長男、就職戦線突破~!

いや~~、嬉しいなんてもんじゃありません。

先ほど長男から電話がありまして、内定書をもらったとのこと。私が勧めていた、今、日本で急成長中のインターネット関連企業です。これから世界展開を目指しているECね。

しかしこんな簡単に決まるとは思っていなかったので、なんだか拍子抜けしています。このブログでも次男はどうにか決まったものの、長男は苦戦中と書きましたが、苦戦というのは私がそう思っていただけのようです。初めてアプローチした企業から内定が出ちゃいましたし。

長男はどういうわけか日本企業で働きたいと前から言っていたのですが、海外在住の場合、一般的な日本の子女と同じ方法で就職活動は出来ないわけです。ただ、帰国子女や日本人に限らず海外から人材を取りたい企業は海外でのリクルート活動をしています。

有名なのがボストンキャリアフォーラムで、アメリカのボストンで大きなイベントが開かれ、そこに多くの日本企業、海外の子女が集まり、面談をするという形。これは日本でも開かれており、またオーストラリアのメルボルン、シドニーでも開催されて、長男はそのメルボルンのフォーラムに参加したわけです。

これって面白いシステムになっていて、普通、各企業にレジメをだすのでしょうが、この場合、本部のシステムにレジメをアップロードし、参加企業がそれを見て、気になる学生に個別にアプローチをするという形。

と同時に、そのフォーラムが開催される会場で、学生側が各企業のブースを訪れて話をするというシステム。

ですから、一番気になるのは、どこの企業がアプローチしてくるかってこと。どこもアプローチしてこなければ会場で各企業のブースを回って自己アピールしないとならないはず。それが本日開かれました。

長男の場合、数日前から数社の企業からアプローチがあり、スカイプで面接をしていました。また昨日ですが、ある財閥系の商社から是非会いたいと夕方に電話があり、夕飯を食べながら面接というのもあったようです。

で、今日、私が面白いと思うと長男に勧めていた企業から夕飯を食べようと誘いを受けたらしく、その場で内定、数時間後に日本の本社から内定書をもらったとのこと。

これっていわゆるとんとん拍子ってことですが、たった二日前には、一体どうなるんだろう、どこからもお呼びが掛からなかったらどうしようと悩んでいたわけで、この話の進み方、スピードはまるで嘘のようです。

ところが人間ってずーずーしいもので、どこからもお声が掛からないだろうと半分諦めの気持ちがあったものの、内定をもらったらもらったで、他の企業は?というのが気になってくるんですね。

まさかと思った財閥系の商社もそうで、ボストンでもう一度会って話をしようという別れかたをしたらしく(つまり今回決めるほど欲しくは無いってことなんでしょうが)、その他、世界的大企業のコンピュータ関連会社の一次面接もパスしているようで、今後、他にどんな会社からどんな話が入ってくるのか気になるようです。

ですから10月のボストンにも行くつもりのようです。でもボストンは規模も大きく多くの企業が参加しますが、学生はそれこそハーバード、MIT、スタンフォードとか、あるいはヨーロッパからも優秀な学生が終結するのでそれはそれは競争も激しいはず。

ま、とりあえず私も興味がある企業から内定が出たので嬉しいですが、それ以上に今回嬉しいと思ったのは、この2日間で長男がガラリと変わったこと。

我が家は商人、中小企業の出ですから、やっぱり目線が低いのは私にも自覚があります。天下国家のことを考える前に、どうやって食うの?どうやって女房子供を養い、一族を助けるのか。どうしても出発点がそこになります。

とは言うもののそれは原点で、それが出来ない大人にはなって欲しくありませんからそれなりの教育をしてきたわけですが、でも逆に、大きな夢、ロマンを子供達に持たせるという面では非力であったと思います。長男のモチベーションの低さはそれに関係していると私としての反省点もある。

ところがこの就職フォーラムが切っ掛けで企業を詳しく調べ、またその企業の人たちと会う中で、そういうロマンを彼はしっかり感じ、見たようです。単なる儲ければよいというだけじゃなくて、存在意義、目的意識、理念、仕事の流れの底にある企業コンセプト。そういうものがやっぱりしっかりした企業にはしっかりした物があるのを理解したようです。

これは商人や中小企業でも同じですが、やっぱりインパクトが違うのでしょう。

特に財閥系の商社の人事部の人との話には感銘を受けたようで、やっぱり目線が違うとしきりに関心していました。やっぱり男として自分の生涯を賭けるだけのロマンと出会えないのは悲しいことで、それが今までの長男だったのだと思うのですが、今回、そういうロマンを持つ人たちと出会い、何かが長男の中で動き出したのを感じます。

私は大きな組織が好きじゃないし、その中に埋没してしまうような生き方を子供達に勧めたくないわけですが、でも組織を否定するわけじゃなく、それどころか組織で動くからこそ大きなこともできるわけで、それなくして国はもちろん世界が動いていかない。またある意味、戦争と同じで、経済活動に勝つことが自分の祖国を良くすることであり、自分の大切な人たちの生活を守ることでもあるはず。

長男はそういう目線を今まで持つことができなかったのに、今回、多くの第一線で働く人たちとの関わりの中でそれを感じたようです。

そういうのって普通に生活していれば普通にわかることなのでしょうが、オーストラリア、それもゴールドコーストのような皆が好き勝手に生きているリゾートで育つと、個人個人がどうすれば楽しく生きることができるのかとか、そういう小さな考え方に染まるのだろうという気もします。周りには大企業がなく、いわゆる世の中に影響を与える企業、仕事というのがわからない、身近に感じることがないのでしょう。

長男は今頃になって、組織として動いてそして世の中を動かす面白さに気がついたのでしょうが、でも反面、まさにそれは戦争と同じで、一個人としては特攻隊として消えていかなくてはならない運命を背負わされる立場もあるわけで、また、所詮、自分は一部品でしかないと気がついたときの落胆、俺が居ないとこの会社は駄目になる、なんて思っても決して会社は駄目にはならない現実。そんなのもいつか知ることになるのだろうと思います。

で、気がついたら定年退職、なんてね。

私としてはこういう当たり前の流れの中で生きるために子供を世に出したとは思いたくないわけで、でも今の彼らのやる気を削ぐ必要も無いわけで、当分はこのまま見守っていようと思います。

ま、どちらにしても、どうにか長男も次男も、社会人として歩き出すスタート地点にやっと立てたということ。

私としては親の役目はこれで終わりじゃなくて、やっと半分ぐらい終ったところという感じかな。でも肩の荷が随分下りた感じはなんともいえないくらい心地よいです。

神様に感謝。

余談ですが、お父さんは何をしている人かと聞かれて、「相場師です」と答えたらしい。馬鹿だよね~~。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

長男、就職戦線突破~!” への6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 42525356425045434e39583158696b7950504f59714a4b7877743774366b4b550c61bf9cefd150fec01bb6283a87d3bbc81f63556619cfaa8549a5a7337a3bd5
    よかったですね!!
    もう、自分と奥さんの人生だけに責任をを追えばいいわけで、やっと
    やっと肩の荷が下りたのでしょうか。
    私の次男が昨年、就職が決まり今年の四月から働き始めています。今ほっとしています
    保険料の負担も二人分だけになりました
    私は体も知識も器も、daboさんのように大きくはなく、お金の勉強も還暦を機に始めたばかりなので、子供たちに教えるレベルになってません。
    器を大きくして、お金を持って悠々としたリタイヤ人生を送りたいと目論んでいます
    ブログ楽しく拝見しています
    コピー芸術の写真は好きでなく撮られるのも撮るのも好きじゃなかったんですが、この間、パナソニックのLUMIXセットモノが安かったので生まれて初めてカメラを買いました(ビデオは何台もありますが)、望遠が2本ついて5万を切ってましたがマクロ撮影ができずパンケーキレンズを買おうと思って調べたら3万以上するんです!
    こんな売り方してるから日本のメーカーは沈んでいくんだ!
    と悪態をつき、しつこく調べていたら、アマゾンでオリンパスの
    パンケーキセットが29800円で売っておりましたボディが赤色なので安かったのです、即購入。
    ボディだけ楽天で1.5万で売り、結果レンズを1.5万で入手しました。
    こんなセコイことしていて器を大きくしようとしている自分です
    daboさんのブログはJALもの以外、興味深く読んでいますということが伝わったでしょうか

  2. SECRET: 0
    PASS: 426d6f30785663626c4c35725678413175525636435a776d657a4d46315579561b95c2170888e97143dd3ff2ac999e7670d34fdbdaf263b08f5ed0feac10f636
    おめでとうございます!
    あっさり内定が出たということは、ご本人たちの自己評価より、世間のご長男に対する評価の方がはるかに高かったということですね。
    ご長男にとっても自信を深める結果になったことでしょう。

    ダボさんも書かれている通り、会社に入れば組織の一員であることの葛藤を味わうことになるかもしれませんが、それもまた自分の人生を真剣に考えなおすきっかけになるはずです。
    若い人は結果を恐れずに、とにかくいろいろやってみることに尽きると思います。

    しかし自分も、子どもが将来、面接を受けるときに「父親の職業は相場師です」と答えられてしまうのだろうか。もうちょっと聞こえのいい答え方をいまから考えておきます(笑)。

  3. SECRET: 0
    PASS: 51707771636561444c694d5846475951496c6c395963493776425831676f624fea143ed60ba78c5618ed35f70e3fcb9d7c0e1c436016e799dcc10384d26ae4e6
    銀ルノーさん、有難うございます。

    やっぱり子供の就職って大きなイベントで、でも実際には小学校へ入学したようなものでまだまだこれからですが親としては嬉しいですよね~。

    私の器なんて本当に小さいのは自覚しておりまして、でもそのまま終るのはどうにも悔しいので小心者ながら世の中に反発し続けているって感じです。

    コピー芸術ってどういう意味かわかりませんが、マイクロフォーサーズカメラをお買いになったのですね?パンケーキレンズを手に入れた方法ですが、あっぱれ!!私もパナの20mmを手に入れるためにそれをやろうと思ったことがあったのですが、こちらでは無理でした。

    マイクロフォーサーズはセンサーが小さいだけに明るいレンズが必要になりますが、レンズラインアップは他のミラーレスと比較にならないほど良いので楽しみですね。私はオリンパスの75mmを狙っていますが、やっぱり欲しいと思うのは値段もそれなりで悩んでいます。

    これからも宜しくお願いします。

    ポーのスクーターさん

    ゴールドコーストにいらっしゃったときには長男のことも相談に乗っていただき有難うございました。

    次男坊の就職は苦労しましたし、巷の話を聞けば聞くほど長男はかなり難しいと想像していましたが、すんなり話が進んだので本当にびっくりです。

    世の中を経験して欲しいという思いは強いですが、我が家としての最終目標が遠のいた感じがなくもなく、痛し痒しです。でもま、副業としてやれないことでもないので、あっち方面はそれなりに進めていく考えで居ます。

    相場師って言葉はうまくないですよねぇ。ギャンブラー?なんて聞かれたそうです。(笑)

    ただ昔から自分の仕事、状態を一言で説明する言葉が見つからず、困っています。投資家なんておこがましいし、トレーダーってのも意味が広くてわけわからずで、相場師ってのも違うわけで、でも最近は歳を取ってきたので単に「退職者」ですということにしています。

    オージーに聞いたところ、I’m taking care of my nest ってのがわかりやすいかもって言ってました。でもそれもピンときませんよねぇ。

  4. SECRET: 0
    PASS: 586c594e796e36596e545564554e54663065433734494765504d6b4a747968796c5bd76e5735926796b35df5ce4c18e43859379118499f74ace5089be6970f1d
    よかったですね。
    daboさんちは何もかもがトントン拍子でよい方向に進んでいるみたいですね。努力の賜物でしょうね。

    今はスカイプで面接ですか(@_@)

    日本はみんなで葬式に行くの?って感じで同じ黒色のリクルートスーツ着て就職活動ってのが、私の日本の大学生の就職活動のイメージですが、ゴールドコーストもみんな同じ黒のリクルートスーツを着たりするんですか?

  5. SECRET: 0
    PASS: 6a5345347a3049396f4a6c697148624d6e75714f6d66314b384f58413573354742adcf1775e47c49ccc09e04b4bc15efa02da3b0a809f2e8fcc6ef441100dd60
    おめでとうございます!
    就職に苦戦どころか、引く手あまたじゃないですか。

    やっぱり、日本の企業は、一昔前までのように、国内やグループ内だけで商売できる時代じゃなくなって、英語はもちろん、欧米人の感覚が理解できて、日本人感覚も持ち合わせていて、欧米人とやり合っていける人材を切実に求めているんですね。

    大人しいめの、うちの娘でさえ、高校の三者面談のとき、先生に発言を促されると、自分の考えをきちんとしゃべるのを見て、(日本の女子高生だったら、「別に。」とか「なにも。」とかで終わりそうなものだけど)やはり欧米の教育だと自分の考えを口に出来るようになるものなんだな、と思いました。

    ご長男が、2日間でグンと成長されたことを感じるのは、お父さんとして嬉しかったことでしょう。

    財閥系商社には、以前6年余り勤めたことがありますが、配属先によって、仕事内容はもちろん、その後の人生も丸っきり違ってくるので、当たり外れもあるかもしれませんね。
    とはいえ、退職して20年以上たっても、世界各地に同期や縁のある人がいたりして、娘が台湾に留学するときなどにもお世話になったりして、大きな組織とかかわりを持つことにはメリットがあると思います。

  6. SECRET: 0
    PASS: 716d4772364a4b6d4e6b416b7761696162726f67726d53305436674155345656cd4e077e0dc465ccb8a5f2f70855828602034daab37455ee92ed63543c49a277
    jazzさん

    トントン拍子なのか、これに落とし穴があるのかはわからず。どうなりますかね。

    スカイプで面接ってのは普通にあるみたいですよ。それとリクルートスーツのようなものは無いと思います。あれって変だと思うし、やっぱり日本って変わったようで変わってないみたいですね。

    ちりとてさん

    日本は派遣切りどころか正社員もごっそり切る時代になったようで、どうなるかと気にしていたのですが、やっぱり内需型の企業も海外に出て行かざるを得なくて、そのまま海外を相手に出来るような人材が求められているようですね。

    でも単に言語ができればってほど簡単じゃなく、やっぱり上を狙うとそれなりに難しそうに感じました。うちの息子はそこまで狙っていないのでどうにかなるかなって感じ。

    私としては人脈云々より、自分の生き方を変えるような影響力がある人と出会えるのかどうかが気になります。この人に着いていきたいと思える人との出会いがあれば良いのですが・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *