相場と音楽

ユーチューブの模様替えがあったのを切っ掛けに音楽のことを書きましたが、やっぱり何でも書いてみるもんですね。それなりに収穫がありました。

私のジャズ好きは高校時代からですからもう40年以上の付き合い。ところがジャズを自分で演奏することはありませんでしたし、歌は歌ってもコーラスはやりませんからジャズコードに関しては全くの無知でした。で、この歳になってDTMだDAWだとPCを使った音楽に目覚めてジャズっぽいのも作ってみたものの、ジャズ風ではありながらジャズコードが全く使えていませんでした。だからなんだか古臭いし、やぼったいし、イマイチの感じはぬぐいきれない。

それをmanilowさんに指摘されて納得。

でもねぇ。これから勉強するとなると大変。頭で覚えて、耳で覚えて、身体で覚えないとそれを表現なんかできませんから、それを使った曲作りなんて無理。

でもま、作るのはジャズばかりじゃないし、わからなくても良いかなとか逃げ道を考えてみたり。でもせっかくここまで来たのだからどうにかしたいと思ったり。

そんな話のやり取りで感じたことは、物事って何でも出来る人には簡単で、出来ない人には難しいという当たり前のこと。manilowさんが書き綴るジャズコードに関しては、それこそ宇宙人の言葉でも聞いているのと同じでしたから。でもmanilowさんは普通のことのように淡々と話す。

で、ハタと気が付いたのは、私が結構書いている相場の話も同じなのかな?ってこと。わかりやすく書いているつもりなのですが、あれもわからない人にはチンプンカンプンなのでしょうか。実はそういうコメントももらっていますので、もしかしたらそうなのかもしれない。

ほらね?簡単でしょ?

なんてのはただの自分よがりなのかもしれない。

チャートのことをここに書いて、誰にでも同じチャートを見れるようにと思いましたが、その後、皆さんがどうしているのか、あのチャートを活用しているのか、それさえもわかりません。もし同じチャートを見れるようにしても、それをどう使うのかがわからないのかもしれないと思ったり。

これをジャズコードに置き換えて、どうやったら簡単に理解できるのだろうと考えても、それって100メートルを11秒台で走れるように練習しましょうよ、なんて簡単に言うのと似てると思ったり。

そういう意味で、ちょっと力が抜けちゃいました。どう私がここで騒いでも一人芝居で終わるだけで見ている人はただ白けるばかりなのでしょう。

困ったなぁ。どうにかしたいと思うのですが・・・・

でもま、道はいろいろあるわけで、私がジャズピアノをmanilowさんにいつか付きっ切りで教えてもらおうと思っているのと同じで、面倒な理屈はわからなくてもどうにか弾けるようになるかもしれない。これは相場、チャートの見方も同じで、付きっ切りで一緒にやれば、たくさんの例外をどう扱うかは慣れがいつか解決するし、大事なポイントだけ覚えて、どうにかトレードすることは出来るかもしれません。

また、それも面倒だという人が多いはずで、それはそれでまた考えていますので、時間を掛けて、しかしあまりのんびりせずになんらかの方法を見つけようと思います。

話は変りますが、私は相場と音楽って似ていると昔から考えていました。

どんな曲でも聞いていると次はこんなメロディーが続くのだろうとか、コードはこうなるだろうってわかるときがありますよね。たとえばCからAm、そしてFと続けば、次はG7だろうし、G7の後はCに戻るなんてのが一つのパターン。演歌系なんかは初めて聞いた曲でも次のメロディーがわかることもありますね。

相場の動きもこれに似ていると思うんです。決してランダムで動いているわけじゃなくて、パターンがある。また波にも周波数があって、それに乗って綺麗に動いていることもある。で、それが壊れるときがトレンドが出来るときであったり。

またそれはリズムと言っても良く、上だ下だとめちゃくちゃに動いているわけでもなく、なんらかの元になるものがあるような気がするはずです。もちろん音楽みたいに綺麗に乗るわけがありませんが、でも元に何かがあるかもしれないというのは感じるはずなんですね。

カラオケでもダンスでもそれがわからないとどうにもならないはずで、相場も同じだと思うのです。リズムを感じて、音階、和音に乗ればOK。でもそれが壊れるときがあるし、音楽で言えば変な音階やまさかの和音が入るとわけがわからなくなるのと同じで、チャートの動きにもまるで不協和音のようなおかしな動きをするときがある。でもそういうときには何もしないで見ていればOK。

元々理屈があってそれに沿って動いているんじゃないんですね。これはmanilowさんも言っていましたが、凄く綺麗で感動する音楽があって、それってどうしてそう感じるのだろうと解析することによって、基礎となっている理屈に気が付いたってのが音楽理論の始まりであって、理論が先にあったわけじゃない。

相場も同じで面倒な理屈で値が動いているわけじゃなくて、それを分析したら見えてくるものがあったってことなのでしょう。だから理屈がわからなくても、「感じることが出来る才能」があればきっと音楽でも相場でも同じ様に自分のものにできるのかもしれませんね。意外に理屈先行で考えると益々難しくなるのかもしれない。

ということで、一曲。jmさんが気に入ってくれた曲とのことです。Mooreaという曲。タヒチのモーレア。

この曲は私が作ったのではありません。ただ古いMIDIの中に埋もれていたのを発掘、色づけしたって感じかな。あえてベースはしつこいくらいに強くしていますが、途中からのピアノは大好きで何度聞いても痺れちゃいます。(笑)

これは全て電子音。途中のピアノも生音ではありません。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

相場と音楽” への13件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 4d42385a6d766a6c56746b616d59514d3237356145595077373965756c4e6a59bfe8bd3b453ba4a90e2319567a96937b5173bfdc2ac2c542e00652ee55c9d0ab
    Moorea、再掲ありがとうございます。やっぱりいいわぁ~。

    音楽は子供のころピアノやらされてて、毎週先生がやってくる土曜日が嫌で嫌で、ときにすっぽかして夕方帰ってきたら親父が鬼のような顔で腕組みしてたのを思い出します^^;
    好きでも無い稽古事は拷問でしたよ。ただ、ソナチネのちょっと先くらいの腕は身についたのと、転調とか簡単な音楽の理屈を知れたのはよかったかなってくらいです。

    相場ですが、3年ほどまえFXやってたことありましたが、現ナマ動かさないテストの取引だといい感じで儲けられるのに実際にリアルマネーになると動揺ばっかりしてホントに馬鹿馬鹿しいやり方で損失出しちゃうから向いてないんだと悟りました(笑。
    それでもローソクの見方や移動平均をはじめとするテクニカル的な見方も学べたし、なにより買って値上がりしたところを儲けるのではなく、空売りして値下がりしたところを買い戻すっていう理屈は、世の中の経済ニュースを理解する上で必須の経験だと思いました。相場もそれくらい。

    音楽も相場も中途半端ですが知ってて損はないかってことで。

  2. SECRET: 0
    PASS: 5037304b694734665070727a4e5170557967624d6e4a5930484a73464375776d7b670e471059bc6c492892b00840b199c82bc100524c73b4a3f39559f4daaf3c
    このMooeraのアドリブ痺れる~~私もこんなカッコいいアドリブ弾けたらいいな・・
    そういえばジョーサンプルっていましたね・・

    >ほら簡単でしょ・・
    ・・が思い上がりかぁ

    確かに琴線に触れる部分が人それぞれってのはありますよね。
    自分が反応したことを人に強制しちゃ~ならない・・
    だから、親が子供に道や機会を提供するのは良いけどあとは子供の様子見ないとダメね・・
    イチローなんてのはお父さんとイチローさんがフィットしたんだろうね・・
    フジコ・ヘミングさんも鬼婆のように厳しいレッスンのお母さんが嫌だったらしいけど、なんやかんやその道歩いてしまってるし・・

    そう!
    私はホテルで弾き始めた段階ですらコードは読めませんでした。
    楽譜を見ると未だに弾けない。
    没頭できないというか・・
    クラシックの人は楽譜が無いと弾けません・・て人が多い
    そういう人は音符という名の記号を読むことにかけて熟練してるだけ。アレンジの潜在能力がないの。私に言わせれば楽譜というのは記号で、本当に大事なことは楽譜にはなにも書いてない!記号から音を出して読み取れってことなのかな・・・
    生徒さんにも中学の音楽の先生で暗譜が全くできない人がいる。
    音楽って作曲力よ!

    不思議に感じるのが普段のピアノレッスンに聴音とか実技とか作曲とか名目が分かれてる事。
    月謝も分かれてる・・・

    バッハやモーツアルトの時代に録音技術があれば楽譜はこんなに発達してないかもよ・・・

    daboさんが書いてあることは全くその通りです。
    次にどんなコードがくるか判りますが、相場もそうなんですね。
    私は普通がダメだったのですぐ変える・・
    驚きが好きかも・・

    私は小さい頃から楽器屋さんに売ってある楽譜から出てくる音と巷に流れてるサウンドの差(ジョビンやマンシー二色々)が歴然としてて小学校のころから漠然と「何でだろう」って思ってた。

    小学校?の頃、家に陶器のワンちゃんの置物の置いてあるステレオがあり、いま70代の叔母の持ってたレコードがあり(音大卒でやっぱ学費無くてアルバイトで東京で弾いてたらしい。金もないのにご飯も食べずオシャレもせず・・爆)。
    私は叔母のレコード聴いて(デイブブブルーベックのトルコ風ブルーロンドとテイクファイブ)来る日も来る日も真似ばかり。
    ポリリズムなんだけど数に置き換えが好きで・・

    そういう情熱は、もうないね。
    感動力が私を突き動かすってのが・・・
    若いっていいよね・・

    今は美味しいものとか絶景かけ流し露天風呂とか旦那と行ってマッタリド田舎の温泉で美味しいもの食べて何時間も過ごすのが好き。友達より旦那がいいね・・旦那は「お前と居るとイライラする」らしいけど・・

    daboさんがその気になったら私の知ってる狭ーい範囲(音大に行ってないら判らない)を手取り足取り教えます。
    ユーチューブでもピアノ弾きながらの解説あるよね。
    昔だったら学校に行ったりしてお金出さないと手に入れられない
    情報がタダであるよ。
    断片的な情報だけどユーチューブ凄いね~~
    バリーハリスのレクチャーも・・
    数字と音楽は裏切らないっぽい・・

  3. SECRET: 0
    PASS: 70795875536548545030395977515a4f546b45555868474261747135304e6e6613414e593d035207e74e1019cd5fa17dc19470b6f9ceb056755c0e00b7817841
    jmさん

    ピアノをやっていたんですか。いいなぁ。基礎があればいくらでも広がるから面白いですよね。私は基礎が無いから何をやっても苦労します。

    相場ですがもったいないですね~。人間は損するように出来ているという当たり前のことに気が付けばその次にいけるのに。みんなそこを通り抜けられないで止めちゃうんでしょうね。

    manilowさん

    KLで会える時が来るのが楽しみです。manilowさんの常識とはまるで違う次元で生きているのが私と似ていて興味あります。(笑)

    デイブブルーベックかぁ。もう何年聞いてないかなぁ。テイクファイブも初めて聞いて聞いてびっくりしたのを覚えているけれどロンドも面白いと思ったなぁ。8分の9拍子でしたっけ。チャチャチャタララチャチャチャタララチャチャチャタララタララララ~~って。(笑)

    懐かしい・・・

    私の情熱ってなにかなぁ。もう無いって言ってもいいかもしれないし、昔と質がまるで違ったと言うべきか。自分自身で何が欲しい、何をしたいってのがもうほとんど無いんですよ。これからは子供のため、そして他人との関わりあいの中での自分のやるべきことを考えて行きたいな。

    自分は好き勝手に生きてきたから、これからは他の人の笑顔を一杯見たいと思う。とくに恵まれない子供達。彼らと自分の子供と存在としての違いがあるのかないのか。そんなことを見極めたいと思ってます。

  4. SECRET: 0
    PASS: 433947794c6e71344450757450567756386c3167496274616d656d6f746776573792137c821e8aa0b05c6c1b0b6629963a23447270500c62c79b1592f7b66f07
    jazzmanilowさん 初めまして^^ (先にdaboさんがはいちゃった^^:)

    コメント読ませていただいて → 「クラシックの人は楽譜が無いと弾けません・・て人が多い・・・」

    まさしく私がそれです(苦笑)

    以前、『Ray Charles』の映画を観て感動し、恐れ多きもソナタをかじった程度でJazzピアノ先生の門を叩き、一度見学した事があります。
    その先生は私の前で、取りあえず『枯葉』を即興で弾き比べてくれました。
    そしてjazzmanilowさんと同じように「楽譜なんてあって無いようなものよ」と仰っていました。

    「クラシックからはいった人は、楽譜よりJazzのビートをしっかり覚えてくださいね」と付け足されました^^:

    その点、そこはdaboさんなんかはしっかり体にしみ込んでいらっしゃるから、きっと上達が早いでしょうね^^羨ましいです。

    幼少の頃のRay Charlesの映画のシーンでも聴音からはいっていましたね。上達ぶりはマジかなと思うほど・・・

    ちなみに昔、彼が「いとしのエリー」をカバーで歌っていたのに驚いたので、YouTubeを貼らせいただきたかったけど無理っぽいのでdaboさん宜しくです・・・m(_ _)m

     

  5. SECRET: 0
    PASS: 774d6e5373315931634242745567504f57767a7533656a636d4470656a33364e09b2269c34956adc54a8291d9ff69d773ce15441ed9671a7de1016887c48628a
    JALLさん

    おひさ。

    レイチャールズの映画かぁ。思い出した。良かったねー。レイチャールズそっくりだった。

    JALLLさんもジャズをやろうと思ったってのを知ってびっくり。

    でもさ、ジャズジャズって音楽はジャズじゃなければいけない、ってわけじゃ全然無いんだからどうでも良いと思いますよ。そういうこだわりから抜けるのがジャズだと思うし、自由音楽ってのかな。私はジャズのコードじゃリズムじゃなくて、その自由さを大事にしたいと思うんですよ。

    空き缶叩いてハミングするのも良いし、鳥のさえずりを聞いてそこからメロディが浮かんで歌にするのも良いし。そういう意味では、ここでの私とmanilowさんの話の内容って偏りがあるし、もしかしたら偏見と言ってもいいのかもしれないですね。こうであるべき、なんてのは音楽には無いのだから。ただ自分が好きなのはこういう傾向だという話なだけ。

    私としては自分が弾き語りしたい曲がジャズだからジャズコードも覚えなくちゃって思うけれど、曲作りに関しては全くそういう考えはないんです。もっと自由にいろんなのを作りたいし、演歌だって良いと思う。ガンバって曲覚えてます?ガンバの部屋の主題曲。あれにジャズコードを使ったら変でしょ。

    好きなことを好きなようにやれば良いんじゃないでしょうか。クラシックはこうであるべき、なんてのも私は嫌いで、形から入るってこと、そのものをぶち壊したいと思ってます。

    あの和太鼓を叩くJALLLさんの方が、私もジャズを弾きたいと思うJALLLさんより私は興味があります。

  6. SECRET: 0
    PASS: 346d7538367058456f3750667a686b6e7272314769504a7442464956573849648d50732fa6d1357791903608524c014036b30d9688f56027016c3ea65f56a93d
    >基礎があればいくらでも広がるから面白いですよね

    基礎といってもピンキリで僕のなんて、ピークのときでも指がもつれない程度です。もう何年も引いてないからたまに弾いても指が重いし全然だめ。 ピアノとか楽器類って成果とそこにつぎ込む時間やエネルギーを考えるとコストパフォーマンスがよくないんですよね、特に不器用な人間には。しかも毎日練習しないとすぐ下手になるし。

    昔、旧共産圏で優れた演奏家を多数輩出したのは自由主義陣営ほど娯楽がなくその分、練習に集中できる環境だったからという話を聞いたことあります。

    >相場ですがもったいないですね~。

    FXですが、相場が大きく動くのって日本で深夜じゃないですか。そうするとスキャルピングやデイトレだと徹夜になるし家族との時間も少なくなるし健康に影響出るしで。けど、架空の取引で相場と遊んでみるのも楽しいかもと思います。

  7. SECRET: 0
    PASS: 6b494841745a585a6f7564306b64687552735a624f6c43763436526262654c320425321d45b703b5018fd428ef0b8e68a977c0bd33d5f2c22cdd41f8f0d1a362
    jmさん

    そうなんですよね。FXの場合は時間が深夜になってしまいますもんね。

    そういう意味ではKLは良いような気がします。

    それと旧共産圏の人たちが凄いってのはまさに他に楽しみがなく、冬も厳しいですから音楽に深くなるって事があるかもですね。それはITの世界でも同じだと聞きました。以前はPCの環境も良くないので、小さなRAMで動くソフトとか作るのは非常にうまいとのこと。

  8. SECRET: 0
    PASS: 497546305279486d634152666267364e35424a4e35666f4a664a44776b6a616caff4a9af58de9aa443dcf2180e5b85b3a241075bc606cd3a0b98d4b84290307e
    jalllさん、初めまして^^

    レイチャールズの映画見たはずなんだけど忘れちゃったです・・
    駄目ね~~
    今度観て、もし感動しなかったら結構へこむかも・・・
    若い時の感受性ってどこ行っちゃったんでしょう?

    よくリクエストがあるんだけど(・・ってかリクエストばかり)殆んどが幼少の時に聴いた音楽や恋愛中に聴いた音楽をリクエストされます。何十年も前の曲、弾いて差し上げると大の男がおいおい泣いてたりします。
    皆にそれぞれ心の歌があって、演歌だったり、マンガのテーマソングだったり、ポップスだったり、ビートルズ、カーペンターズだったり・・・人それぞれ。

    音楽とか匂いとかでグッとその当時の気持ちや希望溢れてた頃に皆さん引き戻されてるみたいですね・・

    私だってそう!
    ジャズなんて言ってるけど、むか~~し家族で見てたテレビコマーシャルや番組とかが再放送されるとその当時思い出してグッときますよ。

    みなさん心の音楽は人それぞれだと思う。

    勿論、それぞれの心の音楽の芸術性には優劣はあると思うけど、

    「そんなの関係ね~~」

    人の心のひだに隠れてる想い出や音楽にはそれを超える何かがあると思います。

    日本人ってピアノでも何でも習わないと弾けないとかいうか習わないと弾いちゃいけないとか弾けないって先入観を何才から持ち始めるんだろう…

    ところでdaboさん、ガンバの部屋の主題曲て何?
    アニメ「ガンバの冒険」の事かな?

    もう顔のしわはもとに戻んないんだけど、気持ちだけは昔に戻したいね。皆さんもそう思いませんか??

    daboさんがいずれ日本帰りたいのは、そういう気持ちからなのかしら??

    ピアノ界の喪黒福造になれたらいいな

  9. SECRET: 0
    PASS: 424f4236446f78446857516a61794b347447634a5a7756396732713131546a45924833bc94a2e5e5e490ac5fefe9aeaa766a62459c54e86978e9d6ad3f601ea5
    この場を借りまして・・・
    jazzmanilowさん コメントありがとうございます(*^_^*)

    『ピアノ界の喪黒福造』だなんて面白い表現ですね^^
    実は『Ray』の映画を見て、私は感動というか不思議に思った事がひとつありました。
    それは、彼の幼少期、覚えたきっかけが聴音だけでピアノが上達したこと。
    私は、映画だからオーバー表現しているのだろうと思っていました。
    何故なら、私はハノンをしっかりさせられ、クラシックの教本と付き合わされ、いつの間にかソナタまで取得はできましが、でもそれはただのバロメーターでしかないのですよね。本当に身についているわけではない。(英語の文法の勉強と似てるかも^^:)

    学生の頃、音楽理論の講義で移調や転調など満点を取らないと帰れない授業もありましたのに、今はわかりません。(音大を目指していた主人は今でもわかる・・・と言ってますから私は理解していなかったということです(笑)

    ところが、盲目の天才ピアニスト梯剛之さんや辻井伸行さんなどを知って、点字の楽譜を使わなくても、耳で感じて記憶し それを自分の音に変えていく事を知りました。

    このブログのコメントにjazzmanilowさんも同じ事を書いておられた事に感動しました。
    Reyが言葉の様にピアノで歌って表現している姿に感動し、Jazzピアノの先生の教室を見学に行った時も、楽譜に関してjazzmanilowさんと同じ事を仰ったので、ここにコメントを入れたくなったというわけです^^

    daboさんの言われるように音楽はクラシックやJazzと論じ合うのじゃなく、むしろ楽しむ事でそういう人ほど身につくのも早いと思います。

    心の目で見えることは素晴らしい。表現すれば相手にも心に深く沁みます。神戸の震災の時も音楽で癒されていました。
    jazzmanilowの志はとても素敵だと思います。

  10. SECRET: 0
    PASS: 4a4a30415976577a6846526d384e7845343070337071345848414c5875314538bee43c2b09de7a8da14b25d41c7b90328def2c927265b4cb76df8b80c49c7ef3
    manilowさん

    懐かしい曲をリクエスト、ってことで自分だったら何をリクエストするか考えてみたら何も浮かんできません。あれほどごっそり思い出の曲があったのに、今それを聞いて懐かしむ感覚が消えています。これってなんなんだろう。

    もしかしたら震災後に自分の生きかたそのものに疑問を持って、これから変ろうとしていることに関係があるのかもしれないと思ったり。過去より将来のことが何十倍も気になるし。

    でももしリクエストするとしたらと考えてみると、それを弾くmanilowさんも難しそうだと思いました。曲は同じでも懐かしむ人って当時聞いていた演奏スタイルにも固執しているはずなんですね。

    最近の長谷川きよしの別れのサンバを聴いてそう思いました。アレンジが当時とまるで違うので、全く違う曲のような印象を受けました。

    懐かしい母の手料理と同じで、料理は同じでも味が違うと意味が無い。私の好きなルート66も、ジョージマハリスが歌うルート66が好きなのであってそれは決してナッキンコールでもなければマンハッタントランスファーでもないんですね。

    考え出すと難しい・・。

    ガンバの主題曲ですが、ネットのチャットでガンバという部屋があったのです。そこで多くの人と友達になったのですが、フト、その部屋の主題曲を作ったら面白そうだと思って作ったことがあるんです。年齢層も私より上だし、洋楽は何を聞いても同じに聞こえるなんていう人たちですから、演歌じゃないけれど限りなく泥臭く、そしてモダンな曲にしようと思って作りました。

    日本に帰りたいのは懐かしさじゃありません。自分の血肉、精神、そして名前と、自分は日本人であるはずなのに日本のことを十分知っているわけではないという焦りかもね。

    未知のものには興味があるけれど、まずその前に、もっと自分自身のこと、そのバックグラウンドを知りたいって欲求があります。

    JALLLさん

    しかし音楽に関しては形から入ろう、理論を知ろうと思ったってところが私には面白く感じます。

    写真も多少でも理屈がわかればまるで違う写真になるのにねぇ。(笑)

    道具の特性や音(写真)がどうやるとどう変るかという道具の使い方がわからずに音楽をやるのは無謀だし、それは写真も同じだと思うんだよね。

    音楽にしても写真にしてものめりこんでいる内に、先駆者が理論を発見したのと同様に、自分でも学ばずとも気が付くわけだけれど、でもそこまでのめりこまないのが普通の人で、やっぱり基礎を勉強することって大事なんだろうと思います。

    でも多くの人はその勉強そのものに価値観を見出しちゃうという間違いを犯すのでしょうね。

    料理も同じ。理屈がわからないと低温調理も理解できないはず。(笑)

  11. SECRET: 0
    PASS: 4c5a6d75785a41784b5535346e576d6976637047305561663949675454554c59cb49f556dfc812d2c81439ddf22aab8e4197bc5fa33f3068fcc1a44dc68b087e
    daboさん

    >でももしリクエストするとしたらと考えてみると、それを弾くmanilowさんも難しそうだと思いました。曲は同じでも懐かしむ人って当時聞いていた演奏スタイルにも固執しているはずなんですね。
    ありゃま~~・・まったくdaboさんがおっしゃるその通りですよ^^
    その時のアレンジじゃないとダメなんです。
    >懐かしい母の手料理・・その通り!

    アレンジ変えて喜ぶのは、ピアノを以前習ったことのある人とか何かしら音楽に造詣のある人ですね。

    お客さんに「リクエストは無いですか~?」って私が急に尋ねてパッと思い浮かぶ人、真剣に考えても思い浮かばない人色々です。
    まあ、そもそも、私が何弾こうか思い浮かばないから尋ねるんだけどね~~(爆)

    梯さんは聴いたことなうけど、辻井さん・・凄いですね~
    勿論コピーだけではなく、一流のピアノの先生に隣りに座ってもらって手取り足取りアドバイスもあったと思う(クラシックはものになるまで相当お金がかかる)
    経済的に恵まれてるとも思う

    ここで不思議に思うのは、あれだけのコピー力があるのに、jazzの方に進もうかな~~とかちょっとでも頭をかすめなかったのかな?迷いは無かったのかな?

    ビルエバンスとモーツアルトの和声は数学と算数ほどのレヴェルの違いなので(もちろんビルエヴァンスが数学レベル)辻さんが反応しない訳がないんだけど・・

    途中、辻さんがもしも「かーちゃん!俺クラシックじゃなくてジャズミュージシャンになるわ」
    か~ちゃん「く~~っ・・・(涙)」

    ・・ってなことにはならなかったのね
    お育ちになった環境のせいでしょうかね~~

    ジャズはバンドマンだしクラシックは演奏家だし・・

    そうではなく環境と嗜好性の問題でしょうか?

    いつか辻さん、あなたがちょっとでもジャズに興味のある時期があって、かーちゃんに「バンドマンにだけはならんでくれ~」
    って、泣きつかれたんだったら・・親の為、自分の気持ちを押し殺してジャズに挑戦してないんだったら・・・そのうち環境のしがらみから解放された時にでも、あなたのジャズも聴かせてね!

    小曽根真さんやオスカーピーターソン、アンドレプレビン、トップはみなさん普通に両方やってますよ~~。

    JALLLさん

    経験上の独断でdaboさんブログで言いたい放題の私です。

    音楽で一番大事なことは「聴くこと」だと思います。勿論練習に取り組まないとダメだけどそれは表現する手段を手に入れる為です。
    道具が無いとどうしようもないもんね。

    「聴くのは好きなんだけど才能が云々だから~~」とか「小さい時に基礎がないから~~・・」なんて言ってる人は「好き」が凌駕してないんですね
    後先考えず突き動かされてやっちまう・・そういうバカさがないんでしょうね・・よくわからんけど・・

  12. SECRET: 0
    PASS: 4f6c7a754642663354566833636a347152314254596f50474e446632344470705d3cc4e1a56fbcf28d1ea5034680adec7f967e56a6a8fc62b45dc63a978ad009
    確かに・・・

    素晴らしいご両親の愛と環境に恵まれていたのでしょうね。彼の才能を見出した両親と、それを伸ばそうとした母親の子育て紛争記は本にも出ていますね。

    以前、たまたまTVで観たのですが、彼がクラシックの他に興味のある曲は?と質問されていて、私もJazzとか答えるのかなと思っていたのですが・・・彼の答えは意外や意外ナント『演歌』と答えていました。確か石川さゆりの「天城越え」だったかな・・・?忘れたけど演奏していました。 でも、彼も日々成長しているわけで変わるでしょうし・・・今はどうなっているかな^^:

    daboさん そういうことで確かに言われるように普通は、好きな音楽に理論(カタチ)からはいる人なんていないでしょうし、記するまでもなく私も音楽理論をしたいと思ってではなく、自分の置かれていた専門コースの必須科目だったという話です。同じようにここで『音楽』を語り合えるレベルでもなく好きな人こそ早く上達し、自分のものになるんだろうなぁと私の悪い一例をあげたまでですので静かに傍観^^

    そういえば昔・・・daboさんがオーストラリアの音楽の授業は実技を大事にして何かまず楽器をさせるって言ってましたね。日本は理論とか文法好きかもね^^:今は授業も段々変わってきているようですが・・・

    ちなみに私は自分が夢中になれるのは、子供が砂遊びをするかのように、単純なことです。いつの間にか我を忘れて恥ずかしくなることがしばしばです^^: 夢中になると自分を忘れて飛んでも無い場所に立っていたりで・・・ たとえ他人が敬遠する人であろうが、恐れ多き有名人であろうが平気で質問したり、どちらから近寄るとかそういうことも意識せず、後で知ってビックリってこともよくあります(苦笑) ある時期気が付いたら、夢中になって御詠歌を練習していた時もありました。

    知らぬが仏、馬鹿の壁が無いと言うのか、自分知らず世間知らずというのか、KYというのか確かに私は変人・・・。

    でも最近気が付いたのだけど、取り返しのつかない大ドジ?が無いのが不思議です。それすら気が付いていなかったりして^^:
    おそらく私の力じゃなくて危なっかしくて見てられないと思う優しい人達に助けられているのかも・・・です^^:

  13. SECRET: 0
    PASS: 6370785a647850714659356c634257306a624e7944757962595253485737353547cc09ba41ca0997fe377b43d6318b254d9bad1f36930ca327906541bb3ca196
    manilowさん

    私ね、どうもビルエバンスが好きになれないんですよ。うまいとは思うけれど、俺、うまいだろうっていうのを感じちゃう。技術が前に出すぎるのかもしれない。

    ピアノは誰が好きなかな。マッコイタイナーも好きだったけれどもう何十年も聞いて無いし、ま、順当な線でオスカーピーターソンかな。

    JALLLさん

    オーストラリアというか、子供達の学校がそうだったのね。スポーツと音楽は必ずそれぞれ課外授業を取らないとならない規則。

    どういうわけかうちの二人はバイオリンを選んだわけだけれど、本当はブラスバンドの方へ行って欲しかった。演奏会なんかディープパープルのスモークオンザウォーターとかやって観客の父兄たちもノリノリ。羨ましかった~。

    >でも最近気が付いたのだけど、取り返しのつかない大ドジ?が無いのが不思議です。それすら気が付いていなかったりして^^:

    いいおばさんがジャージを着て一眼レフカメラをぶら下げて東京の街を歩いて、警察官に職務質問されたってのは大ドジのような気がするけど・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *