マレーシアでの介護

うーむ、どこから書こう・・・

このブログでも日本人対象の老人ホームを作るべく尽力している人、またグループがあって実現はもう目と鼻の先みたいな書き方をしたことがあります。

私としては介護する側としてそれに期待しているわけでもなく、また自分が介護される側になるのはまだまだ(?)先なので、切羽詰ってどうしてもそういう施設、サービスが欲しいとは思っていません。

ただ、そういう施設サービスは「絶対」に必要不可欠で、いつかそれが形になるのを望んでいますし、私としても手伝えることがあれば積極的に手伝いたいと考えています。ただそういう方々と、というかそもそも私はマレーシアにおいて人的交流を盛んにおこなっているわけでもなく、それどころか行くの行かないのとギャーギャー言い出してMM2Hも取って4年になるのに知り合いはほんとうに数えるほどだし、会ったことさえない方々がほとんど。

ということで情報もこういうブログや掲示板、SNSに書かれている以上のことがわかるわけでもなく、このブログの読者に何か伝えることができるかというとそれは不可能。

ただ現時点でわかっていることは、あの現地のデベロッパーと組んで日本人向けの施設(通常の宿泊施設も併設、日本スーパーマーケット、その他日本人向けサービスプロバイダとも連携)を作ろうというかなり壮大な計画は今のところストップしていると聞いています。

残念。

あれだけの事業を形にするには半端じゃない努力、才能、指導力、交渉力が必要で、それが出来る人は限られている。というかそんな人はいやしないと考えるのが妥当なわけですが、でもどうしてもやりたいと頑張っている人は存在した。でもその方も高齢で、今は積極的に動ける状態ではないとのこと。

後に続く方がいれば・・とは思うものの、その方は自分の人生を賭けて頑張っておられて、あれだけの積極性を持って、また気持ちはあっても実力が無ければ絵に描いた餅でしかなく、後継者を望むのには無理があるでしょう。

でもそれとは違う形で地道に頑張っている方もいらっしゃって、日本人専用とはいかないものの日本人が気持ちよく過ごせる施設を作ろうとしているという話を聞きました。また在宅介護にも力を入れていて、それが出来るシステムつくりをなさっている様子。また本当に日本人ってだらしがなくて海外に出ても英語が苦手という人が多い。そういう意味では同じアジアでも韓国人中国人は下手は下手なりでも英語を使うし、現地に溶け込んでいる。こういう方々を対象とするならば介護もスムーズに行くのかもしれないと思っています。でも実際はそうじゃないので介護士、看護師も日本語が話せる人を探してこなくてはならないというとんでもないおまけが必要で、そこが一番の障害じゃないかと思うくらい。医者も同じ。

でも日本人ってそうなんだからそれにあわすしか仕方が無く、日本で研修を受けたことがあるような介護士、看護師をわざわざインドネシア(日本に研修に来た経験を持つものが多い)で探しているとのこと。

それも段々と形になっているようで、事業としてスタートするらしいです。

私が見聞きしている中でも、介護が必要な親御さんを連れてきているというケースはそれなりにあるようですが絶対数としてはまだ少なくて、介護事業をビジネスにするにはまだまだ大きな壁があるようです。

ところが先の日本人向け施設の構想があったときに、その時点でお金を先行投資しても良いと言う人が100人単位でいたのが忘れられません。もちろん数十万円という単位じゃなくてその上の単位にも関わらずです。ですから予備軍はかなり存在する。また、老後、あるいは同行する家族の介護、看護が心配で一歩踏み出せない人の数たるや半端じゃないと思います。

また、自分達はロングステイで来ていて、高齢の親を日本に残したままで、できることなら連れてきたいという人も多いんじゃなかろうか。

それもこれも、受け入れ体制があるのかないのか、その内容と料金はどうなっているのか、まだまだ未知数が多すぎる。

でもやってみようじゃないかという人がポチポチ出てきているのは凄いことだし、私もなんらかの形で介護の体制を作るという運動に参加したいと思っています。

自分の親がとか自分がじゃなくて、なんていうか日本人としての意地みたいなのがあります。

日本人ってかつては満州だのブラジルだハワイだと世界に出て、そこに根を張って生きてきたのに、昨今の日本人は非常に内向きで、海外に出て行こうとはしない。ジジババが出てるじゃないかというかもしれないけれど、そんなのは遊びに出ているだけでしょ。周りを見るといくらでもいる韓国人や中国人みたいに、その土地に根付いて生きていこうとしている日本人なんて本当にわずかでしかない。

どうもこれが私は気に入らないわけです。(笑)

どんなに観光で外に出ようが、観光に毛の生えたようなロングステイをしようが、それって遊びの範疇を出ないと思うんです。遊びを否定しているんじゃなくて、どうせならもっと前に進もうよと思うわけです。韓国人や中国人がそうでしょ?海外に出てその地に根を下ろして生きている。

経済的なこと、民族的なもの、考え方の違いがあるわけだけれど、私としてはもっと日本人が海外に目を向けてその地に根を下ろして欲しいと思っています。

で、昨今、内向きな若者達に代わって、ジジババが海外に注目しだした。これはこれで良い事だとは思うのですが、単なる観光の延長線上で終ってしまってはもったいないと思うわけ。

私は子供を安易に海外で育てるのを良いとは思わないけれど、チャレンジという意味においてはどんどんやるべきで(要はやり方の問題)、子供もジジババも含めて海外に出てそこに根を張ってみるというのがあっても良いと思うんです。

普通若者達はどんどん動けるけれど、ジジババは動かない。一般的にはジジババが足かせになる。ところが今の時代は逆で、ジジババが身軽に動くのだから、それを切っ掛けにして息子や娘、孫も外に出ようぜなんて話しになっても面白いとおもうんです。

そこで問題になるのは介護。

介護って人生の終わりに必要なことだけれど、家単位で考えると介護の問題が解決しない限り皆で動くことは出来ないはずで、もしかしたら介護の問題を解消するというのが始めの一歩かもしれない。若者はどうにもでもなるんですから。

ただこれもボランティアベースってのは駄目だと思ってます。やっぱりビジネスとして成り立たないと誰も一生懸命やらないからあてにはできない。

これって悪いことでもなんでもなく、先の日本人老後施設の話も、その施設に併設した部屋を自分がまだ入居しないのであるならば賃貸に出す。また施設自体が多くの企業の集合体でコンドミニアムとしての利用も可能で、これまた長期、短期の賃貸に回せる。そういう日本人コミュニティの中心地として投資にもなるような構想だったと覚えています。

やっぱり利益が出るから業者も一生懸命になるし、また参加者も投資家の一面があって、生活の足しになるようなビジネスモデルの構築って非常に大事だと思います。

でもま、そんな簡単に行くとは思えませんが、でもその夢に乗ろう、金は出すぞという人たちが100人単位でいたということは忘れるべきじゃないでしょう。ニーズは間違いなくある。

よーし、それなら一儲けしてやろうなんてどこかの企業が積極的になってくれたら、私としては大歓迎で、是非どんどん儲けてください。その代わり良いものを作ってくださいとお願いしたいくらい。

居酒屋の和民ってあるじゃないですか。あそこがマレーシアに進出している。で、和民はグループの中で介護事業もやっている。こういうところと組んで何かできないもんでしょうかねぇ。

ジジババが数百人集まって投資組合を作ってそことワタミと組んで事業体を作るとか。

介護施設がまだ少ないマレーシア。というか介護の概念が違うわけですが、先進国がそうであるように、そして日本も段々と介護施設が増えているわけで、世界はそちらの方向へ動いているのは間違いがなく、経済的に裕福になってくればマレーシアもそうなる日は遠くないはず。

和民にしてもメリットは間違いなくあるはずで、またスタッフの海外研修、留学もセットにしたスタッフの交流もできるはず。人材確保が難しい分野で一つの目玉にもなりそう。

あるいはマレーシアを利用して相続税贈与税対策をしましょうなんてスキームがあっても良いと思うくらい。

ま、こんなのは単なる思い付きでしかないけれど、ビジネスになるようなシステムが無い限り伸びないと私は思うわけで、ボランティアだけで前に進んでいくのは限度があるんじゃなかろうか。

どちらにしても、私としてはそういう動き、それがビジネスだろうとボランティアだろうと大歓迎で、どんどんチャレンジして欲しいし、それに協力したいと思っています。

今、一生懸命動いている方ですが、その方はご自身のお母様をマレーシアに連れてきて介護し、そして去年だったでしょうか、お母様は家族に見守られ幸せそうな顔をして他界なさいました。

つまりその方はもう介護は終ったのに、今、そういう施設サービス作りに邁進していらっしゃる。

マレーシアで人生を全うしたお母様も、そして彼自身もそうしたことが絶対に間違えていないし、それどころかやってよかった、皆が幸せだったという確固たる思いがあるはずで、それをどうしても広めたいという思いがあるのだろうし、それがこちらにも伝わってきます。

そしてそういう動きを受けて、我もとばかりに、90過ぎのお父様(介護認定3)、80代半ばのお母様(要支援1)を連れてマレーシアに渡ろうとしている人も知り合いの中にいます。

私としてはこういう動きを黙って見ているわけにはいかず、ましてこういう動きを止めてはならず、なんらかの形で応援、協力したいと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアでの介護” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6775766e7854566b553965744f46326f374530485745765438665069464f6f764b7028c2ec06b2ee7a05405b459965eb2851695c249873351d9eb315d203937b
    老人ホームはローカル向けは結構ありますね、まあメイドさん雇って面倒見させる式がポピュラーです。
    阪本さんもやったけど、その後どうなったか聞かないですね、内部告発的な話も出てたし。
    外国人労働者でも雇いにくい政策ですから、なかなか難しいでしょう、マレーシア政府も金落としてくれるのは良いけど、めんどくさい人間は要らないというスタンスです。
    結構、食い逃げならず入院逃げするやつ多いそうです(日本人を含む)

  2. SECRET: 0
    PASS: 753158626d67636949614849506946615267536b3878387a4a5032384934324bfd1c884a636cbbe1602cc4a09b0127eb036f28c27a675b7a0306b8184dd84bc7
    おおにしさん、お久しぶり~。

    ローカル向けの内容ってどんな感じなのか興味があります。想像では日本人には合わないと思いますが、その下地があればグレードアップすれば日本人向けに良いのかもしれないしどんなものなのか。また私が聞いている限りではメイドを雇ってというのが多く、日本人でもマレーシアで介護をする人たちは今のところその路線ですね。

    ただ私が気になるのはそこじゃなくて、例えば天涯孤独だとしたらどうするかってところなんです。メイドを雇うのが自分自身だとしたらってこと。難しいですよね。

    日本ならそろそろ危なくなったと思えば自らそういう施設に入れるけれど、マレーシアの場合はもし自分がヨイヨイになってしまった場合、子供なりなんなりがいなければどうにもならないのが現状。そこがどうにかならないのかってのが私の一番の関心事です。

    うーーむ、これってそもそも無理かもね。そういう同伴者がいるというのならビザも下りるだろうけれど、本人が寝たきり、R2だなんてことになったらビザが下りるとは思えない。

    やっぱりMM2Hって長期観光ビザでしかないと私は思うのだけれど、その地で死ぬのならやっぱり永住権がないと駄目なんでしょうね。

    また日本を調べてみると、そりゃ高いところは高いけれど地方には最初のまとまった大きなお金がなくても入れてそこそこ良さそうなところがあるのに気がつきました。ただ、毎月の経費ってのは大体どこも似たようなもので、安いところは高いところの2分の1、3分の1とかってわけじゃないのね。

    で、それを考えるとマレーシアに良い施設が出来たところで、それに掛かるお金は日本と大差ないのかもしれない。公的援助は全くないわけだし、それこそマレーシアなら物価は安くて3分の1だなんていう話と同じで、老人向け施設ができたところで、日本語スタッフ(医者含む)が必要、和食も食べたいなんてことになれば、料金がどの程度になるのかは想像がついちゃう。

    だからどうしてもマレーシアに住み続けたいと願う人のための施設はできるかもしれないけれど、あえて日本から出てそこへ入るためにマレーシアに渡りたいぐらいの魅力がないとすればどうでもよい話になっちゃうのかも。

    そういう点ではどうもフィリピンの方が一歩進んでるのかもしれなくて、施設に入るためにフィリピンへ渡る人が増えているらしいですね。いつかその辺も調べてみようかな。

    でも日本を調べて見ても、ここなら良さそうだとか、こういうところは嫌だなとか、結構合う合わないがネットを見ているだけでもわかるわけで、もしたとえマレーシアに施設が出来ても、これじゃぁ・・・・って感じかもしれないし、またまかりまちがって数千万+月々30万(一人で)だけれど、内容はあの鳩山さんのお母さんが入った聖路加レジデンスみたいに超高級でも困るわけで、自分がここなら入りたいという施設になる可能性って少ないかも。

    それと国の援助がないってのはいくら物価、人件費が安くても難しい面がありそう。

    でもま、理想を持って進んでいる人たちからは感銘を受けるわけで、私としては何かお手伝いはするつもり。

  3. SECRET: 0
    PASS: 3263306e57344c4f7a4e473742394470597946756b5142587a4155786e503338f97a3ed1e4c97fd7bb0a0f123f79941f167b90c4975423229830a062e35a1ec2
    daboさん おはようございます、 日本人は根付かないは、 私思うに 一番は言葉の問題では、 日本人はナイーブですよね、 中国 韓国人と違って 人前で大きな声張り上げるのは みっともないと言う 教育を受けてきました 彼等みたいに喧嘩でもしているのかなと言う ピーチク パーチクは出来ません、

    それと なんだかんだ
    言っても 日本は四季が有り 北海道から 沖縄まで 移動すれば
    良い処 沢山あり 単一民族なので 風習も似ており 住みやすいのでは、又 今 日本では和民
    が 毎月何軒も施設を
    作っています 凄い勢いで、 和民の会長は大田区出身で中々のやり手です、 小生の息子も
    和民とタイアップして
    大田区の駅近くで、
    介護付き老人ホームの
    計画中です、その場所は現在 駐車場で運営していますが、 最近
    日本の若者は車を 欲しがらず、 駐車場経営は そろそろ 限界と 言っていました、

    私達の年代は 車が命で 一生懸命働いて 人よりも 少しでも良い車欲しいものでしたが、ベンベー メルスデスが欲しくて 欲しくて、 今の子の気持ちは 理解出来ませんね、

    因みに ヘレンズベールの時は 40件位で半分は日本人 残りはオージーでした 総て一区画 1500坪位の分譲地で、
    リバーダウンと言う地名でした、 今はパラダイス ウオーターです、長々とすいません。

  4. SECRET: 0
    PASS: 4d32517973447362344e41374773526e4d614d4b324e79306264363655783439bf4d87dce4d8a9354308c871328717d29e2b47869556200dfb82225fe1c0373e
    ユキさん

    確かにかの国の人たちと日本人とはかなり違いがあると思いますが、昔を思い出してください。日記にも書いた満州、ハワイ、ブラジル、その他の国々に日本人がどれだけの足跡を残してきたか。

    ロスのリトルトーキョーですが、今では韓国村になってしまいましたし、ニューヨークには各国の街があるのに日本人街が存在しない。この辺も私としては面白くない点です。まぁ、海外に出るのは自国にいるより良いからということで、それだけ日本は日本国民にとっても魅力ある国になったと言えるのでしょうが、やっぱり内向きであるのは国民も企業もその通りで、世界の動きに後れを取っているようにしか見えないのが残念です。

    今はパラダイスウォーターですか?へーー、なつかしいぃ。

    実はゴールドコーストに渡る前から住むならパラダイスウォーターと決めておりまして、パラダイスウォーターが開発されたときの区分地図を手に入れて、まるまる一年間、こちらの新聞を日本に取り寄せ不動産価格の動きをその地図に書き入れていました。内覧した家は20件以上かなぁ。その中で、ここが良いと思った物件がいくつかありまして、それを中心にゴールドコーストの不動産価格推移を見ていました。コンドならグランドマリーナーが良いと思っていて、また販売主のオリックスの担当が私の友人でもあり、長い間、注目していました。

    でもゴールドコーストへ実際に来て、あちこち見ている間に、ソレントの今の家に惚れて、1年は買わずに慣れるまで見ていようと思ったのに、買いたい衝動を抑え切れませんでした。

    パラダイスウォーターと我が家とは距離はそれなりですが、ネラング川で繋がっていて(我が家は本流に面しています)、ボートだとすぐご近所ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *