日本の証券会社

私は日本の証券会社に口座を持っていないのですが、今回、開設すべく動いています。

かつては海外の方が手数料が安い、取引銘柄が多いのが普通でしたが、最近では海外の大本のシステムにぶら下がる形で同じ内容の証券会社(子会社含む)が多く出てきました。また独自システムなのかどうなのかはわからないにしても、魅力的な証券会社が増えてきました。

で、FXに関してですが、どうも私が見る限りスプレッド、手数料に関しては日本のほうが安いようです。海外のブローカーでは0.1PIPスプレッドとか宣伝しているところがありますが、相対取引ブローカーでECNなどのネットワークに繋がっていないところがほとんど。つまり、裏があると想像できるようなところばかり。

中にはECNに繋がっている、リアルというべきでしょうか、そういうブローカーでスプレッドが狭い業者もありますが(以前紹介したDukascopyとか)、手数料を別に支払う必要があるのが普通。

私としては手数料がかかっても取り引き時のスプレッドが狭いことは非常に大事だと思っていまして、また手数料は取引高などによってかなり大きな割引がもらえるので、スプレッド+手数料式のブローカーが良いと思っていました。またそういうところは大手が多く、約定力、スリッページも問題がなく、表示価格をいじったり、不利な約定が常であるようなことも無く、またスプレッド+手数料だとしてもスプレッドとして計算するとたいして大きくないという点が良い。

ただ、最近の日本の業者を見ますと、USD/JPYで0.4であるとか0.5の業者が出てきていますが、やっぱりここまで安く、信頼できそうな業者は海外では私には見つかりません。EUR/USDでも0.7、0.9であるとか、これも安い。私の様に瞬間芸しかできない場合、狙うのは数PIPSですからスプレッドの差は非常に重要です。

ということで、日本のブローカーの口座を開けることにしました。EUR/USD、EUR/JPY、USD/JPY専用になると思いますが、海外在住でも全く問題なく開けられるブローカーはいくつかあるようですが、私はヒロセ通商が良いと思います。オンラインの申し込みフォーム、住所欄で「海外」が選べるようになっていて、他の「海外からでもどうにか申し込める」業者とは随分違う感じがします。

また、本人確認書類も免許証とかパスポートとかが必要なわけですが、ヒロセ通商では現地の運転免許証(つまり日本では何の意味も無い)でもOKでした。

現在申請中で、OKが出ない可能性もありますが、ま、そういう方向で動いています。

また、いろんな意味で使えるマネーパートナーズですが、海外住所では口座を開けないのを電話で確認しました。でもマネーパートナーズは海外からでも開けられる業者として紹介されることが多いんですね。その辺が気になったので、電話で突っ込んで聞いてみました。

「今は海外にいるけれど(あえて在住という言葉は使わず)、本拠地は日本」の場合はどうなのか聞きましたが、答えは「日本に帰った来た時に口座を開設し、その後また渡航する分には全く問題なし」でした。また本人確認書類ですがパスポートでOKです。ただパスポートで現住所確認は本来できないわけですが、後ろのページに自筆の日本住所を住所として扱ってくれる。住民票の有無は全く関係ありません。

ですからどちらの業者も「海外でもOK」と言ってもかなりニュアンスが違いますね。ヒロセ通商は海外在住でも全く問題がないのに対し、マネーパートナーズはあくまで日本在住者であることが建前。

ま、日本の業者のほうが良いとなるとマネーパートナーズの良さはますます光るわけで、いつかマネーパートナーズにも口座を持ちたいと思います。

おっと、大事な点。申し込み時に銀行の詳細もインプットするわけですが、もし日本に自分名義の銀行口座がないと口座開設は不可能の様に思われます。

また、ネットを見ていますと、「海外在住者は法律によって口座をもてないことになっている」と書いてあることが多いですが、これは全くの間違いで、そういう法律はありません。私は法務局に電話でその件を聞いたところ、出てきた担当官が「口座を開けないなんてことがあるんですか?」と言っていたくらい。ただ実際に海外在住者には口座を開かせない、あるいは海外に渡るときには口座を閉めさせる業者がいるのは間違いがなく、その辺を調べたところ、どうも「証券業協会」の中でそういう申し合わせがあるようです。証券業協会に電話をしましたところ、「口座は開けません」という答え。ところで、それはそういう法律なのですか?と聞いたところ、法律ではないと言っていました。

また株もそうですが、先物、オプション、FXなどを売買したときの利益に対する「非居住者」の税金ですが、これもネットの中では様々なことが書かれています。あるサイトでは、ある税理士は納税義務があると書き、他の税理士は、いやそれは違う、納税義務なしと書いているところもありました。これに関しては、20数年前、10数年前、数年前と何度か国税局に電話で聞いていますが、「納税義務なし」という返答をもらっています。

ただし、当然自分が居住している国の税法が適用されるわけで、日本で納税義務がないから居住国でも知らん顔というわけにはいきませんね。オーストラリアでは当然申告しなくてはなりません。ただマレーシアの場合は免税。税金がかかりません。

この辺はそれぞれが「自分で」確認するべきだと思います。私も含めてネット上の情報とか、XXXXさんはああ言っていた類の情報は信用しないのが良いと思います。

また最近ですが、久しぶりに各国の株価指数のチャートを見るようになってから、やっぱり私にはFXより先物の方が合っていると思うようになりました。これは単に指数先物の経験が長かったからということではなくて、チャート分析手法によるものだと思います。

で、それをどこで売買するかですが、本来は先物ですから先物ブローカーが良いのですが、とりあえずCFDでも良いと思い探して見たのですが、指数先物のCFDを扱っているブローカーは決して多くは無いんですね。でも、FXCMのデモを使ってみた感じでは良さそうなので、FXCMの口座も開ける予定です。でも売買するのは多分DAXだけだと思います。値動きの素性の良さ(ノイズ、おかずが少ない)、スプレッド(2ピップス)とうねりの大きさの具合が指数先物中ではベストだと思います。

ただ先物の動く時間は限られていますし、当然先物が良いとなってもFXを無視することはできず。ですので普通にFXを売買するには、Dukascopy、あるいはIC Markets(IGではなくてICの方)がスプレッド+手数料ですが海外勢としては一番まもとに思えますので、これはこれで残しておく予定。これはEUR/USD、EUR/JPY、USD/JPY以外の通貨専用かな。

KLに行くまでは本格的にやらないと心に決めていましたが、ちょっとだけと思っていじりだすと結局止まらない。思ったとおりの展開です。

これに没頭するとほぼ24時間勤務になるし、場が閉まっているときには反省会と今後の方針チェックで頭は回転しっぱなしで、休まることがありません。ま、土日があるから良いじゃないかとは思うものの、現役バリバリの若者と同じように身体も頭も動くわけが無いので、結局は自分の命をすり減らすだけのことになるんじゃないかと心配です。

と言いつつ、ヨメさんには「再開するつもりだから、そのつもりで居て欲しい。絶対に邪魔はしないでくれ。」なんて宣言しちゃいましたし、どうなることやら。

ま、適当にチンタラしながら自分の居場所、ジジーにはジジー流のやり方があるだろうし、それを見つけたいと思います。

しかし、こんなはずじゃなかった・・・・・・  (笑)

-------------------

ヒロセ通商ですが、夜中でも土曜日でもメールを送るとすぐに返事が来ます。

こういうのって今の日本は当たり前なんだろうか。すごひ・・・・・・・・・・ ^^

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

日本の証券会社” への9件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 524d615853596c545066646a7435416a696c423962457a70416c5938544a434b1efc3a3c204ed3f0fb3ebe09a21c1c2fa5d7f062a3f784cbb08a6d80113f81cd
    daboさん
    こんばんは、
    最近の日本の業者のSpreadは狭いですね。
    手数料も無料ですごいです。
    でも、GCやKLからのLatencyで、Slippageが
    どうなるのかはやってみないとわかんないですよね。
    DaboさんはあくまでMT4ではなく裁量ですか。職人芸が
    発揮できること期待しています。

    私はMT4でEAでやるのがすきなんですが、MT4ってそんなに
    信頼性がないですかねぇ? 私は自分の裁量がイマイチなので
    自分よりも優秀なEAにまかせっきりです。

    では、

  2. SECRET: 0
    PASS: 4475536c466b71504170726e437644757a5778434b4338346c584e75724d656193d88c57a7e6799ccf779849cb8d02122ba1dab000e96ead4f6f621ca1f4f585
    vegaさん

    インターネット接続ですが、多分大丈夫だろうとタカをくくっています。昔、入れ込んでいたときにはかなり気にしてデータフィードも早い会社から取っていましたが(CQG)、結局気分程度の差でした。オーストラリアのインターネット事情ってひどくて、当時は下り256K、上りが64Kとかそんな。でも容量はそれで十分なんですよね。一番困るのがまさにレイテンシー、遅延。当時はデータフィードも注文も別会社を使っていましたが、約定の遅い会社もありましたっけ。

    ですから、私が気になるのはインターネットより業者内部の処理です。今の時点ではまぁ問題がありませんが、どうなりますか。

    MT4での自動手動共に発注は一切していません。MT4ってどうしてもタイミングが遅れる感じがします。なんなんだろう。チャートはMT4で見て注文はJAVAベースのソフトですが、MT4での発注のほうが間違いなく約定が遅いです。だからMT4は使いませんが、今のところワンクリック注文で押した瞬間、約定しています。

    EAの良いのがあるんですかぁ。いいなぁ。うらやましいです。

    やっぱり楽が出来ないとこの歳になっての相場は困るわけで、機械任せができるならそれが一番ですよね。

    私はEAは全く信用していないと書きましたが、それは自分で納得のいくものが作れないからに他ならず、実は、今日も何か出来ないかいつもの手法とは全く違う手を考えていました。

  3. SECRET: 0
    PASS: 334e5644666f7a4b7a64554b3151443550486b4d336b62736f4a487a6947334ac7d30e127a452e6c1a2325101ee85fae24ddabe158e90c1bdc77a56bb25caef8
    業者内部の処理については、Spreadが狭い日本の業者ほどわざと
    滑らせるようです。 MT4でもそうでしたし、独自アプリの場合も
    そうです。日本人はなめられているようで、Requoteが多かったり、
    Requoteされるまで20秒かかったりとんでもないところもあります
    のでご注意ください。

    MT4の約定が遅いのは MT4 Trade Server側の仕様です。
    遅いように感じてもSlippageしない業者も海外にはあります
    ので、一概にどちらがよいか(MT4 or Java) はいえないと
    思うのです。

    DucasCopyはSpread広いですし、Interactive Brokerは小詐欺
    みたいなことも今はあるらしいので、ECN/NDDかSTPの業者で1分足の
    ヒゲがきちんと出るところがScalpingには適しています。
    現在持っているEAのなかでは GBPUSDが絶好調です。
    これはGBPUSDのSpreadがかなり狭くなったからです。
    数年前とは段違いですよ。逆にEURUSDはマーケットの
    効率化でPriceActionが洗練されすぎてしまい、とりにくいです。

    >>それは自分で納得のいくものが作れないから
    とのことですが、おそらくEasyLanguageでもプログラムを
    書いたことがあるはずの?凝り性のDaboさんならちょっと勉強
    するだけでかなりMQL4は書けるようになると思います。
    納得がいかないのはDaboさんの手法自体がむずかしいか、あるいは
    感覚に依存する部分がコード化しずらいんじゃないでしょうか?

    もしくは、ScalpingのStopLossが数pipsから10pips位しかない
    もので、Risk Reward Ratio を大きめにとろうとしているとか?
    SL 10 pips で TP 5 pips を取れる Scalpingって私にはまだ
    裁量でもEAでも勝てる手法がなくて、とても憧れます。

  4. SECRET: 0
    PASS: 6d7a376e386c477561664f6a496c554d486c43437156686b727a746e71697958ab79ab84ec4662aa56a92d6ad370c79f40a26deadad9dc859803cc1a153028f8
    業者はやっぱり試してみるしかないですね。

    >Slippageしない業者も海外にはありますので

    どちらの業者でしょう、是非ご紹介ください。

    Dukascopyは手数料があるので結果的にスプレッドが大きいのと同じですが、そんなに広いですかね。

    私はECNの業者しか使う気がなくて、というかOTCは論外だと思っています。

    GBP/USDのスプレッドが狭い業者ってあるんですか?これも是非ご紹介ください。

    自動売買ですが、私はパターンを重視するのですがそれの表し方が全くわからないんです。足とMAとの位置関係、角度、スピード、その辺がどうにもならずです。だからサインの出しようがない。いや、サインは出せても、ここのサインはいらないのにというところをどう消すのかがわからないというべきか。

    でもま、私の基本そのものは単純でまさにグランビルの法則そのままなんですよ。スキャルが難しいというのは私には???で、これ以上簡単な方法がないと思うからこれをやっているわけです。私にしてみるとどうして他の方法が効率がいいのか全く理解できません。

    やっぱり個性なんですかね。100人いたら100人手法が違うし、私と同じ手法をやる人とは会ったことがありません。ただ、ネットでも有名らしいトレーダーの話を聞いていて、たとえばドル円で2円抜きを延々繰り返して一日20PIPS目標だとか、そういう人はたまにいるんですが、きっと私と同じ考え方、同じ手法なんだろうとは思ってます。

    で、大事なのは勝率で、勝ったり負けたりが続くといつになってもロットを大きく出来ませんよね。だから小さくてもいいからとにかく勝つ、というか負けない手法が大事だと思ってます。

    世の中の多くの人が言う「損小利大」は理想論であって、トレード毎にそれを求めるのは神への挑戦だと思っています。私としてはトレード毎の利は小さくてもそれを積み上げることが、トータルとしての損小利大にクs擇・襪隼廚辰討泙后・

    こう考えるのは私が商人の出だからかもしれませんね。(笑)

  5. SECRET: 0
    PASS: 4d507a6a716254424c6d416b75624f4331427a72764f427263515556356f5549ee98d133197dfc24b7c9556b537209cf0a01bc7444b2d22e876b0780c921f7ec
    Daboさん、
    こんばんは、
    こちらを参考に比較検討されてはいかがでしょうか?
    ttp://www.mt4i.com/spread/
    ttp://www.mt4spreads.com/

    Latencyについてはこちらが参考になると思います。
    ttp://www.forexvpslatency.com/
    各業者のアドレスがあるのでご自宅からPINGで確認してみてください。
    GCからですと、GoMarketsあたりがLatencyが短いです。
    今後KLに移ることを考えるとSGPあたりにサーバーをおいてる業者をさがすことも必要かもしれません。

    ちなみに滑らないのは Limit Orderのみですが、FinFxのECN Pro口座はLimitは絶対に滑らない特約があります。Stop Order,Market Orderについても優秀な部類だと思います。片道3ドルです。

    日本の業者でも FX Trade FinancialがLimitは滑らないことを
    保障しています。たしかにLimitは滑りませんでしたが、約定全般に
    難があり解約しました。

    Spread 0.1 と0.7の違いを気にするのは、ExpectedPayoffがおそらく数PipsのTradeをされているからだとおもいます。その場合、SpreadよりもSlippageと約定のほうが影響してきますので、多分日本の業者は、GoldCoastからの裁量Tradeではすべりまくっちゃって全部だめかもしれません。

    Daboさんに質問があります。EURUSDのScalpingでグランビルの法則を使う場合、StopLossは何Pipsにおいていたんですか?過去の記事を読んでも見当たらなかったので。 一般に勝率が高い場合はSL値は比較的大きめになるはずなんで気になっています。もし10pips前後とかであればまさに職人芸ですので素晴らしいですが、その場合Entry条件が鍵になるわけで、そのあたりがEA可しずらいところですね。

    では

  6. SECRET: 0
    PASS: 4e6e41474e444e7a42335471663670774b4f464541357969316f4f526855504faaa208961d74ab39c5f87c0af8a283823d025a7298920674002491022058899d
    vegaさん

    URLの紹介を有難うございます。一番上のスプレッド比較はいつも見ていて、今持っている口座もこれを参考にしています。でも実際にこの通りかどうかはまた別じゃないですかね。

    FXOpenは上位でこの口座も持っていますが、今、1000ドルぐらい入れて放置です。スリップが当たり前だし、なんというのでしょうか、使っていて不安が常に残るんです。

    ICMarketsもここから選んで口座を開きましたが、1Mロットで70ドルの手数料。担当と話しましたが、割引交渉はできそうです。ここはそこそこ使えそう。

    Dukascopyは滑りませんがここも手数料がかかる。ただ紹介ブローカーの割引と口座、取引高による割引で、実質的にはかなり安くなって真剣にやるには私はここが一番だと思ってます。

    今悩んでいるのはFXCMです。ここは指数CFDがあるので使うつもりですが、ここも変なんですよ。まるで動きがない時にBidに売り物をたった一枚ぶつけただけで1ピップ下がるんですから。デモ口座ですが。

    でも大口客には別のものが用意されていてかなりスプレッドはタイトだということで、まぁ、とりあえずは開こうかなと。

    その他、AAAFXだとか、海外ブローカーを試しましたが疲れて来ました。これぞというのが無い感じで、最終的には見た目は高そうでもDukascopyとかCitiFXPro、サクソ辺りがいいかもしれないと思ってます。

    今のところですが、私が使っているのはどこもスプレッド+手数料でEUD/USDで1~1.2PIPSてな感じです。これって5PIPS狙いだと2割以上ですから出来たら半分ぐらいにしたいと思ってます。日本の業者はまだ使ったことがありませんが、USD/JPYが0.4できっちりできるならこれも投資対象になるので楽しみです。

    ストップロスですが、ボラによって変えますが大体T/Pの倍です。そうじゃないとヒゲで殺されることがたまにある。ただストップにかかることはほとんど無いです。終値で5PIPS反対に動いたら完全に負けですから速攻で撤退。次の波まで持つことはまずありません。

    ランダムな値の振れを頼りにして、T/Pが先にヒットするのを狙う手法じゃありませんから、ストップロスを大きくしないと勝率が上がらないということはありません。波も一つのサイクルで勝負で、次のサイクルまで持ちませんから。勝ちトレードの平均ドローダウンは2PIPSちょいぐらいかなぁ。

    これは日足を見るやるスイングだって同じですよね。100PIPS狙いで100PIPSのドローダウンなんて負けと同じ。

    って手法によってまるで違うのでしょうが、私のやりかたで大きなドローダウンが出るようだったらアウトです。小さく確実に取ってあとはサイズを大きくして稼ぎますからドローダウンが大きいような手法だと危なくてどうにもならず。

    今日はずーっと先物を調べていました。やっぱりイタリアのFTMIBが面白そうです。これは昔はノーマークでしたが、近年コンテストの上位入賞者でこれのCFDをトレードする人が増えているのを見つけて、やっぱりなぁ、と思っています。足が上下に荒っぽく動かない、非常に行儀の良い指標。CFDだとスプレッドが2PIPSなのですが、先物ですと0.5+手数料なので、とりあえずはCFDで遊んでみてみようと思ってます。

    しかし、こんなことをやっている場合じゃなくて、早くゴールドコーストを引き上げてマレーシアに行かないと・・・・・・

  7. SECRET: 0
    PASS: 6e736330414436714e6245376a4b746e46763074313850716d6757395a6a464f42b5f401e09f49ad42a66c538226ce0891ef79c5d36a3646466b5ef42512c771
    Daboさん、
    こんにちは、
    業者はすでにいろいろと試されているのですね。
    となると残るSlippage少ないのはThinkForexでしょうか。
    これもだいたい1.2程度です。私も使っていますが
    まぁまぁです。ただし時折SpreadがSpikeするのが難点です。
    Slippageについてはこちらが参考になるかと思います。
    ttp://www.forexbrokerz.com/forex-slippage-execution
    FXCMは確かに変ですが例の訴訟でだいぶよくなりました。
    私はATC Brokerというところを通してFXCMのLiquidityに
    Accessしてました。Tradeサーバーと同じデータセンターに
    物理サーバーを借りて殆ど直結Ping 0.1ms でScalping
    してましたが、FXCMが日本人締め出しでバックがAECNになって
    しまいやめました。その後はFXPulpになって出金できない人も
    いたようです。業者は私も30社位は開けては試しの連続で
    疲れますが、Scalpingで勝てるかどうかは業者次第なので
    コストとして割り切ってます。

    SLがTPの倍ですか、やはり職人芸ですね。
    私のEAには、EURUSDでグランビルの法則で16Pipsを狙うScalper
    がありますがこれはSLが6倍ですのでDaboさんはさすがです。
    Daboさんの手法をマスターしてEAを開発したいと思っています
    ので、その際にはまたご教授お願いいたします。

    では

  8. SECRET: 0
    PASS: 6a33766f4138693279656f39304f76545752615358357861433978565256623919580ba1a936a55c80b0b1e199270d27785027335b3240c383c5cbe3dfa724e7
    vegaさん

    そこまでスリッページやレイテンシーに拘るということは、もしかしたら指標発表時などの大きな動きにも乗るシステムじゃないですか?

    そうだとすればスリッページが無いほうがおかしいし、スプレッドも突然大きくなる。

    私が気になるというのはそういう動きのときじゃなくて平常時です。指標発表時には何もしません。あえて遠ざかって見ています。ですから通常時のスリッページ、レイテンシーもほとんど気分の問題で実際に検討するべき大事でもないというのが本音。そもそも1Pipの中に1000万ドルぐらいのbidaskがないとやりませんし、スリッページが1ピップ以上なんて考えられません。ですから板情報が見れない業者というのは基本的にパスです。(今のところ)大きな額を動かすわけじゃありませんが、1000万ドルの成り行きでもびくともしないような業者じゃないと将来に渡って付き合う意味が無いと思ってます。こういう点で安心なのはやっぱり先物なんですね。

    FXCMなんてそういう意味じゃかわいいもんで、大きな注文(CFDで200万ドル相当以上)は電話しろなんて書いてある。こういう業者は小口を相手にしていると見て間違いないわけで、100万ドル単位の売買(たとえばJGB日本国債はこれが普通の取引単位)で成り行きなんて絶対に駄目だと思ってます。

    もし私がMT4で自動運転をするとしたらやっぱりサーバーを置く場所は考えるだろうとは思います。そもそもMT4自体がもっさりしたソフトですし、少しでもそれをカバーしたいし、その場合だと私ならFairTradeingTechnologyかな。Dukasにブリッジしている会社でECNサーバーと同じ場所にサーバーをおいているとのこと。

    でもそれを使うような未来が来るとは思えず。

    裁量で一番大事なことは「気持ちよくトレードできること」だと思っています。これがないと勝てなくなる。そういう意味で実際に遅いのか早いのかわかりませんが、MT4みたいに注文を出してすぐ約定報告がこないような(私だけ?)、また多用な注文システムがデフォルトで搭載されていないシステムは非常に困るわけで、将来的にこれをメインで使うことはありえないと思ってます。

    ただ自動売買ではトラリピの線は捨てていないので、それはやる可能性はあります。でもその時もMT4は使わないかも。DukasのJAVAベースのJTradeのほうが安心感、スピードを感じます。

    例えばですね。スクリプトの実行スピードもそうなんですよ。成り行きを入れて、その後、自動でオープンオーダーにT/P、S/Lを設定するとしますよね。MT4だと動いたり動かなかったりみたいな恐ろしいことが起きるし、動きが非常に緩慢。なんででしょうね。JTraderだと一瞬に終わるのに。

    MT4の文句ばかり書いていますが、そもそもチャート、発注システムは料理人の包丁みたいなもので、それが良いとか悪いとか信用できないという話題が出るほうがおかしなもんで、安心して使えて当たり前じゃないとうまくないですね。

    でもそんなMT4にも慣れてきた感じ。あくまでチャートに関してですが。でも細かいところには全く気配りがされていないチャートなのね。有料で良いから多機能版を出して欲しいなぁ。

  9. SECRET: 0
    PASS: 334c6e4451395031556c52354a714f4c384d684b485657535a486b434756504a21efa7db99646e676e2b76aaf28295243c821502bde1edbb162f025fc2efbe6a
    vegaさん

    Eur/USDで16ピップス狙い。それもグランビルの法則でということは5分足ですか?1分足では不可能ですよね。1分足で見える波動で30ピップス以上の値幅がある波動はまずありませんから、波動を複数またぐことになりますよね。

    事前に大きな波動か小さな波動かわかれば良いですが・・・・

    S/Lが6倍ですかぁ。約100PIPSってことになりますが、それだともう完全にトレンド変換しちゃってるってことで、出撃のセットアップ自体がそもそも無効になりませんか?それとも、もっと長い時間軸でトレンドを見ているのか。

    グランビルの法則って一口に言ってもいろいろ考え方が違うのか・・・。

    チャートを見せていただいて、こういうときに出撃という例を見せていただかないとどういうアルゴリズムなのかさっぱりわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *