イージーマネーを追う人々

トラリピって面白いと思うし、何か良いアイデアと組み合わせればかなり有効な手段になるんじゃないかと思って市場ウォッチングと研究は続けています。

で、この数ヶ月でもネットの中で変化が見える。

これはトラリピの裾野が広がっているからだろうと思うのだけれど、片や従来の手法と組み合わせてリスクを下げる手法を追い求める人が増えているのと同時に、片やあまりにも無謀なやり方で何も考えずに参入しカモになる人が増えているのも見えてきます。

ここでも二極化ってあるんだなぁ、と思う今日この頃。

自分としてもトラリピが使えるようになる何かブレイクスルーはあるような「気」はするのですが、でもトラリピって「逆張り」「ナンピン」「塩漬け」の融合したシステムでしかないのははっきりしていて、この3つの手法は難しい手法の代表で、そして特に初心者はやってはいけないこととして覚えるべき最初の3つであると昔から言われていること。

でもそれはトラリピという手法の出現によって、その3つのリスクが変ったと考えるべき時代になったのか、それともその3つの難しさをいまだに引きずっていて、しかしそれが表面上はっきり見えてこないだけのことなのか、だからそもそもブレイクスルーなんかなくてトラリピの難しさとは結局「逆張り」「ナンピン」「塩漬け」の難しさというか呪縛からは逃げられないものなのか。

私としては、トラリピはその呪縛からは逃れられないシステムだと思っていて、でもそういう先入観があると新しいことを取り入れることが出来なくなるので、まぁ、いろいろ考えているのですがやっぱり出口は見つかりません。これが今の私の現状。いくらあの手この手を考えてもまるで先に進まず。裁量を抜きにしての放置じゃとてもじゃないけれど利益を積み上げるのは難しくて、いわゆる楽が出来るシステムではないってこと。

でも、これなら行けるようだというトラリピの変形とか他の手法との融合形も出てきているのだけれど、よくよく調べたら、「逆張り」「ナンピン」「塩漬け」を使いこなせる人がそれをやっているだけなのがわかったり。それではトラリピの面白って私はないと思うわけで、やる人の技量が大きく関係するのであるならば、他のシステムとなんら変りはないってことですから。それなら自分が得意とする手法でやっていたほうが良いし、浮気する価値もなくなります。(笑)

またそんな中で、今までと違う動きとして、細かい仕掛け幅で仕掛ける人たちが出てきたのが散見できるようになったのは驚きです。今までは30銭幅とか50銭幅。そして利益幅もそれと同じ、なんて本当にシンプルだったのが、利益幅は大きくした方が回転は少なくなっても利益は乗るというのに気が付いた人は増えてきた。で、問題は仕掛け幅。10銭なんていう幅で始める人がチラホラ見えてきたのにはびっくり。5銭なんて人もいた。

この仕掛け幅は、トラリピのデイトレが出来たら面白いと思って私も随分シミュレーションはやったのですが、確かに回転は凄くて、一日に200ピップスぐらいは楽に抜ける。でもトレンドが逆の動きだと恐ろしいことになるのね。狭い幅に仕掛け玉がごっそり残ってしまう。そんなことさえわからないでこれを始める人が出てきたのが昨今の動き。

これって業者の思う壺でしょうねぇ。

1千万の証拠金を使って売買する客を見つけるより、10万の客を100人見つけるほうが簡単だし、1千万が半分になったら心穏やかじゃないけれど、10万円が5万円になってもヘラヘラしている人はいくらでもいるわけで、こういう人たちが増えるのは業者としては大歓迎なのでしょう。というかFX業界自体がその線を狙っているのは明らかで、海外のレバレッジ何百倍の取引が出来るところは小額で一攫千金を狙う人たちで大賑わい。

これを後押しするのが世の中で言うカリスマトレーダーと言う人たちで、本当にその存在は事実なのか、作られた偽りのヒーローでしかないのかがはっきり見えないこともあるから面白いと思います。そういう人たちを持ち上げ、皆さんにも出来ます的なセミナーを開いてその気にさせて、そしてトーナメントみたいなことも始めて盛り上げる。これはデモ口座で良いわけで、誰でも簡単に参加できるし、俺ってもしかしたら天才かも?なんて思うトレーダーはいくらでもいて、そういう人や自分もFXぐらいやってみようなんて人がどんどん参加する。

で、このトーナメントが面白いのは、やっぱりトップクラスってそれなりに凄くて、嘘だろ?みたいな成績を出す人もいるんですね。こういうトーナメントから出てきて世界的に有名になったラリーウィリアムズみたいな投資家もいるし、やっぱり天才って間違いなくいるんだけれど、これがまた良い宣伝になって、あの人の手法を学べば自分もそうなるような気がするからどんどん参加者が増える。

で、とりあえず10万円でやってみようか、なんてね。

これで業界は潤うわけですが、昔からアフェリエイトってシステムがネットでは発達しているわけで、FXもそれを有効に使うようになってきた。当初は、自分のブログに設置してあるバナーを誰かがクリックして、そのクリックそのものあるいはその人が契約をすれば一件あたり何がしかの報酬が入るようなシステムだったのが、最近はその新規顧客が買い物をしたらバックマージンが入るのと同じように、その客が売買して落とす手数料の%がバックとして入るようになって来た。

これって凄いわけで、買い物ならその時だけの報酬だけれど、FXは売買が継続するわけで、トラリピみたいに(あるいはその他の自動売買みたいに)放置して毎日毎日せっせと売買するシステムを利用した場合には莫大な手数料が生まれる。つまりアフェリエイトの利益も半端じゃなくて、それがその本人のFXで得る利益よりはるかに大きくなるような時代に入ってきた。

面白いですねぇ。

そして、自分には売買で利益を出すのは無理だ、なんて思う投資家もごっそりいて、私の真似をしてくださいとか、うまい人と同じ売買ができますなんていうフォローとかコピー売買システムも開発されて、自分は誰のコピーをするのか選べば良いだけみたいな投資も可能になってきた。zulutradeなんかまさにそれ。

これは面白いと飛びつく人が増えて、私もそのうちの一人で、でもあっというまに30万円ぐらい消えてしまった。(笑)

どういうシステムなのか、本当にうまい人がいるのか、ちゃんとコピーできるのか、まずはその調査の為にやってみたのにあっという間に調査費にしては大きすぎるお金が消えた。まぁ、そんな人が世界中にゴマンといるわけで、楽して儲けたい人を食おうとするビジネスモデルがどんどん出て、それが複雑化し、多様化し、凄いことになっているのが現状。

でも業者だけが儲けるシステムじゃないってのが面白いところで、このシステムを考え出した連中の中にはネットワークビジネスのプロ、仕掛け屋もかんでいるんじゃないかと思うくらいうまく出来ていて、何気なく始めた人にちょっと儲けさせて、その後、虜にするようなシステムになっているんですね。

これは私も実験してみました。自分がアフェリエイトになって自分を紹介した形を取ってみたんです。で、そのFX業者のスプレッドはユーロ・米ドルで2-2.5Pips。これって良くないけれど、決して酷いってほどでもなくて、まぁ、他人のコピーをさせてもらうのだから多少スプレッドが高くてもしょうがないか、ぐらいに客は思うわけです。で、実際にはこのスプレッドの40%という大きな部分が紹介者にバックされ、コピーさせる人には0.4PiPぐらいとか。

それじゃ業者の取り分がかなり小さいわけで、でも客に儲けさすことによってどんどん広がれば良いのかなんて思うわけですが、実はここに前にも書いたfx業界の摩訶不思議な錬金術が隠れているんだろうと思ってます。我々が売買している値は本当の値ではなくて、操作された値である可能性が高いこと。特にメタトレーダーを使う場合はこういうインチキがなされている可能性があるというのはあちこちで言われていて(これに関しては日記にも書きました)、そもそもこういう業者は取引所を通して為替の売買をしているわけじゃなくて、業者と客との相対取引なんですね。だから値がちょっと動いているときにはスプレッドを大きくしたり、上げているときには上の方にスプレッドをずらしたり、成り行き注文の約定をちょっと遅くしたわざとスリッページを大きくしたり、そんなことも自由自在。極論を言えばマーケットメーカーと同じで自分で値を決めても良い訳です。CFDがそうでしょ?本来の投資対象の取引所が開いていないのにどうしてCFDで取引が出来るんです?bid&askは買い手売り手がそれぞれ出した値でしょうよと思うのは勝手ですが、私はそうではなくて業者が出している値でしかないと言って良いと思っています。

ま、こういう業界だから、スワップみたいに業者が多く出したり少なくしたり、本来の金利差とは別に業者が好きなように増減出来るわけで、そしてそれをまた集客の餌にしたり。

まぁ、こういうカモを食い荒らすシステムが出きていて、そしてそれに客も参加できるようになっていて、その客がまた違う客を呼び込み儲けることが出来て、皆で利益を吸い上げるという全員参加型のババ抜きみたいな、ネットワークビジネスの変形みたいなものが存在するんですね。

そんなこんなで危険がいっぱいなわけで、君子危うきに近寄らずを決め込むのも良いですが、それじゃ面白くないわけで、彼らの手の内を調べ上げて逆に利用してやろうと思うのが「平民の逆襲」をしたい私の考え方です。(笑)

楽して儲けたいと願うのは万民の願いだとは思うのですが、楽して儲かることは絶対に無いとまず確信することが全ての始まりではないかと思っています。どこかにうまい話があるんじゃないか、誰か儲けている人の真似をすれば自分もどうにかなるんじゃないか、そういう気持ちがあるから付けこまれるわけですよね。私の勝ちパターンを皆さんに公開しますからやってみてくださいなんていうのが一番危ないかもしれません。このソフトを使えとか(私はそれを言いますねぇ)、この業者が良いですよとか(これも言いますねぇ 笑)、そこに何か隠されていないかしっかり調べないと駄目ですよね。バナーなんか張ってあったら裏に何かあると思ったほうが良いかもしれない。

バナーの調べ方を皆さんご存知ですか?

普通のバナーはそのURLに飛ぶだけでしょ?業者なら業者のページに飛ぶだけ。でもそのURLに紹介者の番号が隠されていることが多くあります。URLにしては変な番号がくっついてるなと思うのがそれ。あるいはそれがなくてもブラウザのクッキーを利用するケースもあります。つまり、紹介者が誰かってのが業者サイドでわかるようになっている。もしバナーにそれを見つけたら、この人は私から利益を出そうとしているんだな、というのがわかりますよね。

だからなんだって言うんじゃないんですよ。今はそういう時代で、相手が友達だろうと親兄弟だろうと利益が出るのなら出そうという時代。でも少なくともその人はそうしようとしていることだけは知っておいても良いと思うんです。

そもそも情報が無料だと思うほうがおかしいわけで、情報提供をしているサイトでこれほど情報を集め整理し提供するのって大変だなぁって思うことは良くあって、だからこのサイトを維持するためにドネーションをして欲しいとか、商品を買うならこの業者が安くて信頼できるからここをクリックしてこの業者から買ってくれるとあり難いとか書いてあるサイトもかなり多い(海外には多い)ので、こちらもそれに協力しようと思うことはいくらでもある。でも明らかにそれで利益を出そうとしているのが見えた場合、こちら側の人なのか業者側の人だかわかりませんよね。商品の口コミブログなんてそれの典型ですが、FXの世界でもそれと全く同じだと私は考えています。

楽をしたい。これを願うのは普通のことですが、やっぱり自分で一から勉強するしかないのだろうと思います。で、勉強しようと思ってネットの中を調べまくるってのが一番最悪で、それこそ「楽をして勉強する」ことを選んでるだけですよね。私もそうすることが多いのですが、ネットの中はガセネタが氾濫していますし、ありとあらゆるレベルの情報があって、決して間違えてはいないけれどちょっとはずれてるなんてのが普通。そしてそれらは散乱していて系統立てて学ぶことは不可能。幼稚園の絵本と高校の教科書、大学院博士課程の論文をそれぞれごちゃまぜにしてちょっとづつ見ているのと同じだと思うんです。投資や相場も同じで、ネットの中で勉強なんかできないと思ってます。やっぱり基礎からしっかり学んでこそ、ネットの中に散乱する情報を収拾選択できるのだろうと思います。これは私自身、自分の知識が断片化してしまっているのに気が付いていて、これはネット社会の依存度が高くなった証拠であり、便利ではあるけれどネット社会の弊害だろうと思っています。

ま、楽はしたいけれど楽はできない、でも楽を追い求めて忙しくする、みたいな感じでみんな生きているのでしょうね。(笑)

とにかくイージーマネーなんか存在し無いし、イージーマネーを追いかけるから誰かのカモになるわけだし、ネットの中を見ていても小さな小鳥に狐が忍び寄ってガブリと噛み付く様があちこちで見れるし、そういうカモを捕まえる仕掛けだらけだし、楽をしてイージーマネーを追うのを止めない限りその世界から離れることはできないのだろうなと思います。

今日もネットを見ていてそんなことを感じました。

このブログの読者も一体何を考えて見に来ているのだろうと思うことがあります。楽して情報を得る?イージーマネーを得るチャンスがあるかもしれない?単なる暇つぶし?変人が何を書くか興味がある?私は私で皆さんの心の中をのぞいてみたいと思うことがあります。(笑)

でもま、それはそれで置いといて、私にはちょっとやってみたい計画がありまして、将来が楽しみです。どうにか常識をぶち壊したいです。

「平民の逆襲」

この言葉、かなり気に入っています。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

イージーマネーを追う人々” への6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 377377796977624e64446276524c7672436256415a337a6c6c7149575648677071bd7756491de9f4aa9e2c121645cebcfd8618ba0441b5790d7b65df880e3b96
    おバカな質問していいですか?

    FX業者って潰れたりすることってないの?

    レバレッジ(・・・て言うのかな?)かけたお客さんから担保とってるわけでもないし・・・

    逃げたら「はい、それま~~で~~よ♪」ってならないの?

    私の頭ン中はいつもおバカな質問でぐわんぐわんしてまして・・・すみません

  2. SECRET: 0
    PASS: 6d7036766f4c72697a466e59417733724c595874734b767a4b385a6d514648596446eb3264aa38cab92f2b6f3e87a1bde914ba2edf97e65ff1717cae54476279
    業者だってもちろん潰れることはあるでしょう。私はその辺が詳しいわけじゃないし、国によってまるで違うのだけれど、銀行みたいに自己資本率がどのくらいないと駄目とか、供託金を積まないとだめとか、万が一の時のためにそれなりの規制があるみたいね。でも規制っていろいろ面倒なのがセットになっていて、客から見ても嬉しくない規制があったりで、そういう規制の無い国、地域に設立された業者もある。

    客から担保は取っているわけですよ。それが証拠金。良く投資効率とか利回りをこの証拠金から計算する人が多くてそれは変だと私は主張しているわけですが、わかりますよね。これは担保。人質でしかない。

    だからその担保内の損しか出ないような取引しかできないわけです。で、ポジションを持っていて、それがマイナスの方向へ動いて、これ以上動くと担保がなくなるというポイントがあるわけですよね。それを超えてしまったら大変。客も逃げちゃうかもしれないわけですから。だからその手前で強制ロスカットということをするわけです。否応なしにポジションが解消されちゃう。で、もしこのときの計算で、担保分よりマイナスが出た場合は当然客はそれを支払う義務があるわけです。

    東日本大震災の時に株式市場が大暴落しましたよね。この時にプットオプションを売っていた人たちが大打撃を受けました。ああいう大暴落の時って、反対売買をしようにも動きが一方通行でできないことがあるんですね。で、証拠金を上回るマイナスを出した人が続出した。破産した人も多かった。

    当然、業者はそれを肩代わりしないとならないわけで、トレーダーが破産してしまえばアウト。で、証券会社の損失も半端ではなくてそれは新聞にも出たはず。そして実際に潰れる直前まで行った有名な証券会社もあったとか。でもま、そういう時って裏でいろいろ動きがあるのでしょう。社会的影響もあるし、その有名証券会社は潰れなかった。

    怖いのはさぁ、トレーダーはまじめに普通に投資活動をしていたときに、突然その業者が潰れちゃうこと。内部で何が起きているかなんてわからないものねぇ。だから業者選びって大切だと思うわけで、バックについている銀行があるのかないのかとか、そういうのもしっかり調べないと所詮小遣いで遊ぶFXになっちゃいますよね。

  3. SECRET: 0
    PASS: 6b54484c79683741545a3879536c70723948346a6e75494d5834663931514d43e9a542695dfff664726a7b4ed90870e4c37465f3ab3154a51102a6593cb70cd5
    daboさん。またもや私のトンチンカンな質問にお返事有難うございます

    >担保分よりマイナスが出た場合は当然客はそれを支払う義務があるわけです。

    >怖いのはさぁ、トレーダーはまじめに普通に投資活動をしていたときに、突然その業者が潰れちゃうこと。内部で何が起きているかなんてわからないものねぇ

    FX業者って潰れたりすることってないの?って私が不思議に思ってたのはまさしくdaboさんが書いてくださったこの二点からです。

    高いレバレッジかけて証拠金が担保なだけ?(@_@;)
    FX業者が誰かを使って借金の取り立てに来たって話もどこからも聞かないし・・・

    よくFXはゼロサムゲームだって話聞くけど、客同士内のゼロサムゲームならいいんだけど・・・

    それに、社会的影響があるからってFX業者一社をカバーできるうちは良いんだけど・・

    ド素人考えでは、金融市場の中で債券とか株式とかFXとかそれぞれが占める規模の割合の大きさによって影響力は違うと思いますが・・・

    FXの市場ってどのくらいなんだろう・・・

    やっぱりぐわんぐわんしてます。

  4. SECRET: 0
    PASS: 364d49325a59536f613547694366654f314832544b624d796359796d38706561b5fdb51c1d5bc21e6d68e41f43bce88504dbb3bf06f2b95206393f5a1afe2043
    FXの市場規模ってはっきりしたのはわからないと思います。

    いつも書いていますが、株式や先物みたいに取引所を経由していない取引が多いからデータの収集さえできないのね。

    私としても出来高を知りたいと思うことがあるんですよ。出来高って値動きに大きな影響があるし。でもそれは無理。

    不信感を煽るのは良いことではないけれど、逆にまともな業界だと安心してしまうのもうまくないわけで、FXの世界は海千山千の世界だと思って付き合うのが良いと思ってます。

    業者としては銀行がやっているところとかあるわけですよ。Citiもやってるし。じゃぁ、Citiは大丈夫か?って話になるんだけれど、銀行にお金を入れるにしても万が一の時の政府保証は受けられるのかとかそういうレベルのリスクの考え方でFXを見たら絶対に手を出せる業界じゃないと思いますよ。

    そういう意味で糞みそ一緒にしたらうまくないわけで、ある程度の線引きをして受け入れるべきリスクは受け入れて考えないと先に進めないですね。

  5. SECRET: 0
    PASS: 466f617467795261445a4f7854374c54537a733974724a5a5656326e4d726354da8de5b8431586fe1a83d7a1a21db1c4a3de76ee2d09756527dbbd7d71b172b6
    そっか~~

    私みたいな何も判ってないおばちゃんが、インターネットの情報でFXの世界を知り、daboさんみたいにリテラシーが豊富で常にリスク管理が出来てる状態でもないのに、それでもイジーマネーに目がくらみ、どういう世界か判らずスタートしてしまうとヤバい感じですね。

    もともと石橋をたたいて渡る性格では全く無い私ですが、近頃当たり前と思ってたことが全然当たり前じゃなく、思いもよらないことが突発的に起こるので(震災、原発事故、年金運用問題)何が引き金で一気に当たり前と思ってたことが崩れ去るのか・・と思うことも・・

    恐がってたり疑心暗鬼過ぎては前に進めませんが、自分が無知であるという事を十分に認識すればリスク管理という事も自ずから見えてくるのかな?

    「何でも落とし穴がないかと最初っから疑ってかからないといけない」というのは嫌な感じですが、「いろんな方向で物事を見なければならない」というのはとてもいい感じですね^^
    全く同じことなのに(爆)

    daboさんは、何に対しても「みんな~~しっかり目をかっぽじいて本質的なことを見るんだよ~」って言ってる感じがします。

    daboさんディベートの事日記に書いてたけど、あれやると本質的なことが見えてきますね。良いとこ悪いとこが赤裸々になる。メリットデメリット・・

    主人が常々私に言います「人間は感情の生き物である、だからメリットデメリットだけで判断して生きてたら駄目だ、あんまり白黒つけるなよ」

    でもね。人間は感情の生き物であるってわかったうえで、本質的な事を見抜きながら生きていける力が備われば、これって最強だよね。

    私がコメントするといつも脱線して申し訳ないのですが、私の中ではぜーんぶつながってます(爆)

  6. SECRET: 0
    PASS: 5438434144697a426a42375455444f6a4d39686133777238615379493276596bec6e654ca620aafe76ba61a9e21c250311cdb00619e96c90a657bdfaca4e83d8
    本質をいつも見ていたいって思うけれど、頑張ればどうにかなるって事自体幻想かもしれなくて、本質なんか絶対にわからないのかもしれませんね。でも私としては常に考えることによってその場その場を生き抜けるんだろうと思っています。またひとつの本質と思うことが全てに通用することはないんだろうね。

    そのご主人の「人間は感情の生き物である、だからメリットデメリットだけで判断して生きてたら駄目だ、あんまり白黒つけるなよ」 これだけれど、非常に日本人的発想だと思います。でもそれが違うとは思っていなくて、それは事実でしょう。特に女性を相手にするときにはその通りだと思います。(笑)

    いや、全ては感情の動きに支配されていて、理屈はそれを正当化するだけかもしれませんね。でもその正当性というところで話し合いが常に起こるわけだからそのときに何も言えないってのは駄目でしょう。日本人って白黒つけずに曖昧な結論を好むとか、決断力がないとか、集団で相談しないと結論を出せないとか外国人に指摘されることがあるけれど、それはつまり外国(欧米)では違う行動パターンが常識だとされているわけです。日記にも書いたけれど、自分の論理的な意見をちゃんと言えないとバカにされるのが欧米社会だと思いますよ。

    学問にしても論理性が大事で、それの蓄積の歴史があってその延長線上に現代があり未来があるわけだから、論理性を否定するような考え方ってまず欧米社会では全く通用しないですよね。でもアジアなら大丈夫かも。(笑)

    やっぱりさ、マレーシアなら生きて生きやすいってのはそういうこともあるんですよね。頭のいい論理的な人ばかり回りにいたら、能天気な日本の年寄りが生きていけるわけがない。ニューヨークやロンドン、パリに移住したらどうだろうって考えてみると良くわかるよね。(笑

    manilowさんが脱線してるとは全く思わないですよ。それどころかそういう大事なことを無視して避けて生きようとする日本人が多いし、日本ってそういう社会だと私は思っているし、ではどうしようかと考え出したときにmanilowさんみたいに混乱するのが当たり前だと思います。

    マッカーサーが日本人を12歳の子供だと言った話は知っていますよね。彼は敵対したドイツを含めて自分達欧米人は45歳だと言った。

    このやろうと思うけれど、今になってこれは事実だと思うんですよ。日本人って成熟していないところがあると思うのね。私はその理由は「村社会」であるからと思うんだけれど、人間一人一人が自立していなくて集団でまとまってどうなるかという結論を出すでしょ。有能なリーダーがいれば他はアホでもどうにかなるし、アホの方が良い場合だってあるじゃないですか。その風習が残っているから政府にしてもマスコミにしてもあるいは親にしても、真実を平気で隠したり、嘘もつく。それのほうがうまくまとまると信じているんだね。だからその他大勢はいつになっても何もわからないままボーっと生きてしまう。自己責任という観念だってこの数年でしょ、出てきたのは。本来、自己責任だというのは子供のころに覚えることで、世界は全て自己責任で動いているわけじゃないですか、でも日本人はそれを教えないのね。俺の言うことを聞いていれば良いという習慣が根強いと思ってます。だから自立(精神的にも)が難しいんだろうと思ってます。

    欧米人の物事の考え方に慣れてくると、いかに日本人が子供に見えるかってのがあると思います。みんな子供に見える。そしておまけに、日本人は金太郎飴みたいなのね。個性がない。みんな同じ顔、同じ事を考えるし、それを良しとする世界で、個性を伸ばそうなんていう掛け声も嘘。一歩二歩前に出るならいいのかもしれないけれど三歩前に出たら必ず頭を叩かれる。だから日本を捨てて海外に出る人も多いのだろうと思いますよ。学問の世界もそうでしょ。

    ま、感情と理屈ってことだと、両方使い分けが出来るのがいいのだろうけれど、どちらにしても弱いのは困りますねぇ。感情に訴える、あるいは論理でねじ伏せる、いつもそれにやられちゃうタイプの人っていますよね。

    外国が必ず良いわけじゃないけれど、でも自分は小さな池の中で生きていただけで、自分が持っている価値観、常識なんか世界に通用しないことに気がつくのは良い事だと思います。場所が変われば、国が変わればそこにはまたまったく別の価値観や常識がある。それを理解するのが初めの一歩で、それががわかって初めて日本の良さも出せるし、世界に主張できるんじゃないでしょうか。で、海外を大海に例えて考えるんじゃなくて、日本と同じ小さな池の集合体だと思えば怖気づくこともないし、対等に遣り合えると思ってます。

    私の「平民の逆襲」もこれと大いに関係あるわけですよ。支配層は村社会を通して人々をコントロールしてきた、しているわけでしょ。我々は彼らに任せていたら駄目なんだ、自立しなくては駄目、世界を、真実を自分の目で見て、自分で判断しようと思うわけです。

    原発事故でそれに気がついた人も多いと思うんだけどなぁ。何か世の中の仕組みって変だ、意識的に操作されているようだというのを感じると思うんだけど。

    親子関係、主従関係、上下関係、そういうのが日本人は好きだけれど、それを大事にしなくてはいけないとうまく騙されてきたと思います。お前は自分で考えることなくいうことを聞いていれば良いという考え方がそこにある。そしえ多くの日本人はそれに慣れているし、自分で歩き出そうとは思わないのね。常に何かの傘の下に入って生きることを選択しようとする。ここもまた狩猟民族との大きな違いだと思ってます。

    海外に出たら出たで、何かのパワー、組織の元に集まらないと生きていけないのね。(笑)

    どこへ行っても自立はできなくて村社会を引きずって生きるのが大多数の日本人なのかもね。

    でもそれを変えることがいいことかというとまたそれは別問題で、団結力の凄さは村社会の特徴だし、その村社会の中で個人の自由が認められ個人が尊重されそこに民主主義があるのなら、これこそ鬼に金棒なんだろうけれど残念ながらそういう方向へは動かないみたいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *