海外送金に関して

海外送金を有利に行うためには

1 タイミング
2 為替交換手数料
3 海外送金手数料

この3つの組み合わせで結果が変わってくるわけですが、重要な順序はまさにこの順序であると私は考えています。

で、最近巷で話題になっているのはHSBCプレミアの日本撤退によって海外送金手数料無料がなくなること。確かに無料ほど良い物はなく、HSBCに代る銀行は無いのかと考えるのは順当で、一番最初に考えられるのはシティであるのは皆さん同じだろうと思います。

ただ、シティのゴールドは日本でそのステイタスを維持する必要があって、HSBCの様にマレーシアでプレミアなら全世界でプレミアということにはならないのがネック。でも1千万ぐらいならシティにおいといても構わないよって言う人はそれで問題解決。海外送金手数料無料以外の恩典は私はHSBCプレミアより上だと思います。

1千万も日本に置いておけない場合はどうするか?

次の考え方として、マレーシアにMM2H用の定期だけではなくてそれ以上の資金を持ち込んでいる人が大多数だと思うのですが、マレーシアに置いておくお金を減らして日本のシティで運用したらどうかという点。これは定期でも外貨預金でもその他の金融商品でOK。私は日本シティの詳しい内容は調べることができませんが、もしマレーシアに拘りたいのであればマレーシア関連のファンドを探すのが良いかもしれませんね。シティが扱っているのかどうかわかりませんが、マレーシアがらみのファンドでしたら、マレーシアが今後延びると思っていればそれで良いわけですし、マレーシアリンギットが上昇(円安)になればそれは当然ファンドの価格はその為替の変化を織り込むのですからマレーシアに直接投資したのとかなり近くなるのではないでしょうか。

もしその考え方を取れば日本のシティにそれなりの額を残してゴールドのステイタスを維持することができますね。

でも日本居住者用の口座ということですから、もう日本に住所もない、住民票もない場合はかなり面倒なことになるか、あるいは口座を開くことが出来ないことになりますし、また、日本のシティに1000万も寝かせられないという人も同じで違う方法を考えるしかない。

それに関してはインターネットを検索するといろいろ出てくると思います。そしてそれに関してまとめている方、クレジットカードに関しても非常に詳しい方がいらっしゃいます。この方はあのSNSのメンバーでもあるはずです。ネットの中ではこの手の情報ではここが最強だと思います。

Kazboyさんのブログ  ←クリック

ただし、この辺で終わると私の出番はなくなってしまうわけで、違うアプローチの話をします。

ネットを調べたり、あるいは各銀行なり業者から情報を集めれば誰でも同じ結果が出ると思います。でもそれらの情報は、買い物だとすれば「どの小売店で買い物をするのが有利か」というのと同じなんですね。

誰でもピンと来るはずです。安売り屋とか卸屋から買う方法はないのか?って。また買う時期によってまるで値段が違うわけですから、それがどうにかならないのか。

まず卸屋から買う方法ですが、これは誰にでもできることじゃないですね。普通の商品だって、一個売ってくださいと卸屋に頼むわけには行かないのと同じ。でも、なんだかんだ取引がある問屋なら、一個売ってよ、という話は通るわけです。

銀行も同じです。銀行には外為という部門がある。外国為替関連で収益を出す部門ですね。我々が両替や海外送金をするときにお世話になる部署です。そして上客には割引がありますし、大口ならこれまた割引がありますが、彼らはそれで利益を出す部門だということに変わりはないわけです。だから安くしてもらっても限度がある。

ここで考えないとならないことは、じゃぁ、外為部門を通さないで両替ができないのかってこと。

あるんですねぇ。例えば外債やファンドを扱う部門だとすると、彼らはそれの売買で利益を出すのが仕事ですし、顧客に外債やファンドを薦めるに当たって、外為部門とは違う為替交換手数料のストラクチャーを持っている。例えば普通に日本円を米ドルに替えたらいくらの交換手数料が掛かるか?1円は当たり前に取られますよね。1円って何パーですか?82円として1.2%ですか。

今米ドル建ての債券ってどのくらいの利回りですか?米国債にしても2-3%ですよね。そういう商品を扱うのに客から1.2%取れると思います?客の利益の半分が為替の交換手数料だったら、冗談じゃないよってことになりますよね。また、米ドル債券が償還になりましたから次はユーロ、いや、豪ドルの債券にしましょうとかって話は進むわけですが、客は、なんだまた半分手数料で取られちゃうじゃないかってことになる。

これも何年も寝かして30%ぐらい取った内の1.2%ならいいですが、もし債券の売買を頻繁にしたらどうなります?利益は全て為替交換手数料として消えていくわけです。下手をすれば為替交換手数料でどんどん元手が減ることさえあるわけです。

つまり、そういう部門では外為部門と同じような為替交換手数料を取るわけにはいかないってことなんですね。そうじゃなければ債券を売買する客なんかいなくなってしまいます。ですから、こういうところと取り引きを持って、そして送金の時もこれで頼むよ~~って話になるわけです。

私の場合はもうその部門どころか会社さえなくなりましたが、三和銀行の国際金融部と取引を持っていました。何をする部門かというと、ビルの建設に融資したり、航空会社に飛行機をリースしたりそんなことをやっていたようです。どうして私がそんな部門に入り込めたかって話は長くなるので割愛しますが、そこも客の為替交換で利益を出さなくて良い部門なわけですね。ですから当時は市場とストレートでした。いわゆる手数料は数銭でしかありませんでした。

ですから、そのように外為部門ではないところと取引をするというのが一つのブレイクスルーになると思います。でも、そんな取引は無理だーと考える人はそこで脱落ですね。でもどうにか入り込もうという意思があればどうにかなると思います。

私の今のメイン取引銀行でも為替交換は数銭ですし、送金手数料もありません。ただし、受け取り側の手数料は掛かります。

いやーー、でも無理そうだ・・・と思う人もいるでしょう。でもそういう方は是非少なくともFXの業者を使うことを考えてみてください。相場は嫌いだなんていわずに、為替交換のためだけに使ったって良い訳ですから。FXの場合だとBidとAskの差であるスプレッドは数銭ですよね。そして普通FXというと差金決済、いわゆる反対売買をして利益が出ればその利益分だけもらう。損が出れば損の分だけ引かれるわけですが、現受けということが出来る業者もあります。

これは何かというと、例えば米ドルを買ったとします。で、儲けが出たら米ドルを売って差額の利益を手にする。下がった場合は、米ドルを売ることなく、現物を引き取るということが出来るのです。もちろん利益が出ている状態で現物を引き取っても構わないわけで、どちらにしてもFX業者で両替をするということができるわけで、それを利用しない手はありません。

で、安い為替交換手数料で済んだのだから、それを送金するのに多少の送金手数料が掛かっても良いということになりませんか?普通なら為替交換手数料と送金手数料とダブルパンチでやられるわけですから。

そしてもう一つ。タイミングの見方です。

高いときに売りたい。安いときに買いたい。これって誰しもが考えますが、そうは簡単ではないですよね。それが簡単ならビルゲイツより資産を増やすことが出来ます。

ただ、送金しよう、あるいは両替するに当たって「今より有利に替えられれば良い」という考え方があるはずです。これは為替売買で儲けようと似ている様で似ていません。いつまで待つ、利益が出るまで待つとかそういうことじゃなくて、ほんの数時間でもあるいは数日待つだけでちょっと有利になるならそれで良いじゃないですか。

簡単なやり方があります。いつものチャートを出しますが、これはある時期の米ドル/日本円チャートの日足です。

赤は下げ、緑は上げですが、これの転換点で売買するという考え方ではなくて、これはあくまでトレンド、動く方向を見るだけに私は使っています。でもいろいろな赤、緑がありますがそれぞれパラメータが違ったり、計算方法が違うのですが、どちらにしても相場の方向性だけを見ます。ではいつ出撃するのかってことなんですが、それが黄色の丸で囲んであるオシレータの動きで出動するんです。

まぁ、今は相場で利益を出す話じゃないわけですが、少なくとも黄色の丸で囲んだところみたいに、売るときは上の丸で売る(買わない)。買うのなら下の丸で買う(売らない)ってことです。非常に単純ですが、数日待てばこういうチャンスに当たるはずで、たったそれだけの決め事で、多少交換手数料が高くても、あるいは送金手数料が高くても、その程度はどうにか稼ぎ出すことは難しくないと思います。ちなみに下段にも同じような動きをするインジケータがありますがこれはあくまで補助で見やすくしているだけです。トリガーに使うのは黄色の丸をつけたオシレータです。まぁ、私の場合はってことですが。

これも毎回うまくいくわけじゃありませんが、交換を定期的にやる場合には非常に有効だと思います。これの考え方は相場の上下で利益を出すという発想ではなくて、積み立て投資法でドルコスト法ってありますよね。毎月定額で投資をするとかのあれです。この売買法はそれの発展だと考えると良いと思います。つまり、買ったにしてもそれが決してベストの場所ではないけれど、それを続けていくとトータルとして有利になるという考え方です。(つまりもしドルコスト法で何かに投資している人はチャートを見たらもっと有利に出来るはず)

ま、そういうことも含めて、FX業者に口座を開くというのはあらゆる意味で無駄ではないと思います。またトラリピなり瞬間芸の5ピップス抜きにしてもFXの口座がなければどうにもなりません。そして大事なのはチャート。トレンド系、オシレータ系のインジケータをちゃんと装備して方向性やタイミングが取れる様にする必要があると思います。

またこれから私は考えないとならないことですが、FXを使ったスワップ狙いという金利を稼ぐ方法があるわけで、ただレバレッジを利用しないと妙味がないのですが、それもやり方一つで普通の債券投資以上に何かできそうな予感がしています。トラリピを組み合わせても良いですし。

そんなの無理だの、難しいの、面倒くさいの言わずにやってみませんか。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

海外送金に関して” への6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 3062676b415044346b494b49537449306e4a363159656c524857716d47783966abc7cd64b8cbeef41154f96bdb6724bc7b2c260e32232afa54643f59a2e197a8
    シティゴールドのHPいつの間にか無くなってますね?
    何でだろう?
    行政処分の影響かな~
    でもしょっちゅう受けてるし(笑
    資料も引越し前に整理して倉庫の中で出てきません・・・
    送金手数料+為替交換手数料のお話は必要性が無いので、わからないです。
    ごめんなさいです。

    投資関係の為替は、取引先との関係があるので一任です。
    1~2ヶ月程度の海外旅行だと、エアーもホテルも全部クレジット
    電車利用も多いのですがユーレイルや早期予約割り引き使うのでこれもクレジット
    現地での近距離電車&生活費は、シティ無料発行100ユロトラベラーズチェックで小額切符(手数料無料)買ってお釣りを貰う&シーラス・プラス・シティなどで下ろす程度で済むのであまり気にしたこと無いです。

    FXを使ったスワップ狙いという金利を稼ぐ方法って、くるくるわいどですか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 616d6147574b3130624a326d654777746475555061384856445342524a5847793f0a2b9ab46c11845a889c01bc352d734cb845383ce86ede478ebbb2fedccbad
    ずんさん

    仰るとおり私もカードの利用は決して悪くないと思ってます。手数料の大きさを気にする人は多いけれど必要なときに必要な額だけカードで使うってのはドルコスト法と同じだし、下手に大きな額を動かすとタイミングの良し悪しがモロ影響しますし、逸失利益も考えると余計なことをしないのが一番だと思います。

    くるくるわいどって何ですか?初めて聞く言葉です。ちょっと調べてみますね。

    ずんさん、そういうFXを何か変わった手法が世の中にいろいろあるみたいですが、どんなのがあるのか教えてくださいね。

    私の言うスワップ狙いは単純にスワップ狙いです。(笑)

    これにトラリピを組み合わせると買いの平均単価を下げられるだろうというのが基本的な考えです。債券に大きな額を入れてしまうと固定されてしまって動くに動けませんが、FXで債券に近い利回りを確保できればいつでも好きなように動けるわけですからこれのメリットはかなりあると思ってます。

    ただ具体的な作戦があるわけじゃなく、ぼんやりとしたイメージが頭の中にあるだけ。それをどう料理するかはまだまだ先の話ですが、基本的には放置して楽して儲ける類の作戦。相場観を排除した(これが一番疲れるわけですから)ものを考えてみたいです。

    うーむ、私が考えているのは「相場観の排除」が主なのかもしれません。結局債券、ファンド、ETFにしても、当然FXの売買でもトラリピでも相場観が必要とされると思うんです(なしでやると効率が悪い)。で、私の場合、どうせ相場観が必要ならじゃぁ瞬間芸をがんがんやれば良いということになっちゃうわけで、そうなるとそれぞれの差がなくなるんです。チャートを見ながら売買ということで全て同じ。

    そういうものから離れて、相場観なしに、値のチェックだポジションの吟味だなんてこともほぼしないで良いようなものが出来ないかと。究極グータラ投資。これが夢です。(笑)

    目標というか夢は総資産の利回りの10%超え。なーんもしなくてもボケーっとしていてもそれが出来ないかってのが私の考えの基本にあります。単独では年率30%とか、それこそ瞬間芸だったら証拠金に対しては年率1000%だって軽く超えるわけですが、でも全体の利回りを大きく押し上げるほどそれに投入できないんですね。リスクが高すぎるし恐怖との戦いになる。そして忙しい。これじゃいつまで経っても老後はやってこないってことになります。

    この数年、相場から離れて遊び呆けていたわけですが、やっぱりまだまだ完全引退するには十分じゃないと思うようになったので、頭がどうにか動くうちに次のレベルを模索したいと思ってます。

    アイデアくださーーーい。^^

  3. SECRET: 0
    PASS: 5a37477a49326c67473748795a3263313370556b51796c5946335050537232706b004b21478c90febe305d0a1b3577918829776192b22a198fcdbb5dd7c6fe46
    わたしのブログを紹介してくださりありがとうございます。
    ところで以下の情報が参考になればうれしく思います。

    1.シティゴールドは常に1000万円以上をキープする必要はありません。以前MM2Hを取るために残高明細が必要だったのでシティバンクで3ヶ月円定期をたのですが、その後は常に1,000万円を下回っています。しかし今でもゴールド扱いです。(^.^)
    一度いつまで続くのかたずねたら、「将来見直すかもしれないけれど・・・。」とのことです。ということで参考まで。

    2.地元の銀行やクレジットカードカードが使いやすいため、RMをお得に(1%のみの手数料)引き出せるHSBCの円インターナショナルキャッシュカードが来年から使えなくなるのは残念です。少し手間がかかりますがクレジットカードを使ったキャッシングと繰上返済に逆戻りです。(^_^;)
    方法は以下の通りです。
    (1)日本での収入を1日最高7,500RMを何日か(我が家は2日で十分)でキャッシング、同時にすぐ横のキャッシュデポジット機に預ける(最高1回100紙幣
    (2)翌or翌々営業日にクレジットカード会社に電話して正確な繰上返済額をたずねて日本ネットバンクを利用して返済口座へ送金という
    といったパターンです。
    シティゴールドなら円送金でも手数料はかかりませんが、書類を書いて郵送したり銀行窓口まで両替に出かけるのが面倒で、数十万円までならいつもこの方法です。(こちらのシティに口座があればネット円送金ができますが。)
    手っ取り早いし、現金を持ち歩かなくて良いのが助かっています。ただし特に夜間はガードマンのいる支店設置のATMの利用をすすめます。

    3.のんびり型年10%利回り投資が実現すると良いですね。
    わたしの考え方ですが、何年かに一度訪れるオセアニア通貨暴落のタイミング程度でしょうか。思い切って買い付けて当分寝かせ、世界景気が熱してこれらの通貨が強くなったらさっさと売る、そんなパターンです。(難しいことを考えなくてすむ似たような投資対象は他にもあるでしょう。)
    相場の格言に『売るべし、買うべし、休むべし。』とありますが、買う前に売るときのことを考え、わからないときはいくら長くても休む、といったところです。休む間は損はしませんが収益もありませんが。(~_~)

  4. SECRET: 0
    PASS: 574b62544e39393479776149436531524c69577558663148673262413957345a3a2d66e56e730fe534f25fbaaf17354f359bd7b73728721d6c9ba2d2fa8a7c1d
    はじめまして、いつもブログ参考にさせて頂いています。
    カメラの記事とかも好きです。

    HSBCプレミア、開設しようと思っていたやさきに撤退ということで
    ちょっとがっかりです。
    シティバンクのゴールドは、日本で維持し続けないとメリットが享受できない
    というのは残念ですね。
    シンガポールのシティのサイト、最近?日本語のページも刷新されたようで
    ちょっと覗いていたのですが、こんな記述をみつけました。

    –ここから
    どこでもシティバンクのステータスをエンジョイ
    シティゴールドのお客様は、外国で新たに口座を開設された際、自国と同様の
    バンキング・ステータスがお楽しみいただけます。
    –ここまで
    (https://www.ipb.citigold.citibank.com.sg/japanese/citigold/global_banking.htm)

    これだと、シンガポールのCITIでゴールドになっておけば、HSBCがそうであったように
    どこの国でも対応してくれそうなんですが・・・どうなんでしょうね。
    150,000米ドル必要なようですが、日本より少し高い感じです。

  5. SECRET: 0
    PASS: 6a706470774759666b376f574665336b4f753647675773534b6430526b5755383f16e934b44c1c864e93334c62ab8c85df35fcaf161df4685d39c08684c54e0a
    山田さん

    どうもわざわざお越しいただきまして。^^

    その情報を日記の方に載せさせてもらいますね。

    有難うございました。

  6. SECRET: 0
    PASS: 46473261574d32546f305430784c33454d4e61746968756479636f615455535abd27f8bd28a1ba3c329be0b7e71a7dcd7d6976eb98e05841fb06f4fe6f17ddd3
    nobuさん、いらっしゃいませ。

    シティの情報を有難うございます。確かにHSBCのようにどこの国でも通用するステータスだと読めますね。

    15万ドルですが、それ多分シンガポールドルじゃないでしょうか。HSBCシンガポールのプレミアも15万シンガポールドルです。

    私の勘違いかな?^^

    どうも有り難うございます。これからも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *