やっぱりマレーシアに行きたい

このブログで昨今流行っているマレーシアでのロングステイ熱に関して否定的なことを書いたところ、マレーシアが嫌いなら来るなとか、嫌いなことをいちいち書く必要はないとか、そんな感じのコメントを頂いたことを思い出します。

私のブログを読んで今でもそう思う人はいると思っています。

でも、そこに何か変だと気が付く人っていないのかなぁ、とも思うわけです。

このブログの読者は日本に住んでいる方がほとんどだと思いますが、例えば大阪だとして、大阪はいいよ~~、皆おいでよ~~、なんて話を聞いたことがあります?あるいは、毎日毎日楽しくて仕方が無いなんて話は?私は東京出身ですが、東京在住の人からそういう話は聞いたことがありません。

住むってそういうことだと思うんですよ。海外旅行でちょっくら遊びに行くのとは違うってこと。

でもま、そういう楽しみを求めて海外の良いところだけ頂戴しようと思う人はそれでもちろん良いわけですし、イヤなら帰ってくれば良い、飽きたら引き上げれば良い、つまり旅行の延長線上で楽しめるのならそれが一番。

私が考えるロングステイはそこに「根を張って生きる」という大前提がありますので、旅行感覚でその地が良いのか悪いのかで選ぶことはできませんし、イヤなら帰ろうとか飽きたら他へ行こうとかそういう考え方を持って渡ることはしません。私が気になる点は「一生住めるかどうか」この一点だけ。この辺は同じロングステイという言い方をしても個人個人に何をしようとしているのかの差がでるところだと思いますし、その違いを無視して両手を挙げてマレーシア万歳はできないんじゃないの?って思うわけです。

私としては熱病に罹った状態でこれから住む場所を決めることは不可能ですし、死に場所を選ぶには冷静に考えようと心がけています。まぁ、その辺が熱病患者には面白くなく見えるところだろうと思いますが、決してマレーシア行きを否定しているわけではないというのは読者ならお分かりになるはず。

で、今回の2ヶ月に及ぶ私の充電期間でも、マレーシア行きに関してとことん考えてみましたが結論は同じで、マレーシアに渡るという計画に変更はありません。

それどころか私に取って、マレーシア行きがベストの選択であると確信しています。

その理由ですが、何度も書いていますように、私達がマレーシア行きを考える最大の理由は経済的な理由で、マレーシアのタックスヘイブンと同じような税制の良さを享受したいというのがあります。そしてやっぱり物価も安く、今と同じような生活レベルをマレーシアで維持するにしてもかなりの差が出るであろうと思われること。つまり、税金はゼロになり、支出も半分以下になるということでこの相乗効果の大きさを見過ごすわけにはいかないという理由です。まぁ、経済難民と言っても良いかもです。

では現地の生活という点ではどうかですが、これに関してはすでに渡った方々が良いよ~~、楽しいよ~~、というところは参考にはしていません。というか、行けば行ったでどうにでもなると私は思っていて、今のところマレーシアで「住む」ことに関して何か問題があるようには思えないのです。つまり、プラスの面は見ていないということ。でもマイナス面は無さそう。私に取って重要なのはこの点で、マイナス面は月日が経つにつれて蓄積され、ある日ある時我慢が出来なくなって爆発する要因になると思っています。でもそれが無い、見当たらないとなれば(私は日本を基準にしていないことに注意)、あとはプラスしかないわけですから、今の時点であえてプラス面を探す必要もないということ。マイナス面が無いだけで十分嬉しいです。プラスはあとのお楽しみ。

そして、マレーシアには私の両親がすでに住んでいます。この話も何度も書いていますが、我々がマレーシア行きを考えた頃、実はちょうど姉夫婦がマレーシアに渡ったところだったのです。これに関しては事前に姉夫婦の予定を知らなかったので大変びっくりしました。で、長年アメリカ暮らしだった姉はマレーシア、そして私もこれからマレーシアという話を聞いた両親は、じゃぁ、みんなでマレーシアで合流しようと言い出したのです。で、あっという間にMM2Hも取得し、家も処分してマレーシアに渡ってしまいました。これが4年前の話。

ところが私はリーマンショックで大打撃。その後の世界経済の回復も見込めないまま未だにズルズルして動きが取れないわけですが、両親と姉はもうマレーシアで5年目を迎えることになりました。

で、この両親ですが、二人とも80代半ばです。頭は歳なりですが、幸運なことに健康には恵まれていて、医者に掛かることはあるけれど入院しなければならないような大病に掛かったことがありません。で、この年齢ってかなりわがままで偏屈でどうしようもないのが普通ですが、その両親が二人とも

「もう日本に帰りたいとは思わない。一生ここに住むと決めた。」

って言うんですよ。これって私は自分の耳を疑う言葉です。あのワガママ親父のことですから、「もうこんな国にいられるか!バカらしい!」とでも言うだろうと思っていたのが正反対。

これには私がゴールドコースト移住を決めたときを思い出します。インターネットも無い20数年前、当地で情報を集めていたときに、ある方の家で、ご老人にゴールドコーストはいかがですか?と聞いたときに、「あと10年早く来たかった」とだけ一言仰った。これってインパクトがあって、老人がそういうなら間違いは無い、大丈夫だと確信したのです。

半端じゃないワガママ、偏屈、小山の大将、人の言うことなんかまるで聞かないあのオヤジがマレーシアは良いというんだから、これはまず間違いがないだろうというのが、私の何よりも信用できる情報なのです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

やっぱりマレーシアに行きたい” への5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 69327861785954536454734253564235356b623652736932436566546f4b48776749bf447987a98fff3bab47c7bef470911175954d2c9acfd71379571461fec2
    dabo さん、お帰りなさい。
    前の記事で、「ロングステイの人を見下してる」というコメントのこと書かれてましたが、私はそう受け止めたことはありません。「ロングステイ」を当事者でなく、少し離れた位置から(客観的に)いろいろ見てらっしゃるなとは思います。

    コメントを書いた方が「自分が見下されてる」とお感じになったのなら、なにかDabo さんとは無関係なことで、もともと忸怩たる思いがあるのでしょうし、そういう書き方をすることのほうが、むしろ、ロングステイヤーの方達に失礼なのでは??

    ディズニーランドで丸一日、皆さんで楽しむのなら「みんなハッピー」で、にこにこできますが、ずっとそこで生活してゆくのなら、おつきあいの仕方もいろいろな注意が必要で、、そういうお話も参考になります。

    私にはコンドミニアムの分析や住宅画像の紹介も参考になりましたし、、、とくに、日本での定職や資産を処分して、小さいお子さんを連れての早まった(全てそうとは言いません)移住への警鐘は、とても大切なことではないかと思います。
    真偽はたしかめようもありませんが、新築コンドミニアムを大量に販売して、賃貸需要を生み出す為に、次は母子留学を勧誘してるご商売がでてきたとも聞きます。
    (もちろん、そういうニーズがあってのことかもしれませんし、新しい日本人コミュニティがシンガポールのそばにできるのなら、それはそれで良いことかもしれません)

    あと、 dabo さんの記事で紹介されてるマーボさんの記事で、インクカートリッジの補填の仕方に「おー」と感心したり、にゃん母さんの「害虫大量発生」の記事におぼえたり、KL生活をおくってる人たちの生活が垣間見えるのも、楽しいかなー

    うちは、主人は、気管支が弱いので、ヘイズや、大気汚染は心配です。。

  2. SECRET: 0
    PASS: 545366726b4e34423730306445556c356539556c53356d43534f305533384d498a8c1d4124e10aca650fdb622a0a2aea12034093c9d4159d178c629823fe6538
    お久しぶりで~す。私、近頃10日間程マレーシアに行ってきしたよ。それは日本の良さ(自分の環境の快適さ)の再発見の旅でもありました(笑)
    でもマレーシアもメチャ気に入りましたよ。まだ10日位じゃ全然判ってないんだけど、肌に合います。好きです。結局どこでも肌に合うのかもしれないけど・・
    あと発見したのは「今私が具体的に何をすべきか・・」が判った事ですね。思わず儲けもんでしたわ^^

    >私が考えるロングステイはそこに「根を張って生きる」という大前提がありますので、旅行感覚でその地が良いのか悪いのかで選ぶことはできませんし、イヤなら帰ろうとか飽きたら他へ行こうとかそういう考え方を持って渡ることはしません。私が気になる点は「一生住めるかどうか」この一点だけ。

    そうなんですね。

    世の中の移り変わりの激しいこのご時世に
    >「一生住めるかどうか」この一点だけ。

    もしかしたら予想もできない有事が起こって住みにくくなるかもしれないけど、それはマレーシアに限らず何処だって起こる可能性あるから、その時が来るまではエンジョイしたいものですね^^

    いわゆる経済が昇り調子で住みやすい(税制も含め)に、乗っかっちゃって住んじゃって、もし様子が「あれっ・・」ておかしくなってきたら、また他に飛び乗るじゃダメですかね?ダメですね・・えへへ・・

    daboさんの前回の日記
    >ロングステイロングステイと盛り上がっている方々の中でもその経済的なところは千差万別。そういうまるで環境の違う人たちが一つになって同じような夢を見ているところに私は異常さを感じるわけです。

    私はこれに全く同感です。
    そして私はこの部分を我が家の場合どう解決していいか、判らないで困ってます。

    金融資産額も違うなら、生活の為の原始のポジションの取り方だって人によって全然違うし、マレーシア紹介のテレビ放送を見て、特に原資の多くを日本からの年金をあてにしてやって来たセカンドホーマーの方々は、これからもし大幅な円安にでもなれば、しぶしぶ日本に引き上げる方も今後多数出るのではないでしょうか?

    話変わりますが、前回の「コメントにレスを・・」の内容を読んで気付いたこと書きます。
    daboさん!私が思うに、誰でも、無意識下にある不安な部分を指摘されたり明白化にされると、人間って自分を防御したくなる本能が多かれ少なかれあるのかも知れないかも。それは「相手を否定する」という方法で。いやいや・・これは私めの早とちりの独断と偏見かもしれない。

    daboさんが「4,5年かけて書いてきたブログなのに・・」(違ったかな?)な~~んて書いてあったので、ふとそんな事もあるんじゃないかな~考えたりもしました。
    人間って、実際一人ひとり会って話してみると実にいい人だったりしますものね。そしてお互い良く分かり合えたりしたりして^^

    ギャハ~~反対もあったりして(爆)

  3. SECRET: 0
    PASS: 717542726a73346630576d4b4973637170344159516e3776324d464436433054b1a23df2ee6b76204df58661d12c00b7ce5a89274a5fda3ccc254b7581e80e81
    はじめまして sanaと申します
    いつも、とっても興味深く拝読させて頂いております
    自分自身、海外移住を実現したくもがいている状態ですのでここでの情報はとても有意義に感じています
    主観的なHAPPYな意見も勿論聴きたいですが、冷静に客観的な意見こそどんどん聴きたいですので
    あと情報だけではなく、人としてとても共感でき、為になるメッセージをここから沢山頂いております
    ですから、復活されてとても嬉しいですよ
    しかも暫く休んで理由が、
    数年かけて積み上げてきた価値観を一旦崩す為、でした?
    びっくりさせられました
    私は、人生において如何に積み上げて行くか、という価値観しか持ち合わせておりませんでしたのでとても勉強になりました
    これからもとても楽しみにしております

  4. SECRET: 0
    PASS: 394e5932514236794c7a42774142686a6942636d59724236506e6167774e476af448cc9dea83276bdb19a5f3fa3a357f54cb0829d51a7a7ce7e01373f9e6003e
    おかえりなさい
    体調でも悪いのかな思い
    知合いのSさんに電話確認しましたら、元気との事で 近々合いますよ言っておられました
    元気で何より この年に成りますと、急に消える方 多々有りますので 心配しておりました

  5. SECRET: 0
    PASS: 6f43334a66736a7775455853513641423068764e7934437a6652514e4a46746750c5176b45a6632d24a461d07ddf3d58f682a7b794dad656002ffefb5c4d8e89
    たまきゅうさん

    つまりやっぱりロングステイという一つの言葉を使ってもそれぞれ考えることが違うってことだと思うんですよ。たまきゅうさんが例に挙げたようにディズニーランドに遊びに行こう、香港に2,3泊で旅行に行こう、そんな考え方の延長でロングステイを考えている人もいるのだろうと思います。というか海外ロングステイをしたことがなければどう考えるべきかもわかるはずもなく、まぁ、それぞれ体験しながら一歩一歩前に進むんでしょうね。

    でも、後戻りできないような出発をする人もいるような感じで、それが心配でならないのです。自分ひとりなら良いですが・・・。ちょっとした頭の切り替えで成功と失敗の違いが明確に出るはずなんですが、それを知りたいと思う人より、自分の欲望、夢を優先したいと思う人が多いようで、まぁ、見ているほうはハラハラします。関係の無い人たちだからどうでも良いと言えばどうでも良いのですが、袖刷りあうも他生の縁というように、知り合いがポツリポツリ脱落していくのを見るのは辛いです。別れが辛いから友達を作らないなんて人も海外には決して少ないんですね。

    jazzさん

    おお、マレーシアに行ってきましたか?遊びまくった?生活は出来そう?

    私の考えるロングステイは帰りたくなれば帰る、飽きれば帰るという前提なのに、「一生住めるかどうか」が気になるというのは相反している考え方の様に聞こえるかもしれませんが、帰るも帰らないも私は自分の自由意志で決めたいんです。「居たいのに帰らなければならない」というのが私の性格上、我慢できないわけで、その理由が自分にあるのならしょうがないですが、現地にそういう要素があるとしたら私はあえて行きたいとは思わないんです。でもマレーシアは大丈夫そうな感じ。

    まぁ、私に反発を感じる人の事は私も良くわかるわけで、例えばサッカーの試合を見に行ってみんなでワーーーっと盛り上がっているところに、「そんなに盛り上がってどうすんのよ?」と横で言うようなやつがいたら袋叩きにしたいと思うのは普通で、盛り上がるときには盛り上がりたいし、それを止めるなんて馬鹿なことはしないのが普通。

    でもマレーシアのロングステイに関しては、盛り上がる場所が違うんじゃないの?というのが私の投げかけであるんですが、まぁ、それが通じない人もたくさんいるってことなんですね。

    一人ひとり会ってみるといい人だった、ってなことで思い出すことがあります。まぁ、何年も付き合っているといろいろわかりますが、ゴールドコーストに来たばかりの人とはなかなかうまくいかないのね。これは特に男性に多いのだけれど、新しい人は虚勢を張るのね。古い人は知ったかぶりするわけでもないんだけれど、当たり前のことを当たり前に話すだけでも新しい人には知ったかぶりに聞こえるんでしょう。

    何度も何度も同じようなことを経験すると、まるで台本を読んでいるように皆同じやりとりをするわけで、苦笑してしまいます。

    sanaさん、いらっしゃいませ。

    私が価値観の再構築を定期的にやるというとびっくりする人が結構居ます。でも私はこれは非常に大切だと思っていまして、若い頃はまずは多くを知り体験し、取捨選択をし蓄積するのが普通ですが、もういい年になると今度はそれが邪魔になるってくるんですね。頑固になる、理解力が落ちるというのはそういうことで、自分の脳みそもたまにメンテしないと駄目じゃないかと思ってます。

    特に零細企業のオヤジでやってきましたから、優秀な頭脳をいくつも抱えているわけでもなく、何から何まで自分で考え判断するわけですよ。ですから普通の企業でやるブレーンストーミングだとかディベートを一人でやらなくちゃならない(笑)。これって自分の価値観がガチガチだとどうにもならないわけで、いろんな価値観、思考方法を「これがベストだ」という前提でなりきってやってみるわけです。で、そういう「7人の盲目者が象のなんたるかを説明する」状態を一人でやるわけですが、それが身に付いたと言ってもいいのかもしれなくて、自分が今までこれだ!と思っていたことを真っ向から否定してみるとか、今まで考えたこともない発想法で考えてみるとかやると世界がまるで違うものに見えてくるんですね。この世は無であるという仏教の教えに近づいた気さえします。

    本来、この世にはこうあるべき、あああるべきというのは存在しないし、宗教でさえも人間の都合で作り出されたものであると私は考えています。ではなんでもありなのか?というとそうではなくて、神は存在していると思うし(宗教の否定とは意味が違う)、神の笑顔を見るにはどうしたらいいのか、神に抱かれる感覚とはどんなものなのか、そんなところへ到達するためにも知らないうちにどこからか拾い集めてきた価値観はたまに大掃除したいと思うんです。

    洋服の感じかもね。新しくて良いものを着るには古いものを脱ぎ捨てるしかないですもの。そんな感じでやってます。

    ユキさん

    大変申し訳ございませんでした。今後とも宜しくお願いします。一昨日もS家族と食事に行ってきました。あの夫婦(家族)は本当に自然体で裏がなく、ああいうタイプの人たちとマレーシアで知り合えたらいいなぁと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *