年頭に思うこと

明けましておめでとうございます。

年月が過ぎるのは本当に早く感じるような歳になったのによくも若い人たちに混じってブログなんか書いていると思うのですが、結構このブログってのも毎日の生きる張り合いになる部分もあって、これがなければ放ってしまうことでもブログに書くとなるとそれなりに真面目に考えないとなりませんしそれは自分の為にもなってきました。ということで、今年もまた今まで通りに独断と偏見の長~~~~い日記を書き連ねることになるはずですが、何卒宜しくお願いいたします。

去年は子供達が家を出てしまい、とうとうヨメさんと二人だけの生活になってしまいました。まだ子供達二人は学生ですが、きっともう二度と一緒に住むことは無いと思いますし、どんどん離れていくばかりでしょう。

一般的には二人だけになったらどうしようなんて計画を立てるのかもしれませんが、我々は全くそんなことも考えず、というかそうなってみないと何もわかりませんので自然の流れに任せていました。でも子供がいなくなって感じたことは、今まで自分は子供だけを中心に生きていたということ。親ばかなのは前から自覚がありましたが、子供がいなくなることがこれほどまでに精神的にも実際の生活の上でも影響があるとは想像もしていませんでした。子供だけ(ヨメさん少々)のために生きていたと改めて実感しました。

しかし考えてみれば、多くの人がそうであるように、意外に人間って自分のためだけに生きることはしていないのではないかと思いました。

気が付いたときにはもうすでに自分は生きていて、食べていかなくてはなりませんから夢だ希望だという前に、人生ってなんだかおもしろくないなぁと思いつつあれじゃこれじゃと考えて生きていくしかありません。

そしていつの間にかヨメさんがいて、二人分稼がなくてはならないと思い慌てているうちに子供も出来た。どうして人間って働かないと食えないのか、そんな当たり前のことが私にとっては非常に面白くなくて、そういう常識に常に反発しながら生きてきたような気がします。

稼がないと食えない。食わないと死んでしまう。

この当たり前のことが今でもどうにも面白くありません。認めたくないけれどでも仕方が無いわけで、やっぱり稼ぐことが自分の中心にいつのまにかなっていました。でもそれって決して自分のためという意識は無くて、ヨメさんや子供達が中心でした。そして仕事に目を向ければ一緒に働いてくれるスタッフもいるし、取引先も含めて大きな輪の中の一員として自分の好き勝手には出来ないし、「XXXせねばならない」という意識に常に囚われてきました。

こういう考え方ってもしかしたら日本的、あるいは農耕民族的な考え方なのかもしれませんが、決して自分の欲望を中心において生きてきたのではないと言って良いと思います。常に家族や会社や関わりのある人たちの為に生きてきた。そんな感じがします。

でも仕事もやめた。子供達も巣立ったとなると、ヨメさんと自分しかいません。目の前から突然生きる目標が消えてしまったような感覚さえありました。

昔から「立って半畳、寝て一畳」という言葉が好きでした。人間にはそれだけの広さがあれば十分、「足ることを知る」という言葉と同様に「自戒の念」としてこの言葉を捉えていました。

でも最近これは意味が違うのではないかと思うようになったのです。

足ることを知れ、欲張るな、という意味ではなくて、そもそも人間って、もし自分ひとりだけのことを考えたら、立って半畳寝て一畳しかいらないと考えているのではないかと思うのです。そもそも人間にはそれ以上の欲望はないのかもしれない。だから自戒しろという意味じゃなくて、そういうものだと当たり前のことを言っているだけのような気がしてきます。

良く動物は必要以上の殺生はしないと言います。でも人間だけが必要以上に殺生をするし、あれも欲しいこれも欲しい、もっと欲しいと際限なき欲望があると言います。でも、私はそれは嘘じゃないかと思うのです。人間も動物と同じように、必要以上の物をそもそも欲しがるようには出来ていないんじゃないかと。

でも、自分のためじゃない場合には必要以上に欲しがる。

ここが面白いところで、それは家族のためであったり会社のためであったり、あるいは国のため、自分とは離れたものの為に自分が何をすべきか考えた場合、必要以上のものを欲しがるような気がするのです。欲望は他人のためにある、そんな感じ。

愛があるから生きていける。でもその愛の裏返しは果てしない欲望のような気がします。でもそれは個人の欲望とは違っていて、愛の為には命をも捨てるし、武士道の根本もそれだと思うのです。自分が生きるために他を大切にするのだと説明する行動心理学は表面的なものしか見ていないのじゃないかと思うわけで、そもそも自分のためだけに生きれるほど人間は強くないのが事実じゃないかと思っています。これに関してはあの三島由紀夫が同じ事を言っていたのにびっくりしましたが、私はそれが真理だと思っています。

どうしてそんなことを考えたかというと、その切っ掛けは東日本大震災でした。命の儚さや文明の無力さを感じたのと同時に、人間の愛やたくましさ(そしていやらしい我欲も)も感じました。そして決して自分は傍観者であってはいけないし、世の中の多くの人が反発しましたが、石原東京都知事の「天罰発言」。災害に合った人たちのことを考えていない発言だと多くの人は非難しますが、私は全くそうは思っていなくて、そもそも災害に合った人と合わなかった人との違いを石原知事は考えていなくて、つまり、あれは我々日本人の、あるいは人類の問題であって、直接の実害があるなしでは無いと思うのです。そういう意味で、私は石原知事のあの言葉は全くその通りだと思いました(被害に合った人があれを聞いてどう感じるかは別問題)。

あの災害(原発事故も含めて)は自分には関係ないと考える人こそ、石原氏の言わんとしていることは理解できないと思いました。我々全てがあの災害の当事者だと私は思うのです。

もちろん資産どころか命さえ落とした方がいらっしゃるわけですが、では実害が無かった人は助かった良かったねという話じゃなくて、たまたま自分がそこにいたのかいなかったかの違いでしかないはずで、だからあれは決して他人事じゃない。また原発にしてもあの事故の責任は自分にもあると思うわけで、原発に関して無関心でいたことは非常に大きな罪であると私は思うのです。

この辺の説明を私はうまくできない苛立ちがあるのですが、親子のことを考えてみても、子供の死、あるいは子供に災難があれば自分にそれが起きた以上に悲しむのが親だと思います。人と人の繋がりの枠の話を私は今しているのですが、その思いの枠が広がれば隣人、あるいは同胞、あるいは人類全て、そして生きとし生けるもの全てに対して、あるいは地球でさえもガイアという一つの生命体と考えることも出来るはずで、どこまでを自分が愛して大事にするべき枠とするのか、どこまでが自分が今実際に気になる枠なのか、そもそもその枠は誰がどう決めているのか。それは人間の器の大きさなのか、そんなことを考えさせられました。

親が子供を愛するのは当たり前。でもその愛の枠はどうしてその子供で終わってしまうのかそれも不思議です。マザーテレサって一体何を感じ、何を考えていたのか今頃になって興味が出てきました。

しかし私は残念ながら地球の裏側で死んでいく子供達に涙を流したこともありません。助けようと思ったこともありません。ただどうして自分がそうであるのかが良くわからないけれど、何か変だと感じるのです。どうして自分の子供と同じように他の子供を愛せないのか。どうして手を差し伸べようとしないのか。

バカな話かもしれませんが、どういうわけか私はその手のことが昔から気になっています。動物も同じです。自分のペットは一生懸命可愛がるのに、同じような気持ちを鶏や豚や牛には感じません。生きている活魚をそのまま調理して、目の前にピクピクしているアジのお造りが出てきたら美味しそうだと舌なめずりをする。これって他国では犬や猫を食べたり、あるいは生きている猿の頭をかち割って脳みそを食べる料理があるわけですが、それと同じようにライオンが人間を食べたり、熊が人間を襲ったり、これら全て生命の営みとして同じ事なのにどうしてそれらを区別するのか。自分のやることは許せて、他のやることは許せない、あるいは関係ないことには何も感じないって本当はおかしいはずで、それは鯨の話も同じ。

一体なんでこんな話をしているのかということですが、今まで私の生きる目的であった子供達がいなくなったということで、そもそも自分の生きる目的ってなんだろう、もっと愛を注ぐ枠を広げられないか、広げるべきではないのか、そしてそれがこれからの自分の生きる目的になり得るのではないか、それをちゃんと考える時期が来たようなそんな気がするわけです。その切っ掛けは子供が家から出たことであり、そしてその直後に起きたあの大震災であったということ。

今まで自分の価値観や愛する対象が限定的であること、それ自体は変だと思いながら人間とはそんなものであろうと深く考えることがなかったのですが、去年はそれを考えさせられた一年でありました。

人は一人で生きていけない。これは動物も植物も全ての命がそうであるし、地球そのもの宇宙そのものがそういう風に出てきているはず。だからそれから目をそらさず今までそれを真剣に考えてこなかったからこそ、これからはそれを見て生きてみたいと思うのです。

キーワードは笑顔かな。

これは喜びとか笑いというイメージじゃなくて、なんとなく良かったねとニッコリ笑える生活。それを回りに広げてみたいと思うのです。

今までは家族のことばかり考えていました。で、どうにか将来的にも大丈夫だろうというところまでは来た。でも現実的には親兄弟親戚に目を向けると問題は山積みで、でもそれらには目をつぶって生きてきました。彼らは我々がそうであるように彼らの責任において問題を解決するべきだと考えてきました。またもし親兄弟親戚にまで目を向けて手を差し伸べると、結局は皆が総倒れになるという現実があるわけで、これは全世界の人間を飢えから救おうとしたら、全世界の人間が飢えることになるのと同じで簡単にはできない。

でもそれってそうじゃいけないはずで、今まで人類が生き延びてこれたのはそれぞれ個人の力に寄るものではなくて、やはり出来る者が出来ない者をサポートしてきた結果だと思うんです。それぞれが自分のことしか考えていないとしたら、もうとっくに人類の歴史は終わっていたはず。そもそも国の成り立ちもそうで、あるいは村でもなんでも良いけれど、それらは決して搾取のための組織ではなかったと思うんです。やはりそこに住む人たちは家族を守りつつも一族やコミュニティを大事にし、助け合ってきた。その枠が大きく広がり、それが村となり国となり世界となるはず。そしてそうやって世界は動いてきた。

でも自分は家族のことだけにしか目がいかなかった。しかし現実としては親族にも助けを必要としている人は決して少なくない。ましてや目をもっと広げたら・・・・。

自分に出来ることは限りがあるけれど、でもその限界を作ってきたのも自分で、家族がどうにかやっていければそれで良いと思っていました。でもそれは違うはず。

足ることを知る。あるいは立って半畳寝て一畳にしてもその思想が自分本位、自分勝手であるような気が最近してくるのです。逆にこの言葉を言い訳にして、やらなくてはならないことから目をそむけてきたような気さえするのです。自分だけよければそれで良いのか。いや、絶対にそうじゃないはずなんですね。そう考えなかった人が世の中には一杯いたから今の世界が成り立っているはずで、もし自分さえ足りていれば良いというのが真理であるなら、そもそも家族も成り立たないし、一族も村も国も成り立たない。

私はこの歳になるまでそれがわからず、ある意味子供のままであったような気がするのです。常に何かを得る側であって与える立場ではなかった。いや、家族に関して言えば与える立場ではあったけれど、私の枠は家族止まり。これは絶対にうまくないと思うようになったのが去年。そんな風に考えると、自分は自分がやるべき最低限の事だけをやってきただけで、本来やるべきことはいくらでもあるはずなのにそれをやらずして、これから老後を楽しもうという考え方で良いはずがない。

いや、出来ることならみんなでニッコリ笑えることを楽しめる老後にしたい。そんな風に思うのです。

私は小心者で人生を賭けるってほどのことをしたことがありません。逆に逃げ足の速さは自分でも特技じゃないかと思うくらいで、仕事でもなんでも深追いをしないで生きてきました。私の人生観としては仕事でも(相場でも)なんでもそうですが、一度の失敗で全てがパーになるのを見て育って来ましたので、リスクは極力減らす生きかたをいつのまにやらするようになって来ました。だから大きな失敗もなければ(いや、あったか 笑)、その代わり大きな成功もなかったし、何よりもこの歳になって自分のやってきたことに対して満足感がないのです。これって私にしたら大問題。

昨日、「坂の上の雲」の今回の分、4話をまとめて見ました。良かった~~。やっぱり人生って計算づくで挑戦もせずにこじんまり生きていても面白くもなんともないって見ていて思いました。またあの大震災で、自らが助けが欲しい側なのにボランティアに頑張る多くの人たちの姿を見て、自分としてはこのままのんべんだらりん生きていては申し訳が立たないと思うに至りました。

だからこれから、今になって、この歳から、私の本当の、そして我が人生初めての挑戦らしい挑戦を始めようと思うのです。それの第一歩。とっかかりは自立塾です。まず私自身が古い価値観、小さく凝り固まった自分から自立しなくてはならないのですが、目標としてはそして私が注力したいのは恵まれない子供達の自立サポート。今まで自分の子供達を愛して大事にしてきたけれど、それと同じ思いをどれだけ広げることが出来るのか。子供は人類の宝。そして未来を切り開いていくのは我々ではなくて子供達。その子供達をしっかり支援してみたいと思うのです。道は遠く果てしなく、お金もいくらあっても足りませんが、それに賭けてみたい、賭けてみようと新年、思いを新たにしました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

年頭に思うこと” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 645165474d6967624f327373326f70506863377379687851587a78354959376c3b30f03ca2c6a4c298a58986996707a787030994ed97187524d1f96a5a03c2f9
    基本的には、人は他の動物や植物と同じように与えられた環境の中で、命を全うし種を保存するために生きるのだと思います。

    ですから、daboさんや多くの人のように「子供や家族が生きる目的だ」などと思ったことはありません。親が子供を大切に感じたり、養ったりするのは当たり前の事だと思っていますから。
    自分が作った家族なのに、お前のために生きているというのはおかしい。
    他の動物がするように自立できるように育て、成長したら本人が幸せだと感じて何処かで強く生きていてくれば基本的にはそれでいい。
    子供も親も自分の分身ではない。

    震災を機に大きくマインドが変わったという方が多いですが、被災者の方は別として、直接被害を受けていない人々のマインドが変化したのがよくわからない。
    もちろん、悲惨な状況に共感して夜眠れなかったりしましたが、それとは別の意味でです。

    地球上では貧困や紛争が常にあるし、日常的に事故や病気で突然幸せな日常を失っている人がいることは周知のことなのに、何故今回の震災では「私に何ができるか?」「絆が大切」などと正義ぶったことを言うのでしょうか。
    人は生まれる時代や国や環境を選ぶことは出来ません。
    命は限りがあるし、形あるものは壊れる。それは明日かもしれない。

    冷たいようですが、被災された方が瓦礫の中に家族の写真を探す映像を見るたび、「写真は物に過ぎない。大切なその人は関わった深さだけあなたの記憶の中にある」と思うのです。
    人は裸で生まれて死ぬ時も何も持っていけません。

    死に目に会えなかったなどど後悔する言葉を聴きますが、死ぬ瞬間に会うことにどんな意味があるのでしょう。
    会いたいのなら、元気な時に沢山会えばいい。

    誰かのため、社会のために生きれるのは、特別の才能を持った数少ない人だけなのではないでしょうか。
    私を含むほとんどの人には生きる意味や目的なんてないのではないでしょうか。
    でも、生きる価値はあります。たった一度しかない人生、この地球に生まれて来た一度きりのチャンスを楽しみたいし、それぞれの人々が地球のどこかでそれぞれの幸せを感じて暮らせていたらいいなと思っています。

  2. SECRET: 0
    PASS: 436458355448464c456b37517332514c6d47613144695654376e7137456d45354022e059f00bbe1d70ce5249fb224a42917c9983fee9ac93ea302db4221dd6dd
    凜弥さん

    私とはまるっきり考え方が違いますね。また、生命とか人生とか、それの何に重きを置くか、何に感動するのか、そのポイントも違うのだろうと思いました。

    でも大事なことは、自分にとって満足できる生きかたを見出してそれに邁進することであって、借り物の価値観を大事にして生きていくのは悲しいことだと思います。そういう意味では、内容は関係ないと思っていて、要は自分の思うとおりに生きているのかどうか、そこだけが重要なのでしょう。

    私としては人生を楽しみたいと思ったことはもしかすると無いと言っていいかもしれなくて、でもそれは単に言葉のアヤかもしれませんが、私は「感動」とか「カルチャーショック」を常に追い求めて来ました。それが楽しいといえばそれだけのことですが、でも楽しみを求めているという感じではないです。

    >誰かのため、社会のために生きれるのは、特別の才能を持った数少ない人だけなのではないでしょうか。

    この考え方は私は全く違うと思っています。人間は誰かの為、社会の為(あるいは会社の為)と思うから頑張れるのだと私は考えているのは上にも書きました。でも多くの人はそれを意識していないのだろうと思うのです。そしてそれが人間の自然の姿であると私は考えているわけです。しかし、他の為に生きるという言い方をするとそれに反発するのは日本人の謙遜の美徳ではなくて、日本人の冷たさが実際にそこにあると感じることもあります。

    日本人のそれって環境がかなり関係していると私は思っていまして、オーストラリアに渡って20年、こちらの人たちとの関わり、子供達が学校生活で学んだコミュニティーの中でどうあるべきかをつぶさに見て生活する中で私の考え方は変りました。日本って、誰かがやってくれる。税金を払っているのだから自治体や政府がどうにかするはずだという考えが根強いと感じるようになりました。でもオーストラリアでは誰しもが常に手を差し伸べる準備さえしているくらいの感じがします。これは町の中を歩いているだけで、ボランティアとか、人助けに関して全く日本人とオーストラリア人とは考え方が違うのがわかるほどです。日本人のように見て見ぬフリをするケースは非常に少ない(大都市は多分違うのでしょうが)。

    日本人は民度が高いと震災時の行動で世界中から絶賛されましたが、私は実はそれは民度の問題ではなくて、村社会の掟に従っただけだと思っています。実は、他人には冷たく無関心。いや、自分のケツは自分で拭け。他人に迷惑を掛けてはならないという考え方が基本にあるから、自分にも厳しく、そして他人にも厳しいのでしょう。それは村社会の掟だと思ってますが、これがいつも私には冷たく、非情に見えます。

    また近年、アメリカ人の信仰心に触れることが結構ありまして、あの戦争大好きなアメリカとは全く正反対の人間愛溢れるアメリカ人の一面を見ることが度々あります。他人のため、社会のために行動するのが生活の一部になっている人は決して少なくないし、凄いと思います。寄付にしても、金持ちになったら寄付するっていうんじゃないんですね。日本人は「そんな余裕なんかない」と良く言いますが、信仰心の強い人が多いアメリカ人の凄さは貧しさの中からでも寄付する人が多くいるということ。これはもしかしたら絶対神との契約上、それをやりたくなくてもやらざるを得ないのか、そう信じ込もうと無理やり自分を追い込んでいるのか、あるいは偽善なのか、その辺が私にはよくわかりませんが、そういう人たちとの付き合いの中に「貧すれば鈍する」ものを私は感じません。これは日本人の場合とは真逆。日本人はなんでこんなにケチで金を握ったら離さないのか(情報も自分で抱き込んだら外に出さない)と感じることは多々あります。(でもそう諦めるのは早いと震災を切っ掛けに考え方が若干変りました)。

    美味しい物を食べるときにはみんなで食べた方が美味しいし、自分達だけ良い思いをしてもどうも後ろめたくて居心地が悪いと私は感じます。震災、そして子供が家を出たのを切っ掛けになんらかの行動を起こすべしという思いのスイッチが作動したのでしょう。そして自分に何が出来て何が出来ないかは、自分がそう決めているだけで本当に出来ないのかどうかはわからないというのが私の実感です。人間って、俺はこの辺で終わる人間だと思うと本当にその辺できっちり止まるというのを近年感じるようになりました。自分が思う以上の自分になることは絶対にありえなくて、自分の器は自分で決めているってことだと思います。私としてはそれも面白くないので挑戦したいです。

    どちらにしてもこれは個人の問題で、それぞれが自分がしたいことをするのが一番。ただ、私の場合は、自分が本当にしたいことは何なのか見つけるのにかなり時間が掛かりましたし、まだ自分探しの途中かもしれません。自分が今まで想像したことも無い自分になるのが一番の夢かな。(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS: 575757666e6930434935496d664f466a43787962754172396a4a6d7639624765a172b7df4ab7806f2ddea624ba2d7acb4a1cdd3c92066aa7b42fa8a0c113eb07
    わ~、長~いお返事ありがとうございます!
    ここはdaboさんのブログ、日記であって、意見交換の場ではないので、あんな長いコメントを送ってどうなのかと思っていました。
    ブログは価値観が違って違和感を感じたらスルーしたらいいわけで、多くは共感者や情報収集したい人が集まりますよね。
    でも、daboさんなら受け入れてくれるかな?なんて思って。

    さて、「人は他のためと思うから生きられる」という点について。

    私も海外生活が10年になるので、海外でのホスピタリティについては同感します。自身が貧困にありながらなけなしのお金や物を与え、他人を助ける。それが信仰心や風習や慣習から来るものなのか、個人的な優しさなのか私にもわかりません。(もしかしたら日本の「おもてなし」の文化もちょっぴり似ているかもしれませんが)
    震災の時のマナーについても、村社会の掟にしたがっただけというのも、私も全く同じことを感じていました。

    ただ、私が言いたいのは、「他のため」と思っているのは根本的には「自分のため」じゃないか、ということです。

    人を支援する仕事や活動をしている時、どんな苦労があっても、一瞬の相手の笑顔や感謝の言葉で報われた気になったり、相手の向上や進歩を感じて自分の値打ちを感じたり、相手が大柄だったり、ずるかったりすると、失望したり腹が立ったりしてしまう。

    震災でボランティアに行った人たちが「かえって元気をもらいました」とよく言われるように、心のどこかで、相手は自分より全てにおいて弱者だから手を差し伸べたいと思っていたのかもしれない。

    そういう自己満足ではなく、他のために何かが出来る人は特別な人ではないかと思うのです。

    重度の知的障害と身体障害を持って生まれて来た人は「他のために生きられる」でしょうか?自分を生きる、生を全うすることで精一杯です。そして、周りの者はその存在そのものに励まされることが多いです。
    生きる意味や目的なんてなくてなくていい。というのはそういう意味です。

    「今までに想像したこともない自分になるのが夢」ってスゴイですね。楽しみです。

  4. SECRET: 0
    PASS: 66783762714736785370694e5369474b68565053527a31507a544b705167496c839886a73b4773f407a0de04dbdd37823892bd28b1d9c24c039ec18173b08b3f
    結局は自己満足であるのは間違いがないと思います。行動するのは自分であり、何か感じるのも自分で、その自分が欲することをするわけですから、全ては自己満足という理屈になるのでしょう。

    ただそこまで突き詰めてしまうと、明らかに違いのある行動原理の部分が見えなくなると思います。人助けをしながら命を落とす人もいる中で、金だけ出して報道陣のカメラばかり意識する人もいるわけで、それらを全て自己満足で括ってしまうことは出来ないと思っています。

    私が体験した中で最高の愛だと思うのは親の子に対する思いなのですが、これも不思議なもので、その子供が自分の子供だと思っているのはもしかしたら自分だけかもしれないなんてこともある。女房がある秘密を隠してることだってあり得る。つまり、子供が本当に自分の子供であるかどうかは関係なくて、俺の子供だと思う気持ちがそうさせているだけなんですね。

    で、その気持ちに焦点を当てて見ると、人それぞれ違いがあるのがわかる。自分の子だけしか見えない人もいれば、マザーテレサみたいな人もいる。

    自分としてはマザーテレサとは対極にあるとは思うものの、自分の子供しか見えない自分ではないという自覚があるわけです。命そのものに対しても同じで、穴にはまったどこかの犬を皆で助けて、その後良かったねと豚や鶏で焼肉パーティーを開くのは異常な感覚だと思うし、生命に対する考え方の問題だと言いつつ根菜類を平気で食べるベジタリアンも私にはニセモノにしか見えません。

    人間って自然に任せていると本能がむき出しになる動物だと思っていて、でもその本能をうまくかわすと心の底の方に間違いなく存在するものが小さな泡が水面に出てくるのと同じように湧き出てくると思うし、私はそれを見てみたいと思う欲望が非常に強いのです。

    座禅や瞑想の面白いところはそれに似ていて、自分の知らない自分との出会いがある。それってまさに知らない国へ行って感激するのと同じで、ましてや自分の中ですからその衝撃たるや半端ではないと思います。

    ま、それも含めて、自分が想像したこともない自分になるのは面白いと思います。ただこれは危険も一杯で、私みたいに常識やその辺に転がっている価値観を無視して生きる者にとっては大悪党になる可能性すらあるかもです。

    女房との結婚も、あの二人の子供をこれだけ愛することが出来たのも、そしてオーストラリアに来たことも、決して想定内ではなかったし、これからどんな想定外が起こるのか楽しみだし、それに挑戦し続けたいと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *