トラリピ

最近トラリピのことを書きませんが、まったく興味がないのじゃなくて、それどころか前以上に興味を持っていろいろシミュレーションしています。

そしてやる気でいます。(笑)

やっぱり楽したいですもん。

自分にとってはスキャルピングのみが利益をたたき出す唯一の方法なわけですが、これって日雇い労務者と全く同じ。

こういうのって歳を取れば取るほどストレスになるんですね。ましてや今までずーっと楽をしてきたわけで、またスキャルピングの生活を考えるとどうしても後戻りしている感じがしてしょうがないわけです。

かといって債券でも買って放っておけば使い切れないほどの収入があるわけでもなく、でもまぁ、マレーシアに行けば税金分が利益となるわけだからそれでいいか、みたいな中途半端な状態。

ですから面倒な思いをせずに、身体的精神的にプレッシャーになら無い方法で利益を叩き出せたらそれが一番良いわけですが、そうだとすればやっぱりトラリピ以外にはなさそうに感じるのです。

それと前にもちょっと書きましたが、債券などにほぼ100%依存してしまうと、ここぞという時に身動きが取れないんですね。高いからといって売ったり、安いからといって買ったりなんてことは出来ません。これは定期も同じで、解約だ~~、もっと積み立てるぞ~、なんて自由が利かない。

でも相場を見る目が多少なりともある場合、やっぱり節目節目でヘッジするなり勝負を掛けたい時がどうしてもある。でもそんな瞬間はいつ来るかわからないわけだからその為に資金を用意して寝かせておくなんて事は不可能。

だからやっぱりFX口座にある程度資金を持つしかないというのが結論。

ただスワップそのものは金利としては私は満足できるほどではないので、それがネックになっていました。つまり債券投資などの利回りを確保するためにはレバレッジを掛けなければならないということ。

そのレバレッジだって2倍掛ければ投資金額に対する利回りは定期はもちろん債券の利回りを超えるわけでそんなに大冒険するってほどのことでもない。

でもたった二倍のレバレッジでも為替の動きによる資産の変動も二倍になるわけで、大きな額を突っ込んだら怖くてしょうがない。

このジレンマがあるわけですが、それを乗り越えるための方法としてトラリピがあると思うんです。

トラリピで得られるであろう予想利回りとそれが全体としての利回りをどの程度押し上げるかの計算、そしてそれをやる価値がある程度の投資額、なおかつそれが精神的にストレスになるのかならないのか兼ね合い(ここが私にとって一番重要)、またそれをやることによって今より全体の利回りを落とさないのを大前提とした場合どうするかというのが多少見えてきた感じがしています。

○ 総額の10分の1をFXに回しレバレッジは二倍でスワップ狙い投資。これで全体の利回りは確保。

○ トラリピは25銭幅で利益幅は50銭。本数は40本まで。40本立った時点で、そのトータルは運用総額の5分の1を超えない規模とする。つまりレバレッジは最高4倍まで。

本当に大雑把ですが、この辺がストレスも無く、若干の利回りの上乗せを期待できるところかなと思っています。

債券投資が私の場合基本ですが、これの総利回りを1%持ち上げるのは至難の技です。でもFXを利用したスワップ、それプラストラリピで1%以上の嵩上げは出来そうな感じ。

そしてFXに資金があればヘッジや勝負どころで動く自由度が格段に上がる。でも下手に動けば逆効果でもあるわけですが、手足を縛られて動くに動けない状態よりは良いだろうという考え方です。当然、気が向いたらスキャルピングもやれるわけですから。

豪ドルのトラリピそのものの作戦ですが、これは私のシミュレーションでは利益幅と仕掛け幅を同じにする必要性は全くなく、利益幅をある程度大きくした方がヒット回数は減るものの総利益が上がる結果になっています。これも検証期間によって結果はバラバラで、上げ基調なのか下げ基調なのかでもかなり差が出てきます。でもおおむね、刻み幅の2倍ー3倍程度の利益幅の方が良いというシミュレーションの結論。

仕掛けの価格帯ですが、これは当然設定しますが今のところはそれをどの程度とするかのはっきりした考えはないです。また両建てですが、レンジに限っては両建てをしても良いとは思っています。しかし、ある価格価格帯以上は売りトラリピだけという考えは持っていません。

同様に価格帯によってトラリピの幅や額を変える考え方も持っていません。

というか、価格があるレンジを超えた場合、トラリピをどうするかではなくて、全体をどうメンテするのかが大きな問題となりますからトラリピまで気が回らなくなるだろうというのが正解でしょう。

私としては投資の積極策としてこれを考えているのではなくて、かなり消極的だと思っています。ですからもしこれでうまく回ってもトラリピの投資額を上げる考え方よりも、安全に回るようならFX用の原資を減らしてレバレッジを上げる方向で考えています。FXの原資を減らした分、債権の方に回したい。

どこのFX業者を使うかですが、トラリピ自体のロジックは簡単ですから自動売買ができる業者ならどこでも出来ると思います。ただ自宅のPCを使うのは問題が多いので、その場合はVPSを使うことになるはず。

でもそれも面倒ですし、スプレッドの大きさがどうにも気になりますが、利益幅を多くしてヒット回数そのものは多くしない作戦ですから楽な方法、つまりマネースクエアを使っても良いと思うようになりました。

スタートとしてはこんな感じかな。

このブログの読者で数人がすでにトラリピをなさっていますが、私も仲間入りすることになりそうです。

でもやるとなってもそれはマレーシアに行ってから。それまではあの手この手のシミュレーションを続けるつもり。

きっと私のことだからあーでもないこーでもないといじくり回して最終的には全く違うトラリピになりそうな気がしないでもありません。私の理想としてのトラリピは売り買い両建てを混ぜた日計りトラリピですし。(笑)

毎日ある決まった時間にスタートしてある時間にはすべて清算して終わり。こんなトラリピが出来たら最高。でもこれって絶対不可能ってことはなさそうで、仕掛け玉を後ろに置きながら動く従来の逆張りナンピン方式のトラリピではなくて、トレンドを見ながら前に仕掛け玉を置きながらすぐ拾い上げるトレンドフォロー型のあのトラリピになると思いますが、そしてそれにブレイクイーブンの考え方を持ち込めば面白い日計りトラリピができそうな気がしてしょうがないんです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *