GoPro Hero3

これはカメラの話。でもこれに興味がある読者は多分一人しかいないはずですが(笑)、検索で飛んでくる人もいますので、ちょっと話題にさせてください。

前にGoPro HERO3が発売されたと紹介しましたが、ユーチューブに続々と比較テストが上がってきています。で、それを見た感想ですが、これは買い!!だと思います。

4Kでの撮影が出来るとか720pで120fpsが出るとか、それだけでもオタクは嬉しいと思います。特に120fpsの威力は凄く、スローモーションを多用する場合、After Effect等のTwixtorプラグインを使うにしても元絵が綺麗な120pならできばえもかなり変わるはず。

私として嬉しいのはタイムラプス撮影ですが、0.5秒毎の設定が増えたこと。それとGoPro HERO2の私が気になる点として、暗くなると色がまるで乗らないことがあるのですが、それがかなり改善されたこと。それと共に暗所耐性も上がったように見えます。ダイナミックレンジは間違いなく広がっていて、白トビも減っている様子。

比較テストをいくつか。

まずは外観の違い。

HERO3は小さくなっていますが、薄くなっていると考えたほうが良く、皆が心配していた今までのアクセサリーはそのまま使えるようです。大きさが違うのでケースは当然駄目ですが、ケースの裏ぶたは流用できる。またバッテリー拡張パック、モニターパックも使用可能は嬉しい。

この違いは大きいです。HERO2は水中ではボケボケですが、HERO3はばっちり。ただこれには理由があって、HERO2のケースに問題があります。レンズ部分が湾曲していて水中では屈折率がおかしくなる。それを改善するにはHERO2のケースを取り替えなければなりません。ダイブハウジングが販売されています。水中で撮る場合はこれは必携となりますが、新しいHERO3の場合は水中でも問題なく写せる。

ダイブハウジングを装着した場合のHERO2とHERO3の比較。

暗所ではどうかの比較。この比較で音声もかなり違うのがわかりました。これなら外部マイクはいらないかもしれない。

ここがちょっとややこしくて、Protuneってなんだ?と思われる方が多いかもしれません。なんだか汚いなぁと思うかもしれませんし、それがあるから暗所もどうにか使えるのかと思うかもしれない。このProtuneって一つのファームウェアでこれを使うとビットレートが15Mb/sから35Mb/sに上がるとか、カラーコレクションが出来るとか、まぁ、気になる人は詳しく調べて頂くとして、どちらにしてもGoProは進化を続けているのが面白いと思います。また上の映像で感じたことはProtuneはHERO2よりHERO3との相性が良いんじゃないかみたいな気もします。これに関しては私は使っていないのでわからず。あくまで動画を見て感じたことです。

これからこの手のカメラを買うとすればやっぱりGoPro HERO3のブラックエディションがベストだろうと思います。近年、この手のカメラ分野にソニー等が参入してきましたが、比較サンプルを見ている限りGoProの圧勝に思えます。ましてHERO3が出てより大きな差をつけた感じがします。

GoPro HERO3のプロモーションビデオですが、是非全画面、1080pで見てください。これだけの映像があのマッチ箱みたいなカメラで撮れてしまう。

私がGoPro Hero2を買った直後は、なんだぁ玩具かと思いましたが、今ではぞっこん惚れています。アウトドアではかなり使える。

=========

大事なことを忘れていました。HERO3はWiFi機能が付いている。これで何台ものカメラを遠隔操作できるようです。またスマホをモニター代わりに使えるのかな?これは未確認ですが、これが出来ると構図の確認が出来て便利。

どちらにしても今の私にはWiFi機能は入らないというか必要性を感じていません。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *