ささやかなお祝い

かなり難しいだろうと想像していた長男の就職ですが、これから面白ろそうだと私も長男に勧めていた日本企業からすんなり内定が出たのでびっくりしています。

手を叩いて万歳というよりか、なが~~~い溜息がひとつ出ました。やっとこれで一段落。

昔なら即刻パーティだったろうと思いますが、子供達もゴールドコーストにはおらず、また昔からの友人達も年とともに大人しく(笑)なっており、こういうお祝いをしたい時でも夫婦二人だけでひっそりと食事に行く程度になってしまいました。

ビールとワインで乾杯をし、小さな声で「アキ(長男)に乾杯。おめでとう。」と言って終わり。(笑)

夫婦で昔話に話が咲くわけでもなく、子供達の思い出話になるわけでもなく、また将来の夢を語るわけでもなく、いつもの通り、「お前、飲みすぎるなよ。」「あんたは食べ過ぎないように。」なんてお互い言いたいことを言いつつ、ガブガブ飲んで、ガツガツ食べてました。

なんだかなぁ。私としてはもう少し盛り上がりが欲しかったんだけれど、それも無し。

やっぱり本人がいないお祝いって駄目ね。本人がいれば友達連中誘って、普段彼らにはいけないような店でドンちゃん騒ぎなんてのも面白いのだけれど、そういう意味でももう子供達は子供じゃなくなって自分の人生を歩き出したような感じがしています。

まぁ、そうなるようにするのが親の役目なんだけれど、ちょっぴり寂しい。

ドラマなんか見ていると三世代家族なんてのがあって、毎日顔を合わして一緒に生活するのは生半可じゃない苦労があるのだろうとは思うのだけれど、あの笑ったり喧嘩したりしながらの生活に憧れることがあります。

オーストラリアは子供の教育には最高だと思って来たし、そしてその通りだったと思うのだけれど、子供達が世界のどこにでも行って生きていけるスキルを身につけたのは良いものの、それは親とはどんどん離れていくという意味でもある。

私が商店主で、小さな店を家族でやりくりしていて、子供も一緒に・・・なんて選択もあったかもしれなくて、それと今と果たしてどちらが良かったのか、そんなことを考えるときも結構あります。

味噌汁の冷めない距離に住むのが一番と昔から言われているけれど、我が家の場合は一年に一度会えるのか、死に目に会えるのか、そんな親子関係になってしまうであろうことは明白で、なんとも寂しい限り。

住居費がもったいないから一緒に住まわせてくれなんていう子供の方が私としては嬉しかったかも。

ま、こういう考えを持っているというところがまさに子離れできない親だと思うのだけれど、親兄弟でさえも離れ離れになって苦労しなければ生きていけない世界じゃないわけで、私としては子供達を感じられる場所、距離で生きて行きたいし、死にたいなぁ。

面白いのが、こういう考えって女性的かと思いきや、うちのヨメさんは全くそういう考えを持っていない。かといって夫婦仲良く生きていけるように努力しているってわけでもなくて、自己中。(笑)

私って自己中なのか自分では全くわからないのだけれど、子供が幸せなら私は幸せって感じですわ。自分としてどうしてもやりたいことってないし。

ということで、可能な限り子供達のストーカーをやってやろうと思ってます。(笑)

昨日行ったレストランは、タイラナ。ラブラドールにあるタイレストラン。

ここはやっぱり良いと思うなぁ。あまり好きじゃなかったタイ料理が好きになったのもこの店のおかげ。料理という意味ではどこもアウトだと思ったほうが良いゴールドコーストで、繊細さを感じさせてくれる数少ない店の一つだろうと思う。自分でも不思議だと思うのは、繊細さって濃い味や大味の中にはないはずなのに、ここのタイ料理にはそれがある。

で、この店は安い。でも決して安っぽい料理じゃない。

昨日食べたのはこんな感じ。いつもは一品料理を頼むのだけれど、昨日はお奨めのコースにしてみた。

定番中の定番。エビフライ(衣はココナッツ)、カレーパフ、春巻き、サテ。

それぞれ用のソース、タレ。何でもかんでも醤油じゃなくて食べるものによって違うのが当たり前で、これがバラエティの広さを感じさせるポイントなのかも。でも醤油系が好きな我々はナンプラーに唐辛子を刻んだものを頼んだ。

タイでこのナンプラー+唐辛子を何ていうのか聞いたところ、「プリックナンプラー」とのこと。プリックはPrik。Prickではない(笑)。中華の「ラーチュウスィーヤォ」と共に覚えておこうと思う。

これは海老の天ぷらというのだろうか。いわゆるハニープロウン。いつも行く中華で食べるものより味が繊細なのが面白い。

イエローカリー。私の大嫌いな鶏の胸肉だけれどやっぱり調理法によっては美味しく食べられるから不思議。

牛肉炒め。

その他、もう一品あったろうと思う。そしてデザートとコーヒー。

これはコースになっていて上の写真に出ているのは二人前。

結局タイ料理も中華も同じで、普通に頼むと一皿が大きいのね。だからいろいろ頼めない。最近は、もう開き直ってガンガン注文して、残ったものはテイクアウェイするというのが習慣づいてしまったけれど、やっぱりその店で完結する量、種類であるのが一番。そういう意味でこのコースは美味しかったし、デザート一つとってもありきたりのものじゃなくてちゃんとした料理で、量も種類も全く問題なし。

料金は一人32ドルX2。今時のゴールドコーストではこういう値段で質、量、種類に満足行く料理を食べるのはかなり難しいと思う。

持っていったカメラはFujiのX10。これってホワイトバランスもアホじゃなくて、ISO1600でもそこそこで、そしてレンズが明るく多少のボケを期待できる。上の写真は結構明るく写っているけれど実際はかなり暗い店で見た目はこんな感じ。

でも私としてはもうちょいボケが欲しいわけで、最近人気上々のコンデジでセンサーも大きくレンズも明るいソニーのRX100が気になる。でも調べたところ、RX100のワイド端は良いけれど、あとはX10と似たりよったり。またRX100はマクロが弱そう。寄れそうで寄れない。

でもねぇ、RX100のあの大きさって魅力。これってかなりの高得点でフジのX10より小さくて薄い。ポケットに楽々入る。x10はポケットには入らない。

結局小型だと言ってもポケットに入らない小型ってたいして意味が無いのね。肩から提げるなり大き目のバッグがないと駄目で、自分がカメラを持っているということを忘れることは出来ない。でもポケットに入る大きさだと、それを持っていることさえ忘れることが出来る。

これは小型軽量だから良いと言われるし私もそう思うミラーレスも同じなのね。次男の卒業式でシドニーに行ったときにはソニーのNEX7を持っていったけれど、確かに小さいけれど、それは一眼レフに比べて小さいというだけの話で、常にカメラを携帯していることが頭の隅にあって、邪魔なんてもんじゃないわけです。

だから、常にカメラを携帯している意識を持っていなければならないのなら、中途半端に小さくても意味が無いわけで、ソニーのNEX-7に至ってはカメラは小さくてもレンズはでかいわけで、これって頭隠して尻隠さずのおっちょこちょいに似ている気もしてくるわけです。

だからといって、じゃぁ普通の一眼はいかにも持ってます~ってなるし、交換レンズを考えればカメラのためだけにそれなりの大きさのバッグを持たなくてはならない。そりゃ最初から写真を撮るつもりならいいだろうけれど、出かけたついでに撮る程度の写真だとしたらやっぱり一眼はでかすぎ。NEXも中途半端。

で、やっぱりマイクロフォーサーズかなぁと思う今日この頃です。

マイクロフォーサーズ陣営のレンズは明るくて小さなレンズが多く揃っているので、システムとしてはNEX-7を持って歩くより楽。

で、マイクロフォーサーズはどうしても高感度特性がイマイチ。でもAPS-Cのカメラと同じ感度で比べるのは私は馬鹿げていると思っていて、明るいレンズがあるのだからそれを使えば、一段二段、ISO感度を下げることが出来るはず。そしてそういう明るく、そして小型のレンズはマイクロフォーサーズには揃っているし(他社のミラーレスにはそれがない)、多くは小型軽量だからシステムとして持ち歩くにも負担が小さい。で、私としては一番気になるボケも明るいレンズなら結構いける。

とまぁ、これが私の結論なんですが、でも今の時点で欲しいと思うマイクロフォーサーズ機は無し。オリンパスのE-M5も良いと思うのですが、私としてはああいうカメラカメラした形状ではなくて、ペン型の方が好き。

と思っていたところ、E-PL5なる機種がでそうな雰囲気。センサーはE-M5と同じで、形状はE-P3とE-PL3を合わせた様なものらしい。つまりペン型で稼動液晶。ファインダーは無し。これってかなりよさげ。

楽しみ~。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ささやかなお祝い” への5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 71323070354976534362536e36363652673644646748626a574c4a444f526575682c0a04f651be98c8575a69505aab4489afa534f85f5c60741ea4f3c5ce3a50
    うぉぉぉぉ!!
    オーストラリアもマレーシアも、一度は住んでみたい国です!
    これから楽しみに読ませていただきます♪
    僕は最終的にはタイに住みたいと思っています^^

  2. SECRET: 0
    PASS: 71626c71564b4f46743133646a763370464f4a31386576774c54375363584e7485c80cbd80497ca492f897d6fff8d93efa2c8900663c9f9e82b1a842962d562d
    ダボさん

    ご長男さんの就職祝いを夫婦だけでやるなんて、イキですね。何が粋かって、離れていて寂しいけれど、心の底では互いにしっかり繋がっているという証に見えるからです。

    人間、生まれてきたときも一人なら、死ぬときも一人なんですよね。自分の子孫に未来を託す、それしかできないんですよね。しかし、その底流にはDNAや今まで子供に良かれと思ってやった教育、そして自分の考え方を伝え、自分は精一杯生き、その生き様を示す。それで良いのではないでしょうか。

  3. SECRET: 0
    PASS: 58316e5a6166594353633658335553615a4247365a576e6666376d6e67736e49bc7add4290f05a267855efc1e8649e6a8f297de2ee5329b07e510e81f3b9e7bf
    Nの宮さん、いらっしゃいましぃ~。

    アフリカ在住ですかぁ。凄いなぁ、どんな生活をしているのか想像さえできません。

    タイも良いですよね。私は本音はマレーシアよりタイの方が好きです。でもビザ、言語の問題がある。これがどうにかなるなら・・・・

    yasashiさん、どうもありがとうございます。

    「人間、生まれてきたときも一人なら、死ぬときも一人」ですが、これは真理ですね。でもそれを念頭において生きるということは私はしませんし、断固拒否したいです。この考え方って私はモルヒネと同じだと思っていて、どうにもならない寂しさに打ち負かされそうになったときにこれを思い、諦める。決して通常では使ってはいけない薬だと思っています。

    生まれてすぐ捨てられる命もあれば、最後は誰も知らないところで一人寂しく消えていく命もあるわけですが、それもしょうがないとは思いたくないわけです。

    前の日記に子育ての点と線を書きましたが、真理としては親子は線では絶対に繋がらず必ず切れている。でもそれを繋げる努力をするのが「家」のメンバーの仕事だと思っています。

    絆、家族としての団結、親子の線は保とうとしないかぎりすぐに切れてしまう。これも真理でしょう。

    海外でマイノリティとして生きているとそれが凄く良くわかります。

    人間って放っておくとどんどん環境に流されていって、それを適応力と呼ぶ人もいるけれど、私としては国も企業も商店も家も同じく、それぞれの理想、理念みたいなものがあると思うんです。それを共有、維持、そして発展されることなく流されていくのが良いとは思えない。

    子供達には、お前に苗字がある限り、そしてそれを使う限り、自分の一生は自分だけのものだとは思うなと言って育てました。個人を大事にしつつ、全体主義、家族主義を捨てることなく、相反する矛盾もきっとあるはずですがそれを乗り越えて、「なるようにしかならない」人生ではなく、皆と協力しつつ自らが作り上げていく人生を歩んで欲しいのです。

  4. SECRET: 0
    PASS: 6e6777454a7646374d785067316f4656777970545164724d3934655174415a5a59aecace2c7858df37ba28afba3006f7a51229889ccec3f81ee9b704c1cd41d5
    なるほど。そういう推薦があったのですか。

    想像ですが、新設の学部が成功するかどうかあの大学にしてみるとかなり大きな心配事だろうと思うのです。だから他の有名大学の滑り止めみたいじゃ困るわけで優秀な生徒を早いうちに確保したいはず。6月に決めちゃうってのはまさにそれなんでしょうね。また選抜するにしても単に成績が良いとか悪いとかじゃなくて、大学に対してどのくらい貢献できるかが重要な判断基準でもあるのでしょう。地元だとすれば、病院の運営しかり、親がどういうサポートが出来るのかなんてのも表に出てこない選抜基準になりそう。

    また、この大学の心配って我々の心配でもあるわけで、ボンドに医学部が出来てそこに行こうかと次男坊が言い出したときも、ボンドで大丈夫か?という話が出てきました。ご存知のようにオーストラリアには日本の6大学みたいな8大学があって、目に見えること見えないこと様々な差がありますね。就職においてもそうで、トップ企業がリクルートに来る来ないなんてこともある。また転校する場合、過去の成績の評価が大学によって違う。8大学ならそのまま通用するけど他の大学は割引される。また子供達が言うには、大学によって同じ学部でも内容にかなり差があるとのこと。長男はMelUniでファイナンス、RMITでビジネスを学びましたが、RMITの授業は総じて楽勝だと言っていました。オーストラリアでは大学間の差はないと言われていますが、絶対に嘘だと彼らは言います。

    医学部の場合はインターンの問題があるわけで、新設の医学部卒業でもちゃんと道があるのかどうか。またその先、専門職へと進むにしても日本ほどではないにしても学閥があるという話は聞こえていて、そういうことを考えると新設の大学へ行くのは一つのギャンブルにも似てると思っていました。そこが気になりましたので、当時、私が掛かっていた泌尿器科の専門医(UQ出身)に相談しましたところ、はっきりは言わないものの、伝統ある大学を選べみたいなことを言っていました。

    次男坊は楽で儲かる歯医者が良いなんて考え方でいましたし、その辺も見抜かれたのでしょう、UMATの点数が良くないこともあってお呼びは掛かりませんでした。その流れでボンドの医学部へアプライしましたが、ここも駄目。私としては兄弟ともファイナンスの世界に行かせたかったので、またボンドの医学部なんてとんでもない学費が掛かるのでホッとしました。(笑)

    お子さんがどうしてあの大学に拘るのか、またあの世界は卒業して終わりじゃないわけで、その後の長い年月を考えた場合、有名大学の医学部には行かないという選択が私には理解できません。MBBSを取りたいのか、それともどうしてもあの大学へ行きたいのか、どちらに優先順位があるのでしょうか。

    でも彼には彼の考えあってのことなのでしょうから、その夢が叶えば良いですね。諦めなければどうにかなるのが人生のような気がします。

  5. SECRET: 0
    PASS: 53584767763964715250656b34577a726c374b423756384851586d5639377263c9e6b3e2f029b76a5f08d55fe4f2d7c62fec605c72d1394d9904bbe660d671f8
    いえいえ、お礼は無用です。

    お子様を大都市に行かせてみるのは非常に良いと思います。

    そもそも歩いている人たちがゴールドコーストと大都市と違うのはわかると思いますが、学生達もポワーンとした感じじゃなくてバリバリの凄いのが世界から集まっています(と同時にいろんな学校があってわけのわからないのも多い)。息子達が休みに連れてきたシドニー、メルボルンの学友は今までのゴールドコーストの友人達とは一味違うのがわかりました。どちらが良いということではありませんが、シドニーメルボルンの大学に通うことによって子供達の視野が広がったのは間違いがありません。

    でもメルユニに行った長男は周りの連中の凄さに圧倒されて潰れました。(笑)

    負けず嫌いの次男坊は負けずに頑張りましたが、そのパワーも周りの友人達からもらったものであるのは親として見ていてわかります。将来のビジョンをはっきり持って目標に邁進する子達が多かったようです。

    最初は気になるので二人とも学校の寮に入れましたが、両方とも1年もしないうちに仲間を見つけて外に出て生活を始めました。料理も洗濯もろくに出来ないような息子達でしたがやればできるもんなんですね。年々、会うごとにたくましくなって行くのが嬉しかったです。そして苦労もしたのでしょう。彼らの愚痴を聞いたことはありませんが、優しく、思いやりのある青年になりました。うちのヨメさんは何よりもそれを喜んでいます。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *