しみましょう。

  7. SECRET: 0
    PASS: 454566394a6f58644f6d6245326956435957554d7746755a59456a63317778375e6148ff8e7bcc1dfdc33aae1df3d990789aa8efb03439e8370bab8c0af2a81e
    jazzさん

    やっぱりうちのヨメさんとjazzさんのところのご主人と共通点があるみたいですね。実はこの日記を書きながらそれを考えていました。これって良いのとか悪いとかじゃなくて、夫婦ってのは二人で一つ。凸凹でうまく行くようになっているんでしょうね。

    でも腹が立つんだよね~~。

    jazzさん、いつもjazzさんのコメントには恐ろしいくらいの行数の余白が入るんですが、これって何か理由があるのかな?

    obasan

    同じ誕生日ですかぁ。私は60年生きてきたけれど同じ誕生日の人には会ったことがありません。1-2日ずれた人はいたけれど。同じ誕生日って何か共通点が見つかりますでしょうか?私は血液型とか、四柱推命とか、結構信じるほうで、それで言うと同じ血液型、同じ生年月日は同じってことになっちゃうんですが、まぁ、そこまで似ていることは無いにしろかなり共通点はあるのかも。

    東京に自宅を持っているんですか。良いですねぇ。そしてペナンに別荘?どうしてペナンなのかなぁって思うのですが(申し訳ない)、何か輝く物を見つけました?

    お染さん

    やっぱりこれっておろのけになるんでしょうか。きっとそういう風に思われるのだろうと思いつつ書いていましたが、これって冗談じゃなくて本当に困る部分もあって、どうにかして欲しいと思ってます。でも私と同じようにはなって欲しくないし。まぁ、これも無いものねだりでしょうか。と、言いつつ、結構喧嘩して、もう別れるしかないな、なんて(お互いに)思うことは珍しくなくて、本当にこのまま続くのかどうか疑問です。このままじゃ気が狂うとお互いに思ってる様子。(笑)

    yayaさん

    それわかります。オーストラリアの洋服の酷さ。子供服もろくなものがないですよね。中国残留孤児ですか?我が家は小さいときに日本に連れて行ったとき、どう見ても、こりゃチベット人だなと思ったことがあります。冬だったのですが、フリースの安物を着て、オーストラリアなら普通なのに日本に行くと絶対に日本人じゃないのね。

    ヨメさんが日本に行くのが嫌だということが良くあるのですが、着るものが無いからというのを良く言います。そんな見栄を張ってどうするんだと思いますが、友達と会ったときに、東京の奥様と残留孤児の違いを感じるんでしょうか。(笑)

    ちりとてさん

    私も男と女って同じ人間の違う性別だと思ってはいけないんじゃないかと常日頃思っています。全く違う動物だと思ったほうが理解しやすいのね。その間に生まれた子供って一体なんなのか?なんて話にもなりそうだけれど、女房を同じ人間だと認めたくないことはしょっちゅう。(笑)

    なかさん

    おおお、なかさんご夫婦も還暦。お仲間ですねぇ。

    これからプーケットですか?良いですね~。私は実はタイの方がマレーシアより気になるのですが、どうしても言葉が駄目で生活はできないだとうと考えているんですよ。勉強してもタイ語がどうにかなるようには思えないんです。まぁ、それを言うとマレーシア語もそうなんですが、自分の身体の中に彼らの言語、発音が全く入ってないんです。宇宙人の言葉に聞こえるような感じ。そういう意味ではフィリピン語(タガログ語)とか、スペイン系、イタリア系ってすんなり自分の中にはいってくるのがわかるので、まさか前世に関係があるんじゃないかと思ったり。

    タイ語がわかったらなぁ、なんていつも思っています。タイは笑顔に溢れていて、非常に良い印象を持っています。

    それとフィリピンもそうで、彼らの明るさは素晴らしいといつも思っています。グアム関連でフィリピンも近く、また日本でもフィリピン人の友人(えへへ、すいません、女性です)も多くて、今でもタガログ語なら若干話せます。でも一生懸命勉強したわけでもなく、自然に覚えちゃう。でもマレーシア語とかタイ語って一生懸命勉強しても駄目だろうというのがわかる。不思議ですよね。北京語は大丈夫でも広東語は全くだめとか。

    今日はヨメさんと、チェンマイもいいらしいぞと話をしていました。でもやっぱり言葉がねぇというところで意見が一致。駄目だ駄目だと言っている間に勉強しちゃえばいいのに、結局それも出来ず。

    ま、我々にとってのマレーシアは中継基地みたいな考えでしかありませんから、クアラルンプールを基点にいろいろ行ってみたいと思っています。でも私が一番行きたいのは日本。数泊の旅行じゃなくて、1ヶ月単位で住みながらうろうろしてみたいというのが私の夢。できるかな~。

  8. SECRET: 0
    PASS: 77326e3778736f367a534e6a527478654d484a6c63784d716d53444153716252aaa9a966b12bb4efb161218673368d992d544521a365a1fa4240a8880743ad75
    余白入りすぎてますね~設定ミス?今回はどうだ?

  9. SECRET: 0
    PASS: 46347649756c524e334d4c5530343753704c445134716c714c48633833517475699e0257b63d785c8aecfa9a0f6970c6201c24a6394306028d9baf4f0dd656d3
    OK。余白無し。

  10. SECRET: 0
    PASS: 7773354133537373454650493559357772696e343335374d5178693473515374c23f05e67672b6f83ae5e6a426298a4295160c99aea6ee0450ae0b258eb1b6d1
    私とdaboさんの性格にてるのかなあ
    私は血液型等は信用しないけど、、家の家族全員A型ですけど 一人もいわゆるA型の性格のやつはいないです
    私の性格 まず 頑固 面倒ぐさがり 変質的熱中型 とまずは変人の部類 でも第一印象は頼れそうで面倒みがよさそう と思われる
    親が会社経営者だったのでサラリーマンの妻なのにサラリーマン的思考回路は理解できない とにかくすべてのことに決心が早く一度決心したら後悔しない が私です
    ペナンに決めたのは 自分の老後のケアのため 体の自由がきく間は日本とマレーシアの渡り鳥で暮らすつもりですが ダメになったら 日本の成年後見人制度は信用できないから 資産管理や私の生活のケア等を娘にマネージメントしてもらうためです
    ペナンのpulau tikusならマーケット 銀行 郵便局 モールのすべてが歩いて行ける距離にあり 車を持たずに生活できる そしていざというときに娘が自分の家から来てくれるのに近い(隣の島に住んで居ます)等の条件をクリアーしました
    実際にしばらく滞在してみましたが 地元の人が親しみやすく付き合いやすいしムスリム色が薄い ローカルのご飯が私たちにはぴったり合う ここなら生活できると思ったのです

  11. SECRET: 0
    PASS: 43377450524a487a344e707141394c546a724353305933657537327771594676cd3873086ec8dabb0bff289c1b2beb055ad7bce97505bd18d08bee37025e6490
    obasan

    私は血液型とか四柱推命が大好きなんだけれど、信奉しているほどじゃなくて、でも仕事でもしっかり使えると思ったし使ってきたし、しかしもちろん例外はあって、もしかしたら例外のほうが多いなんてわけのわからん話になるんだけれど、共通点で結構見つかると思ってます。

    で、obasanと私が似ているか?(笑)

    私もA型。ヨメさんはO型。これってきっと誰が見てもわかるはず。obasanとの共通点はあるかなぁ。

    誕生日に関しては、月日が一緒だからどうという見方はしないんですね。星で見るから年が違うと全く違う。じゃぁ、同じ日に生まれた人は同じかなんて理屈で考えるとバカらしくなるんだけれど、それをそう考えてしまうと、良い部分、使える部分を見ないということになるわけで、もったいないなと思うわけです。

    ペナンですが、やっぱり娘さんがいるというのが大きいんじゃないかと思いました。我が家のわがまま両親が日本には帰らないというのも、要はKLで娘と一緒に生活しているからだと思うんです。で、姉が日本に帰ろうよといえば、そうだよなぁ、なんてことになるだろうと。もう四捨五入すると二人とも90ですから。

    ペナンかぁ・・・、3泊か4泊しかしたことがないんですが、1ヶ月ぐらいまた行ってみようとは話しています。

  12. 還暦は60なんですねえ、私も来年です、、。
    はじめまして,金子と申します。
    GFのパンつくりを調べていてたどり着き見入ってしまいました。
    なぜなら永住組みの方なのですね、私も海外組みなのですいまは欧州ですが、
    東南アジアにあこがれて先年マレーシアの銀行に口座を開く寸前に知人に諭されて止めました。
    いまはロングステイ志向で今年辺りから東南アジア散策を始めようと思っています。
    お元気の様子何よりです。

    • 金子さん、いらっしゃいませ~。

      来年、還暦ですか?私はもう63になっちゃいました。この日記も3年前の日記・・。

      マレーシアの銀行に口座を開こうとしたら知人に諭されて・・ってどんなこをと言われたのか是非知りたいと思いました。私も大体想像は付くんですが。(笑)

      非居住者には口座が開けない決まりがあるのですが、ま、それは別にしてもしお時間があれば何を諭されたのか教えてもらえませんか?

      東南アジア散策ですかぁ。私もそんな夢を持っていたのですが、今ではまったくそんな考えは吹き飛んでしまいました。というかやらなければならないことに気がついたって感じかな。ま、やりたいことをやるのが一番ですね。

      うちのヨメさんは引きこもってテレビを見るのが好きという困ったやつですが・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です