必見!海外に出た老人達が経験したこと

NHKで12月25日に放映したある番組があるのですが、見たいと思ったときにはすでに遅し、見逃してしまいました。

でもそれがネットにありました。\(^_^)/

番組名は「追跡!真相ファイル 海外での老後をなぜ選んだのか」です。場所はフィリピンですが、様々な問題が出ています。年齢とか渡った時期から行って、マレーシアより歴史があるのかもしれません。つまり、まだマレーシアに関しては渡ったばかりの人ばかりであれも楽しい、これも楽しいとマレーシア賛歌を歌っている人が多いですが、その内、いろんな問題も他国と同じに出てくると私は思っています。

NHKのページはここ  ←クリック  

このブログでいつも書いていることがこの動画に表されていると思いました。

オーストラリアはゴールドコーストに移住してきてすでに20年以上経ちますが、まさかここで介護生活を送ろうと思ってくる人はいないにしろ、夢と希望に溢れて渡ってくる人(ロングステイじゃなくてオーストラリアの土になるつもりで来た、いわゆる永住組み)たちがごっそりいました。私の家族も同じ。ところがですね、5-7年経った頃から様子がおかしくなってくるんですね。ポツポツ帰る人が増えてくる。まぁ、その理由はいろいろあるでしょうが私の周りでは一番がやっぱり経済的理由。その他、人間関係、家庭内の問題。

21年経った今、あの頃の人たちは一体どこへいったのだろうという感じです。残っている人たちは決して多くはない。(でも新規に渡ってくる人も少なくない)

前にも書きましたが、経済的な問題としてインフレが大きいと思います。でも今のインフレが始まる前からもう駄目だと帰る人たちもいましたし、帰る理由をインフレだ税金が高いとかオーストラリアのせいにしてもそれが真実かどうか。

生き残っている人たちにはいくつかの特徴があると思ってます。

○ 金持ち (笑)
○ 働き(収入)がある。(永住権があるので起業や就労は自由)
○ かなり質素な生活

逆を言えば、帰った人が多いと言うことは、将来の予想がかなり甘い人(私もそれ)が多いということでしょう。夢の強さに負けるんだろうと思います。

永住権保持者ですからオーストラリア人とほぼ同じ条件で生活が出来ます。起業も就労も自由ですし、失業保険はほぼ期間無制限で出ますし、65歳になれば老齢年金(掛金不要)がもらえる。そしてしっかりした健康保険もある。

これならどうにかなりそうでしょ?

でも海外で生活するってやっぱりそう簡単にはいかない。それなりの「オーストラリアで通用する」知識や技術、また学歴もなければ就職だって出来ませんもの。

それでもまだ若ければどうにかなると思うんです。良い夢を見させてもらったと日本に引き上げて、やり直しも出来るでしょう。でも今回の動画の様に、歳を取っている状態で予想外の事が起きたらどうなるのか。

マレーシア関連の盛り上がりようは半端じゃないと思いますが、物価は安いし、好きなゴルフもしょっちゅう出来るし、日本人もいっぱいいて楽しいし、助け合いグループがいくらでもあるし安心、てな考え方で大丈夫か。

多分、大丈夫だと思うんです。数年間のロングステイならば。

私が心配なのは、マレーシアマレーシアと多くのジジババが渡りますが、それぞれの考え方にはばらつきがあるってこと。つまり、数年のロングステイをしたいという人。マレーシアを最後の地にしたいと思う人。そして最近増えてきているのがマレーシアに歳を取った親を連れて行って介護をしようという人。また日本の自宅はいつでも帰れるように残している人。日本の資産を全て処分してマレーシアに渡る人(私たちはこれ)。こういう様々な人がごちゃ混ぜになってみんなでマレーシア賛歌の大合唱をしているように私には見えるんです。

海外でのロングステイをマラソンに例えて書いたことがありますが、スタートしてから5キロ10キロの辺りは皆さんニコニコしながら、そしてお互い声を掛けながら嬉しそうに走っているかもしれませんが、その中にはフルマラソンを走るつもりの人もいれば、年少者、高齢者、初心者様の12キロマラソンに参加している人もいる。あるいは超初心者用の5キロマラソンをテクテク歩きながら参加してる人も居る。中にはこのマラソンでの成績に拘って真剣に走る人もいる。そしてそれぞれの体力も経験も違う。そういう人たちが団子になって走っている様がいわゆるロングステイなんだろうと思うんです。そしてその中で情報交換が行われている。フルマラソンを3時間で走る人が5キロしか走るつもりの無い人から助言をもらったり、それぞれゴールが違うのにスタート時点では一緒に走りましょうね~なんて盛り上がってる。これって何か変な感じがするんですよ。それぞれ必要な知識や情報、技術って違うはずなのに、それぞれがそもそも何が必要なのかがわかっていないみたいな。

だから途中で「こんなはずじゃ・・・」と序盤で脱落する人が出ても全く不思議じゃないし、後半の35キロを超えた辺りで悠々と走ってる人は珍しいだろうし、自分の目標が5キロ完走なのか12キロ完走なのか、またフルマラソンをどう走り切るつもりなのか。最後は這いつくばって死にそうになってでもゴールインすれば良いのか、それともそこそこのレコードを目指して走るのか、それぞれが自分の体力、経験に合わせた目標を持っているのか。そこが気になるところですし、意外と自分の事はわかっていない、将来に起こるであろう出来事を想定していない、あるいは過小評価してるとか、まぁ、その辺が普通の人間だと思うわけです。だから完走者は結構少ない。実は私も同じでオーストラリアマラソンからは脱落です。今までに消えていった多くの友人達もそうだったのだろうと思います。ゴールじゃなくてとにかく走ることに価値を見出していたんですね。これじゃ、後にどんなになってもしょうがない。

私は「運」というのを非常に強く感じるタイプで、それは「縁」でもあるし、それがあるかないかの差で人生が決まるような気がしないでもないのですが、でも無鉄砲な計画でうまく行くことはあり得ない。(ハイ、反省しています)

この動画を見ていて思い出したのは、前にも書いたことがありますが、私の非常に親しかった日本人のこと。来た当時はかなり裕福そうで夫婦でベンツ二台(小ベンツじゃない)乗り回して、中心地で大きな店も経営していたのですが、長い間に段々と衰退して行って、とうとう離婚。後にちょっとした手伝いみたいな仕事をしながら命を繋いでいましたが、ご主人は最後は小さなアパートで一人寂しく亡くなりました。彼が小さな店を始めた当時、私の事務所がすぐ近くにあったもんで、しょっちゅう遊びに来るんですよ。それはそれで良いのですが、「こんなはずじゃなかった」「今更帰れない」と泣き出すんです。昔は肩で風を切って歩くような人だったのがここまで変わるかと思いましたっけ。また、「もうゴルフはやらない」とゴルフ場の池に自分のゴルフバックを投げ込んで捨てたなんてこともありましたっけ。

これって他人事じゃなくて、私も「運」に見放されたら同じようになったかもしれません。10桁の資産をオーストラリアに持ち込みながらあっという間に無くしてしまった人もいたし、まぁ、本当に小説にしたら面白そうな話がいろいろありました。

ただオーストラリアのケースがちょっと違うのは、私が話しているのは「永住権保持者」のケースです。当時の我々の年代(もっと上が圧倒的に多いけれど)は事業移民と言われていて、オーストラリアで事業をするという約束で永住権を手に入れたんです。でも今と違って基準が緩やかで、実際には事業をしなくても永住権を取り上げられることも無かった。でも、多くの人は「事業家」として「海外で成功」する夢を持っていたんですね。止めればいいのにワイナリー(ワインを造る農場と工場)を買ったり、不動産開発に手を出したり、今思えば笑ってしまうようなことを皆、真剣にやってました(私も同じ)。

その中で騙されたなんて話はいくらでもあったし、騙されなくてもポッと海外に出てやったこともない事業で成功するほど世の中甘くないんですよね。

ところがですね。永住権者とは別に「退職者ビザ」で来た人も結構いたんですね。この退職者ビザってMM2Hに似ていて、住んでいても良いのだけれど就労は駄目、保険も自腹、社会保障は全くなしってビザでカテゴリーとしては「テンポラリーレジデンス」、あくまで移住者、永住者ではなくてテンポラリーの居住者という位置づけですが、このカテゴリーでビザを取ってオーストラリアに来た人たちはいわゆるロングステイ組、退職者組と言っていいはず。彼らの多くはこちらで事業をしよう、勤めようなんて考えは一切ないんですね。だから自分の資産から生まれる所得なり、年金なりで慎ましく生きている人たちが結構います。

で、こういう人たちは「帰らなければならない」状態に合うことってほとんど無いんですね。まぁ、当時はこの退職者ビザでも最低5千万円の資産がなければ駄目ってやつで、裕福な人が多かったのかもしれませんが、こういう人たちは日本にも財産も家屋敷もあるんでしょう。私はあまり退職者ビザの方で何か問題が起きて帰ったみたいな話は聞いたことがありません。

で、私もいつの間にかそういう歳になり、また退職者ビザみたいなMM2Hでマレーシアに渡るわけですが、どうすれば生き延びられるのか、どうなったら帰らなければならないのかはわかるわけです。それは簡単なことで上に書いたことをまた書きますが、

○ 金持ち (笑)
○ 働き(収入)がある。
○ かなり質素な生活

これしかないってことなんですね。マレーシアが安い安いと言いますが、調べてみればすぐにわかることは、日本に家を残したままマレーシアに渡って行ったり来たりなんて、日本で住んでいるよりよっぽどお金がかかるという当たり前のこと。安く過ごすなら田舎に行くのがベスト。また年金で生活が出来るというけれど、それはちゃんとした会社で勤め上げてそれなりの年金をもらってる人の話で、国民年金でどうにかなるって話でもない。それプラス為替の変動、発展を続けるマレーシアのインフレ、日本の将来、そんな不確定要素の上になりたったご褒美人生。

じゃぁ、完全に移住しちゃえば?って話になるわけですが、こうなると違う問題が山積みなんですね。MM2Hは永住権じゃないってこと。社会保障は全く無いし。今回紹介した動画がまさにそれなわけです。

またマレーシアでのロングステイを薦めるロングステイ財団ですが、彼らはMM2Hでマレーシアで永住できるとは言わないんですね。あくまでロングステイ。なぜ彼らがそこに拘るのか、それを理解することは非常に重要だと思います。(ロングステイ財団のこの建前を批判する人がかなり多いのが私には不思議)

ここで一つ皆さん、考えていることがあるでしょ~?私も動画を見ながらアレレと思ったことがあります。それは国民健康保険の事。やっぱり番組では法律に従ったことしかいえないのは当たり前で、フィリピンに渡った人たちの「多くは」住民票を抜いて健康保険が使えないと紹介しています。

でも、住民票を抜かないで海外に住んだら大丈夫なんですね。これって本当は調べてみるとわかりますが、法律違反です。住民票を抜かなければならない。ところがですね、役所で聞いてみると「抜かないで良い」という答えが返ってくるケースが多いと聞いています。どこの役所も住民イコールお金ですし、住民を増やしたい、保険の加入者を増やしたいという思惑があるのでしょう。だから抜かなくても良いと言われたという人が多くいます。

でもそこにも私は嘘があると思っていて、役所に「海外に永住します」と言えば、では抜いてくださいと言うでしょう。でも「ロングステイです」と言えば抜かなくて良いというはず。この辺の言い方で彼らの応対も変わって来るはず。

つまり住民票は残したままで海外に出ている人が多く居る。では年金の税金は?となりますが、本来住民なんですから納税義務がある。ところが社会保険庁には海外に出ると届けるんですね。違うことをそれぞれとど役所の横の繋がりがないから大丈夫だとのこと。

これって犯罪でしょう。

ダボの野郎、余計なことを書きやがってと思う人はきっと多く居るでしょうね。でもそんなことまでして生きていこうという方がどこかおかしい。それがご褒美人生?これが裏技?こういうケチ臭いことをするから、若者や駐在組みに陰口も叩かれることに繋がるんだと思ってます。

私はそういうことが大嫌いな性格ですから、うまくやれば・・・みたいな話は私には絶対にしないでくださいね~~。(笑)

ああ、そうそう、海外での老後生活は良い話ばかりじゃないっていう書籍があります。前にも紹介しましたが、これ。

年金夫婦の海外移住  ← クリック

それといつも不思議に思うことがあります。海外に出ている人って、自分は幸せで、皆さんも是非いらっしゃーいという感じの人が多いのね。なんでなんだろう。これって不安の裏返し?それとも新車を買って、格好いいでしょ~~?っていうのと同じ?幸せを分けてあげたい?

自分が好きで住んで幸せならそれでいいだけのはずで、なんでおいでおいで~って言うんだろう。たとえば東京に住んでいる人で、東京っていいよ~、楽しいよ~、おいで~~って言わないもんね。そういう人に会ったことがない。でも海外に住んでいる人はそれを言う。

なんだかスマップのファンクラブが熱狂的なファンの働きで大きくなるような、何か現実味の無い不思議なものを感じるんですよ。行ってどうするってことよりも行くことそのものに価値を見出しているような。熱病がどんどん伝播しているような、そんな感じ。

だから私は海外生活なんかに夢を持たないほうがよっぽど安泰な生活が出来ると言いたくなる訳です。どうせ住むんじゃない遊びなんだから行きたいときに行きたいところへ行くのが一番。でもこんなことを言うと嫌な顔をされるのね。ファンクラブの文句を言ってはいけないのと同じ。(笑)

オーストラリアに関して聞かれることがありますが、オーストラリアに住む?よーーく考えたほうが良いと思います、と答えています。また旅行だとしたら、オーストラリアはやめてニュージーランドにした方がかなり面白いと思います、といいます。(笑)

まぁ、夢を追うことの代償ってそれなりに大きいってことでしょう。でもリスクばかり考えて何もしない人生なんか全くおもしろくもなんともないし、恋愛と同じで燃えているときが一番楽しいのは間違いがない。

だからやっぱりいつも書いているように、自己責任において、そしてリスクから逃げるのではなくて、リスクはコントロールするべきものだという考え方が大事なんだろうと思います。あれもできない、これもできないと考えるのではなくて、できるまでやってみるぐらいの気迫があっても良いんじゃないかと思うんですが、どうもその点において、多くのジジババはそういう意味でのパワーが無いように感じます。それでいて、エイヤッってなもんで日本の財産を処分して海外に出てしまうなんていう大冒険は平気なのね。本当に不思議。

———-

それと前にも書きましたが、友人に聞いた話。

日本人会に行ったときに、あるご老人が「もう食えない。やっていけない。どうにかならないか。」と事務の方に泣きついていたところに遭遇したそうです。

こういうのって他人事だと思うとうまくなくて、冷静にいろいろ想定してみると、もしあれがああなって、これがこうなると自分もそうなるであろうというのは想像できるはずなんですね。私もそうです。絶対に起きては困ることがいくつかあって、もしそれが重なるようなことがあれば間違いなくアウト。

こんなことばかり書いている私も疲れるんですが、あちこちのブログ、掲示板、SNSを読んでいますと皆さんの楽しい話ばかり聞いて舞い上がってしまってその気になって、この人、これでマレーシアに行って大丈夫なんだろうか、って思う人もいなくはないんです。世の中では、いかにも簡単に誰でも海外に出てご褒美人生を過ごせるような説明をする人、マスコミが少なくありませんからうまくないと思ってます。

でもやりたいことを止める必要なんかないわけで、やればいいのだけれど、冷静なシミュレーションと、万が一のときの逃げ道は必ず作っておいたほうがいいですよね。若者と違うんですから。

でもこんなことを書いても無駄なんですよね。俺は(私は)違う、大丈夫だと思ってる人がほとんど。オーストラリアへ渡ってきた人たちもみんな同じだと思います。私も楽勝だと思ったもの。(笑)

でもねぇ、年月ってわからないんですよね。2,3年での変化なんかないのも一緒で、せいぜい5年以上経たないと大きな変化は見えない。でもこれが10年、20年となると、想定外の事の方が多くなる。困ったもんだ。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

必見!海外に出た老人達が経験したこと” への5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 41366c4f4e354664654b43487a684154766b75795973334a69326f4141577172ee60e170705a4726e5575764eba92e95936927f4586f90076b557aca61de6097
    健康保険と年金の税金のお話初耳でした。。

    海外にロングステイしてる人たち、民間の高額の海外旅行保険払ってると聞いていたので。。。うーん、海外旅行(うちはハワイ)いく時も、盲腸になると100万以上と聞くので、空港で加入するのですが。。。
    ということは、日本の健康保険が海外での疾病でも適用されるのでしょうか????
    私も、実際に KL に長年お住まいの人に聞いたら、民間の健康保険加入してるというお答えでした。。

    あと、 KL の日本人会で、ビザのエージェントの方と話してるときに、「KLに来てる日本人の人たちは、死ぬまでここで暮らすつもりの人はいませんよ」と言われて、ちょっと意外でした。高齢の老人がたまたまそこの事務所にいたので。。

    私の知ってるオーストラリ移住成功組の人は、サラリーマンで鉱山関係の会社で豪州にいき、ちょうど、バブル期に、値上がりしたマンションの売却益で住宅購入というお話でした。(知人からのうわさなので詳細はわかりません)

    あとは、ご主人が外資系金融会社で、オーストラリアの永住権を購入しようとしたらご実家の反対にあい、日本での不動産購入にシフトしたらバブル崩壊で、、何十万もする高級マンションから、離婚して、最期は都営住宅の母子寮まで、。、

    バブルを境に、明暗の別れた人たち見ました。

    バブリーな生活の人見ると、なかなか、生活の質を落とすのは大変なんだろうなーと思います。
    マラソンのような持久力勝負のものは、あまり最初はブイブイ飛ばさずに、慎重に、ゆるゆると体力温存がいいのでしょうね。。。

  2. SECRET: 0
    PASS: 49486835346850566a4457526a4f4b7a426161453773646d4f31665a6c62545a7cf118560d0e23b0459370f01a18d64f11cdc7bc09c2f02b9afdb24d78c60805
    読めないなりに色々とリスクを考えるしかないのでしょうね。
    いずれにしても、運不運は付き纏います。
    でも、それを補う方法は有る程度あると思います。
    呑気に贅沢をしている人たちと、色々考え行動し質素にしている人たちが同じな訳がありません。

    リタイアして既に5年、かなり遊び過ぎましたので、過充電でだらけています。
    努力不足なので、来年はもう少し精進して以降と思っています。

    少し早いですが、今年も色々とありがとうございました。
    来年も宜しくお願いいたします。
    daboさんとご家族に、ご健康とご幸運がありますように。

  3. SECRET: 0
    PASS: 474c6176526e6444436469356e434133707541333264633471334d34517361370288bb90c34a3873e45a729f9b6d6d1b33edbc11375ea5e0c128e128db40bb92
    この番組見て、(外国人が土地所有権のない国で現地人名義で不動産を購入するトラブルは聞いたことがありますが)健康な時では(私も丈夫でほとんど医者に通ったことありません)老後の医療や介護が必要になった時のこと想像してなかったなーと思いました。

    日本は、今、高額医療は無償なんですよね、、、、でも、これから少子高齢化が進行したら、日本の健康保険制度もどうなるかわからないなと心配です。
    私の周囲では元気な老人が多く、祖母も 90越えてますが、日常生活おくっていて
    、、息子と同居してますし、近所に、私の母や親戚も住んでいるということもありますが、、かっての共同体だと、介護の問題などは身内でおさまっていたのでしょうね。(その分、お嫁さんの負担が多かったのでしょうが)

    あと、話が別になりますが、ゴールドコーストでアジア人留学生?暴行事件等、豪州でアジア人差別がひどくなってるというニュースが、聞こえてきますが、(日本でも、大阪でネパールの飲食店経営者を、、という痛ましい事件があり、それをもって、日本人全員がそう思われるのは、残念ですが、、)現地に長年お住まいの dabo さんが、なにかご存知でしたら、教えていただけないでしょうか。
    女子の留学生は、夜間の外出を控えた方がいいとは聞くのですが、授業によっては夜間のものもあるようなので。。

  4. SECRET: 0
    PASS: 793168355456575a553461676d756e39365254314b6d66717053646d44496661ee07b317502ab30df1d23a7599ee881e4758cc76cb5346c0285283d8065dccff
    daboさん。ブログにコメントさせてもらったりして今年も大変お世話になりました。

    >10桁の資産をオーストラリアに持ち込みながらあっという間に無くしてしまった人もいたし、まぁ、本当に小説にしたら面白そうな話がいろいろありました

    それならdaboさん、小説にしてくださいよ・・

    このNHKの「追跡!真相ファイル」私も観ました。
    こういうNHKの追跡番組や「年金夫婦の海外生活」本の内容は、陰の部分や、これから起こりうるであろう海外ロングステイヤーの同伴親の介護問題、自分自身の介護問題(そっちの方が私は深刻と思います!)等のこれから起こりうるであろう問題点の解決にヒントを与えてくれるものですよね。これから海外に日本人老人ホームを計画されている方々は設立にあたりこういう事は想定内ではないのでしょうか?

    皆さんそれぞれ生活の原資の取り方は違うのに、海外ロングステイヤー同志で、これから起こりうるであろう年金リスク、為替リスクいろんなリスクについてそれぞれの生活の原資のポジションの取り方の問題点について、オープンに語り合う事は匿名性でもこれからも無いのでしょうかね。

    そもそもそういう私の発想自体、日本人的で村社会発想的なんでしょうかね(^_^;) 人それぞれなのに(笑)

    >意外と自分の事はわかっていない、将来に起こるであろう出来事を想定していない
    リスク管理の出来ない生き方しか出来ない私の事を言っていますが、こうやってdaboさんがブログの中でいろんな事ハッキリ言ってくれるので、気付かせてくれて、助かっている私が居るのも忘れないでださいね。

    daboさんの発言はいつも私に前向きな気持ちにさせてくれます。

  5. SECRET: 0
    PASS: 7239357361634c59696149584e31644d795163565277727270554545544a4754b4de380259b01586d92999a9daf59bf8a6b2df7da4f74b19bd7e7e4911641db8
    >海外に出ている人って、自分は幸せで、皆さんも是非いらっしゃーいという感じの人が多いのね。なんでなんだろう。これって不安の裏返し?

    不安というか、プライドが許さないというか、人間心理として
    やむをえないでしょうね。苦労したのに、日本で安住していた人よりも幸せではないならば。

    ずっと前に、カナダに企業家移住して、見事成功された方に
    移住のノウハウを聞いたことがありますが、
    まあ、移住の事前準備の一つとして、今や世界各地に必ずいる、すでに移住をした
    日本人に、アポを取って、会うことが大事。
    しかし、割り引いて聞かなければならないというのがポイント。

    やっぱり、大金持ちを除いて皆、苦労して、何とか
    海外生活を続けているので、海外では、日本にはない、
    こんないいこともある、あんないいこともある、と、
    いい格好したくなるのが人の心理ではないでしょうか。

    ブログ主ほど、よほど、開明的な人でないと、
    「実は、海外は、こんな悪い所もあってね」、
    とかは 話せませんよ、普通。

    後は、競馬で負けた人が予想屋になるように、手数料で食ってこうとするからでは。

    また、日本人はただでさえ、ブログ大国で、
    国内に住んでいても、なにかと自慢したがる人が多いので、
    (日本のネットでは、それをリア充[リアル充実])野郎とか批判)
    それも、影響しているのではないでしょうか。

    2) インフレの怖さは、本当に勉強になります。

    テレビ番組でも、ブログ主様の言うインフレが鍵。
    フィリピンで、
    日本人向けの老人ホームを経営する日本人が出てきましたが、
    インフレで人件費が上がりすぎて、日本語が出来る特殊な介護士を雇えなくなって、もうあきらめている、との発言。

    インフレは、消費支出だけでなく、老人ホーム、介護サービスという供給側にも打撃を与えるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *