バヌアツ旅行の予約

しかしまぁワガママというか、行きたいと思うと我慢が出来ず、あれじゃこれじゃと調べまくってあっちが良い、こっちが良いと悩み、挙句の果てはやっぱり止めようとか思ったり。

でも、この10年旅行らしい旅行をしていない(本当か?)し、ヨメサンと二人だけの豪華旅行なんて新婚旅行が最初で最後だったし、子供たちの就職も決まってひと段落着いたのだから多少の贅沢は良いじゃないかとか、いちいち言い訳を考えながらネットで検索。大体の形が見えてきた。

ということで、本日旅行会社に行ってきました。

ネットで直接予約をすればいいのだけれど、飛行機が単純往復じゃないこと(飛行機会社も変わる)と、宿泊先の予約がかなり取りずらいようでそれに合わせて旅程の変更をしないとならないとか、ちょっとややこしいので近所の旅行会社に頼んできました。

案の定、一発で予約は決まらず、担当の女性に調整を頼んできました。

うまく決まれば良いけれど、駄目なら中止。あるいは大幅に変更して行き先さえも変えないとならないかもしれない。そのリゾートそのものに行ってみたいから決めたわけで、他のリゾートでもいいや、みたいな妥協はしたくありません。

さて、どうなりますか。2,3日中にはわかるとのこと。

旅程は8泊9日。まず、バヌアツのエスプリッツサント島という離島へブリスベンから直行便で飛び4泊。そこから首都のある本島へ飛び、4泊。そして本島からの直行便でブリスベンへ。

飛行機は当然ビジネスクラス、じゃぁなくてエコノミ~~~。(笑)

サント島はこんな感じのところ。Oyster Island Resort。

本島(エフェテ島)ではこんな感じ。Eratap Beach Resort。コテージが12しかない小さな所。

写真で見る限り、かなり良さそうだけれど、どうでしょうね。何百枚の写真の内、一番良いのを使うわけだから写真を信用できないし、でもトリップアドバイザーの口コミを重視して決めたのでそこそこだろうと期待しています。

バヌアツと言うあまり開発が進んでいない場所であって、どこも大自然を前面に出しているリゾートだから近代的な豪華さ、素晴らしさはないはずなんだけれど、海の綺麗さに関しては多分、我々が今まで体験したことのない綺麗さだろうと想像しています。

さて、ちゃんと予約が取れるかな~~~。

取れなかったら?

う~~~む、クックアイランドに大幅変更かなぁ。でもクックアイランドはニュージーランド経由だからかなり面倒そ。

-------------------

関係ないことですが、この写真がHDR(High Dynamic Range)合成と呼ばれる写真です。

普通、暗い室内から外を撮る場合、外に露出を合わすと室内は真っ暗。室内に露出を合わせると外は真っ白に写る。では真ん中あたりにしてみたところで、やっぱり中は暗く外は明るすぎる。

そこで例えば露出の違う3枚(場合によっては7枚とか)の写真を撮るわけです。一つは外に合わせ、一つは室内に合わせ、そして一つは真ん中あたり。この3枚の写真をうまい具合に合成すると、この写真みたいに外も室内も丁度良い感じになるんですね。

専用のフリーソフトもありますし、それをカメラが自動でやる機能(一度のシャッターで3枚露出の違う写真を撮って合成)が付いているものも増えてきました。

これってやりすぎると不自然になりますが、人間の目の性能には遠く及ばないカメラの場合はこういう小技を使うことによって、人間の目で見た感じに近く出来るんですね。

ストロボを使うという手もありますが、風景の場合は距離の問題もありますので、HDRをうまく使うと良い結果が出ることが多いと思います。

またHDRもどきというのもあって、何度か紹介しているアドビのLightroomというソフトを使いますと、1枚の写真から明るいところは暗くして、暗めのところはそこだけ狙って明るくするとか、かなり自由にいじくりまわせます。本来ならボツにするべき写真もこれで生き返ることもある。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *