オーストラリアで一番美味しい魚

オーストラリアの海産物ってそれなりに有名なわけですが、では美味しいものに出会ったかどうかというとなかなか難しいものがあると思います。

ゴールドコーストはクイーンズランド州で、クイーンズランド州も海産物は州の主要な産物なわけですが、では旅行でゴールドコーストに来て、何か美味しい海産物を食べたかというと「どこにあるの?」状態だと思います。海産物を売りにしている店もありますが、われわれ日本人から見ると全くアウトで、豊富な甲殻類も茹で過ぎて味がしっかり抜けちゃって塩辛いだけなんてのも普通。

でもまぁ、そういう中でどうにかならないかと考えるわけですが、結局魚が居ないんじゃなくて、漁師、流通に問題があるのだろうと私は思っています。真鯛が豊富なのですが、漁師も血抜きとか生き締めなんてことを最近やっと覚えた漁師もいる程度らしく、ほとんどは炎天下のボートの上に平気で放置したりするとのこと。

うーむ、でもやっぱり魚自体が違うと思うなぁ。

そんな中で我々にとっての救いは鮭でしょうか。これはそこそこのがありまして、特にオーシャントラウトと呼ばれる鮭は美味しい。

でもねぇ、鮭ばっかり食べてもしょうがないですもんね。私は鮭好きだったのですが、まず刺身や寿司では鮭は食べないようになりまして。見るのも嫌なくらい。塩焼きは好き。

かつては本マグロ(ミナミマグロ、ブルーフィンツナ)も普通に食べることが出来た時代がありました。釣れたものがあるのと同時に畜養マグロと言って、子供を捕まえてきてそれを育てるやつ。孵化からやる養殖とは区別して畜養と呼んでいます。

これもある時期からなかなか市中に回らなくなってしまいました。日本の業者の買占めだと聞きます。でもまぁ、全く市中に出回らないわけじゃありませんから、仕入れようと思えば仕入れられるのでしょうが、それだけの需要がなくなってしまったのかもしれませんね。

で、一般的なマグロというとキハダマグロ。どうも江戸っ子の私としてはキハダマグロが駄目で、関西人は好んで食べるそうですが、私にしてみるとキハダマグロはマグロじゃないくらいの感じがします。でも美味しいキハダは美味しいわけですが、そんなものにオーストラリアでめぐり合うことは宝くじに当たるのと同じような確率かも。私もこの20数年で美味しいと思ったキハダマグロに出会ったのは2,3回しかありません。

ま、とにかくマグロもどんな魚でもなかなか美味しいものに巡り会う事は少ないです。(シドニー辺りではいくらでもある様子)

マグロの次に私が良いと思うのは、ヒラマサです。こちらではキングフィッシュと呼ばれますが、いわゆるブリ、カンパチの親類。どういうわけかこのヒラマサはかなり美味しい。日本料理屋に行って、マグロはアウトでもヒラマサは美味しいというケースは結構あると思います。

その他、ドーリーがうまいの、あれも悪くないのと皆であーじゃこうじゃ言っていますが、魚屋から手に入る魚で感激するようなことはまず稀だと思います。釣り好きの日本人も多く、自分で釣ってくる場合には美味しい魚との出会いもあるのでしょうが、あくまで魚屋、料理屋中心で考えると、大ヒットってないと思います。

これはある魚をのぞいてはの話です。

そのある魚とは?

実はそういう魚もあるんです。多分日本で言う金目だと思うのですが、こちらではアルファンシノと言います。これは刺身良し、焼いて良し、煮て良しのパーフェクトと言っても良いくらい。3対ゼロ、9回の裏、ツーアウトから逆転劇を起こしたくらいのインパクトがあります。

でもこれもなかなか手に入らないんですね。美味しいのに当たるどころか、この魚そのものに出会うことも稀。で、たまに手に入っても良いものがない。

ところが~~~~~~~~

ありましたよ。ラブラドールのチャリスに。これです、これ。

これも当たりハズレがあって、ニュージーランド産と書いてありますが、日本の食料品店がニュージーランド産の金目と称して冷凍の切り身を売っていたことがありますが、見た目は最高、でも味は最悪でした。3枚におろした大きな切り身を何枚も買ってきたけれど、結局1枚食べただけであとは捨ててしまったことがあるとこの日記にも書いたことがあると思います。

で、このニュージーランド産のアルファンシノがあの日本食スーパーで売っている金目と同じだとしたら最悪なわけですが、これは買って食べてみるしかないので買ってみました。

まぁ、日本人の目から見ると新鮮さという点で、大丈夫かよ~、みたいな感じですが、オーストラリアでこの程度で文句を言ったら食べられる魚なんか無いかもしれません。でもやっぱり刺身で食べる勇気は無し。かなりの大きさで40センチはあるでしょうか。重さは内臓が抜いてある状態で2キロ弱でした。35ドル。

これを将軍おろし(大名おろしよりもっと大雑把)で3枚にしまして、まずはちょっと切って、それをお湯でさっと煮て、ポン酢で食べてみました。

80点かな。

日本食スーパーで売っていた金目よりはるかに美味しかったです。普通、身が固くなるんですが、これはフワッとしてる。皮もゴムみたいに固くない。

これ、ちゃんと煮たら多分90点以上になると思う。

今までこの20年、魚屋で手に入れたアルファンシノの中では最高得点。

まだ売っているはずですから、興味がある方はラブラドールのチャリスに行ってみてください。

頭はその内、味噌汁にでもするつもりで冷凍、切り身は塩麹に漬けてみました。

楽しみ、楽しみ。

ところで、今日は買い物ついでで何箇所か回ったのですが、いつか紹介しました高級スーパーにも行ってみました。残念ながらウニは売っていませんでしたが、大きな大きなタコを見つけました。

多分、一匹で4,5キロはあるようなタコ(多分水ダコ)の足3本だけ買ってきましたが、こんな大きなタコをオーストラリアで見るのは初めてです。ニュージーランド産のテンタクルズという呼び名が付いたそこそこ大きなタコもあるのですが、これほど大きくは無い。足の太さも一番太いところは8センチぐらいあるんじゃなかろうか。

いつも美味しい真ダコを食べている日本人にしたら、なんだそれと思うでしょうが、こちらでは美味しいタコに出会うのも非常に難しく、水ダコの活き作りでさえ、そんなのがあったら万歳をして喜びたくなるぐらい貴重です。

で、聞いたところ、そのタコはどうもスモークしてあるらしい。余計なことをして~~~と思いましたが、生だ生だ(RAW)と誇張しますので、とりあえず買ってみました。

生だと言っていましたが生じゃありません。でもしっかり茹でてある感じでもなく、さっと湯通ししたみたい。これってスモークなのかも。でもチップの香りは付いていない(付いていたら食べられなかったかも)。

とりあえず、足の先っぽを10センチばかり切りまして、それをぶつ切りにして醤油+わさびで食べてみましたが、ほぼ完璧。寿司屋(もちろんオーストラリアのですよ)のタコより間違いなく美味しかったです。

かなり太いので、そして皮がゴムほどではないにしろそれなりに存在を主張しますので、これは生タコの刺身みたいに皮は削いでしまったほうが良さそう。でも太さが普通の部位はそのままのぶつ切りで大丈夫そう。

量が量なので、ヨメさんが好きな煮タコも作ろうかと思いますが、ちょっとこれを煮てしまうのは勿体無い感じ。煮タコにするならそれ用に最適な中ぐらいの大きさのタコはいくらでも売ってますし。

タコ好きにはお奨めしたい一品です。まず日本食レストラン、寿司屋にはこの手のタコはないはず。いつもパサパサのうまくも無いタコを食べてイライラしている人には是非食べてみて欲しいです。

ハーバータウン近くにゴーゴーマートがありますよね。そのゴーゴーマートがある一角に高級品ばかり集めたスーパーがあって、その中の魚屋で売っていました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

オーストラリアで一番美味しい魚” への8件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 4855764d42586967593479703347727337696378436d45786f70714d4130714baccf60c88af6f741c81ac0ad5f369e483b965805ba23cd7d6d37109567521be0
    この目の大きな赤い魚、何回か見たことあります。
    でも、買って食べたことありません。
    今度見かけたら、買ってみようと思います。

    ヒラマサっていうんですか?たぶん、関西人はハマチっていうかな。あれも、たまにすごーくおいしいのに出会いますよね。
    わたしは、カラーラのココスのところの魚屋によく顔を出すんですよね。
    サーモンとかマグロは高いから滅多に買わないけど、おいしそうなハマチやスカラップを見かけたら買います。
    昔、日本語をしゃべるルパン3世みたいな髪型のオージーのお兄ちゃんがいたときは、新鮮なもの、ちゃんと教えてくれたんですが、いなくなっちゃいました。

    一度、メチャクチャ新鮮な、全然魚臭くないイワシがあって、お刺身で食べたら、超おいしかったです。

    たまーに、生の(グニョ~っとしてますよね、生)タコがあって、買って帰って自分で茹でて食べます。
    大量の塩で揉んでから、1キロにつき1分間ゆでて、水に取ります。当日はそのままわさび醤油で。
    あとは、ぶつ切りにして、毎日酢洗いしながら、酢の物にしたり、きゅうりとキムチ和えにしたり、セロリと塩コショウ、オリーブオイルで和えたり。

    トラウトって、鱒だと思ってました。

  2. SECRET: 0
    PASS: 71347644346b745973633179696768314d3051746d6379685359453474537a46b4c855c398ff40ea7f02f9bb79dad876afe5bff82a865b70aa74c2087c7403c4
    ちりとてさん

    あああ、あの魚屋ですか。私も昔はよく行っていたのですが、あの魚屋の正面にあった輸入食料品店が店じまいをしてから行かなくなってしまいました。あの魚屋ですが、アジがあったり、ちょっと普通の魚屋と違っていましたっけ。

    生のタコを売ってました?おーーし、今度行ってみよう。

    トラウト自体はマスですが、こちらの鮭にはオーシャントラウトとアトランティックサーモンと2種類ありますよね。

  3. SECRET: 0
    PASS: 54773979413754483732747976623249426d324c786d68367a4e3733486a617069d0f83fdceb139a86c9994e1c7cb5dc4600df4b0a60f7e8d33f0c2397a8c5f5
    生のタコがあるのは、たま~に、ですよ。
    それこそ、年に数回ぐらい。
    その正面にあった輸入食料品店は、ちょっと形を変えて再開しています。
    ALDI が入ったりしていて、雰囲気が変わっているので、機会があったら行ってみてください。

    しつこくて、ゴメンナサイ。トラウトは、やっぱり鱒だと思います。
    はりぃさんという、シドニー在住&料理人の方が書いてらっしゃるブログに解説してあるので、そうだと思いました。
    sydneynihonryori.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

  4. SECRET: 0
    PASS: 496648686d333950435951306567674a71626259525a74485672304f3146774753ee8d006f6d02deaea5e4ccb677bdaa8dfa2a2aa9bc25340664ade38c2b63e7
    うーーむ、なんていうべきか。

    トラウトだからマスなのは間違いがないけれど、オーシャントラウトは日本語ではやっぱり鮭なんですよ。そしてアトランティックサーモンとオーシャントラウトの違いは日本語には無い。

    ちりとてさんが前に、ヒラマサをハマチって書いたでしょ。あれと似たようなもんでヒラマサとハマチ(ブリ)は違う魚。それなのになぜハマチと客も店も呼ぶのか?

    オーシャントラウトを置いている店で、マスをくださいと言うとありませんってきっと答えるかもよ。それとも鮭をくださいと行ったら、ありませんと答えるか?それとも正確にいうのなら、日本語には虹鱒と言う言葉があるのだから、これは海で育った虹鱒ですというべきですね。でも誰もそうは言わない。

    通称と本当の名前を分けて考えないと。それも英語の通称も入ってくると三つ巴でめちゃくちゃになります。

    多くの店でギンダラがありますよね。でも本物のギンダラを置いている店はないわけだけど、これはギンダラじゃないっていちいち言いませんよね?

  5. SECRET: 0
    PASS: 5548696c706657354c6c4f5178783542514c5556465453463878637255316273321b765d2905165d07ead515bfde71c0b373fef9ea461799d7ebbae0edef0b6c
    なるほど。一般の方には、たいした問題ではないのかもしれませんね。
    ただ、わたしは鱒って嫌いなんですよ。
    海水で育てようと、鱒は鱒の味がします。
    だから、オーシャントラウトを鮭、またはサーモンといって出されたら、暴れます。

  6. SECRET: 0
    PASS: 42584b7a374d464867424d38646a4a4a4a594a78357145446855314571795275324cf8cb15de775984278db078a5c987cbb57bff0e0fbf4907a892c94b331600
    私はオーシャントラウトは食べるけれど、虹鱒はもう見るのも嫌。

    若い頃虹鱒釣りに凝っていて、常に冷蔵庫の中には冷凍、冷蔵、燻製が30匹ぐらい入っていて、友人も虹鱒ならいらないなんて言われていた頃があります。でもあれ以来、一切口にしません。

    たまに魚屋に虹鱒の燻製が売ってるじゃないですか。あれを見ると気持ち悪くなる。(笑)

  7. SECRET: 0
    PASS: 6c4a4d454d304837617a61744e30777637717175503058576a6f486a534a5245be08ff0b1172ccd0aca22013ff23d3777a739aa064da6c6d90aac880d7b06f10
    主人の会社の同僚が、「サーモン一切れ2ドル。」と言って、冷凍になった切り身(皮は、はいでました)を大量に持ってきたそうです。
    付き合いで、主人が5切れ10ドル分買ってきたので、塩焼きにしたら、鱒の味がしました。
    「何、これ。トラウトじゃない!」だまされた気がしました。

    でも、daboさんのこの記事をきっかけに、検索してみると、「オーストラリアでは、サーモンよりオーシャントラウトの方が、脂が乗っていておいしい。」という証言に複数出会いました。
    かのシドニーの有名日本人シェフ和久田哲也さんの得意料理は、「オーシャン・トラウトのコンフィ」というものらしいし。
    daboさんは、オーシャントラウトと虹鱒は違うと強調されているし。

    それで、塩焼きにしなければいいのかも、と思って、
    スーパーに売っているスモークサーモンと同じようにスライスしてパックした”Ocean Trout(オーシャントラウト)”と書いてあるものを買ってきて食べてみました。

    「おいしい!」
    daboさんの記事と丁寧なコメントのおかげで、オーストラリアでの食生活がさらに豊かになりました。
    ありがとうございました。

  8. SECRET: 0
    PASS: 4138725739474159637877376d4335536e746c5a6a4f74566f594c30573962460b36cbe06ab9a123908be797751cfb11492c59bae31a897a099c7a5460625a0e
    ちりとてさん、良かったですね~~。

    鱒だと思うと食べたくないですが、鮭だと思えば美味しいですよね。見た目も鮭だし。

    こちらではろくな魚がないと文句ばかり言っている私ですが、これもまた無知だからそう思うのかもしれません。見た目、先入観で美味しくないだろうと決め付けているような気がしないでもありません。最近、嬉しいと思う Monk Fish だって、これがアンコウだとわかるまで食べようともしませんでしたもの。

    意外においしい魚はいくらでもあるのかもですね。

    また情報交換させてください。楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *