釣りで喧嘩

釣りには行かないわよ、なんて言いながらヨメさんはせっせと仕掛け作りをしていました。

釣りっていうと男性の趣味と思われがちですが、もしかすると私よりヨメさんの方が釣り好きかもしれません。日本にいる頃には良く乗り合い船に乗って釣りに行きましたっけ。でも女子供の釣りって感じじゃなくて、ヒラメとか真鯛狙い。

昨日、釣りを終えて引き上げようとしたときに、まだ一人の青年が釣りを続けていました。で、我々がもう使わないイソメ(ミミズみたいなやつ)は特餌で、他の餌で食わなくてもこれなら食う。それを使うなら使ってくださいと言ったのですが、有難う、でもそれ、気持ち悪くて触れないんです、との答え(笑)。

男のクセに~~、なんて思いましたがこういう人も結構多いんですね。ところがうちのヨメさんは、そういうのは全く平気で、カエルやラット(こちらのはミッキーマウスみたいで可愛い)でも素手で捕まえる人。

釣りって結構汚れるんですね。撒き餌もそうだし、ゴカイ(ミミズみたいな釣り餌)を使う釣りだとどうしても手がヌルヌルになり、またゴカイの血も手にこびりついちゃう。魚を触れば当然手は魚臭くなる。最初のうちは手を洗ったりタオルで拭いたりするのですが、その内面倒になって何もしなくなる。

で、その手で平気でオニギリを掴んで頬張るんですね。うちのヨメさんも全く平気。

グアムでも良く釣りに行きましたが、トイレがないのが当たり前で、もちろん私は立小便。ヨメさんはどうするか?車の中でバケツを使います。

女のクセにといっては何ですがそれほど釣り好きなのがうちのヨメさん。

だから釣りには行きたくないと言いつつ、仕掛けを作っていました。

結局私に対して腹が立っているだけなんですね。乾癬で手は酷い状態で、釣りをするにも手袋をしたままですから餌もつけられない。それなのに私が自分の釣りに一生懸命だったので、まぁ、怒って当たり前といえば当たり前。

で、釣りには行かないと言い出していたヨメさんですが

「ちゃんと餌もつけてくれる?」

「(はいはい)餌でもなんでもつけますよ。」

「じゃぁ、行こう。」

ここまでは想定内の動きで、それはそれで良かったのですが、ヨメさんが作っていた仕掛けですが、手は絆創膏だらけですし、うまく結べていないんですね。糸を引っ張ったら針からほどけてしまうのもあった。

私もやめておけばいいのに、

「こんな仕掛けじゃ釣りにならないじゃないか」

と一言言ってしまった。

プライドの高いヨメさんはこれが許せないんですね。

「釣りに関してはあんたにとやかく言われたくない。」

と怒って自分の部屋に閉じこもってしまいました。

あーーあ、どうしていつもこうなるの?

「手もちゃんと使えないのにわざわざ仕掛けを作ってくれて有難う。あれれ?これちゃんと結べてないみたいだよ?」とか言えば良いのでしょうが、こちとら江戸っ子でぇ、そんな女々しい言い方が出来るかってんだ。てやんでぇ、バーロー。(笑)

でもま、その内、「さぁ、行くわよ」なんていうのは目に見えていますが、正直なところ昨日みたいな釣りはしたくありません。というか、もうキスや黒鯛は釣りたくないのです。食べても美味しく無いし、美味しくないと思いながら食べるなら釣らなければ良いし、じゃぁ、キャッチアンドリリースにしようか、なんて話をしていました。

あるいはまだ釣ったことが無い魚を狙うか。目の前の釣り場は内海ですが外海に近く、我が家の前の川とは微妙に釣れる魚が違います。まず、アイゴが釣れる。これって背びれなどの棘に毒がある魚ですが、まだ我々はこちらで釣ったことがなく、是非それを釣ってみたい。そしてマナガツオ。これも釣れたら美味しい魚だから楽しみ。でも仕掛けも餌もまるで違うから難しいかも・・・

さぁ、どういう展開になるのでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

釣りで喧嘩” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 574438544c79593037597a5351614b4430446f7164675931336853713970496e1eaeb8ae592db5a8c9227e4525ed2f5420d44a9a07189a4424fc6df40f2d126f
    こんにちは。
    釣りですが、わたし黒鯛釣りに、どっぷりはまりにはまりました。落とし込み、ご存知かと思いますが?仕掛けは道糸2~3号、ハリス1.7~0,8号、錘3B~Bを針につけます。竿はへら竿にガイドを付け、リールは太鼓リール。餌はカニ、カラス貝、フジツボで餌は、ほとんど現地調達、カニ、カラス貝は家で飼っていました。一年中、頭の中が黒鯛でした?・・・
    訳ありで、いまは封印してます・・・今でもアドレナリンがでます。
    あ~やりたーい、でも、やれない。
    アイゴですが、背びれにはくれぐれも注意、ちびアイゴでも馬鹿にすると痛い思いします、もし釣れたらハリスを切るのが安全策。30センチを超えてくると中々の引きですが。味は少し磯臭いかな。

  2. SECRET: 0
    PASS: 6b694363397334495151553269746a446f68623457686f54445a594e52543750086e0250247c8bfc66da8111db4c763231038bb417659c366618d8effbfa9d69
    モカジャワさん

    かなり入れ込んだのですね?へ~~。

    もし日本の黒鯛釣り好きがこちらにきたらどうなるんでしょうか。あまりにも簡単に釣れるんで興味がなくなるかな。ただやっぱり大物釣りは難しくて、冬場は割合簡単なのですが夏場は邪魔者が多すぎて難しいです。

    でも黒鯛は悪食でなんでも食べますから、大きな肉の塊をぶん投げておくと小さいのがつついているところへ大きいのが来てガブリっ。そんな感じかな。

    仕掛けには本当に無頓着で、こちらのオージーの中にはハリスも使わない。つまり道糸にそのまま針を並べて結んで釣っているのさえいます。それで向こう合わせで釣れちゃうんだから不思議です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *