低温調理器発見!

いやー、こんなのがありました~~~。

Sous Vide Supreme という器具。スービーサプリーム。シュープリームじゃないです。(笑)

いわゆる湯煎器。ただそれだけのことなんですが、こういうのってプロ用はいくらでもあるんですが家庭用のってないのね。何ででしょう。なんだかバカにされているような気がします。家庭料理なんて所詮科学的じゃなくて勘の世界だからこういう調理器は必要ないだろう、みたいに思われているような気がします。

でもそれは一理あるかも。ビデオの録画一つできない奥さんっていますもんね。ボタンを押すだけならいいけれど、いろいろ調節するのは無理なんてね。うちのカミサンがそのタイプ。(笑)

こういう機械です。

上の蓋を開けると、中にはお湯が入っているだけ。そこに真空パックなり、ジップロックで密封した食材を入れて調理。調節は温度、そして時間。

これがあれば温泉卵、ローストビーフ、ステーキ、ハム、蒸し鳥(蒸すんじゃないけど)みたいなものは完璧。野菜も低温調理って面白いんですよ。生の歯ざわりの甘くて美味しい温野菜とか。

ネットで調べて見ると結構多くの人が炊飯器を使って低温調理をしているのね。私もそれが始まりだったけれど、炊飯器って温度が高すぎるんですよ。絶対にうまくいかないはず。というか時間の管理が難しくなる。結局オーブンでローストビーフを焼くのと同じような苦労が必要になってくる。炊飯器の保温の温度って大体70度。この温度で調理するのは強火で煮るよりかは良いけれど、低温調理としては温度が高すぎる。いや、この温度でもいいものはいくらでもあるけれど、肉関係はこれじゃ高すぎなのね。肉の火の通りぐあいって結構微妙。やってみればすぐわかる。いかにプロの料理人って凄いかがわかりますね。温度と時間の微妙な調整なんか素人にはできないわけだからこういう製品がないと無理。

家庭で低温調理用の器具って言ってもせいぜいスロークッカーの類で、温度調節も3段階とかね。うちのがそれ。でもまだ炊飯器の保温よりかはまし。でもやっぱり55-80度の間は1度ずつ調整できるような器械じゃないとうまくない。特に60-75度ぐらいのところが微妙かな。

今はなきサンヨーの炊飯器ならこの機能がついていたのにねぇ。こんな簡単な機能の製品なら日本だったら定価1万円で十分できちゃうでしょうね。っていうか中国製か。(笑)

さて、これを買うか?

買いません。(笑)

今年中にはまた引越し、今度こそマレーシアに行くぞ~~、と思っているのに、こんなものを買ってもしょうがないですもんね。マレーシアで売っていることを祈るばかり。これってイギリス製かな。

この商品の紹介ビデオ。

What is Sous Vide? from SousVide Supreme on Vimeo.

こういうのを前から持っていたらまるで食生活が変ったと思うなぁ。

(後記)低温調理(器具)に関してはまとめたものがありますので、こちら(クリック)をご覧ください。

(後記)スロークッカーはまるで使えないというのが2014年9月になってやっとわかりました。誤解があったようです。くわしいことはここを参照(クリック)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

低温調理器発見!” への5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 3870326d3552564e4a49426d5645587475654f5a4b795533585536306f6541798a9d32fdf963ffb91ec30916b3c5ef1c5a3f2fea0f3d935fa03af61d373f636f
    これ欲しいです!ヨーグルトも作れるってことはかなり、低い温度から調節できるんでしょうか?でも、結構なお値段しそうですね、オーストラリアだと、、。

  2. SECRET: 0
    PASS: 6974714d70354253476547704667343965565a77763745744b71544774644478ebde836a89e309483dba4474e731960a8a6d35593eb39e5d18870016622e5d3a
    サイトでチェックしたところ、オーストラリアでは545ドルだそうで・・・ちょっと厳しい(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS: 76464d647172587962366b4a6d3330304b62366d6b3950765638375039584b4bb281a3285602fa6cd162bd3cbac161832f49d9b3617fe76f5f340a80cc2150c1
    shoさん

    サイトを見ても温度調節の範囲が見つかりませんでした。どのくらいの温度調節が出来るんでしょうね。これって湯煎ですが、構造的に水を入れなくても温度を一定に保てることもできるようにならないんですかね。それこそヨーグルト、納豆、お酒も作れる(笑)。ああ、パンを作る人にも良いかもですよね。密封できない材料も使えたら良いのに・・・

    BBさん

    545ドルでした?うわー、やっぱり。私は怖いので値段は見ませんでした。安かったら買っちゃうだろうし。こんなものは中国で作れば2千円もしないんじゃないですかね。

    要は電熱器、サーモスタットがあれば良いわけですよね。これを自作する人も見ましたが、それこそ棒状の物を作って、お湯を攪拌するためのファンが絶対必要でしょうが、それをどんな鍋にいれようが使えるってのが良いかも。安く作れそう。

    • 大変申し訳ありませんが、お住まいの国に代理店があると思いますし、ネットで検索すれば出てくるはずですので、是非そちらに連絡をとってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *