HSBCシンガポールから電話

HSBCシンガポールから電話がありました。

何かあったのかと思いましたが、声の主はニコニコしながらしゃべっているのがわかりチト安心。

先日、豪ドル建ての債権に関してメールで質問しまして、それに対する返事をもらいましたが、それに対して私が返事しなかったので電話をしてきたそうです。

どうですか?と聞くので、この際、言いたいことを言ってみました。

豪ドルの債権がないかと聞けばたった2種類しか紹介してくれないし、私が特定の債権(豪ドル建てのパリバ)があるかと聞けばどこでも買えるのに(←これは私のブラフ)それは無いと言うし、投資情報が少なすぎて自分としては満足していないとはっきり言いました。

そしてボンドでもファンドでも何でも良いからもっとどんどん情報を送ってくれと伝えました。さぁ、どんなのを送ってきますかね。

それとボンド、債券の話ですが、私としては米ドル建てには興味がないけれど(これは他社からいくらでも情報が入るから)その他の通貨、特に豪ドルに興味があって、そして債券の格付けに関してはトップクラスである必要はない。トップクラスはリスクが低い代わりに利回りも低いから面白くない。AとかBBBクラスでも構わないから紹介して欲しいと言いました。

すると、何パーぐらいの利回りのが欲しいのかと聞いてきましたので、7%前後と答えました。(笑)

この話のやりとりの中で、私は以前メールでパリバの特定の債券があるかどうか聞いたわけですが、それは無いと答えてきたものの、ちゃんと調べていないであろう事が想像できました。

前にも書きましたが、債券は株式と違って一つの会社が何十本も出しているわけで、世界的に言えば恐ろしい数の債券が存在するわけですよね。その中で流通しているものがどれだけあるかわからないものの、決して数えるほどであるはずがないと思うのです。でも銀行としてはジャンクボンドや危ない債券を勧めるわけにもいかず、そもそも個別債券の世界は個人投資家には縁遠い世界ですから、勧めるならこれというリストを彼らは間違いなく持っていると私は想像しています。

これはシティバンクシンガポールもそうで、彼らは自分達が勧めるものしか販売できないとはっきり言ったので(面倒だから?)、私はシティバンクの口座を閉鎖した過去があります。冗談いうな~~、ですよねぇ。

でもま、銀行の立場としてはそんなもんだというのはわかりますよね。これは日本も同じで、扱っている債券のリストを見ればガチガチのお堅いところしか並んでいませんから。

でも、今回の電話で、私はリスクテイカーであるとはっきり言いましたし、これから何を勧めてくるのかが楽しみです。あ、そうそう。とりあえずゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、バークレーズの債券情報もくれと伝えました。もしこの辺がちゃんと出てくれば我々レベルが興味ある債券は手に入ると考えて良いと思います。3年前ですが、三井住友の米ドル建て劣後債(当時10%以上で回っていた)を探してくれと言ったら、買えると答えていましたし、この答えによってはHSBCは使えるという判断を下して良いかもしれません。そしてHSBCシンガポールで扱いがあるということはHSBCマレーシアでも多分OKでしょう。

私としては銀行選びってこういうところが大事だと思うわけで、手数料だとかATMの数で選ぶべきではないと思います。で、お財布代わりの銀行は別に確保すれば良いのじゃないでしょうか。(私はMaybankに口座を開こうと思います。彼らのVisa infiniti クレジットカードはマレーシア最強だと思いますし 笑)

また、彼女は先日のメールの中で勧めていた豪ドル建ての債券に投資するファンド Templeton Global  Bond を再考してくれと言ってました。この3年間で30%の利回りが出ているので非常に有望だと。

でもそれは去年の年末からの世界的な債券ブームによる債券の値上がりがあるからそのパフォーマンスが出ていると私は思うわけで、そもそも債券そのものが今、買う時期として面白いのかどうかは疑問です。でもまとまった資金が遊んでいるならそれも良いでしょうが、もう私にはそれがない。(笑)

それと、彼女に勧められて数年前に買った金のファンドですが、かなり上がったあとに一度下がってまた値をもどしているものの、値上がり率でいうともう頭打ちになっているので乗り換えたらどうかと言ってきました。

ま、電話を掛けてきたのは、要はこれを言いたかったのだろうと思うわけですが、とりあえずファンドの現時点の概要、過去の値動き、その他詳しい資料をメールで送ってもらって、それを見てから考えると伝えて話を終わりました。

HSBCシンガポールの私の担当ですが、電話で話していても頭は切れるけれど可愛い感じのする女性で、いつか会ってみたいと思っています。そもそも私はHSBCシンガポールへ行った事もありませんから、いつかチャンスがあったら行ってみたいです。

で、その担当ですが、役職はリレーションマネージャーではなくて、ポートフォリオマネージャーです。そもそもHSBCの中にどういう役職があるのか知りませんが、プレミアの担当として単なるマネージャーではなくてポートフォリオ関係のマネージャーであるのは私としては喜んでいいのかな、と思っています。どういう商品があって、それをどう組み合わせたらどうなるのか、それを顧客ごとに把握している仕事だとしたら客としても頼りがいがあるかもしれません。何も分からないただのメッセンジャーみたいなマネージャーならいなくても同じですし。また口座を開いたのが4年前かな?その時から担当が替わっていないのも嬉しいです。

でもま、今のところ、Templeton Global Bond を売れと上から発破が掛かっているのでしょう。

Templeton Global Bond (in AUD)

This fund was launched in 1991, track record of 20 years, return is about 7.5% per annum consistently. Dividends are paid out every month, you can choose to automatically reinvest or credit your account. It is diversified into government bonds worldwide, which reduces risk level, rather than having only 1 bond. Returns in volatile markets are stable and continue to pay dividends – see chart attached on factsheet, it is a steadily climbing line, no big drops. Positive performance during crisis over 2008/2009 (returned total 30% over the last 3 years)

パフォーマンスですが以下の通り。豪ドル建ての債権に投資するファンドですが下の%は利回りをシンガポールドルで換算(なんでそういうややこしいことをするんだ?シンガポールドルが上がっているからこうしたほうがパフォーマンスが高く見えるから?また銀行はシンガポールですし、シンガポールの顧客に配慮したのでしょう)したもの。

Bid to Bid Returns (%) – SGD

1 wk 0.65
1 mth 6.59 ←
3 mth 4.99 ← この数ヶ月の債券の値上がりが凄い
6 mth 0.14
YTD 7.11  ← だからこれを素直に受け止めるべきではないと思います

1 yr 2.4 ← この1年で言えばこんな程度
2 yr 6.48 ← まぁまぁですかね
3 yr 10.39 ← これは凄いと思う。でも昨今の値上がりがあるからでしょう。
5 yr —
10 yr —

こういうファンドにしてもそうですが、上がったときの資料を見せられるとこりゃ凄いって思いますが、では下がったときのデータを見たらこんなもの買えるかって思うわけです。でも債券もファンドも相場ものですから、安いときに買う、高いときに売る(あるいは保持)をするとパフォーマンスが高いですが、高値掴みをすればろくでもない結果になると思っています。

私としては、ハイそうですか、とこういう勧めるものをそのまま買うのではなくて、では Templeton のファンドを扱っているなら他に自分として興味があるものは無いのかまず探そうと思います。

Franklin Templeton Investments  ← クリック

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

HSBCシンガポールから電話” への10件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 58555076376a737a576d314d494d72356f414f6f777264355162537750767166e4cf9554ef48df5beb06346509a0d5f55d08348fed0819ee7006526a2d39c0e7
    良いものが提示されると良いですね~

    まあdaboさんの事ですから当然知っているし買わないでしょうが、このファンドの実績は債権の上げ下げの問題でマジックに近いです。
    1ヶ月ちょい前に私がバークレイを買った時は、急激に値段が下がった時でした。
    いわゆるリスクプレミアム・信用不安ですよね。
    それが出ているのが、1 mth 6.59ですね。
    3 mth 4.99って事はこの1ヶ月間で上がっているだけで、3ヶ月前より1ヶ月前の方が下がっていると言う事ですよね。
    そして3 yr 10.39=2009年これは例の時期ですよね。

    債権ファンドは、コンスタントに利率を稼ぐと言う点では良いと思うのですが、私やdaboさんには意味の無い商品ですよね~
    しかも高くなったときに買うのは、更に意味無いですよね~
    株と違って、100のものが200には成りませんから、せいぜい105とか108とかですよね。
    そう考えるとやはり下がった時に買うものです。

    と言う考えでいますので、今信用不安のある会社で破綻しないと思える銘柄を選ぶしかないと思います。
    でもそれって、逆張りですか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 515a446c5458595a4472476c433038755355717a6a3768524a6f594e686a6445cdf69213105d9090fe4a61c9a00178dc09a20cddc13567e9dacd77188a789c63
    ずんさん

    その通りですよね。数字のマジック。だから今、良く見えるときに売れと販売促進をしているのでしょう。

    こんな危ないのが買えるか!って時に買わないと面白みが無いわけですが、やっぱりそれって逆張りに間違いないでしょうね。だって、ギリシャの国債が下げだしたとき、リーマンブラザーズが下げだしたときに買い向かうのと同じですから。で、状況が見えてきたときにはもう遅い。

    株価もそうですが、我々に真相がわかる頃にはもう値は十分動いてしまった後なのが普通で、安いからと真相がはっきりしないうちに買うことほど危険はないと思います。理屈で言えば、その下降が反転して、上りだした後の押し目を狙うってことになりますが、売買が簡単なものならまだしも債券の場合は毎日の値動きさえ追うのが難しいし、情報源は少なく、情報量も少なく、難しいと思います。

    何度も書きますが、あのリーマンブラザーズの債券が安いからどう?なんて下げだした頃に言われていたら多分飛びついたと思ってます。で、もっと下げて慌てて、でもどうにかなるだろうと我慢して、結局はまさかのまさかに遭遇ってストーリーだったろうと思います。それを言い出すと、今持っているモルガンスタンレーもパリバも怖い。(笑)

    やっぱり純張りが基本だと思います。それだって簡単じゃないわけですが、下げに買い向かうなんてのはプロの仕事じゃないでしょうか。良く言う「頭と尻尾はくれてやれ」で十分ですよね。相場ものって反転の瞬間を狙うのは難しいし、また下げだした物がいつ下げ止まるか、上げだした物がいつ上げとまるのかの判断は不可能だと決め付けてしまった方が良いと思います。で、値動きの理由、真相なんかわからなくても現在の動きはわかるわけですから、それに着いて行くしかないし、結果的にはそれが好成績を残すと私は考えています。

    下手な考え休むに似たり。この格言も相場には大事だと思うのです。プロにも難しい将来の予想をどうして素人がやろうとするのか。それって考えているようで遊んでいるのと同じだろうと思います。債券も同じで、デフォルトしなければ良いですが、それをどう見極めるのかは簡単じゃないですね。

    要は債券投資ってどうすればいいのか、私にはまるでわかってないということです。(笑)

    最近、債券投資(ETF含め)勉強していますが、ポートフォリオには20種類含めろ(債券、ファンドだけでですよ)なんてうプロのアドバイスも見て、なんだか自分が考えているのと世界が違うなぁと思っている今日この頃。

  3. SECRET: 0
    PASS: 6368563867387578795133533354646d5544446a365a7a334250795555316457350db0c66e17ca39381aa74c5391ea5da9d9f50deedd0883884427c1f8feb8fc
    逆張り思考はよくないですよね。
    ちょっと考え直さないと・・・

    債券・ファンドで20種類と言うのは、リスク分散て事で間違っていないと思いますが、問題は資金ですね。
    大手じゃ有るまいし、でもだからファンドにした方が良いってのも考え物です。

    やはり、私なんかは日本の大手金融機関の優先が安くなった時に買うのが性に合っているかもです。
    そこが潰れるようなら、どこに預けておいても日本国内ならどうにもならないでしょうから。
    一般企業は後ろ盾が有ってもエルピーダ等悲惨な事になってますしね。
    リーマンの事があるので米系も難しいです。格付けも怪しい。
    そう考えるとどこでも怪しく見える(笑

    まあでも、バークレイ辺りがだめなら、英が駄目ってことになるのでその位は私の中では許容範囲ですかね。
    もちろん全力ではなくです。

    先日買ったドル建てバークレイは90.8ですので、もうちょい上げたら売ります。
    日本系はほぼ100を超えているようで買う状況ではないです。
    少し残っているのを売却するか迷ってます。

  4. SECRET: 0
    PASS: 6754304154306f6753506c574c4e6e676b69334b5a3853463974337175326848a10ad6b0643d58463dafe384a6e73f31123a7c7b38e29a377aa52f0d32cb2cbf
    >やはり、私なんかは日本の大手金融機関の優先が安くなった時に買うのが性に合っているかもです。

    結局、このブログで債権の話が出たのはリーマンショック後の日本の銀行の劣後債だったですよね。海外で銀行が危なくなれば当然日本の銀行もその波を受ける。でも海外の銀行は簡単につぶれても、日本の場合は絶対に三井住友なり東京三菱は潰さないという100%に近い読みがある。だから買え向かえるわけですが、その他の会社はわからない。我々に詳しい情報が入ってくるはずも無いんですね。

    前にも何度か書いていますが、もし三井住友がつぶれるような時代になったら、自分が何にどんな投資をしていても無事に済むわけがないと開き直っています。で、そういう風に一緒に心中してもいいぐらいに思える社債ならいいですよね。

    モルガンスタンレー?パリバ?まったく知らないし~~~。(笑)

  5. SECRET: 0
    PASS: 6b533046744356597a6b56635645636458534b375837507745784f3579594442717a49bea4eb79d7bea6620546a95e72771b65496121d302b3cea9635ee44bc6
    しかし以前から不思議に思うのがずんさんの債券投資法。安いときに買って高くなったら売る。これって金利目当てではないってことですか?

    債権そのものの上げ下げで利益を狙うなら、まだ他にいくらでも投資先ってあると思うし、債権を手放した後、その資金をどうしているのかが気になります。寝かせておいたらお金を生まないし。

    私の償還まで持って金利狙いとはまるで違いますね。私としては償還まで値が上がったの下がったの、利回りが良くなった悪くなったとそういう諸々の心配から逃れて「楽するため」の債券投資です。

  6. SECRET: 0
    PASS: 6f626663397378556c594f5a39716c65526c68394b63616c7248597a4d70667a182bb36d0ad45e035382100688b05fed3ce039fe8821da5369c42188ae6c816a
    いつも参考にさせてもらっています。
    税金やビザなどを考え2年前に移住しました。感じる事は英語が不得意な私には非常に金融商品を選ぶのに苦労するという事。
    マレー在住視点で言えばこのブログ本当に助かっています。
    債券については今が高いだけに買う気が確かにしません。
    手元にあるまとまった豪ドル、豪州の銀行で口座開くの大変そうなんで、CIMBあたりで定期預金にしようか悩み中です。

  7. SECRET: 0
    PASS: 52315366797745567a52516566743777714b6f7a50736950505545466136643988729204826518dcf01316bbdb8ce2f4d7a4736e2039a52598ce19c0dd8e9d93
    daboさんじゃないのに、答えちゃいけないかもしれないんですけど、youichiさん、豪州の銀行で口座を開くのが大変そうって、どうしてですか?
    観光できても、パスポート一つで簡単に開けちゃいますよォ。

  8. SECRET: 0
    PASS: 543934746270314a663645453451366f493378527742546c61524c4a644e7552d3d2b735fbd2e2e02480149a6b4f99f0a34b48d90d0a12f8d10f7abcc4c785df
    yoichiさん

    確かに金融商品を選ぶのは難しいですね。調べれば調べるほど、難しい、わからない、というのがわかるだけみたいな。(笑)

    豪ドルをお持ちですか。定期にすると言っても結構マレーシアだと利率が安いんですよね。そういう意味ではオーストラリア国内のほうがチャンスがあるとは思いますが、10%の源泉分離課税があるのを考えると手間ひまかけてオーストラリアで口座を開く必要も無いかもですね。

    口座を開くのはちりとてさんが書かれているように簡単は簡単ですが、いちいち来なくてはならないのと、銀行の金利もあちこちでデコボコがありますからその都度あっちだこっちだも面倒ですね。来なくても口座を開ける銀行はあると思いますが、でも定期の利率が良いかどうかはわからないし。

  9. SECRET: 0
    PASS: 7435566546664f73685834697a7a73644c695735597065416432473050667933f1d0b5aa4df21cdcd7daad5117fefeb2009a6890adc71981cc0a67854eb6f2ce
    マレーシアの金利も、源泉分離課税分がどれ位になるのかも全然わからないんですが、日本に行ったときに、父に、オーストラリアの某銀行にわたしの口座を開設するように言われて、インターネットで開設したんですよね。
    もちろん、オーストラリア在住の人間だから、オーストラリアのタックスファイルナンバーとかインプットできたんで、簡単に開設できたのかもしれませんが、とりあえず、各銀行の金利はインターネットのサイトで一覧表になってます。
    http://www.infochoice.com.au/banking/

  10. SECRET: 0
    PASS: 613237527041714869336a6674663833535a496a75383575693757797a793166741bff6f14aabf01d2db0e9345c8f4a22b1f5d2b7a04001a3916928743220008
    おおお、ちりとてさん

    こんなサイトがあるとは知りませんでした。ありがとう~~~。

    表で紹介させてもらいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *