豪ドルへの乗り換え

いつも書いていることですが、私の資産も収入も全て豪ドルで、これは私がどこに行こうがどこに住もうが変わりはありません。日本人だから日本円。マレーシアに住むのだからリンギット、という考え方は全く持っていないということです。

なぜ豪ドルなのかは、私がオーストラリアという国、豪ドルの将来は悪くはないと考えているのが一つ。そして何よりもその手の安全だと思われる国、通貨で豪ドル以上に利回りの良いものがないからです。

ただ、為替の理屈としては利回りが高い通貨はインフレがあり、それが為替が安くなる圧力になると考えて良いわけですが、豪ドルの動きを見ていますとインフレが関係あるのかどうか全く見えてきません。それどころか利回りが高くなると豪ドルが買われて高くなるという動きを繰り返しています。また利回りが低くなると人気が遠のく。

ですので、私としては長期で豪ドルを持っていればどうにかなるんじゃないかと思っています。

また、オーストラリアに住むのであれば大きな為替の変化があっても毎日の生活の何が変わるわけでもなく、目に見えて物価が上下するわけでもなく、ヘッジという考え方は不要だと思います。日本に住んでいる方が豪ドルや米ドル、ユーロドルに対してヘッジしようなんて考えないのと同じ。

ただ、その通貨を主としつつ他国で住むとなるとそうは行きませんね。その国の通貨と豪ドルのと関係が直接生活に響いてくる。

これは円資産、円の収入がほとんどの人がマレーシアに行くのと同じこと。円の収入をマレーシアで使うとなれば円とリンギットの為替の動きが生活に直接影響してくる。

そういう場合にはヘッジを考える必要があると思いますが、言葉で言うほどそれは簡単ではなく、やはり利回りが良い方を選ぶというのが一般的であると思います。ただこれはそれが良いような気がするだけであって、長い期間の為替の動きを考えると、多少利回りが良い程度では全くどうにもならないケースもあると思います。

それはまさに米ドルで、最近は米ドルに換えて持っていようと思う人は少数派だと思うのですが、以前は外貨投資といえば米ドルが中心でしたよね。1米ドルが100-120円の頃に5-7%程度で回そうとした人は半端じゃない数いると思います。でも皆、全滅。

ただ高利回りの複利ってかなりのパワーがあるわけで、長い目で見るとちょっとやそっとの為替変化は簡単に吸収してしまいます。

リーマンショック後の債券市場で、日本の名だたる金融機関の米ドル建て債券でも年間12%以上に回るものがいくらでもあったのはこのブログに何度も書きましたが、これを複利で回せていたとすると(利回りは落ちたのでそれは不可能だった)、たったの4年で元本100であったものが157になります。またかつて米ドルがもっと高かった20数年前ですが、長期国債で15%で回る時期もありましたね。これはゼロクーポンでしたから持っていればその率で複利が約束されました。これは元本100が30年後の現在、なんと66倍にもなって償還されるわけで、たとえ為替が3分の1になっても全く問題なし。

まぁ、こんなことは生きている間になかなか起きることではないし、レバタラの話をしてもしょうがないのですが、ただここで言いたいことは「高金利+複利」の威力を馬鹿にするべきではないということです。

で、豪ドルですが、最近の金利は下がってきていますが、この20年を見てきた私としては5%の維持は簡単。7%は可能な線。8%以上は難しいという感じです。かつては10%以上で回っている時期もありました。

ただこの話もそのまま受け取ってはまずい話で、そこらの銀行へ入れておけばその%が取れたというほど簡単ではありません。やっぱりリスクをとってファンドや債券に投資しなければ得られない利回りです。

つまりリスクを取るという前提なら、そりゃ高利回りで回って当たり前じゃないかって話になるわけで、これは今の日本円だって同じことですよね。

ですから私の話をそのまま受け取るのはまずいにしても、私としてはたいしたリスクを取ってきた実感はありません。世界的に有名な大企業、優良企業の社債に投資してきたわけで、決してジャンクボンドを買ったわけでもないし、元本がどうなるかわからないファンドや問題が指摘されている仕組み債を買ったわけでもありません。でも、この数年、世界の動きは怪しくて、まさかリーマンブラザーズが破綻するなんて5年、10年前に想像した人はいないだろうし、またギリシャの国債があんなことになるとは想像せずに投資した人も決して少なくないと思うのです。

ま、波乱の時代ですから資産の保全はもちろんのこと、低リスクで増やそうなんて虫のよい話はないのかもしれません。

では、低金利に甘んじるのか?

為替リスクってどんな通貨でもあるはずで、そしてなおかつ低金利だとしたら、よいことはないんじゃないかというのが私の考え方です。為替リスクがあるのなら、それだからこそ高利回り通貨に目が行きます。

ということで私は豪ドルを選び、ただ為替の動きに一喜一憂したくないので、豪ドルの動きに合わせて生活も変えようと心に決めました。豪ドルと心中です。

ただこの考え方がベストだなんて全く思わないわけで、仕方が無いからそういう選択をしたというべきでしょう。ですから今後はヘッジ(何に対してヘッジするかが問題)も考えていこうと思っています。

ま、ここまでは以前から私が何度か書いていることと同じ内容です。

そしてこの前の日記に、豪ドルと心中するのをお奨めしたいくらいだなんて書きましたが、な、な、なんと、自分もそうしたいという方が出てこられました。びっくりした~~。

薦めておいて、実際に出てきたらびっくりするのか?なんて言われそうですが、私としては皆さんが私の話なんか面白半分でしか聞いていないのはちゃんとわかっていて、自分とは関係ない、自分には出来はしないと思ってる人がほとんどだろうと思っています。でしょ?

その方とは知り合ったのは3,4年前であるSNS(そうそう、あそこです)で知り合いました。これからマレーシアで居住する計画をお持ちの方です。

豪ドルと心中するって考え方も決して私が薦めたからではないと思いますが、とっかかりはどうだろうと私と同じ状況になるのは間違いが無く、損得の動きも全く同じになります。

ということで、私の戦友みたいなものですし、お互い情報交換をしながら、私がわかること、できることは全てオープンにして一緒にやっていこうと思ってます。

で、前の日記に書いたように、これだけ豪ドルが下がってきますとそろそろ換え時かと考える人が多いのもうなずけますが、これも「そんな気がする」程度であって賭けであるのは間違いがないと思います。また資産の大部分を豪ドルに換えるとなると、とんでもないギャンブルかもしれません。でも、換え方も一発で決めるのではなくて、いつも書いているようにドルコスト方の利点も考慮するべきだろうし、また高金利の商品をうまく探して、なおかつ今後の課題ですがヘッジの考え方も入れていけばどうにかなるかもしれませんね。

まぁ、どう転んでもうまい話はそうそうないわけですが、一歩足を踏み出そうとしたその方の勇気には感服しますし、私も全面的に協力させてもらいたいと考えています。これは「あの」相場テクニックに関しても同じで、こういうブログに書いた限り、こんなこともあるんですよ~~的な単なる他人の話では全く意味が無く、やる気のある方も出てきたわけですからそれに対するフォローも必ずやるとこの場で約束させてもらいたいと思います。

今の時点で心配なのは、前に日記にも書きましたように、さて豪ドルに換えたけれどそれをどう運用するのか、どういう金融商品に突っ込むのかってところですよね。先月には豪ドルの利回りも下がりましたし、債券の価格も上がってきて(利回りは下がって)います。

例えば、ついこの間ですが、2月に私が騒いでいた豪ドル建ての債券。Paribas SAなんてわけのわからない銀行の債券を買っちゃいましたが、これは新発ではなくて既発債でした。クーポンは6.75%という、実は豪ドルとしてはイマイチ面白くない率なのですが(豪ドルを長くいじっているとこの%でも低いと感じるようになります)、買値は額面の98.31%でした。

こういうのってわかりますよね?

債券って額面が100だとしてそれに6.75%とかのクーポンがついて、毎年支払われる。その100のものは株と同じで常に売買されていて価格が動くわけです。つまり100が上昇して110になれば、利回りは100に対する6.75ですから結果的に下がることになります。でも安く買えればその値に対する利回りは上がることになる。

で、Paribasですが、6.75%のクーポンの債券を98.31で買えたのは良かったわけですが、今の時点ではそれが101.06という価格になっています。同じく去年ギャーギャー騒いで買ったモルガンスタンレーの債券も同じで、クーポンは7.625%ですが、現在価格は102.91。

まぁ、それでも6%の後半から7%の頭は維持できている債権はまだまだあります。前にも書きましたが、初年度9%でその後は変わるという変動利付き債をモルガンスタンレーは出していますし、モルガンスタンレーと心中するつもり(笑)があればその程度の債券は存在するということ。

ただし、あのリーマンブラザーズのことを絶対に忘れてはならないと思うんです。もし2006年、2007年にでもリーマンブラザーズの利回りの良い債券があったとしたら私は間違いなく買っていたと思いますから。たまたま自分にはそういう話が伝わってこなかっただけだったかもしれません。

そういう意味でも、買えばあとは放っておけば良いってものでもないわけで、定期より利率が良いから債券にするという簡単な考え方ではまずいと思います。でも私はその辺はいい加減で、モルガンスタンレーやパリバがつぶれる様な時代に、私がまともな投資が出来ているはずが無いと思っていまして目をつぶったまま綱渡りをしているようなものかもしれません。

いつか大火傷をするんでしょうね。

ただ、オーストラリア国債とか地方債など、そこそこ安全な債券では利回りが低く、全く妙味がありません。そういう債券は定期預金より利率が低い状態です。

私としては豪ドルの5%とか6%の利回りって低いと思っていますから今の状態は面白くないのですが、もしその%でも十分と考える方ならまだまだ豪ドルは面白いと思います。

でも、利回りが大きいから多少の為替変動にも耐えられるというのを忘れてはならないと思うのです。たかが1%2%の差と思うかもしれませんが、4%と6%って50%違うのを忘れるべきではないと思います。

で、定期預金はどうかと考えるわけですが、以前ここにも書きましたように、豪ドルの銀行別の利回りがわかるサイトがあります。

ここ  ← クリック

こういう表が表示されます。クリックすると大きくなります。

赤枠で囲ったところが利率です。

注意点ですが、これには弱小の金融機関も乗っているということ。たとえば一番利率の良いRAMSですが、私は聞いたことがありません。

また、全ての金融機関を網羅しているかというとそうでもないようで、私が昔から好きで使っているローカルの銀行である Bank of Queensland はここには出てきません。

ああああああ、あったあった。下のほうに出ていました。(笑)

どの銀行を選ぶにしても、海外在住者が口座をもてるのかどうか、まずこれを調べてくださいね。どこでも同じってことじゃないと思います。

そして海外在住者でその国がオーストラリアと租税条約を結んでいる場合、10%の源泉となるはずです。もし日本の居住者ならこの利子所得を日本で申告してこの10%分を税額控除してもらうという形になります。また日本では利子というと20%の源泉だと信じ込んでいる方も多いと思いますが、海外の金融機関を利用した場合は総合課税となります。20%の源泉は特例だと考えるべきでしょう。

マレーシア在住ということですと、マレーシアでの申告納税義務があるわけですが、ラッキーなことにマレーシアでは国内、海外に関わらず、利子所得は免税扱い。嬉しいですねぇ。

ま、どちらにしても10%は最低でも持っていかれますから。この表に出ている%の9割が実質的な利率であるということ。

本来この程度の利率なら、マレーシアでも付いても良さそうですよね。この表の中ごろにHSBCがありますよね。5.55%となっています。これの9掛けですと4.995%ですが、さてマレーシアのHSBCの外貨定期ではどの程度つくのでしょうか。本当はマレーシアでも同じ%をつけてくれても良さそうですが、そうなっていないんですね。ANZしかり。日本のANZなんて全くかけ離れた利息しかつけていないのね。ましてや両替もANZでしたら泥棒に追い銭って感じがするはずです。

あと、オーストラリアの銀行に口座を開くにしても、この表の%は結構頻繁に変わるってことを覚えておいたほうがいいと思います。それと定期ではなくて口座にお金を入れておくだけでこの%をつけますって口座(大体インターネット口座がそれ)があるのですが、それぞれ違いもあるので注意です。

前にも書きましたが、ANZのこの手の口座に入れておいたのですが、ステイトメントを見たら付いている利息の利率が違うんですよ。大体毎月利子が付くのですが、その%が違う。詐欺だ~~~~~と思いましたよ。で、すぐに支店に駆け込んだのですが、私が気が付かなかった条件を提示されました。引き出しを一切しない月にはその%が付きますってことでした。つまり、ATMカードも発行されるのですが、それでスーパーで買い物でもしようものならてんでお話にならない%しか付かないって事。

私が口座を開いたときにそういう説明は無かったので、文句を言ったのですがどうなることでもなく、その日に全て引き出して違う銀行に移してしまいました。

で、今はBank of Queenland とかCitibankとか使っていますが、BOQの場合はその口座のお金を出し入れしようがしまいが残高に対してその%が付く。Citibankもそうですが、たしか10万ドル以上だったような気がします。そういう条件だと10万ドル未満の利率が低ければ意味がなく、何十万ドルも放り込んでおけばいいのかもしれませんが、そういうことはあり得ないのでとりあえずCitibankはお財布代わりに使っています。

とにかくそういう違い、特徴がありますので、しっかり細かいことまで調べないとうまくないですね。特に、最初の4ヶ月だけは良い%をつけますなんてのも気をつけないと。

それと非常に大事なことを最後に書いておきます。

どこで両替するのかってこと。

オーストラリアの銀行といえば、日本だとANZあたりでしょうが、彼らは両替で食っているようなイメージを私は持っています。金額がまとまれば手数料を安くしますなんてことをかなり昔に言われたことがありますが、彼らの商売はそれがメインですからたいしてやすくは無いはず。

というか、普通の銀行の外為に行ったら駄目なんですね。この件に関しても何度も書いていますが、銀行を使うとしたら外為じゃなくて違うセクションを使う必要があると思います。いわゆる為替交換で利益を出す必要のない部署もあるんですね。あるいはかなり手数料を低くしないとそもそもその部署の仕事が成り立たないとか。この辺は最近の事情を私は知らないのでなんともいえないのですが、例えば債券売買をするとして、豪ドルだ、米ドルだ、次はユーロだと売買するときに、外為部門がいうような手数料を取られたらアウトなわけですよ。あんな%を取られて米ドルだ次はユーロだなんて動かしていたら元手がどんどん減っちゃうだけでしょ。そんなところに客が付きませんから。

だから為替交換は米ドルなら4銭でやります、なんていう部署もあるわけです。こういうところを探すのが一つ。でもこれって一般的ではないと思います。これが簡単なら窓口に両替の為に並んでいる人たちは馬鹿ってことになっちゃいますから。

もっと現実的な方法としてはやっぱりFX業者を使うこと。

FXにアレルギーがある方も多いと思いますが、彼らは両替業者だと思えば良いかも知れませんね。

現受けが出来る業者があるはずです。

つまり、例えば米ドルでも豪ドルでも買いますよね。FXって証拠金取引ですから、いつか反対売買をして損益の差額を払うかもらうかの差金決済。ところがですね、買った外貨をそのまま手にすることも可能な業者がいるってこと。

この辺は私は昔何度かIBというアメリカの業者で何度かやっただけで詳しくはありません。でも日本の業者でも出来るはずです。

FX 現受け そんなキーワードで検索してみてください。詳しく説明しているサイトがごっそり出てくるはずです。

こういう業者もあるようです。内容はしっかり調べたわけではないので注意が必要ですが、安く為替交換をする方法があるというのはこれでわかると思います。

サイバーエージェント ← クリック

クリックすると大きくなります。↓

リンギットの場合はちょっと違っていて、基本的には海外では両替できない決まりだし(オーストラリアでは両替できます)、FXやディリバティブが存在しません。だから関係ないって思っちゃうと駄目なんですね。

日本円をリンギットに交換する方は多いと思うのですが、その時に米ドルとリンギットの交換率も見てます?

ここが大事なところで、昔から世界のどこにいっても日本円ってカモなんですね。米ドルの両替は率が良くても日本円はふんだくられる。これは町のなかの率が良いといわれる両替商とて同じで、BuyとSellの違いをよーーく見て欲しいんです。いかに日本円はボラれているのかが良くわかる。

そして送金にしてもそうですが、円-リンギットではなくて、途中に米ドルをはさむことになる送金もあると聞きました。二重に両替するんじゃ損だと思うこともあると思います。でもそこは早とちりかもしれません。日本円から米ドルにまず換えると仮定して、このときにほとんど手数料がかからないとしたらどうです?米ドルーリンギットの場合は現地の両替商もスプレッドが小さいですから、そのほうが得ってことになりませんか。

これも実際に計算してどのくらい得かを検証したわけではありませんが、私は両替商のあの交換率が書いてある掲示板を見るといつも腹が立ってきます。日本円はマイナーな通貨でしかないのがよくわかりますから。

だからもし米ドルに有利に取り替えることができるなら(FX業者を使うってこと)、二度手間の方がお得ってことになるのは間違いがないだろうと思っています。これは銀行を通した送金も同じで、米ドルを介するのは二度手間だから損という決め付けはしないほうが良いと思います。

いろいろ面倒だとは思いますが、そしてその面倒なことをしてもやっとホンの少しだけ有利になるだけですし、やっていられるか~~~、なんて思う方も多いと思います。私も実は為替交換とか送金手数料とか気にしないほうです。それより大事なことがあると思ってますから。

ま、どちらにしましてもいつも書いていますが、私たちって本当に単なるカモでしかないってのをいつも感じるんですよ。お客様~なんておだてられてしっかり毟り取られる。でもそういうカモがいっぱいいるから世の中って成り立っているのは間違いが無くて、大きなピラミッドの底辺にいるカモがそのピラミッドそのものを支えてピラミッドの構成員全員を食わしているんですよね。

でも私はそういうカモ状態ってのが大嫌いで、逆襲したいといつも思っています。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

豪ドルへの乗り換え” への8件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 57694d35326566677933537674354c70635a6c6c584e634532514d716d596737e6cd24cac0e4419cc3d37fbf3c218ec99e6bbb88dd7b3acc2a80be5692bb0854
    daboさんのブログで、経済や金融のこと全く理解出来てない私でも凄くお勉強になってる気になってしまい・・これって錯覚ですね(^_^;)

    ただ、一般の日本人が置かれている状況っていうが、日本という島国の中でしか物を考えれてなかった私にとって見えてきて目からウロコ状態です。
    豪ドル金利にしたって同じANZでも日本の支店とオーストラリアでは全然違う。しかし現受できるFX業者利用した為替手数料のお話凄くお勉強になりました。

    ところで、いまいちよく判らないのが、FX業者を私達が一般的に考える銀行並みの信用度と同ランクで扱って取引してよいのでしょうか?
    ムーディーズみたいな格付け業者の格付けってあるんですか?

    だから「あたしゃ勿論名の知れた証券会社のFX部門を利用してい」るって人もいるかもですけど・・

    でも。もちろん銀行も潰れるときゃ潰れるけど、吸収合併という段階的な順序も踏むわけで・・
    (でも経営がボロ銀行同志手をつないで残高は増えても、ボロはボロじゃん・・でも潰しにくい規模にはなるね・・って位にしか思えないけど)

    いくら強制終了(ロスカットっていうんでしたっけ?)があるにしても、レバレッジかけられるものに対して担保物件取らない・・というのは、私みたいなド素人にはイメージ出来ないんですね・・

    世の中のすべての人が銀行は利用したことあっても、FX業者は一般的な利用の仕方をされてないという状況の中で、なにかあったときの世間の反応は銀行に対してのそれとは違うような気もします。

    そして世論とか世間の反応っていうのは、結構重要な重み(影響力)があると思います。知らない人は「FX業者潰れた?ふ~ん。」ってな人も「み○ほ銀行銀行潰れた(@_@;)なんですと??ひえ~~」みたいな・・・
    金融庁って世間の反応度で動くってな事も無いでしょうけど(爆)

    だからリスクの軽減としてFX業者を何軒かに分けて取引するというやりかたもアリなんですかね~~
    それとか虎の子に卵を産ませるポジションをFXだけに頼らないとか・・

    相変わらず相当トンチンカンな質問してるけど私の中では辻褄があう・・

    そして以前にもこれと似たような質問した記憶あるけど、その時のdaboさんの解答に「あれっ」っていう記憶も残ってるような残ってないような・・・

    何も判ってないまま手をだしてヒートアップしてカモになるmanilowタイプ(まだ手出してない、自分の脳みその範囲を超えてるしね)が居るから経済は良いバランスを保っているとは思いますが、同時多発的に何かが起こった場合(同じ方向にこけた場合)銀行にたいするそれとのとFX業者に対する看護に温度差なるものは出ないのか

    ただただ、担保物件取らない、借金取り(集金人)が追いかけてこない・・
    それが私にはイメージ出来ませんね・・

    商売人のdaboさん!いっぱいカモ見てきたのね^^

  2. SECRET: 0
    PASS: 443142426f7a6f7746587263615a324139706149556f71777a5a31546f4a6950d980c41acbc6bba10e8965f373e7cd47a0604b05c1d31b25923e8804b1677427
    はじめまして
    アラフォー主婦のkumanomiと申します
    最近daboさんのブログ読ませていただいてます

    私達夫婦の目標は10年以内に早期リタイアして
    放浪の旅に出ることです
    そのためにはある程度の資産と
    投資でコンスタントに稼げる力が必要です
    早期リタイアの目標もそうですが
    これからの生活に危機感も感じてます
    旦那はサラリーマンでちゃんと稼いでくれてます
    それでも危機感があります
    将来年金が無くても生活していく力が欲しいです

    私はFXを二年弱やってます(デイトレ)
    成績はまあまあです
    いろいろ投資しましたが、FXが一番好きです

    daboさんの自分の住む場所とお金の住む場所は違うという言葉
    にとても感銘をうけました
    短期の投資は日本のFX業者や証券会社でもいいのですが
    中期・長期はいろいろ調べて考えたいです
    その為には英語を読む力は重要ですね・・・
    勉強しなきゃ・・・

    債権はあまり知らなかったので参考になりました
    豪ドルはいつも注目してる通貨です
    参考になる記事ありがとうございました
    (文章を書くのが苦手で読みずらいと思います。ご容赦ください)

  3. SECRET: 0
    PASS: 4769796535536842396b4c4c524742733543334b6f6546334a794138694458576c0fcab4692582d4cb8ded0cdb90cb847647b259cb7e28b3508ca23fb44b3f58
    ダボさん

    今回もビギナー向け豪ドル債投資セミナーをいただきありがとうございます。もうこのぐらいのレベルになってくるといかに銀行・証券会社等の金融機関とネゴシエーションできるか、ということになってしまうと思います。

    Bank of Queenslandに口座を開いているようですが、こちらに口座開設するにはどんな条件が必要なのでしょうか。口座管理料はおいくらなのでしょうか。

    小市民の小生ができることはせいぜい日本の3メガ銀行等に口座を開設し、インターナショナルカードを発行してもらい、マレーシアでどの口座を使って出金したら有利かやっているぐらいではかが行きません。

    しかし、こうしたささやかな試みでも差は出るもので外銀、メガ銀、ネット銀のなかでは三井住友銀がネット利用料を含め一番有利であったのを記憶しています。

    これからは銀行とはネゴシエーションしながら付き合う時代になって来たように感じます。

  4. SECRET: 0
    PASS: 6f6f7855484b4d677358454348776b783830537a7a767a32673948454f555364eb9bd3b0a7c974e95481925969b5ac3c6c17945c95d90b7be52030d8dd0579f2
    jazzさん

    FX業者の選び方ですが、おっしゃるように注意は必要でしょうね。ただ注意する点がjazzさんと私とちょっと違っておりまして、倒産するんじゃないかとか逃げちゃうかもという心配はしません。取引条件が全てだと思ってます。そもそも、FX業者に大金を入れることはありませんし、お金を寝かしておくような場所じゃないですもの。でもそれなりのお金を入れるとしたら・・・・。やっぱり大手を選びますね。

    担保を取らないということですが、証拠金が担保なわけです。で、ロスカットもその証拠金ぎりぎりってことじゃなくて、かなりアローアンスがあるんですね。よっぽどのことがないとマイナスにはならないような計算を彼らはしているってこと。でも大震災の時に日経が暴落しましたよね。で、先物やオプションのようにレバレッジが掛かっている金融商品があるわけで、特にオプションは大きく動きますから、そしてああいうときには一方通行の動き方ですからロスカットもうまい具合に約定しないのでしょう。莫大なマイナスが出た投資家がいっぱいいて、それを回収できない証券会社はずいぶんあったようです。投資家に「はい、破産します」って言われたらどうにもならないわけで、当然証券会社の肩代わり。潰れる寸前まで行った有名な会社もあったと聞いています。

    FX業者の分散ですが、使い分けをする人は多いと思いますが、危険分散をするって話は聞いたことがありません。そもそもそんな大金を動かす仮定でjazzさんは考えているんでしょうか。

    他のことがわからないからそこのところが気になるのでしょうが、釣りに行くとします。そしてその釣り場まで自動車で行く。ところがその釣り場へ通じる道が信用できない。崩れるかもしれない。通れない場所があるかもしれない。こういう心配をしているのが今のjazzさんということですね。

    どんな道だろうと四駆で行くなり、走り抜ける技術を持つなりするしかしょうがないじゃないですか。出るのか出ないのかわからないお化けの心配をしてもしょうがないと思うんだけどなぁ。そもそも、なくなったら困るほどの大金を動かすことはありえないのに。でしょ?

    それとね、大事な点ですが、もし私流の超短期売買をするとしたら、え?そんな金額で良いの?というお金しか必要ないんですよ。もちろんレバレッジを掛けますが、超短期ですから危険なほどのレバレッジではありません。せいぜい20倍。(笑)

    で、普通の退職者が考える、「このぐらいの収入のプラスアルファがあればいいなぁ」程度が目標ならたぶん10万円の軍資金で十分でしょう。頑張って利益を出すぞ~~程度でも100万でOK。9桁稼ごうと思う人でも1000万あれば十分。そんなもんです。だから多少危ない会社でも余計なお金は置かないようにして、その代わり利益が出せる条件が大事なわけです。

    話は定期預金に変わりますが、その場合はその金融会社にお金を預けるのですから倒産されたら困りますよね。では債券だったら?債券は株式と同じでその金融会社が預かっているだけですから、その会社が倒産しても大丈夫なはず。違いますか?

    kumanomiさん、はじめまして。いらっしゃいまし~~。

    早期リタイアを目指しているんですか?良いですねぇ。頑張ってくださいね。

    デイトレでそこそこ利益が出るならバッチリ。どんな世の中になってもたとえシベリアだろうがチベットだろうがインターネットさえ繋がれば稼げるわけですから、その線を延ばしていけたら良いですね。私の考え方ですと「勝率」を上げるのが非常に大事だと思います。相場で食う人の中には正反対のことを言う人も多いですが、儲けたり損したり、また儲けたりなんて感じで、1年トータルするとプラスってのは駄目なんですね。それだと投資金額を大きくするのは怖くてできませんから、その状態が延々続くのが普通。でも勝率さえ上げられれば将来はどうにもなるんですね。利益幅は小さくても勝率にこだわってやってみたら面白いと思います。

    債券にしても何にしても、日本って旧石器時代みたいな感じがします。これは日本国債を買い支えなければならない(だから他の魅力のあるものを見せない)というお国事情と関係があると私は思っていまして、また、まだまだ「自己責任」が金融の世界では浸透していないってこともあるのでしょう。海外に目を向けると競争も激しいですし、面白いものがいろいろあるので是非そちらのほうへ目を向けて欲しいです。当然、英語が共通語ですのでこれが苦手だと困るわけですが、金融関係で使う言葉なんて決まっていますし、興味を持って英語のサイトでも見ているうちに知識と英語と両方を得ることができるんじゃないでしょうか。

    今後ともよろしくお願いします。ご遠慮なくなんでも書いてくださいね。

    yasashiさん

    私が思うに、日本ってまだまだ貧乏人の国みたいな気がするんです。銀行の敷居が高すぎるというべきか。オバサンが買い物に行って「ねぇ、もう少しまからないの?」っていうような関係がないんですね。その点、海外ですと日本みたいにお客様扱いしてくれない反面、こちらも言いたいことを言える環境があるような気がしています。ネゴするなんてのは当たり前で、超有名百貨店のVIPルームでお茶を飲みのみ買い物するんじゃないんですからもっと言いたいことを言っても良いと思ってます。

    Bank of Queeslandとの付き合いは長いですが、私はまったく内容を知らないと言って良いと思います。私がオーストラリア在住だからオーストラリアの銀行のことはよく知っているだろうと思われることが多いのですが、いつも書いていますように、人間が住みやすいところとお金が住みやすいところはまったく関係がないと考えていますし、そもそもオーストラリアの銀行には生活費しか入っていませんし、財布代わりに使うだけです。

    ということで、BOQの取引条件等まったくわかりません。口座維持手数料が必要なのかどうか、またインターネットバンキングで国外送金ができるのかどうか、そういうことも全く知りません。

    お役に立てなくてすいません。

  5. SECRET: 0
    PASS: 736850514c4749384552456e516f4f6a326f427843557974366f5a623959794497ba32fca013139817d62b6fb1317daeae3293d436f7cfad07e68b2e24a8cf56
    日本のFX業者で現受け出来る所はかなりあって、サイバーエージェントやセントラル短資などが有名ですよね。セントラルは1万通貨単位なので、小額だとメリット少ないですけど。

    三菱○○とかで外貨預金すると、米ドルで往復2円、ユーロ3円、豪ドル4円!とかですよ。預金した瞬間に金利分以上損しますよね。どうしてFXを使わないのか理解に苦しむw
    日本の銀行さんも日本円をカモにしているのは同じですねw

    ちなみに、マネーパートナーズなどでは両替(20銭)も可能で、1月1回なら出金手数料も無料です。私は米ドルでシティに出金しかやったことないけど。

  6. SECRET: 0
    PASS: 4a69354b6963703272506a677270546a776f3142384674456d46473776397942ff61796b0ab81da50d2b2de9b7f0a84f2e8ed1881f06851b23ebad26f1aeec6c
    じりきちさん

    本当に日本のあの外貨預金って不思議ですよね。詐欺と同じ。あれ、儲かるんでしょうねぇ。

    マネーパートナーズ良いですねぇ。日記のネタにさせてもらいますね。

  7. SECRET: 0
    PASS: 6972416d31686b3558347a337a395853384b3371677a4c6f5147364f6248714c4bc326cc843c8ae3f39db7200a41dfe09b98523322e25b498a0c27b6c8e76c48
    ネタの日記、拝読しました。
    シティを使う方法はまったくそのまま同じでした。感服いたします(笑)
    マネーパートナーズの両替は往復で40ではなく往復で20銭(厳密にはスリッページで1銭ぐらいあるのかな)かと。
    あと、シティの米ドル普通預金口座に移動して、外貨キャッシュカードで現地のシティのATMでおろす際に、シティに1回2ドルとられる。
    デフォの設定のままだと1回の引出上限1000ドルなので、980ドルしかおろせなかった。事前に設定変更の必要あり。
    まあ、1回細かい事をやっておけば、次回からはルーチン化されるとは思うけど、確かに他で儲けた方が早くて良いのは事実ですw

    住信SBIは他銀行への振込手数料無料とかもあって使い勝手はとても良いです。

    ところで、、、
    SONYから1インチ2020万画素F1.8ツアイスのサイバーショットRX100が発売されまして、軽薄短小240gなので、いっそNEXからこっちにしてしまおうかとも思ってますw
    GoPro HD HERO2 も24fps 35Mbit になるそうで、水中カメラ用としても使えそうで欲しいなぁとw

  8. SECRET: 0
    PASS: 32704e7835336a5a5459747a466675417442734b7968416a4838463636375a537aa950dff9aae5d2b8fb88904a7501149ff053cd6d8b390cf816047d05821274
    じりきちさん

    マネーパートナーズのスプレッド(手数料)ですが、今確認したところ片道20銭ですね。往復40銭プラスFXのスプレッド。まぁ、両替となれば往復で考える必要はないのですが、私は全て「スプレッド」として統一した見方をしているので往復で考える習慣がついています。

    ソニーから新製品がでましたね。1インチのセンサー。レンズもワイド端はかなり明るいので良いかも。ただ換算28-100ミリですが、ワイド端はもう一声頑張って欲しと思いました。

    私が楽しみにしているのはキャノンのミラーレス。ただセンサーサイズがいまいちでどんなカメラになるのか。それとニコンもキャノンもフルサイズのエントリー機を出すようで、こちらのほうが気になるかな。

    中途半端なカメラをとっかえひっかえ使っていますが、気軽に持ち出すにはやっぱりフジのX10が今のところ私にとってはベストです。このカメラ良いわ~~~。

    GoProがそんなのを出すんですか?すごいなぁ。あのカメラはテレビ番組制作でもかなり使われているし、画質の良さが要求されるんでしょうね。私としては暗いところだと全く色が乗らないのでそこをどうにかして欲しい。

    水中カメラとして使うにはケースのレンズを平らなものに取り替えるのが良いみたいですね。そうするとフォーカスがバッチリ合う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *