ヨメさんの乾癬

ヨメさんが乾癬なのは何度も書いていますが、昨日突然私の横に来まして、

「ねぇ、見て見て!」と乾癬におかされた両肘と足の裏を見せるのです。

「・・・・・・・(うわっ、相変わらず酷いなぁ)」

「ねぇねぇ、綺麗になってきたでしょ?」

「(え?綺麗?ああ、そういえば・・)うんうん」

乾癬って普通の人は見たこともないと思います。だって乾癬の人はそれを隠しますから。

どうして?

正直なところ、初めて見た人はかなり驚くはずです。まさか、これってとんでもない伝染病みたいに何も知らない人は思うかもしれない。だってこんなですから。

乾癬の例 ←クリック

でもこれって伝染しません。移りません。

ヨメさんの乾癬ですが、確かに皮膚はぼろぼろの状態ですが、赤味がかなり消えてきて良くなっているようです。

「いつごろから良くなってきたの?」

「う~~ん、この1ヶ月かなぁ。」

「何か特別な事をしたっけ?」

「この1ヶ月はパパがくれた新しい薬を増やしただけよ。」

さて、何の薬を増やしたっけ?

乾癬に効くと言われている薬、健康食品の類はかなり試していて、その中でも良さそうなのを残しているのですが、確かに1ヶ月前に飲んでみろよと新たに渡したのがありました。

それはサーチュイン遺伝子を活性化する健康食品。

サーチュイン遺伝子。聞いたことがありますでしょ?

そうそう、人間の寿命や細胞の老化をコントロールしている遺伝子。

これが効いているのかどうかはわかりませんが、この1ヶ月で増やしたものと言えばそれだけ。

乾癬と老化とどういう関係があるかわかりませんが、まぁ、なんとなく関係がありそうと言えばありそう。乾癬って皮膚が酷い状態になる病気で皮膚病の一つとして分類されていますが、実際は免疫不全と言っていいはずで、皮膚の生まれ変わりが早くなりすぎる病気です。

つまり、普通なら皮膚が老化してそれが垢となって取れるわけですが、そうなる前にどんどん下の層から新たな皮膚が再生されてしまう。上の皮膚が育つ暇がないと言っていいのかもしれません。

老化のサイクルの異常がサーチュイン遺伝子で改善された?

老化に関わる遺伝子っていろいろあるらしいですが、サーチュイン遺伝子はそれらの遺伝子に作用してそれぞれのスイッチを入れるとも聞きました。で、その内のどれかが異常な動きをして乾癬になるのかもしれませんね。で、それがサーチュイン遺伝子の働きで戻った?

老化に関する様々な実験をテレビで見ましたが、二匹のサルがいて、一匹は毛も抜けて腰が曲がっていかにも老人。もう一匹は毛もふさふさして元気が良い。でも同じ歳。

あれを見たときにはびっくりしましたが、その違いとはサーチュイン遺伝子の動きだと説明していました。

ではそのサーチュイン遺伝子を働かせるにはどうしたらいいのか?その答えの一つとして食べる量を減らすこと。びっくりですね~~。その二匹のサルの違いは食事の量だけでした。

これを実践している市民グループも紹介されていましたが、サーチュイン遺伝子を活性化する薬もあるとのこと。で、それはブドウ、あの粒粒のブドウですが、それに多く含まれているそうです。

で、それを抽出したと言う健康食品を手に入れて、自分で飲もうと思ったのですが、自分では飲まずにヨメさんに渡していました。彼女はちゃんと飲んでいたんですね。それがなんだかも知らずに。

う~~む、やっぱりそれが効いたとしか考えられません。

ちょっと調べてみました。このように書いてあります。

---------------

寿命を延ばすサーチュイン遺伝子とは?

何度かテレビでも紹介され話題になっているサーチュイン遺伝子は、老化を防ぎ寿命を延ばす遺伝子と言われています。このサーチュイン遺伝子は、もともと地球上の全ての生物が持っていますが、ヒトの場合は10番目の染色体に存在し、普段は休眠しているそうです。
サーチュイン遺伝子を目覚めさせるには、食事を制限する方法と、レスベラトロールを摂取する方法とがあります。サーチュイン遺伝子が目覚めると、細胞中のミトコンドリアが活性化され、活性酸素の発生を抑えたり、動脈硬化や高血糖、骨粗しょう症を防ぎ、薄毛や白髪などのさまざまな老化症状を抑えることもできると言われています。人間の体を構成する肌、血管、脳、筋肉、骨、などの様々な器官が若く保たれ、寿命が延びるというわけです。

レスベラトロールは1939年に北大の高岡道夫氏がバイケイソウから発見した、天然の抗酸化物質です。動物実験では、長寿、抗炎症、抗癌、血糖降下、放射線障害抑止などの効果が確認されていますが、人間に関しては、まだ未知の部分が多くなっています。しかし、老化を抑え、寿命を延ばすアンチエイジング系のサプリメントとしてすでに出回っているようです。

動物実験においては、サーチュイン遺伝子の働きを強めることによって寿命が20~30%延びることが確認されましたが、人間ならば平均寿命100歳超えも夢ではなくなるかもしれません。

--------------

レスベラトロールってのがその働きをするようですね。これが入ったサプリはいろいろ売られています。

これは抗酸化物質であること。抗炎症の効果があること。肌、血管、脳、筋肉、骨、などの様々な器官が若く保たれるとのこと。

なるほどねぇ。乾癬をキーワードで探してみるとこのサーチュイン遺伝子もレスベラトロールも出てきませんが、サーチュイン遺伝子が働かなくても効きそう。

乾癬の方は是非試してみたらいかがでしょうか。これってアトピーにもいいかもね。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ヨメさんの乾癬” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 33376339494f7466494b7348304e50716756694c30337449334377467779637505c6dee45942b7cdb4e220e12b546651e4894286a349b8e4e12bb6c95ac5eb10
    奥様を大事にされてる姿勢、頭が下がります。
    症状が改善されていくといいですね。

    皮膚の老化とか抗酸化作用とかで胎盤エキス(プラセンタ)の話を思い出しました。厚生労働省の認可も受けた医薬品らしいです。なんか副作用の話も聞くから用心する必要があるかもしれませんね。

    それと僕の友人の弟君はひどいアトピーでしたが漢方でかなり改善されました。漢方は一般的には優しく効いてくれるらしいのでその意味ではいいのかも。

  2. SECRET: 0
    PASS: 7a59666661754d6f5652344d357a79484e384938313676434a657039464345736631c4458d51adba5c3573f2ed09c5f76a80f20f3bc294f109a204d31d2727c6
    jmさん

    ヨメさんを大事にするというか、同じ船の乗組員だから放っておくことは出来ないというほうが当たっていると思います。

    病気になってわかることは世の中には本当にそれで困っている人が一杯いるということ。不治の病も山のようにある。現代医学の壁を感じることもありますが、でもまた救われる道もある。

    世の中って面白いですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *