凄いミラーレスカメラが出た

凄いカメラってチト大げさかな?(笑)

しかしカメラ好きなら気になってしょうがないカメラなのは間違いがないと思います。

富士フィルムの「X-Pro1」。ミラーレスですが、私が思うに今市場に存在するミラーレスの中で画質の良さ、特に解像感、切れ味はこのカメラが一番だろうと思います。

○ 富士フイルムは全く新しいレンズ交換式カメラシステムX-Pro1を発表する。X-Pro1は1600万画素のAPS-C X-Trans CMOSセンサー、新型のX マウント、ハイブリッドマルチビューファインダーを特徴とする。

○ X-Trans CMOSセンサーは、ローパスフィルターを不要にする新しいカラーフィルター配列によってフルサイズセンサーに匹敵する解像力を実現。

○ 交換レンズはXF18mm F2R、XF35mm F1.4 R、XF60mm F2.4R Macroの3本の大口径単焦点レンズ。絞り羽根はどの絞り値でも円形になるようにカーブしている。鏡筒はハイクオリティな金属製で、絞りリングによって1/3段階で絞りを調整可能。

○ X-Pro1の価格は1700ドル前後で交換レンズは650ドル前後。富士フイルムはこれから3年のうちに、単焦点とズームを含む9本のレンズを発表すると述べている。現在計画されているのは14mm(換算21mm)で、マウントアダプターも登場する(ライカMマウントが最初に発売される)。

○ Xマウントは17.7mmのショートフランジバックを採用。

○ ハイブリッドマルチビューファインダーは、ボディ前面にあるスイッチで簡単にOVFとEVFの切り替えが可能。ファインダーの倍率とブライトフレームサイズは、装着するレンズの焦点距離で自動的に切り替わる(マニュアルでセットすることも可能)。OVFの倍率は0.37xと0.60x。

まだ日本では発表されていませんが(あと数日掛かるのでしょうか)、海外で先行して発表されました。またオフィシャルのサイトはここ。仕様やサンプル画像もアップされています。

FUJIFILM X-Pro1 ←クリック

サンプル画像  ←クリック

素晴らしいカメラであるとは思いますが、このカメラはプロ、ハイアマチュア用で(価格的にも)一般的ではないと思います(カメラとレンズ3本で約30万円ぐらい)。また、じっくり被写体に向かうタイプの写真用であって、たとえば子供の運動会、モータースポーツ、走り回る犬等を撮るには向いていません。

私としては非常に興味がありますが、一つだけどうしても気に入らない点があります。それは背面の液晶が固定であるということ。これですと腰の位置で撮る事が出来ないのはもちろん、地面の高さで平行にとか、あるいは上に手を伸ばして下向きに撮ることも不可能。液晶が可動式であればそれが簡単に出来るわけですが、この可動式液晶の便利さを覚えてしまうと、それが無いと不便でしかたがありません。可動式液晶なら多分迷うことなくこれを買うだろうと思います。

それと気になる点として、他社のレンズ(オールドレンズとか)を使う場合には当然マニュアルフォーカスになるわけですが、その時にどういうピント合わせのサポート機能があるのかが今の時点ではわからないこと。

中心とか任意の領域を拡大表示してピント合わせを楽にする機能がついているカメラは多くありますが、ソニーのNEXシリーズのようなピーキング機能があれば最高。これはピントが合った部分の色が変わりますので非常に楽にそして素早くピント合わせができる。

ソニーのNEX-7は可動式液晶ですし、そのピーキング機能がありますので、私としてはそちらの方が撮影しやすい。もしソニーのNEXがこのセンサーを持ち、そしてフジの3本の単焦点レンズがあれば鬼に金棒ですが、あっち立てればこっち立たず。

私としてはオールドレンズ遊びをしたいので、やっぱりソニーのNEX-7を選ぶことになりそうです。

しかしこのフジのカメラの凄さは半端じゃなさそうです。

下の動画は機能等の説明です。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *