自己責任

前の日記に「福島原発の事故」が気になると書きました。

これ  ←  クリック

この中で、そろそろ自己責任を考えても良いんじゃないかと書きましたが、これに関して(かなりの勢いの)お叱りのメールを頂きました。

このブログの左を見て頂きますと、私にメールが送れるようになっていますし、メルアドも書いてあります。アットマークというところを@にすればOK。このブログってコメントも少ないですが、私にしか見えない秘密コメントの率が高く、またもっと内容が入れ込んでいる場合にはメールを頂くこともあります。本当はこういう秘密コメントとかメールの方が内容的には濃くて、出来ることならそれをオープンにしたいのですがそれも叶わず。

今回頂いたメールですが、福島原発の事故その後の放射能の広がり、汚染の広がり、そしてそれを隠すような世の中の動き、また原発の存在そのものに関して子を持つ親は本当に心を痛めていて、どうにか子を守りたいと一生懸命であると。政府や自治体、東電に対する働きかけもどんな思いでやっているのか貴方にはわからないのですか?という内容。

いや、私にもわかります。なんて簡単には書けませんし、心中は十分に察しているつもりですとしか言い様がないのですが、私の言う自己責任をちょっと取り違えているように感じました。

つまり、原発の事故や原発そのものに関して我々にも責任があると私は言っているのではないのです。(ここに関してあとで補足したいことがあります)

私が言いたいのは、子供への責任、まぁ、自分も含めてですが、どうするべきかというのは政府や東電ではなくて親の責任において考える必要があるということなんです。

避難、除染、いっそうの広がりがないような対応、危ない地域での規制とか、それらは事故を起こした東電、原発を推進した政府、受け入れた自治体の責任において続けるのは当たり前で、足りない部分があればもっときっちりやれと住民が声を上げるのも当然だし、そんなことはもう無駄だ、やめろと言っているのでもないわけです。

この辺、わかってもらえませんかねぇ。

彼らにもっとしっかりやれ、原発はもう停めろ、廃炉しろとどれだけ叫んでもその通りになるのかどうか。国民が一致すれば世界は変えられるだろうけれど、まるで進まないかもわからない。そんな状態で時間がたつばかりだったらどうする?って私は思うわけです。それで一番気になる子供の安全が確保できるのか?って話。

悪いのは誰かなんてどうでもいいわけですよ。それがわかったところで子供の危険が去るわけじゃない。(なんだか違う日記のコメントでも最近似たような話がありましたが)、責任は他人にあってそれを追及しても自分としては何も変わらないかもしれないとなれば、自分の責任において自分が行動を起こすしかないんじゃないでしょうか。

日記のコメントにも書きましたが、火事と同じだと思うんですよ。近所で火事があって、今もそれが燃えている。もちろん消防車も来て頑張っているのだけれど火は消えない。さて、自分の家は大丈夫か?消防署は火は収まっていて大丈夫だという。でもどう見ても大丈夫そうには見えない。火の粉も飛んでくるし、いつ自分の家に火がついても不思議じゃない。

そんな状況の時に、消防署に嘘をつくなとか、どうなっているんだとか、延焼しないようにどうにかしろと騒げば良いってもんじゃないでしょ。責任者出て来いと言ってもしょうがない。でも火が広がらないようにちゃんとやってもらわなくてはならないから、やり方がおかしければいちいち文句をつけることも必要。

では自分は逃げずにそこに留まるのか?

それを考えるのは自己責任だと言っているんです。

でも、逃げられる人は逃げた。でも逃げられない人はどうすればいいの?って話が次に出てくるし、一番の問題はそこですよね。

ここは冷たいかもしれないけれど、自己責任として考えるしかないと私は思っています。政府は逃げる必要はないと言う。だから逃げようとする人になんら手助けもしないし、保障もしない。政府の言うことは本当なのか否か。信じて逃げない、あるいは逃げたくても逃げられないとなれば将来起きるかもしれないことを受け入れる必要があるかもしれない。で、それを考えるのは自分でしかないわけで、政府に対して、退避命令を出せ、そして保障をしろと叫んで、あるいは線量がもっと低くなるように努力せいと叫んでもそれで自分の子供への危険がなくなるのかどうか。とりあえず、逃げたほうが良いと思うなら逃げるしかないんじゃないですか?

逃げられる人は幸せだと言えるかもしれません。でも子供を守るということにおいて、大丈夫かもしれないと思うならそれはそう決めた親の責任だし、やっぱり逃げようと思ってそれで仕事を失うことがあって食えなくなってもそれもやっぱり親の責任。一番困るのは、逃げるべきだと思ったのに逃げずに後で後悔する事。その責任を誰になすりつけようとしても、親の子への責任は絶対に消えない。

逃げても逃げなくても、最終的には政府や東電に保障問題でグダグダやることになるのでしょうがそれは後の話で、今、子供を救えるのは誰かってところが一番重要のはず。

ただ、何度も書きますが、この自己責任と事故を起こした張本人、政府たちの責任がなくなるとか、もうそこまでやれば十分だと言うんじゃありません。この辺がわからないとするなら私にはもうお話できることはありません。

話をちょっと戻しますが、福島の事故、原発そのものに関してですが、私は自分の責任を感じます。とは言っても私は推進派でもありませんが、見て見ぬフリをしてきた責任があると思っています。自分の町に原発が出来るとなれば大騒ぎでしょうが、知らない町に出来ても騒ぐことはしないし知らん顔。反対派の運動も冷ややかな目で見ていました。で、結局こういう無関心が事故を招いたのだろうと思っています。

それを自己責任という言い方はしませんが、関係ないと思ってはいけないという非常に大事な教訓だったと思います。そして、自分の町に原発ができるとなれば騒ぐという考え方も、一度事故が起きてしまえば、自分の町どころか、国、世界にまで波及するとんでもないことが起きるってことなんですね。自分の町=世界だというのが今回良くわかりました。

だから私は基本的に原発そのものに反対します。また核廃棄物をどうにもすることができないトイレが無いマンション状態だという点においては、それを無視する原発推進派は気が狂っているとさえ思います。

でも開いてしまったパンドラの箱。また原発に依存する経済体質がある限り、止めましょうと言って簡単に止められるとは思えず。

ただそう考えてしまうと物事は先に進みませんし、ドイツの例もあるし、止めようと皆が望めば止められる。当然それによるデメリットは受け入れるという前提が必要なわけですが(と同時に代替案も必要)、そういう方向へ世の中が動けばいいし、私はそちらの方向に賛同します。

でも、今の反対派を結集し、彼らに政権を渡したからどうなるものでもないような気がするのです。というか、反原発で政権が取れるのかどうか。

じゃ、どうする?

その辺は私にはまるで見えない部分ですが、自民党にいかに反原発を言わしめるか、その辺を考える必要があるし、それが出来なければ無理のような気がしています。保守の私としては、多くの保守系は口には出さずとも核武装を考えていると思います。だから原発を捨てるわけには行かない。これって結構大きな壁でどう切り崩すかってのも簡単ではありませんが、保守の中にも核武装否定論者もいますし、その辺からの話の広がりが重要かと。

きっと切羽詰っている方々には私のこういう悠長に見える考え方ってイライラするのでしょうが、それを私にぶつけてもどうにもならないことは忘れないで頂きたい。またこの件に関する意見はコメントでお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

自己責任” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 794d534c684b3456647a6b304e71534d704d385946573238533648576545666d133591db11a545aa57c6f9242137bb4a4014a433723ed29a333b827f84848161
    「福島が気になる」でコメントさせてもらった者です。
    あれから、メール送らせてもらったのですが、届いてますでしょうか?

    前のブログで、反対意見が多かったんですね。。。

    現地の人達は、想像も出来ない苦労をされているのだと思います。しかし、こんなにがんばってる!耐えてる!と言われても、どんな理由があろうと、子どもを被爆させている事実は変わりません。これは親の責任です。

    政府や東電は、非を認めず、事実を隠蔽し、お金と自分達を守ることしか考えておりません。残念なことに、それが国民の命より大切なのです。

    認めたくないけれど、それが今の日本だと認め、自分で対処していくしかないんだと思います。勿論訴え続けることも大切ですが、ダボさんの言う通り、いつになるかわかりません。

    県外自主避難に、数ヶ月の猶予をほしいという署名を求めている内容に「福島県民の多くが一刻も早く、危険な地域から離れたいと思っていますが、子どもたちは学年の途中であり、子どもたちの成長を妨げたくありません。福島に残って勉学を修了する予定であった数千人もの子どもたちが勉強の中断を余儀なくされて将来のキャリアを妨害されてしまいます」というのがあり、びっくりしました。

    今現在福島に残っている人達は、子どもの修学について心配されております。子どもを被爆から守ることや、命を守ることと、勉学が比較対象になっているということが、信じられません。すでに子ども達の甲状腺に、異常が見つかり出してるのに、、、、、

    昭和20年、大都市から50万人もの子どもを、政府は疎開させております。その後日本は間違った道を歩みましたが、子どもという、かけがいのない日本の将来と、未来は守ったんです。それが、今じゃ政府も親も出来ない。子どもの未来を犠牲にしてます。健康でさえあれば、取り返せます。命を守る事以外に、大切なことがあるのでしょうか?

    えらそうに、長々と書いてしまいました。すみません。
    同じ子どもを持つ親として、危機感を持って子どもの健康と安全を、何より1番に考えて行動してほしいと、心底願っております。

  2. SECRET: 0
    PASS: 376378596471765855316e79476e4545536567676b62595645446b39556f7777e6a3dafd132bf77c2d34f257d1602f7ed5586032e668053cd6adb43c9035fcdd
    はーい、はなはなさん、メール頂戴しました。どうもすいませんでした。

    私もグズグズ決めかねている人の話を聞くとなんで?って思うのですが、やっぱりそれがまさに放射能の怖さで、だからそういうのを扱っちゃ駄目なんだろうと思います。

    人間は凄いと思うのも一つの考え方ですが、アホだという前提で、歩みが小さくても安心な社会が良いですね。でもそれを無視して特急で突っ走る人たちと競争して勝たなくちゃならないわけだから・・・・。難しいと思います。

    被害が広がらないこと、一日でも早い事故の収束を願ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *