とりあえずマレーシア

私は基本的に、若い方々がジジババと同じ感覚で、今のロングステイブームに乗ったマレーシアを選ぶというのはちょっと違うんじゃないかという考えを持っているのは何度か書いています。ましてやMM2Hというビザでどうやって長い将来に渡って子供達を育てるのか、考えただけでゾッとすることもなくはないのです。

まぁ、好きなことをやれば良いわけですが、私も好きなように考え方を述べさせていただいています。

で、前の日記にそんなことにもちょっと触れましたが、昨日、なが~~~~いメールを頂戴しました。

お子さんとお母さんだけで、稼ぎ頭のご主人は日本に残したままマレーシアへ渡ろうとしている方からでした。

福島原発の事から始まって、日本における子供の教育に関すること、日本という国そのものの将来性など、それらを総合して考えてマレーシアに渡る決心をなさったそうです。その方の真剣さ、そして問題の深刻さがわかるメールなので、是非できたらここへ全てオープンにしたいぐらいですがそれは不可能。

私がなるほどと思ったのは「とりあえずマレーシアに行くしかない」という点です。

原発がらみの話としてとにかく早く出たいというのがあって、最終的にどこの国がいいのか考え実行するのは後回しとのこと。

仰るとおりだと思いました。すぐ出ようと思っても、すぐに長期の、それもたとえ永住権じゃないにしても何十年も住もうと思えば住めるビザを発行している国が他にありますか?ということでした。

これは私も他にそういうビザを持つ国を知りません。しいて言えばフィリピンの永住権でしょうか。マレーシアよりハードルは低い。

また、永住権を狙うにしても、結果が出るのに時間が掛かるのと、また取れない可能性も高く、そして取った後のことも考えないとうまくなくて、MM2Hの様にそれを持ったままマレーシア国外で居住するというのは普通できないんですね。永住権は永住の意思があるから発行されるわけで、日本なり他の国に住んだままその永住権を維持することは難しい。これはアメリカもオーストラリアも、シンガポールでも同じ。

MM2Hの良さを今回のメールであらためて認識しました。

とりあえずそれを取得して、そのまま放置でも権利は喪失しないってこと。これはかなり凄いことなのでしょう。

それと、私が前から思っているMM2Hの不思議な点ですが、発給条件がいろいろありますが、所得の部分。これって普通、その国に渡ってからどうやって生活するのか?というのが大事な部分で、その証明の為に所得あるいは資産証明が必要。本来それがマレーシアに渡っても維持できるという前提(金利や年金とか)が大事で、給料取りの場合はマレーシアに渡ってしまえばゼロになるから参考にはならないはず。ところがMM2Hの場合は、日本であるいは海外で給料をもらっているとするなら、それで取れちゃうという摩訶不思議なビザ。マレーシアに渡ればその収入はなくなるのにその点に関しては何も言われない。

この点も他の国ではありえない考え方だと私は思っていて、MM2Hの取りやすさが目立ちます。(これは他国には例を見ない長期滞在可能な観光ビザのような形態だからかもしれないですね)

今はマレーシアへ行く気がなくても、MM2Hを取っちゃうということが出来る。ビザ発給後1年以内に居住しないと失効するとかおまけがつくことがありますが、そんな五月蝿い規定もない。

マレーシアで一生住む気がなくても、たとえ本当は他の国へ行きたくても、とりあえずマレーシアのMM2Hを取って渡るのは正解かもしれない。ましてや日本脱出を急ぐ人にはこれしかないかも。

話題は変わって、MM2Hは簡単に取れますし、マレーシアの生活も安いなんて話が広がっていますが、実は私の同年代の友人(特にネットの中)は、MM2Hを取る条件に満たない人が多いんです。年金は国民年金、家はあっても資産価値は無いに等しい、貯金も1千万なんて大金は持っていないと言う。

そういう彼らに、マレーシアは安いんだよ~なんて話をして、自分の感覚とのギャップを感じたし、大変失礼な話をしてしまったと思ったことがあるのですが、昨日も地方在住の方で、自分の周りにいる人たちはMM2Hなんて無理という話を聞きました。それが可能なのは地方公務員上がりと大企業の定年組みだけだと。

若者は若者で今の時代は大変なことになっているようですし、こうやってマレーシア~~なんて話が出来るのは本当にラッキーでしかないんでしょうね。

ジャランジャランというアジア情報をやりとりする掲示板がありますが、あそこでは頻繁にMM2Hが批判されることがありますね。バカじゃないかと思うことが多いですが、老春を謳歌している人たちを見ると腹が立つというのもわかるような気がしてきます。

上を見ればキリがない、下を見てもキリがない。自分の足元だけ見つめて自分の好きなように生きていけば良いってことなんでしょうが、私はどうもそれに抵抗を感じるんですよ。ものの考え方がキリギリス的じゃなくて蟻、あるいは蜂的なのかもしれないけれど、自分の目に写るのは決して自分だけじゃないわけで、いろいろ気になるんですわ。

大好きな寿司だって、一人で食うよりみんなで食ったほうが旨い。

同じレベルの人と付き合うのが一番と言う人は多いけれど、私はこれにも抵抗があって、寿司が食べられない状況でどうやって皆で寿司を食うのか、私はそこに拘ってみたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

とりあえずマレーシア” への5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 475a46787a74307a78315431704a53354a594b4476526d5664334d36314d36301a05610607ca28db30b920f2af8760f651303e30484b680e0bd90fe73c395579
    こんにちは^^

    >それと、私が前から思っているMM2Hの不思議な点ですが、発給条件がいろいろありますが、所得の部分。これって普通、その国に渡ってからどうやって生活するのか?というのが大事な部分で、その証明の為に所得あるいは資産証明が必要。本来それがマレーシアに渡っても維持できるという前提(金利や年金とか)が大事で、給料取りの場合はマレーシアに渡ってしまえばゼロになるから参考にはならないはず。ところがMM2Hの場合は、日本であるいは海外で給料をもらっているとするなら、それで取れちゃうという摩訶不思議なビザ。マレーシアに渡ればその収入はなくなるのにその点に関しては何も言われない。

    これは私もdaboさんと同じく、不思議だなーと思ってました。
    皆さん最初に最長の10年間分ギリギリまでのMM2Hを取得される方が殆んどだと思うけど(毎年の更新料も確か安かったし面倒臭くないし)、これはなんと、次回の更新時には最初の取得条件時の毎月の所得の維持に関しては問われないというものですよね(@_@;)。

    私は、ここで「ラッキー♡こりゃ取れる時に取得するっきゃない・・」と思いました。

    私、英語出来ないので、エージャントにお金出して頼むにしても。

    まあ、私のいつもの自分勝手な解釈ですと、10年経って何の問題も起こさなければ、毎月の所得の維持を10年後に改めて問われなくともその部分はマレーシアが「与信」として与えてあげましょう^^ってな大サービスなものだろう、その担保である部分が15万リンギット銀行に預けるる保証金の部分の継続かな・・
    そうしてでても「マレーシア」にとって外貨を落としてくれるのは魅力的なのかも・・

    私も今日のdaboさんのブログを見て
    >MM2Hの良さを今回のメールであらためて認識しました
    に、同感してます。

    >お子さんとお母さんだけで、稼ぎ頭のご主人は日本に残したままマレーシアへ渡ろうとしている方からでした。
    ・・の決断と勇気、素晴らしいですね。頑張れ~!

    勿論、家族一緒に住むのが一番安心なんだろうけど、生き方なんて100人いたら100通りだと思います。

    ご主人様を残してきたら、いろいろと心配なこともあると思いますが、お互い愛情を確信していれば何の問題もないと思います。

    私に限っていえば、歴史から見ると、自分なんて世の中の蟻さん位なもんですよ。鼻くそ位の構成員。
    でも今の時代に産まれてこうやってdaboさんにもご縁があって、MM2Hも取得しちゃったし、ここで自分の脳味噌じゃ到底たどり着けない生き方もこれから私は経験するかも知れない。
    また勇気をもって決断された若いお母様方の結果がどうであろうと、
    その真剣さは子供にもきっと伝わり、その子の人生のプラスになると思う。
    だってdaboさんちだって、息子さん立派に育っっちゃったじゃない^^
    取りあえず状況を見ながら方向修正すればいいと思う。
    その時に時代がどう動いているなんて私には判んない。

    でも、daboさん!寿司は皆で一緒に食べたいね~~^^

  2. SECRET: 0
    PASS: 77434374466254674b3462523874704749636a75414461724a62417479446935a3116cb4869882431d586bf1de32dabb3361b48415ddc8a21a3511af37a2f257
    その方にはぜひ私のすばらしい、インターナショナルスクールのネタを読んで頂きたいですね。自分で言うのだから間違いない!!ttp://blogs.yahoo.co.jp/fromkl/61855565.html
    まあマレーシアはいい国ですわ、住み心地はNo1と思う。
    セカンドホームと駐在者は視点が違うからしょうがないですね。

  3. SECRET: 0
    PASS: 775469616d46776a50577a39684167546e784d4e765a526e6272564d77677533eaa5373dbe1c4b0e4d918f75962f087966701efb2cac849a42fcf203249ea441
    jazzさん

    MM2Hをとりあえず取っておくというのは取れる環境にある人なら全員が取っておいても良い位に思います。使う使わないはどうでも良いんですから。

    美味しい、お寿司を一緒に食べましょう~~。大西さんのところも行こうね~。(笑)

    おおにしさん

    ブログ見ました。結局どの国でも同じですね。またロングステイで夢を見るのは良いけれど、子育てで夢をみちゃうのは実害があるからうまくないですね。でもま、それも皆が通る道なんでしょうが。

    rexさん

    5ミリオンですか?そんなに無くても投資家ビザは取れるはずですが、それってなんなんでしょうか。そのニュースの出所を教えてもらえませんか?

  4. SECRET: 0
    PASS: 56464e66503975653668335745424f70386b557050414954577a6f73476c654ab682cd3da70e95e108bcb08db82f2d6b835867fd2971db41009fe76fc99b05fc
    rexさん

    検索したら関連記事が出てきました。24日からみたいですね。

    インド人、中国人に・・みたいに書いてあったけれど、そういう要望もあったんでしょうねぇ。

    しかし凄いなぁ。5Mとは。

    最近のオーストラリア永住権事情が全くわからないけれど、難しい、面倒になってきたのかなぁ。75万ドルだかそのくらいの投資で永住権が取れるはずだけれど、それも内容がごちゃごちゃしているんだろうか。投資だけじゃない要件が細かいとか?

    私のときは簡単だったわ。その前はもっと簡単だったみたいだけど。

  5. SECRET: 0
    PASS: 62736d63456a56423763576f4d715858394a527254486c72587a71624f6f566b3fa2093e6808d8cd8c007543966b75f654b0d88cb9f5cef3a298b128adf165c6
    rexさん

    この国も苦しいところはいくらでもあるし、難しいですねぇ。

    でもこのビザを作ることに関しては私は賛成で、それなりの効果はあるんでしょうね。それだけの金を凍結投資できる人なら使う金も半端じゃないでしょうし、不動産業界はじめ幅広く恩恵を受ける。

    マレーシアのMM2Hと同じね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *