利回り目標などに関して

前の日記にスキャルピングの道具に関して書きましたが、そのコメントにこのようなものがありました。それに対するコメントを日記にさせてもらいます。(日記のネタをくれて有難うございます。 笑)

>daboさんは年間で何%利益がでるのが目標ですか?いままでの記事には目標(あるいは実績)の数値は語られていないですよね。
>目標か高すぎると、強制ロスカットをくらいやすいし、目標が低ければ長続きする可能性が高まると思うのですが、daboさんがFXの
>話をなさる時は利益の目標はどれ位を想定されているのか聞かせていただけませんか。

この疑問が出てくる気持ちはよーーくわかります。ただお金のことをブログに書くのって難しいんですよね。一般的には日本人的に卑下して書かなくてはならないし、でもそれじゃ面白さは伝わらないし、では本当のことを書けばコノヤローなんてことになることもある。ただ相場に限らずなんでもそうですが、話の内容で大体見当がつくことってあるわけで、はっきり書けないこともあるのはご理解ください。

なるたけあたり触らずの書き方をするしかないと思うのですが、基本的に私の飯の種は債券投資からです。それの年間目標利回りは7%を確保したいのですが近年なかなか難しくなってきました。今は6%台に落ちています。(10%に回る時もかつてありましたっけ)

では相場は?

これは今の時点では一生懸命やっていません。というか、このブログ上では私は今は相場をやっていないことになっています。(笑)

ただ、マレーシアに渡って落ち着いたらまた始めますということは宣言しています。ただその時には自分が儲けるというより、皆で何か出来ないか、それを中心に考えています。今はマレーシアに行くべき準備で、毎日が忙しいというほどではないのですが、腰を落ち着けて何かに集中するのが精神的に難しい状態です。特に相場に関しては私はやりだすとどっぷり浸かりますので、そういう状態にならないように努力しています。

相場に関してですが、今は私はFXのことを中心に書いていますが、それは私がFXを長年やっていたからではなくて、このブログの読者の多くがFXなら身近に感じるだろうからそうしているだけです。私自身は長い間先物をやっていました。このことはこのブログのあちこちに書いてありますが、日経225から始まって、長い間、谷の底をウロウロしていたのが海外に目を向けるようになってから芽が出てきました。主にやっていたのはドイツ市場のBundです。これはドイツの国債ですが、日本の国債も結構やりました。なぜ国債なのか?これは経験のある人ならすぐわかるはずですが、値動きが違うんです。これは日経225のような指数先物でもそれぞれ動きに癖があります。個別株に似たようなところがあります。

この何を売買するかというのは非常に大事で、チャート分析をやるなら何でも出来るだろうと考えがちですが、それはある意味そうですが、自分の分析法、売買方にうまい具合に合致する動きをする商品を見つけることが非常に大事だと考えています。勝てる相手を探すということ。それをFXに当てはめるといつも書いているEUR/USDだということです。AUD/JPYも良いと思いますが、スプレッドの低い業者を探すのが大変だと思います(Dukascopyのスプレッドはお奨め)。また、USD/JPYは値動きが小さいので利を抜くのが難しいと思っています。だからスプレッドが1PIPだなんて喜んでは駄目なんですね。USD/JPYの値動きならスプレッドは0.2PIPぐらいじゃないと妙味がないと思います。

で、目標をどう立てるかですが、私は金額とか利回りで考えたことはありません。そういう考え方をするのは私は債券投資であって、相場を張るときには違う考え方をします。

ああ、これを説明しないとだめか。

私は投資で生計を立てているわけですが二種類に分けています。投資も収入の道も二種類。AとBだとします。Aは例えばサラリーマンだとすれば給料がそれに当たります。私で言えば、相場で稼ぐ利益です。そういう毎日、毎月の利益、小さい物を積み上げて貯める。これをAとしています。そしてそういう利益を積み上げて今度は投資をするようになりますよね。それは債券であったり定期であったりあるいは不動産であったり。それをBとします。

私の場合はAもBもファイナンスの世界ですから同じように見えるかもしれませんが、日銭を稼ぐAとそれを運用するBとは全く別に考えています。もしFXだとすればスキャルピングがAにあたり、そのうちやろうと思っているトラリピ+スワップ狙いはBの考え方で動かします。

で、利回りですが、トラリピもスワップ狙いもやったことがありませんのでどうなるかはまるで具体的に考えていませんが、どちらにしてもBの考え方ですので、今の目標である全体の利回りが7%に近づき、あるいはそれを超えるようなポートフォリオを組んでやろうと考えています。

で、問題はAです。このスキャルピングで儲ける、いや、別にいわゆるデイトレ、スイング、何でも良いのですが、そういう日ごろの働きで利益を出す場合には私は利回りを考えたことがありません。それは給料をもらうのに利回りがないのと同じことです。では何を目標にしているかというと、FXの場合ですとPIPSで考えます。私の場合は超短期のスキャルピングですから毎日の目標として50PIPSというのはひとつの目安になります。このブログでいつも書いているのは、1トレード5PIPS目標。それを一日に10回以上繰り返すという考え方(早ければ2時間ぐらいで勝負がつきます)。ただ今は毎日やっているわけでもありませんから、では一ヶ月で1000PIPSという目標を立てているかというとそういうこともありません。とにかく今は本格的にやっていないのでそういうはっきりした目標は立てていません。

ただ、やるとなれば毎日50PIPSという目標を立てます。月に1000PIPSとなるでしょう。

で、1PiPはいくらなのか?これは1スタンダードロットなら1000円ですし、10ロットなら1万円。で、それをやるためにどのくらいの証拠金がいるかということから利益率を計算することも出来ますが、正直なところ、FXにしても先物にしてもレバレッジが掛かっていますよね。で、実際の投資額というのはたいして大きくないわけです。例えば1ヶ月1000PIPS目標だとして、動かすのがスタンダードロットだとすれば10万ドルを動かすだけですから。それこそ100万円も資金はいらないですよね?10ロットだとしても500万円もあれば十分過ぎます。

もしこれで目標達成ということになれば、1スタンダードロットでの売買なら100万円の資金で1000PIPSは100万円の利益となります。だから月に100%の利益率となる。年間1200%ですか?(笑)

こういう風に話しますと、ええーーー?ってなりますが、サラリーマンをするのに資金をいくら投入して利益率はどのくらいですか?というのと同じことなんですよ。サラリーマンの利益率ってどのくらいですか?年間1000%以上には回っているでしょ。それと同じ。(笑)

じゃぁ、1200%に回るなら1億つぎ込んだら凄いことになりますね、なんて頓珍漢なことをいう人もいるので困るのですが、理屈上はそうでも実際には出来ないんですね。仕事でも同じですよね?今年は1000万儲かったからじゃぁ来年は100倍つぎ込んで利益も100倍にしてみよう、なんてことは出来ない。スキャルピングも同じだと思っています。まず大きなお金を動かすと私は気が小さいですから手に汗をかきますし、息が上がって呼吸困難になります。アドレナリンの大放出ってやつですね。そんな状態でまともな判断、売買ができるわけもなく、残念ながらこれは人間の器の大きさに左右されてしまうもので、計算通りにはいかない。

またもしそれが出来る器の大きさがあってもFX市場でそもそもそれだけのお金を動かすのが難しいと思います。世界を相手のFX市場なのに投資額の限度なんかあるのかと思うかもしれませんが、実際に取引の板情報を見ればどのくらいの規模で取引されているのがわかりますよね。以前、それの説明をしたこともあるのでその時の画像をちょっと探してみます。これです。

いくらの値段で買い注文が、あるいは売り注文がどのくらいの規模で入っているのかがわかります。この業者は0.1PIPで値が動くのですが、この板情報(Market Depth)を見ると、買い注文は1.37077で3百万ドル。1.37076で159万ドルあるのがわかります。売り注文も同じで大体100万ドルから1千万ドルの注文が0.1PIPごとに入っている。つまりもしこの額を超える注文を成り行きで出したら、その注文だけで一気に値が動いてしまうことになります。でも1千万ドル以内なら1PIPも動かないのがわかる。でも100万ドル程度が安心できる上限であるのはこの板を見てもわかると思います。逆を言えばそれ以上の大きな金額は動かせないって事。ただ、500万ドルまでは表示価格での約定を保証するなんていう業者もあります(CitiFX ProというCitiグループの証券会社)。

私が前の日記にLiquidityの高い通貨ペアを選ぶ必要があると書いたのはこれが理由です。EUR/USDはFXの全取引の何十パーセントと言っていたか忘れましたが最大級の取引があるわけです。でもこの程度。ですから、もしマイナーな通貨を取引したら、下手したら自分が出した成り行き注文だけで値が飛んじゃう可能性がある。そんな通貨で5PIPS抜きなんか危なくて出来ないってことです。これは株でも先物でも同じで、取引高が大きくないと結果的に大きな利益を上げることも出来ないんですね。また、利益を出すためには大きな利ざやを抜かなくてはならないと考える人が多いですが、私はそれは駄目だと思っています。5PIPS抜きはそこそこ出来ても、じゃぁ10PIPS抜こうと思ったら全く別次元の難しさになるんですね。だったらポジションを二倍にして5PIPS抜けば良いということです。だからポジションを大きくしてもびくともしない商品を売買しなくてはならない。先物で言うと国債が非常に大きいです。あとはS&PであったりNasdaqであったり。FXでいうとEUR/USDが一番です。メインの通貨ペアですから取引高、数が大きいだけじゃなくてスプレッドも低いのが特徴です。

このブログに何度も書いていますが、まず毎日千円でも100円でも良いから勝てるように練習してくださいと申し上げているのはこういうことです。もし毎日千円安定して利益を出せるようになったら、それは遠くない将来にほぼ間違いなく毎月7桁でも8桁でも利益を出せるってことなんです。

ここは非常に大事なポイントだと思います。千円儲ける技術があればそれが7桁8桁に繋がるってこと。こんなことは相場の世界にしか起こりえないんですね。独立して小さな店がどうにか利益が出るようになった。では100店出店しよう、1000店目標にしようなんて思っても無理でしょ。でも相場の世界はそれが簡単に出来るってことを忘れてはいけないと思います。ですからその相場の利点を最大限に利用した手法を構築しないともったいないということです。それを考えずにいつまでも利ざやを大きく取ることばかりにチャレンジしても、それはあえて難しいことにチャレンジしてるだけだということに気が付く必要があると思います。相場は必ず波を打って動きますが、10PIPS、20PIPSの山谷しかない波が連なる中で、どうして何十PIPSも取ろうとするのか。トレンドが出来れば良いですが、トレンドは後になってわかるもので事前にはわからない。だったら目の前の小さな波で5PIPS抜く方法を考えた方が早いってことです。私は釣りが好きですが、どうしても小魚より大きな魚を釣りたいと思う気持ちが抑えられません。相場も同じだと思います。でもその気持ちを変えていく必要があるし、それだけで世界は広がると確信しています。

相場関連のブログは山ほどあって色んな人がいますが、大体どんなチャートを見ているか、どういう売買をしているかでその人がどういう成績を出しているのか想像するのはさほど難しくありません。中には本当にうまい人もいて、彼なら9桁10桁の資産は作ったろうと思いながら読んでいて、「私は毎月10万円の利益を出すのを目標としています」という書き込みにひっくり返るほどびっくりしたこともあります。相場で勝とうと思うと、どういうわけか大きな利ザヤを抜こうと考える人が多いのが面白いと思います。建て玉を大きくするのは怖いからそれを考えないんですね。また相場の定石として利大損小を狙えというのがあってそういうのをひたすら信じちゃうんでしょう。だから一回の勝負で大きく抜こうとする。これって小魚がうようよいる釣り場で大物狙いをするのに似て、本当にもったいないと思うことがあるんです。ほんのちょっとしたことに気が付けば大きく人生が変わるのに。

ま、そんなこんなで、私がどのくらいの金額、利回りを目標としているかというのは書く必要がないのはおわかりになったと思いますがいかがでしょうか。

ただ、今話したのはAの話です。Bの話になるとどのくらいの利回りを狙って何をするのかって話になります。でも私はこれが苦手です。額が大きくなって、なおかつ投資期間が長くなると全くわけがわからなくなります。また怖くて動けない。あるブロガーが書いていました。儲けるのは簡単。でもその利益を維持し増やすのはかなり難しいと。全くその通りだと思います。給料をたくさんもらっても蓄財の下手な人っていますよね。でも世の中ってそんなものかもしれませんね。でもそっちの方面でうまい人もいるわけで、是非情報交換をしながら債券投資やトラリピにしてもいろいろ勉強したいと思っています。

ところでトラリピですが、年間利回りを上げる方法は簡単だと思います。これに関してはブログにも書きましたがシミュレーションですぐ答えが見つかります。でも問題はやっぱり塩漬けをいかに減らすか、大事なことはそれのみじゃないでしょうか。

相場の世界はゼロサムの世界だと思っています。誰かが損して誰かが儲かる。皆が損することはないし、皆が儲かることもない。参加者は全てが敵同士。でもそこの敵同士というところだけは違うと思っていまして、我々参加者の敵は「相場」という化け物なんですね。だから参加者同士で足を引っ張っても利益がでるわけじゃないし、やっぱり参加者は一致団結して情報を交換し、皆で「相場」という敵とどう戦うのか、それを考えることが大事だと思っています。ですので是非情報交換をさせてください。

以上です。こんな感じでよろしいでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

利回り目標などに関して” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 355141554e61465777303051446f77624b704d757051373572444d5333613350130df4c21692bde8d0fd8dba8e301b061e64de9c8f037692f97f8b5cec67409a
    daboさん。私のコメントに対して、早速ご返事をいただき有難うございます。

    >サラリーマンの利益率ってどのくらいですか?年間1000%以上には回っているでしょ。

    この文章が理解できないので教えてください。たとえば年収1000万円のサラリーマンがいるとします。この方がサラリーマンになるまでに必要とした金額は就職するまでの生活費や学費だと思う(年収1000万までになるまでのサラリーマン生活の生活費も加算?)のですが、その金額にはいろいろな試算があります。あるデータに3000万(家一軒分)という数値がのっていました。少ない数値で1300万もあります。
    ということは元手が1300万から3000万で年収が1000万なら利益率は100%に届きませんよね。おそらく私が考える利益率が間違っているのだろうと思いますが、サラリーマンの「利益率」とはどのように計算するのですか?元手は学費だけとするのなら国立大学出だと上の数値になりそうですが。
    ちなみに「サラリーマンの利益率」でグーグルで検索しましたが、ドンピシャの記載はありませんでした。

    daboさんの文章にいちゃもんをつける気持ちはサラサラありません。大変に興味深く読ませていただいていますが、「もしこれで目標達成ということになれば、1スタンダードロットでの売買なら100万円の資金で1000PIPSは100万円の利益となります。だから月に100%の利益率となる。年間1200%ですか?(笑) 」という衝撃的な文章の後に対比して出てくる文章なので質問させていただきます。上の文章は「もし」という但し書きがついているのかミソですね。

  2. SECRET: 0
    PASS: 50584f4f68576f425843734834357a387a733359676f5670646c6d316864734ddb579238416ef42696e4c41fcf422b626a0d29419bdb16c02622a64aec7f0124
    sakiさん

    就職するまでの生活費や学費ですが、それって就職するために必要なものですか?違いますよね。就職しなくても(私がそれでしたが)それは掛かるお金。だからそれを計算に入れるべきではないと思います。資格を取るための経費もそうですが、それって生きるための経費であってサラリーマンになるための経費だとは私は考えていません。

    今、無職だとして、来月から就職するのに何か投資しなくてはならないものは何か?スーツやネクタイ?それって就職しなくても必要だと思うし、会社に就職するに当たって何十万なり何百万なり投資する必要はないでしょ?だから給料の利回りという言い方をするととんでもない%になると思ってます。

    「もしも」という言葉はあえてつけたところを察してください。それとも、私が今までどうやっていくら稼いで今どんな生活をしているかお見せしなくては駄目ですか?なぜ仕事らしい仕事もせずにオーストラリアで20年もプラプラしていられるのか知りたいですか?

    そういう物を数字を含めて見ないと実態がわからないのか、それとも話の内容から実態が想像できるのか、それって非常に大事な人間の能力に関わることだと思っています。ここがまさに相場に限らず世の中の広告宣伝や洗脳に惑わされることなく「何か」を感じ取る技術だと思います。

    でも、いつかトレードをしているところを動画でだしますかね。そういうのってやらしいと思うし、そういうことをしないとわからない人って所詮何も分からない人だと私は思っています。また他人のそんなのを見たところで、自分が出来るようになるわけじゃないですね。まぁ、マレーシアに渡ってからは何週間でも付きっ切りで私と同じことが出来るようにしますと宣言しましたから、今後が楽しみですが。

    そもそも違いがわかるってどういうことなんでしょうね。相場にしてもまずそれを理解するのが始めの一歩かもしれません。そうじゃないと、多くの相場関連のブログを読んでもどれが本物、まやかしかもわからないし、宝の山でもありますがその宝も見えないってことになります。評論家の言うこともあるいは数多い投資コンサルタントの良し悪しを見分けることが出来ないってことになります。

    また100万の投資で年間1200万の利益を上げることに驚いているようですが、それって証拠金取引の特性を理解して利用すれば誰にでも可能だし、その程度のことは多くの人がやっていることだと思いますよ。そしてその金額は決して多くもなんともないです。これって相場の世界を知らない人にはわからないかもしれませんが、相場で生きる人たちはもっと大きな事を狙って計画・実行しているはず。普通の人(とくにサラリーマン)に話すとキチガイじみていると思われるからはっきり言わないだけのこと。

    うーーむ、どうもこれを書いていてもあまり良い気分がしません。だからお金のことを書くのは嫌いなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *