プール屋から電話

我々の自宅ですがそれを売りに出そうとしているのはこのブログに何度も書いています。で、細々とした修理も必要ですし、また住んでいる状態で売りに出すのは嫌なので(住んでいるところに見知らぬ人に来て欲しくないから)、コンドミニアムを借りてそちらに今住んでいます。

って、その状態でもう2年になっちゃうなんて馬鹿なことをしているのですが、不動産市況は良くなるどころかどんどん酷くなるばかりで、売りに出すタイミングを待っている間に月日が経ってしまいました。

住んでいなくてもお金って当然掛かるわけで、その中でも面白くないのがプールと庭のメンテ。それぞれ違う業者に頼んでいますが、月に2,3度来て綺麗にしてくれるものの結構お金が掛かる。昔は安かったのですが、近年の物価高で特にこういう人件費がそのまま響くサービスは本当に高くなりました。

で、プール屋から電話が入りました。

「ポンプが壊れていて水が循環していない」と。

ポンプを調べたところ、塩水が入っていて修理不能とのこと。新しいモーターに替えるしかない。

ちなみにこちらのプールは塩水なのが普通です。水は当然のごとく循環させてフィルターを通し綺麗にするわけですが、その時に電気分解する装置を通してクロライン、つまり塩素を放出するんですね。そうじゃないと、すぐに藻が繁殖してプールの水は緑色になってしまいます。だからプールに塩素そのものを入れることは稀で塩をごっそり入れます。

で、ポンプが壊れて水が循環していないってことは、枯葉じゃ飛ばされてきたゴミじゃで一杯のはずで、冬とは言えきっとプールは緑色になっているはず。

こういうことって今まで何度と無くありましたが、見るとびっくりするくらい、いやかなり恐ろしい状態。

出来ることならアレは見たくない。

ということで、モーターも交換し、綺麗になっている頃を見計らって自宅に行ってみました。

プールの水の色はまもとなので、多分、塩素をごっそり入れたのだろうと思います。掃除もそろそろ終わる頃で、恐ろしい状態を見ることはありませんでした。

しかし家も2年間も住まずに最低限のメンテしかしていませんから、プール周辺も汚いまま。売りに出すときにはこの辺も直して綺麗にしなくてはなりませんが、こういうのってオージーは得意なんですね。まるで新品のようにしてくれます。でも今はまだこのままの状態が続くことになるはず。

一安心して帰ってきたのですが、またプール屋から電話。

「クロリネーターも壊れている」と。

つまり電気分解が出来ませんからプールに塩素が供給されない。これも交換だそうです。

参った・・・・・・・・。

今までもポンプやクロリネーターを何度も交換しましたが、でも住んでいたし、子供たちもいましたし、プールはプールの役目もしていたわけです。ところが今となってはただの金喰い虫。

そもそもプールなんて無用の長物以外の何物でもないと思います。子供たちだってプールで遊んだのは小さな頃だけですし、この21年の間に、ヨメさんは数度、私は10数回しか泳いだことがないんじゃなかろうか。ただ掃除の為に入った(潜ったり)のは数知れず。

ゴールドコーストの一軒家のプール保有率って半端じゃなく高いのですが、みんな苦労しているんだろうと思います。「こんなもの無いほうが良い」と思ってるんじゃなかろうか。でもこういう土地柄だとプールも家の当たり前の付属品みたいなもので、プールが無いと今度はそれが家の短所となってしまう。

私としてはこの広さの家庭菜園があったほうが嬉しかったなぁ・・・。^^

ということで、買おうと思っていたカメラも我慢することにします。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *