日本の現状が良くわかる動画

大前研一って私の好きな評論家(?)なのですが、彼の主催するBBTで面白い動画があるのを見つけました。

「日本経済メルトダウンの危機!大前研一 家計と個人消費の現状」

去年の動画で古いですが、今見ても古さを感じません。一時間を越える動画ですが、見る価値はあると思います。

日本の現状、先進国の中でもどういう動きだったのか、日本人の収入、資産、消費がどうなっているのか、そんなことが非常に良くわかりやすく説明されていると思います。

まぁ、日本に在住して情報をたくさん取れている方々にすれば当たり前かもしれませんが、私としては非常に面白かったです。

日本が延びないのは、成熟国だからしょうがないと思っていたでしょ?と動画の中で大前氏が言っていますが、その通り、まぁ、こんなもんだろうと思っていました。でも事実は違う。他の先進国はちゃんと伸びていたんですね。

そんな中でどうするべきか、彼流のちょっとぶっ飛んだ論理が展開されている部分もありますが、でも日本人特有の変な考え方に囚われている自分が存在するのも彼の言う通りで、まず自分の内部から変えていかないと駄目だろうなと思いました。

私はまさにこの失われた二十年、海外に居たわけですが、頭の中は日本人そのもの。そしてオーストラリアに居ながらオーストラリアと共に自分が育った感じはまるでなく、しっかり日本人らしくここまで来てしまったことが悔やまれます。

お金って大事だと思うのですが、でもお金が目的で生きる人生って最悪で、お金はあくまで手段でしかないと思って生きてきました。世の中にはお金以上に大事なことがいくらでもあって、子供たちにもそちらに注目するように育ててきたつもりです。でもここまで世の中がおかしくなってきて、国や企業に自分の将来を任すことが難しい今、お金を考えずに好きなことに没頭していたら大変なことになると思う様になりました。

背に腹は変えられないという感じでしょうか。

まぁ、私自身のお金中心の生き方は家のため、子供のために捧げたようなものでそれはそれで全く問題がなくて後悔も何もありませんが、でも自分たちの子供に私と同じように生きて欲しいという考えはありませんでした。

でも今の世界、我々を取り巻く環境、そしてこういう動画を見ると、やっぱり金銭の重要性を強く感じるわけで私のまだまだ続く子育て(たとえ社会人になってもそれは続く)の方向性を変えた方が良いような気がしてきました。金勘定しながら将来のことを考えるなって接し方はうまくなさそ。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

日本の現状が良くわかる動画” への6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 79314e76725458634b517835566863713248387a563852556a4d5750495a3432f6bc1a26383129387afa8065b09249dbd7fec444f7a040ec186de5838f5c0a30
    ダボさん

    最近の日本のTVはネットに対応していて、ファームウェアなどは自動的に更新してくれます。久しぶりにTVのメニューキーを押したらYouTuveの閲覧が可能となっており、大前研一氏のこれまでUPされた発言をいくつか拝見しました。

    感想から先に述べると、彼が掲げているグラフやデータのソースが明示されていないため信憑性の確認ができないこと、また例えば日本の国債残高900兆円に対する隠れ財源や対外資産に対する検証が不十分で本当に財政危機といえるのか疑問なこと、などかなり独断と偏見を感じざると得ない内容の印象でした。

    しかし、彼の偉いところは難しいことを分かりやすい言葉で説明し、自分が分からないことは分からないとハッキリ言うところに好感が持てたというところでしょうか。ダボさんは彼をどのように見ているのでしょうか興味のあるところです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 78717a765733544c3568686d483856586e475a68626c57544a77704f42643971751dee1cecaebe99462e427811b4582796b491ef549d55d05cbc897de8c53e07
    yasashiさん

    データのソースに関しては、私は楽観しています、彼は元は科学者ですし、彼の居た職場を考えても、ソースは知ろうと思えばすぐわかるようにしてあるのが普通だと思っています。ただ目にするこういう動画でそれがわかるようになっていないということはありますよね。

    あと、なんていうのかなぁ、人間って意外に結果ありきで自分に都合の良いデータを集める傾向があるじゃないですか。そういう点で、大前さんは私より間違いなく視野が広いし疑い深いのがわかりますので、自分が集めるデータより間違いはないという確信に近いものを持っています。(笑)

    私が思う彼の凄さは頭の柔らかさでしょうか。アイデアの宝庫。かなりぶっ飛んでいると思うことが多いのですが、でも納得できることが多いです。私は彼の言う内容とは別に、そういう私の頭を引っ掻き回して動きを良くしてくれるところが一番大事だと思ってます。目の前の問題をどう解決するかということも重要ですが、それを考えることが出来る頭を自分で持つことがもっと重要ですものね。

  3. SECRET: 0
    PASS: 6155583856424b51795257796378644b6939514647466b5a384f757067305162bf31760b7ab7e7f833f9a62857ff9047dae6581b753ad4185282723ec9e4c1a5
    今大前氏の本を読んでます(偶然ですっ)
    大前氏のブログなども拝見してます
    視点や考え方や言ってる事は尊敬できるし
    参考になるし面白いと思います
    たまに矛盾する事があるのも事実です

    でも大前氏のすごい所は「俺はこういう理由でこう思う」
    「あなた達も自分の頭で考えろ、自分の意見を考えろ、
    視野を広げろ、うわべのマスコミや政治に騙されるな」
    と言う事をずっと日本人に言ってることです
    これをずっとこの日本で言い続けるのはすごい事だと思います

  4. SECRET: 0
    PASS: 4f44474b7869664531546d6b65464e6c7961694d5572344b35766e675670784a2744da10ea95210964555b04ed2823dd0e6800c16a70b99f11fbb38eb52f5c52
    kumanomiさん

    彼の著作で面白いのがありましたか?何かお勧めがあったら教えてください。

    仰るとおり、彼の良いところは「自分の頭で考えろ」というところだと思います。人それぞれ何を大事にしたいのか、何を望むのか、どうなりたいのかは別ですから答えが一緒になることなんかありませんよね。そういう意味で、大前さんの言うことをそのまま受け入れる必要もないわけですが、個人個人の立場で何をどう考えるべきかという指針を与えてくれるところが良いと思ってます。

    彼ってきっと今のままではこうなる。それと本来あるべき姿、そして将来の姿ってのがはっきり見えているんでしょうね。だから問題点もはっきり見えるしそれに対してどうするべきかも明確。

    こういう才能があったら自分の人生も随分変わったと思います。出来ることならそれプラス、キュウエイカン氏の嗅覚。(笑)

    現状の把握もできていない、将来どうあるべきかもわからない、したがって今どうするべきかもわからない。これが凡人の姿なんでしょうね。

    若い頃から大前流の物事の見方考え方を身につけたら良いと思うけれど、もう時すでに遅し。(笑)

  5. SECRET: 0
    PASS: 63394333765338794b5335476f61644f6c6670633054476e734e3765307833592a5c35d03e94603a57ab9b8929fb1e89e1da4e9fc14c2d6bcb46f5474eb6258e
    daboさん
    全然遅くないとおもいます
    それにdaboさんのブログを拝見してて
    新しい発見や考えさせられる事があります
    そういう発信ができるという事は
    沢山の考えや経験が身についてるんだと思います
    (生意気言ってすみません)

    大前氏の本で好きなのは
    ”新版「知の衰退」からいかに脱出するか?
     そうだ僕はユニークな生き方をしよう!!”(2011.2)
    です。

  6. SECRET: 0
    PASS: 43755142436b7846474234783776575344616c38684558746c76654432656d46773bd9dd74ea4665d20817f2f3479ff47146044d266505d34e06b219abfbb00e
    kumanomiさん

    お褒め頂、大変嬉しゅうございます。(笑)

    知の衰退ですか?面白そうですね。
    「そうだ僕はユニークな生き方をしよう!!」なんて副題が良いですね。私は子供のころから自らユニークであることを選んだことはなく、それどころかどうやって周りと融合できるかそればかり考えて悩んでいたような子供でした。でも18歳のときにグアムに行ったのが切っ掛けで、自分がまともで周りがおかしいと思うようになりました。で、グアムに入り浸り起業したりわけのわからんこともやり、その後はそれの延長のまま今に至るって感じなのですが、ユニークであることの寂しさの反面、自分が持っている価値観を好きなように膨らませ、またどうあるべきか誰の視線を気にすることなく自由に探求できたのは良かったと思っています。

    大前氏はどういう意味で、そのユニークな生き方を推奨するのか興味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *