なんとなく胡散臭い海外不動産投資話

マレーシアの不動産投資に関して調べていると必ず目に付くサイトがあるのですが、どうもそれはグループで動いているようで、若者中心にある目標だか夢だか持ってやっているようですが、はっきりした「釣り」は私には見えないものの、なんかしっくりしないものを感じています。

実はこのブログの読者からもその関係の不動産投資(KLでもペナンでもないあるマレーシアの都市の不動産)に関して話が来たことがあるのですが、私は不動産投資には興味がありませんと断わりました。そしてその話も調べてみるとマカオのある会社、ある個人に繋がっていました。

なんか変だなぁと思って調べを進めていくと、こんなブログを発見。

やまもといちろうBlog  ← クリック

このページとか  ← クリック

この中の話に出てくる個人関係を調べていくと、不動産投資、海外投資、様々なそしてかなりの数のサイトが網の目の様に繋がっているのがわかります。マレーシアの不動産関連も当然その中にあります。

またその個人、中心人物ですが過去に何をやっていたのかもいろいろ見えてきます。調べてみるといかに凄い男かの自画自賛も出てくるから面白いです。賞賛する人も多く、カリスマなのでしょう(自己破産から5年で10億稼いだそうです)。と同時に詐欺師呼ばわりする人もいる。

ネットの中の話ですから何がどこまでどうなっているのかわかりませんが、一つのムーブメントとして多くの人たちを巻き込んで動いているのは間違いがないようです。私としてはそのムーブメントが新たな情報交換の手法、参加者の力の結集とは違う何かがあるように感じて仕方が無いのです。

そう感じる私はもう頭もボケて新しい世の中の動きに着いていけないだけのジジーかもしれませんし、それに参加している人たちがうまくいっているのならそれはそれで良い訳ですが、まぁ、ネットの中にはそれに関する話題もいろいろ出ていますから、興味のある人はしっかり調べてみるのも良いのではないかと思い、これを書いています。

まぁ、私としては「うまい話には裏がある」と思っていますし、「うまい話があるのなら自分でやれば良い」とも思っています。高配当が得られるのなら、そしてちゃんとした話なら自分でいくらでも資金調達は出来る世の中ですから、一緒にやりませんか?と声を掛ける必要はないはずです。仲間を増やして情報ネットワークを広げる目的があるとしても、素人をいくら集めても邪魔になるだけだと私は思っています。

どうも真ん中にカリスマがいて、また主要人物が何人かいて、その周りに投資家という名前の信者が集まっているような、なんか異様なものを感じるのです。たとえその根本にあるものが善意だとしても何か変な感じがして仕方が無いのです。なんとなくマルチに似ているような動き。

これを書いても何の話をしているかわからない人が大半でしょう。でも海外投資とか海外不動産投資、マレーシア不動産を調べているといつかこの関係者とぶつかるはずです。話の進め方に共通点があるのでピンと来るはずです(要点をさっさとブログに書けばいいのに大事なところは書かずにメルマガと説明会に誘う。その後は多分視察ツアーできっと最終的にこれしかないと素晴らしい利点を並べて特定の物件に誘導するのかもしれません。その匂いがプンプンしてます)が、もし、ああ、これかと思ったときには、すぐに飛びつくとはせずに検索するだけでいろいろ出てきますから、是非調べるだけは調べてみたら良いと思います。

これって考えれば考えるほど怪しくて、我々が想像もしなかった海外投資ブームを利用した新手のビジネスモデルかもしれない。そしてそのシステムの根幹にマルチレベルシステムも組み込まれている可能性すらある。つまり購入者が新たな顧客を呼び込むシステムが確立しているように見えるってこと。だから多くの参加者、広がりがあるんじゃないかと思ったり。これを見破るのは簡単で、自分が買った物件、関連物件を必要以上に勧めるかどうか見ればわかる。

彼らが勧めるフィリピンの物件があるんですが、なんとそれを買うとフィリッピンのSRRVと呼ばれるロングステイ用のビザが発給されるとの事。これは建設会社とイミグレの協力によってそれが可能になり、その話をまとめたのは日本人だと豪語していますが、これって私にしてみれば狸が尻尾を出したようにしか見えません。そうやってあの手この手でその物件を飾り立てているだけにしか思えません。

この話を暴くのは簡単で、一番最後に、その物件じゃない違う物件を買いたいと言ってみれば全てがわかるでしょう。海外投資、不動産投資の手助け、情報発信のように見せかけた、特定の物件の販売システムかどうかはそれでわかるはず。でもそんなことさえ考えずに、自分も貴方と同じように有利な投資をしたいです、なんて欲の皮が突っ張ったカモがみずから飛び込んでいくのが見える様でもあります。

でもこれって詐欺にはならないんでしょうね。口コミの威力を使ったアフェリエイトと同じ。

まぁ、旨い話には乗るなと言おうとは思っていないのですが、少なくとも冷静に調べてみるべきですよね。親切すぎる人は、それで利益があるからだと思って間違いなし。情報を発信してくれているなんて喜んだり感謝する必要もない。そもそも、メルマガだとか説明会を開きますなんておかしいじゃないですか。情報発信でそこまでします?ブログで開けっぴろげにすれば済む話でしょ。質疑応答?それもブログで出来ます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

なんとなく胡散臭い海外不動産投資話” への13件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6a504f4b4d687748696d44327152386c69687231494a32704c7132796a775178e18d57bc0b3be22d0cbba810e65c951c8d30585161d9ee3f6c5f8583b97b7e43
    調べれば、調べるほど怪しい感じしてきますよね(笑)。斯く言う、私も実は、マレーシアの不動産投資について、調べてこの、daboさんが話してるところにたどり着き、daboさんのブログにもたどりつきました。daboさんに失礼ながら直接メールを送ったのにも関わらず、とても丁寧なお返事をいただきました。それから、ほぼ毎日、ブログを拝見しながら、いつか直接、お会いして、奥様も一緒にお酒を飲みながら、お話してみたいなあと思っている1人です(笑)。是非、マレーシアに行かれる前に、、。こちらブリスベン在住です。

  2. SECRET: 0
    PASS: 72327968414a5743754b324f4e476d6e6f4e4e51376c73636d6d39436430416692e2f2c39ea2ef31cede771f0374884a4632adb6f37429cd115763ef60ad1670
    いつも更新ありがとうございます。過去ログ楽しく拝読させていただいております。その方についてはすでに民事訴訟が提起されているので、注意です。まあ、民事なので、原告、被告の言い分双方ありますが・・・。数年前からすでに海外在住日本人のあいだでかかわってはいけない人と称されてました。「チャーリータカこと〇〇なる人物らが,本件スポーツブック投資商法に大きな関与をしている」リンク先をご参照ください。

  3. SECRET: 0
    PASS: 6569574f4b74784f4d69457263364b4c3273627932694a697a674951723263597750e17d6934c29607bc236475c1ca37a5a06b9ca8f388b21927850535d4b0f4
    shoさん、お久しぶりです。

    いつかゴールドコーストに遊びに来ることがあったら連絡をください。オチャでもオチャケでも飲みましょう(笑)。ただ、ヨメサンは持病があるので人と会うのは避けていますのでパスとなるでしょうけど。

    ゆっきーさん

    あのアービトラージがどうのこうのってやつですね?

    チャーリーなんとかって人の周りにも重要人物が何人か居るようで、彼らはまたご丁寧にへんな偽名をつけて活動しているようですし、またそれの子分筋に当たるような人もかなりの数いるのが調べるとわかりますね。彼らは普通に情報発信の形を取ってやっていますからまだまだ広がる可能性がありますね。自分には強力なアドバイザーがいるというだけでその人の名前はもちろんチャーリーの名前も一切出さないで活動している人もいるからわからない人にはわからないだろうし。

    この投資は間違いがないと信じて異常なほどに仲間を増やそうとする姿を見ると、どうしても私には単なる情報発信には見えず、マルチを連想してしまいます。わけのわからないヨーロッパの小国にまで手を伸ばして、そこの物件を買うだけじゃなくて移住までしちゃうってのも尋常じゃないですね。これは何か裏があるだろうと思うのは当たり前で、彼らがその地で重要な役割を演じるんでしょうが、海外の不動産に投資しただけでそこまでやるのは異常に見えるのが仕掛けている連中にはわからないんでしょうか。

    そういえば、ある物件には開発の時点から関与していたなんて書いている人もいたけれど、それも同じで、黙っていたほうが良いのに普通の投資家ならありえない事を言うのって自慢のつもりが尻尾を出してしまっただけ。

    ネットの中ではアフェリエイトが盛んですが、似たようなビジネスモデルがこういう海外投資の分野にも広がっているんですかねぇ。

  4. SECRET: 0
    PASS: 64354c6a6e6d4862706d5557753765455168754d4a68675a7453615559633133c7ee6cc5cd62af41a59e3381c2277135891bffcbb3d203c38be6e3bd26c5189d
    あの集団については私も同じ意見を抱いていました。
    弊社の顧客さんの中にも彼らの話に乗ってJBの不動産が
    良いらしいのですが、いかが思われますか?との質問を
    ここ最近良くされます。
    不動産の斡旋など、求める人の状況ごとに違いますから、売りたい物件ありきでは上手くいかないというのが私の持論です。

  5. SECRET: 0
    PASS: 635532774d72595477304346714f397a5161696d333478396a49707039766857ef858d5d9c08bbd847eed225ec925c8ea8f76fa4a8fae399c49097510179a9fe
    レックスさん

    まぁ、世の中にはいろんな人がいるし、それは買い手も売り手も同じで需要があるところに供給があると私は思っていて、何が悪いのかって言えませんよね。また毎度の事ですが、利益とリスクって車の両輪で常にくっついているもんだと思うんです。だからその兼ね合いを考えれば良いだけの事かもしれない。年に50%の利益見込みの商品だってありますが、それがインチキってわけじゃなくて、それなりのリスクがあるってことだけなんですね。

    一般的には、リスクは回避するものだと信じている人が多いからハイリターンの話は怪しむ傾向がありますが、それは間違っていると思っています。ローリスクはローリターンだというだけのことでしかない。

    telemonさん、お久しぶりです。

    そんなに広がっているんですか。

    でも納得して買うのならそれはそれで全く問題がないわけですから、時流に乗った素晴らしいビジネスなのかもしれませんね。とイヤミを言ってみる。(笑)

    telemonさんには早く会いたいなぁ。いろんな話を聞かせて欲しいです。

  6. SECRET: 0
    PASS: 6955427449635a646463695237326f6834714b7551464d3776505837766c4f5a38b17f2e79b14fca3e9fa6704ff186479081f846bd409bb8fb8f34b11743d582
    私もちょっと怪しいなと思い調べ始めたら、驚くほどでてきました。情報をあつめています。こちらもコピー転送させていただけるとありがたいです。

  7. SECRET: 0
    PASS: 597a506a754f784576347661453734474e326a50746f6d4c5151383459345a6e7c46687642b435016e824e90e9298e48c5298f0d60bba8d55fb5071ecd7ce1a5
    Takadaさん

    私もこの日記を書いた後にいろいろ見ていますが、見れば見るほど怪しいですね。

    あ、そうそう、思ったとおりこれはマルチであるとある場所に書いてありました。それが理由で大元のファンドの販売会社があるリセーラーを切ったとのニュース。で、そのリセーラーから投資家はファンドを買う形になっていたようですね。

    で、大元のファンドはまともでもそのリセーラーがおかしいとか、あるいは高利回りをたたき出しているのはそのリセーラーに売買を任すからということであれば、これは良くある高利回りで釣る巷の胡散臭いのと全く同じ。

    でも信者がどんどん増えているようですから不思議です。若者の閉塞感がここにも現れているのでしょうか。

  8. >適格機関投資家等特例業務届出者である合同会社ISC(京都市左京区、法人番号9290003003392、代表社員 池田祥章、以下「当社」という。)に対する当局による検査の結果、以下1.の法令違反行為等が認められたことから、本日、当社に対し、金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針に基づき、当該行為を行わないよう以下2.の警告書を発出した。
    1.法令違反及び投資者保護上問題のある行為
     (1)第二種金融商品取引業に係る無登録営業
       ①適格機関投資家からの出資が認められないファンドの私募
       ②他の適格機関投資家等特例業務届出者が組成したファンドの私募の取扱い
     (2)出資金の管理等が杜撰な状況(投資者保護上問題のある行為)   
    >2.警告書の発出
      当社に対し、金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針Ⅱ-1-1(7)及び同指針Ⅸ-1-2(3)に基づき、法令違反行為である第二種金融商品取引業に係る無登録営業を行わないよう、また出資金の管理等を適切に行うよう、警告書を発出した。
    >本件3ファンドで集めた資金は、ファンドの募集目的に応じて、スポーツブックメーカー投資のためのシステムレンタル事業、フィリピンの人材派遣事業及び米国の油田掘削事業にそれぞれ投資され、その収益を出資者に配当するとしている。
    これら本件3ファンドの出資持分の取得勧誘及び運用の実態について検査したところ、以下の問題点が認められた。
    >(2)出資金の管理等が杜撰な状況
    当社が組成した本件3ファンドの出資金は、マカオに所在する法人Aが管理・運用し、法人Aの関係する複数の法人を経由して、上記事業に投資されるとしているところ、当社は、法人Aによる出資金の管理・運用状況、当該事業への送金状況、当該事業の実態等について全く把握していない。  
    上記(2)のような当社の出資金の管理やファンドの運営状況は杜撰であり、投資者保護上問題があるものと認められる。
    http://kinki.mof.go.jp/file/rizai/pagekinkihp004000030.html
    http://kinki.mof.go.jp/file/rizai/pagekinkihp004000031.html
    http://kinki.mof.go.jp/file/rizai/pagekinkihp027000075.html
    http://kinki.mof.go.jp/file/rizai/pagekinkihp027000077.html

  9. 情報をありがとうございます。

    ただ解説が何もありませんので、この日記に書かれたグループの関連性もわかりません。会社名から検索しても詳しいことはわからず。そこが残念です。

  10. 不親切なコメントを書いてしまい、申し訳ありません。合同会社を設立させたのが、「中心人物」なんです。「マカオに所在する法人A」は、この人物の会社です。また、彼が薦めていた米国油田投資は詐欺と判明しました.
    http://www.sec.gov/litigation/complaints/2015/comp-pr2015-141.pdf
    https://www.sec.gov/litigation/litreleases/2015/lr23298.htm

    米SECの資料には”Fujigami’s business partner is a Japanese national who lives in Macau.”とあります(2ページ)。Fujigamiは原油詐欺会社のLucaの日本人協力者で、マカオの日本人はこの「中心人物」のことです。
    https://www.sec.gov/litigation/admin/2015/34-75362.pdf

    米国での事件がきっかけとなって日本の当局が動いたのかも知れません。

    • ご丁寧にありがとうございます。

      私もちょっと調べてみました所、関連性がちょっと見えましたのでハハ~~ンと思っていたところです。

      彼らはマレーシアのジョホールバルを拠点として人も集め活発に活動しているようで、それが気になっております。

  11. ジョホールバルの次にフィリピンのマカティー、セブ島やタイのアユタヤでも同じことをやっています。
    フィリピンの介護事業はお年寄りが対象で将来の介護を期待して投資したようです。
    アユタヤのマンションも名前からするとウエルネスパークレジデンスという事ですので何か介護と絡めたのかもしれません。
    http://gaa.co.th/company
    タイのアユタヤの物件は開発自体を彼らが行っており他の不動産物件は仲介だけなようです。
    どの計画も家賃収入でローン返済を賄えるという触れ込みで売り出したのですがどれも破綻しているようです。
    http://toushi.jiyujin.tokyo/wellness_park-16/
    アユタヤの物件はあくまでも未確認情報ですが登記さえなされていないようです。
    全体的に元気なお年寄りの顧客が多いことからこれだけの規模の詐欺事件にも関わらず被害届が少ないようです。

    • ご紹介のサイトを拝見しました。

      なんだかやってることがアホみたいというか、うまい話に簡単に乗ってしまう人がいるのが本当に理解できません。

      あれがああなってこうなると、投資もああなってこうなって利益が出るなんて、こういうのは子供の夢話と同じだってのがわからないんでしょうね。

      でも最近は仕掛ける側より、乗る側に対して私は苛立ちを感じます。同じ穴のムジナなんだろうと。

      欲を突っ張るだけ突っ張らせておいて、うまくいかなくなると騙されたみたいな言い方をする方がおかしいんじゃないかと。

      結局、万事が万事うまくいくことはないわけで、でも彼らの計算では「うまくいくときもある」はずで、それを乗り手もきっちり読めばまた違う結果になるんだろうと思ったり。

      「株が上がってますから、株を買えば儲かりますよ」という誘いと全く同じだと私は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *